ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


初春飾利

白子「お父様、わたくし未来から来ましたの」上条「……」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 03:04:56.70 ID:oDZMir4QO

上条「君が未来俺の子ども?」

白子「ハイですの」

上条(また変なことに巻き込まれるのか・・・不幸だ)

上条「で、君の名前は?」

白子「白子ですの」

上条(シラコ?・・・この娘も不幸だな)



続きを読む

食蜂「御坂さぁん、この子を助けたいわよねぇ?」御坂「ぐぬぬ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 15:10:01.84 ID:OBTEMc0E0

食蜂「じゃ、私の足を舐めて?」

御坂「・・・」佐天「だめです御坂さん!こんなの間違ってます!」

食蜂「誰がしゃべっていいって言ったのかしらぁ?」ジャラッ

佐天「んっ!」ビクッ

御坂「やめなさい!私が何でもするから佐天さんには手を出さないで!」

食蜂「ふふっ、そういうの嫌いじゃないわぁ」ニヤニヤ


三人の愛憎劇をお願いします



続きを読む

黒子「なんて便利な能力なんですの」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/14(日) 20:10:28.03 ID:ASG0SIleO

黒子「ひい…ふう…みい……。はぁ、何度数えても三百六十円しかありませんの」ジャラジャラ

黒子「少し調子に乗り過ぎてしまいましたわね……これでは今月の携帯料金は元より家賃すら払えませんわ」

フラフラ

寮監「ん?どうした白井、なに悩み事があるなら私で良ければ相談に乗るぞ」

黒子「寮監……、そうですわよね寮監も鬼ではありません。ちゃんと謝れば少しくらい」

寮監「なんだブツブツと、遠慮をするな何でも話すと良い」




続きを読む

黒子「上条黒子ですの」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/02(水) 23:13:32.13 ID:bcOADja2O


「は? 今なんと仰いましたの、お父様?」

 とある日。白井黒子は常盤台女子寮の自室で携帯電話片手に眉をひそめた。

「いや……だからな……父さんの会社が倒産してしまってな……」

「あの、わざわざ洒落を言うために電話を寄越されたのですか、お父様?」

「えぇい、冗談ではない! 全ては不景気が悪いのだよ! まあ、正確には、倒産しそうになったところをある方に助けていただいたのだが……」

「まあ、それは良いことですのね。それで、お父様の会社とわたくしがどういう関係が?」

「それが……その方と色々と話をしているうちに、すっかり盛り上がってしまって……」

「ふむふむ……」

 父親の話題に興味が失せてきた黒子は携帯を頬と肩に挟み、靴下を脱ぎ始めた。




続きを読む

美琴「黒子が何かおかしくなった・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/14(月) 23:27:47.74 ID:EowU27jr0

美琴「黒子が何かおかしくなった・・・」

初春「御坂さんもそう思いますよね! 今日の白井さんは絶対に変です!!!」

佐天「え、白井さんがどこか変になったの?」

美琴「その、何て言うか・・・佐天さんも見れば分かるわ・・・」

初春「そうですね、実際に見てもらうのが一番です」

佐天「へぇ、それは楽しみだな~」




続きを読む

一方通行「おーい佐天さン、パフェ食べに行こうぜェ」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/06(土) 18:34:01.02 ID:TZi0jEXC0


佐天「またあなたですか、いい加減にしてください」

一方通行「そんなこと言わねェでさ」

佐天「私、友達と待ち合わせしてますから。それじゃあ」スタスタ

一方通行「ち、ちょっと待……」



一方通行「行っちまった」



続きを読む

垣根「『ていとくん』って何?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 00:10:20.45 ID:GI0PprxTO

垣根「『ていとくん』って何?」

心理定規「あだ名でしょ」

垣根「誰の?」

心理定規「あなたの」

垣根「……」

垣根「え?マジで??」



続きを読む

浜面「好感度を数値化して閲覧出来る能力!?マジで!?」佐天「はい」

関連



6: 前スレはぷん太辺りで確認しる 2012/07/20(金) 17:45:12.05 ID:pr8/kcZt0

上条「浜面~、この前話した能力の子に来てもらったぞ~」

佐天「こんにちは~」

浜面「はじめまして!!」

初春「この人が佐天さんの能力で相手を見てもらいたい人ですか?」

上条「そう、話したらすんごい食い付きでしつこいから仕方なくな」

浜面「だって好感度を数値化して閲覧出来る能力だろ!?めちゃくちゃ気になるだろ!!」

佐天「なんかこわい…」



続きを読む

佐天「好感度を数値化して閲覧出来る能力かぁ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 10:56:38.87 ID:ITH5YRUh0


