ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


冬月コウゾウ

ゲンドウ「……出撃」シンジ「分かったよ父さん!」

SS速報VIP:ゲンドウ「……出撃」シンジ「分かったよ父さん!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409150982/



1: ◆nmAvZeW.uA 2014/08/27(水) 23:49:52.53 ID:NUKkwmqM0


シンジ「特務機関ネルフ?」

ミサト「そう、国連直属の非公開組織」

シンジ「これから父のところへ行くんですね」

ミサト「そうよ」

シンジ「……父さん」

ミサト「手紙にはなんて?」

シンジ「ただ、来い、と」

ミサト「……そう、お父さんのこと苦手?」

シンジ「は? 何言ってるんです?」

ミサト「え? だって手紙にそれだけしか書いてなかったんでしょ?」

シンジ「ああ、これですか? あはは、これは違いますよ」

ミサト「違うって、何が?」

シンジ「これは本当は

『拝啓 

愛する息子シンジへ
シンジ、久しぶりだな。元気にしているか? 風邪などは引いていないか? もし私がいない間に何かあったらと思うと夜も眠れない。仕事が忙しいせいで中々会う機会のない不甲斐ない父を許してくれ。本当ならお前と一緒に暮らしたいとは思っているがそうなった場合仕事に身が入らなくなってしまうのはお前も分かっているだろう。私としても断腸の思いではあるが今は仕方ないのだ。さて、そろそろ本題に入ろう。実は今、とある問題を抱えているためお前の力が必要になった。それは手紙では到底語る事が出来ない内容のため会って直接話すとしよう。とにかくお前の力が必要だシンジ。勿論、そんなのは建前で本音はお前に会いたいのが1番なのは分かってくれるな? では待っているぞシンジ。愛しているぞシンジ。一分一秒でも早くお前に会いたい。だから早く』

『来い』

という内容だったのを恥ずかしくなって黒く塗りつぶしただけですよ。ふふふ、父さんたら照れ屋なんだから。まあそんなところも僕は大好きだけど」

ミサト「あ、うん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409150982




続きを読む

アスカ「私の心を犯さないでえええぇぇぇ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/17(水) 14:44:49.57 ID:gRQhFLORO

ハーレルヤ ハーレルヤ

アスカ「汚された…私の心が…加持さん!…汚されちゃった…どうしよう…汚されちゃったよぉ……」

青葉「機体回収!」

ミサト「アスカは?」
日向「パイロットの生存は確認。」
マヤ「……しかし精神汚染の可能性が……」

ミサト「そう…」



―翌日―

アスカ「…………!」

シンジ「アスカ……大丈夫だった?目が覚めたんだね。」

アスカ「………」

シンジ「だ…大丈夫?使徒から…すごい精神攻撃を受けちゃって」

アスカ「うはwwwwwwwwwwww」

シンジ「えっ」





続きを読む

アスカ「ここから出しなさいよ!変態!!私をどうするつもりよ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 22:03:37.89 ID:Lulg/CUa0

マヤ「3号機、いえ、使徒内部から音声だけが受信できました!!」

ゲンドウ「聞かせろ。パイロットの状態を知ることができる」

マヤ「了解!」ピッ

アスカ『この!この!』バンバンッ!!!

アスカ『出せー!!聞こえてるんでしょう!?出せっていってんのよぉ!!こっちはぁ!!!私を閉じ込めて何をするつもりなのよ!!変態!!』

アスカ『どうなってるのよ!!ロックかかってて開かないし!!いいからだしなさいよ!!!』ガチャガチャ

アスカ『……無視するの?アンタ、バカぁ?ふん、まぁ、分かるわよ?こういうことでもしないと、このアスカ様をどうにかできるわけないものね』

アスカ『ホント、美人って罪ねー。でもね、こんなことしたって私は落とせないわよ?なんて言っても私はあのアスカだから!!』

アスカ『わかったら出しなさいよ!!クズ!バカ!ハゲ!!死ね!!』

日向「パイロット生存を確認!!!」

シンジ『ほら!!父さん!!アスカは生きてるよ!!!僕は戦えないよ!!!』

ゲンドウ「だが、あれは使徒だ。やれ、シンジ」



続きを読む

マヤ「現在、シンジ君はレイの家に向かって移動中です」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/05(土) 10:35:11 ID:e.ZfO2jM

シンジ「ふんふんふふ~ん♪」

シンジ(綾波の家に行くなんて久しぶりだなあ)

シンジ(綾波と二人きりで…って何を考えてるんだ僕は!)