初春「へぇ…よく分からないけど凄そうな能力ですね」

佐天「んー、凄いかもしれないけど役に立つかなこれ」

初春「具体的にはどんな感じなんですか?」

佐天「えっと、好感度って言っても色々あるみたいでいくつかに分かれて表示されるんだよね」

初春「ふむふむ」

佐天「数値化されるのは信頼・友情・愛情・好敵手・官能の5つかな」

初春「はぁ、なんか微妙なの混じってますね」

佐天「そう?ライバルとエロも好感度には欠かせないと思うけど」

初春「…えー、そうですか?」



続きを読む

佐天「付け耳って可愛い」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 11:49:03.90 ID:v0c/DI3z0

佐天「ふんふーん」

初春「お待たせしました、佐天さん」

佐天「おっ? おっはよー! う・い・は、……る?」

初春「…………」

佐天「初春……さん? ……ですよね?」

初春「……なんですか?」

佐天「……花、ありませんけど」



続きを読む

固法「こら、当麻!」上条「げ!姉ちゃん!!」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/25(木) 13:58:40.73 ID:KrnV/Qsx0

固法「何よこの点数は!」

上条「いや上条さん的には一生懸命やったんですけど……」

固法「この点数じゃホントに進級出来ないわよ?」

上条「それはわかってるんですけどねぇ……」アハハ

固法「笑わないっ!」ビシッ

上条「ひっ!」



続きを読む

黒子「私の初めてを捧げましたのに・・・」上条「ククク」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 11:20:36.02 ID:l3fl1urW0

黒子「と、とりあえず定番は卵焼きで、えっと、殿方は煮物を好まれるとか聞きましたし」ブツブツ

黒子「煮魚が良いのでしょうか?ですが煮魚というのはかなり難しく・・・」ムムム

黒子「こう、焼いた肉をドンとか焼いた魚をドンとかは避けるべし・・・」

黒子「ふむふむ、参考になりますわね、ステーキなら楽かと思いましたがそれは危険・・・」

御坂「ねえ、黒子」

黒子「な!!!ななな何ですの、お姉さま!!!」ビクゥ

御坂「何そんなに驚いてるのよ」

黒粉「っていうかいつからそこにいらっしゃいましたの!?」

御坂「さっきからよ。帰ってきたらあんたがブツブツ言いながらそれを見てるからちょっと気になったのよ」

黒子「ま、まあそうでしたの、私としたことがお姉さまにも気づかないだなんて一生の不覚ですわ」オホホ

御坂「ねえ、あんたって料理するの好きだったっけ?」

黒子「え?あ!こ、これは!!これはちょっとした興味というかその、息抜きというか!!」



続きを読む

初春「定温保存じゃなくて、性感保存……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 22:12:35.81 ID:+hrW+dTo0

ある日、初春飾利は自宅である学生寮でくぐもった声を上げ身をよじらせていた。

初春「はあ、はあ……」

初春「んっ!!あんっ!!」

初春(わたし、まだ中1なのに毎晩こんな事ばかりして)

初春(みんなが知ったら軽蔑されますよね……)

初春(でも……)

初春「きもちよくて指が止まりませんっ」

初春「あっ、今日もそろそろイッちゃ――」

少女が絶頂に達しようとした瞬間。

プルルルルルルル。と携帯電話の着信音が響く。


今日仕事中に思いついたのでちょっとSS書きます。
書き溜めする時間も無かったので、遅いですが順々投下してまいります。
設定、流れもあんまり深く考えていませんので矛盾があっても悪しからず。
よろしければお付き合いください。



続きを読む

佐天「手から饅頭出す能力か・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:32:50.26 ID:6ij0r5Tr0

佐天「ふっ!」ポンッ!
もぐもぐ
佐天「美味いっ!」



続きを読む

初春「私、レベル7になったんですよ」一方「何ィ!」

1: 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 2012/04/09(月) 18:01:15.36 ID:oScOIHTSO