シンジ(アスカには黙って出てきちゃったけど…まあいっか)

シンジ「~♪」



続きを読む

アスカ「バカシンジがちっちゃくなった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/18(金) 23:33:08.29 ID:kuOkVzf80

ミサト「いやーシンクロテストで事故が起こるとはねー」ヨシヨシ

リツコ「いきなりシンクロ率が200%近くあがるなんて前代未聞よ?あのままプラグを射出してなかったらどうなってたか」

ミサト「やっぱりその影響なのかしら?」ヨシヨシ

しんじ(5歳)「zzzzz」ギュー

リツコ「まさか幼児にまで肉体が退化するなんて考えられないわ・・・」

ミサト「よーしよしお眠なのねー」ヨシヨシ

リツコ「すっかり母親代わりね」

ミサト「一応保護者だしー」



続きを読む

シンジ「第13号機って4本腕があるんだよね…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25(水) 13:58:28.75 ID:jhJ/n2Vn0

シンジ「ひ ら め い た」

カヲル「どうしたんだい?シンジくん」

シンジ「協力してほしいことがあるんだ、いいかな?」

カヲル「もちろん、シンジくんの頼みなら」

シンジ「ありがとうカヲルくん、行こう」



続きを読む

シンジ「父さん!綾波っぽいあの子とセ○クスさせろ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24(土) 01:06:28.09 ID:hQYTOvAM0

ゲンドウ「シンジィー!!」

バシン

シンジ「エブッ!?」

カヲル「シンジ君!?」

シンジ「痛ったぁ……あー、でも、グーじゃなくて平手だったからマシか」

シンジ「一応、殴られるのは覚悟の上だったから」



続きを読む

シンジ「性転換ライト…?」

SS速報VIP:シンジ「性転換ライト…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369557518/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 17:38:38.22 ID:PeQmoP3q0

(葛城家)


シンジ「ただいま…」

シンジ「…アスカもミサトさんもまだ帰ってないのか」

シンジ「晩ご飯どうしようかな…」

シンジ「あ、ポストに入ってたものの整理もしとかないと」

シンジ「僕がやらないと溜まってく一方なんだもんな…どうせミサトさん宛てばっかりなんだからたまにはミサトさんが片付けてくれればいいのに…」

シンジ「…通信販売の手紙ばっかりだ。こういうのは全部処分してもいいよな………、ん?」

シンジ「なんだこれ」

シンジ「性転換ライト…?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369557518




続きを読む

カヲル「僕が…レイくんと暮らす…」

SS速報VIP:カヲル「僕が…レイくんと暮らす…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370747412/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 12:10:12.81 ID:ncVtOhrRo


NERV本部。


ミサト「シンクロテスト、お疲れ様~上がっていいわよ~」

シンジ「…はい」
レイ「…」
アスカ「ん~」
カヲル「…」

ミサト「着替えたら話があるから休憩所に集まってね」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370747412




続きを読む

シンジ「えっ、カヲル君から手紙?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 15:51:25 ID:egJBteZ2

『やあシンジ君。』

『やらな(ry

シンジ「ミサトさん届けてくれてありがとうございます」クシャクシャポイ

ミサト「いいのよ、これも仕事だしね。」



続きを読む

シンジ「うあああっ!中に出すよ!綾波!!」冬月「えっ!?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 23:18:33.49 ID:WguuCIF20

シンジ「えっ?」

冬月「第三の少年…今なにか言わなかったか…?」

シンジ「え…な、何も言ってませんよ…ね?」

冬月「聞いているのはこちらなんだが」

シンジ「あ…ごめんなさい…何も言ってません」

冬月「そうか…すまなかった」

シンジ「…失礼します」

冬月「(空耳か…? 歳かな)」

アスカ「んほおおおおお!シンジの○○○しゅごいいいいいい!」

冬月「えっ!?」



続きを読む

レイ「安価で碇君に愛の告白をするわ」

1: 名無しさん ◆qmByf9MkuM 2013/05/01(水) 19:15:22 ID:G6FnI246

レイ「まずいわ、弐号機の人も碇君を狙っているのね」

レイ「はやく告白をしてしまいましょう」

レイ「>>2さん。よろしくお願いするわ」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/01(水) 19:17:25 ID:4J37JaUk

目の前で服を脱いで告白



続きを読む

ゲンドウ「そろそろ本気でシンジと仲良くなりたい」

1: SS名無し ◆yQb0EL84Nw 2013/04/17(水) 18:14:26 ID:KBaLuoJY

ゲンドウ「冬月…」

冬月「何だ、碇。」

ゲンドウ「そろそろ本気でシンジと仲良くなりたい」

冬月「お前が!?」

ゲンドウ「ああ。」



続きを読む

シンジ「アスカ!合体だ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 23:25:48.00 ID:K163eaTm0

第5使徒襲来時


シンジ「顔がねぇとは生意気な!」

アスカ「は、はぁ!?こんな時に何言ってるのよバカシンジ!」

シンジ「馬鹿野郎!男といったら合体だろうが!」

アスカ「私は女よ!!だいたい、エヴァで合体だなんて無理に決まってるでしょ!」

シンジ「無理を通して道理を蹴っ飛ばすのが、俺たちNERVだろうが!」

アスカ「」



続きを読む

シンジ「ミサトさん、僕にも階級ってあるんですか?」

SS速報VIP:シンジ「ミサトさん、僕にも階級ってあるんですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1358606428/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/19(土) 23:40:28.49 ID:QB+v8YMo0

シンジ「アスカは大尉?とか言ってたんですけど、僕にも階級とかあるんですか?………最近アスカが何かあるたびに私は大尉だ大尉だうるさいんですよ……」

ミサト「いきなり何いうのかと思ったら…まぁでもそうね、戦う相手こそ使徒だけれど、準軍事組織として階級はしっかりしないとちょ~っちマズイかも。この間も模擬戦で三人とも別行動とって結果は惨敗。今までは結果オーライだったけどこれからもっと強い使徒が現れるかもしれないし……」


バタンッ(部屋からアスカ


アスカ「なに二人して真面目くさった顔して話してるのよ?また私が臭いだとか言ってないでしょうね?」

シンジ「違うよ!階級の話だよ!(ゲルマン臭はとっくに諦めたよトホホ」

アスカ「カイキュウ?」

ミサト「ランクの話よ!でも改めて考えると凄いわねアスカ…14才ではや大尉。国連共通ランクだとOF-2かしら!末恐ろしいわ………」

アスカ「当たり前じゃない!天才完全無欠の超美少女、式波アスカラングレー様よ!本当なら元帥まで登りつめてもいいくらいの実績を私は積んできたんだから!」ヘヘン

シンジ「す、すごいや!(天才?僕にとっては天災だよ、しかも実績って倒したのはあの弱そうな奴一体だけじゃ………」

アスカ「で何よ、ミサトは一佐…え~とユーロだと……」

ミサト「大佐ね、大した事ないわよ!ちょっち運が良いだけだったから…」

アスカ「そうそう大佐ね!でも十分すごいわよ!で、大佐のミサト、超美少女で完璧な式波大尉!役立たずで親の七光りだけでエヴァに乗ってるバカシンジ!これで何か文句でもあるわけ?」

シンジ「いや、ただ僕も………その、カイキュウ?みたいなのないのかなぁってきいてみただけだから……」

アスカ「バッカじゃないの?いい、軍人っていうのはそんなに簡単になれるわけじゃないの!私だって訓練や試験様々な事で実績を出して大尉まできたんだから……まぁバカシンジはカイキュウの前に軍人でさえなれないわね!」

シンジ「へ、ヘェ~そうなんだ。ごめんなんか軽々しくこんな話して……」

アスカ「フンッわかればいいのよ!じゃあ寝るから!」バタン

ミサト「シンジくん、気にしないでちょうだい、あなたは十分に階級を得る事をしてきたんだから…その話は私が副司令にしておくから、もう遅いし今日は寝なさい」

シンジ「あ、いぇ…あの…いいです。興味本位できいただけなんで……」

ミサト「いいの、いいの気にしないで。私も興味でてきたし…じゃあ、おやすみなさい」

シンジ「おやすみなさい……」

…・シンジの部屋・…

シンジ「よく考えたらすごいや、ミサトさんはあのアスカがすごいと言うくらいの階級みたいだし、アスカもエヴァの整備員がいつも敬ってたし………なんかきくんじゃなかった………そうだ、明日ケンスケに聞こう………」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358606428




続きを読む

シンジ「アスカのドイツ語ってさ、すごい聞き取れるよね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/02(水) 22:13:47.42 ID:onHS6UC3O

シンジ「2号機をドイツ語で起動させようとしたことあったじゃない」

シンジ「あの時すごい違和感っていうか、うすら寒さを感じたんだ」

シンジ「それでその後僕に『ドイツ語で考えなさいよ!』みたいなこと言った時」

シンジ「正直笑いを堪えるのに必死だったよ」

シンジ「このカタカナみたいなドイツ語で考えてるのかな、って」

シンジ「アスカってほんとにドイツで育ったの?あれなら駅前留学のがもっとネイティブな発音するよ」

シンジ「あんな発音なら僕だってできると思うんだ」




レイ「どうしてわたしに言うの?」




続きを読む

社畜シンジ「エヴァに乗らさせていただいております碇シンジです!」

SS速報VIP:社畜シンジ「エヴァに乗らさせていただいております碇シンジです!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362195667/