一方「俺は昔レベル6を目指してたが……それより上のレベル7だとォ!」


佐天「まだレベル7なの?私なんかレベル10だよ?」


一方「」

一方「あばばばば」

一方「に、逃げよう……」


初春「あの人なんだろう?私達の話でビクビクしながら逃げていく」

佐天「それよりさ、骨董屋にこんな面白いゲームがあるなんてね」

初春「そうですね。ドラゴンクエストなんてありきたりなタイトルと思ったんですがやってみたら結構ハマリましたね」



続きを読む

上条「幸福だあああああ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 22:43:20.24 ID:2NrelwobO

上条「さて、今日は安売りの肉も買えたし夕食は久々の焼肉だ!」

上条「インデックスの奴喜ぶだろうな。・・・ん?」

上条「紙切れ?いや、これは宝くじ」

上条「誰かの落とし物か?とりあえず拾っとくか」



続きを読む

黒子「(計画通り…ですの!!)」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/11(金) 02:41:02.50 ID:1digDa0r0



とある公園 下校中

美琴「あっついわねえ…黒子」


黒子「そうですわねお姉さま……なんせ今年の夏
は特に暑い、って評判ですものね…」


美琴「あーもう、なんか私のど渇いてきちゃった…
ね、黒子。あそこの自販機のベンチで休憩しない??
アンタの分の飲み物も私がおごってあげるからさ」


黒子「結構ですの!!」




続きを読む

上条「誰か御坂と恋人になってくんねーかな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/15(火) 17:50:16.02 ID:ZW7YODwK0


上条「はぁ~、今日も御坂に追いかけられて特売逃した。
   ウチには穀潰しもいるし、正直こう何度も続くとキツいんだよなぁ」

上条「おそらくアイツは俺に勝てないから何度も挑んでくる訳で……じゃあ一度わざと電撃受けて負ければいいのか?」

上条「鉄橋でのあの一件もあるし、さすがに死ぬレベルのは撃ってないだろう。
   ビリビリは嫌だけど、上条家の食卓を救うためには仕方ない……。
   けどそれであの時みたいに泣かれても困るしなぁ……どうしたものか……」

上条「ん? あれは……」



リア充(男)「ほら、寒いだろ? 手出せよ」

リア充(女)「うんっ!」ギュ

リア男「おいおい、さすがにこれは歩きにくいって」ヘラヘラ

リア女「手握るより腕組んだ方が暖かいもん♪」

イチャイチャ……



続きを読む

佐天「不幸だなんて言わせない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 00:10:25.93 ID:1rrHPPyk0

~とある洋菓子店~

美琴「うーん‥‥」

黒子「お姉様、まだ決められないんですの?」

美琴「もうちょっとだけ待ってよ」

黒子「早くお決めになってくださいまし。あんまり時間をかけると面会時間を過ぎてしまいますの」

美琴「分かってる!でもこっちのキウイが載ってる奴も良さそうね‥‥」

黒子(はぁ‥‥これは長期戦になりそうですの)

カランカラン♩

店員「イラッシャイマセー」

佐天「やっと着いたー!ってあれ?御坂さんと白井さん?」

初春「ホントだ!こんなところで会うなんて偶然ですねぇ」



続きを読む

御坂妹「自分の顔に欲情するなんてお姉様はとんだナルシストですね」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/05(金) 16:31:22.35 ID:ZJduQG1Q0

御坂「いやぁ、本当にそっくりよねぇ」ペタペタ

御坂妹「そんなベタベタ触らないで下さい、とお姉さまはとんだナルシストですね」

御坂「だってさ、容姿端麗、スポーツ学業共に優秀。んでもっと、教師からの受けが良くて全校生徒の憧れの的だもの!」スリスリ

御坂妹「だから…、そんなにほっぺたをスリスリしないで下さいと、ミサカは手でガードします」

御坂「うーん、完全無欠よねぇ…。ずっと眺めてても飽きないわよ!」ペタペタ

御坂妹「……ならば、一つ欠点を教えて差し上げましょう、とミサカは指を突きつけます」

御坂「欠点って何よ…?そんなのあるわけないじゃない、この私が」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER こいかぜ - 彩 -

新品価格
¥1,800から
(2018/1/9 18:46時点)