1: 家畜シンジ 2013/03/02(土) 12:41:08.15 ID:Mfuxwhdc0

シンジ「集合場所はここであってるよね…」

シンジ(一応この間下見に来たし、今日も30分前には着いたから悪い印象は与えないはずだ)

シンジ「でも、父さんもどういう意図で急に僕を…」

シンジ(もしかしたら僕のような存在でも役に立てることを見つけてくれたのかな…。それなら期待に応えられるように頑張らなくちゃ…)

シンジ「それにしても遅いなぁ…」ピラッ

シンジ(父さんの部下らしいけど、どうせなら私服じゃなくて制服姿を送ってくれれば社内環境が見えてきたかもしれないのに…)


 ―――キキィィィィィ!!


シンジ「!?」

ミサト「ごっめぇぇん♪ シンジ君待ったぁ?」



シンジ「いえっ、僕なんかのためにわざわざ時間を割いていただきありがとうございます!!」

ミサト「」



※オリジナル展開になるかと

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1362195667




続きを読む

シンジ「あ、オワコン先生おはようございます」アスカ「」ピクッ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/28(木) 18:02:07.70 ID:LmKsAqT40

アスカ「アンタ、誰見て言ってんの?」

シンジ「やだなぁアスカ、僕の他にこの部屋に居るのは人間1名と鳥1羽だけだよ?」

アスカ「ふ、ふぅーん?ねぇアンタ、朝っぱらからケンカ売る気!?」

シンジ「まさか!一時代を築き上げたアスカ大先生にそんな事するワケないよ…」

アスカ「…それもそうね」

シンジ「」プッ

アスカ「!!」

シンジ「あ、ごめん…なんでもない」

アスカ「…」

シンジ「そんな目で見ないでよ…じゃあ僕、朝ご飯作るから座って待っててよ」

アスカ「フン!」

アスカ(この私がオワコン…?)

アスカ(美人でエリート帰国子女、天才の名を欲しいままにして来たこの私が…?)

アスカ(こんなバカシンジごときに…オワコンんん!!?)

アスカ(頭の中で復唱すればする程腹立って来たわ…!!)



続きを読む

ミサト「暇ねぇ~」

SS速報VIP:ミサト「暇ねぇ~」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1360926019/



1: 1です 2013/02/15(金) 20:00:20.20 ID:6HIiFeaDO

ミサト「暇過ぎて腐るわ…」

青葉「最近使徒現れませんからね」

マヤ「平和な事は良いことじゃないですかぁ~(私は忙しいんだけど…)」カタカタ…

ミサト「こう暇だと、何か誰かにイタズラしたくなるわね…」

日向「イタズラ…ですか?」

ミサト「………」

ミサト〈ピコーン!〉

ミサト「わたし帰るわww」

一同「「ええっ!!」」

ミサト「どうせ平和過ぎて暇だし、ちょ~っち閃いた事があるのよね~ん♪」ニタニタ

ミサト「ま、何か有ったら直ぐに呼び出してね~ww」フリフリ~

青葉「ほんと葛城三佐はテキトーだな~」

日向「まぁいいんじゃね? 暇だし…」

マヤ「でも帰れない…データまとめないと…」カタカタ…

ミサト宅

ガサゴソ…

ミサト「お、あったあった♪」

ミサト「後はこれとこれっ……よし!パーペキね♪」

ミサト「シンちゃん早く帰って来ないかな~フヒヒ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1360926019




続きを読む

アスカ「バカしん…」シンジ「大概にしろよテメェェェェゴラァ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:31:46.48 ID:iSsTrxvR0

アスカ「あんたは私の奴隷なの。だから…」

シンジ「……大概にしろよてめえ」

アスカ「えっ?」

シンジの綺麗なローキックがきまる

アスカ「いったぁぁ!!なにすんnぶへぇ」

間髪いれずに鼻にグーパンチをいれるシンジ

シンジ「てめえは何様だよ。あーもう限界だわwwwww」

アスカ「うぅ…バカシンジのくせにこんなこと」

シンジ「あああああぁぁぁぁまたバカシンジって言ったかぁぁ!?」パァン!

アスカ「いぃっ、ちょ、ほんとにやめ…」

シンジ「調子に…乗ってんじゃ…ねーぞ…ゴラァ!!」ドコ!バキ!ドン



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 [サマーマドモアゼル] 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

新品価格
¥11,000から
(2018/5/21 01:42時点)