ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


古泉一樹

長門「やめて……」キョン「いいだろ、恋人同士なんだから」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 19:35:18.66 ID:xdejJ9G5O

長門「どう?」

古泉「といわれましても…」

長門「私が書いたSOS小説」

古泉「SOS小説ですか」

長門「そう。 登場人物は私たちSOS団団員」

古泉「ふむ」

長門「今回のジャンルは恋愛」

古泉「ほうほう………ん?」

長門「なかなかの売れ行き」

古泉「………ちょっと待ってください」

長門「?」



続きを読む

ハルヒ「なによあんた、宇宙人?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/29(火) 19:43:13.08 ID:ESFE83sk0

神人「いや、ワシは神人や」

ハルヒ「新人?」

神人「ちゃう。神の人とかいて『神人』」

ハルヒ「偉そうな名前ね」

神人「あんたにいわれとうない」

ハルヒ「どちらかというと、『森人』ってかんじの風貌ね」

神人「なんやそれ。わけわからんわ」

ハルヒ「で、結局何者なのよあんた」

神人「そこはおいおい説明しますわ」

ハルヒ「着ぐるみ・・・じゃないわよね、このサイズじゃ」



続きを読む

古泉「彼と長門さんは出かけた……では、早速涼宮さんの椅子を」

6: 774秒で支度しな! 2009/11/20(金) 22:11:23.29 ID:4hOqoAQ2O

古泉「むふー、たまりませんねえ」

古泉「普段は長門さんが一番乗りですし、彼も意外と団活には真面目に出てきますから、こんな事出来ませんからね」

古泉「そーれ、もういっちょ、くんかくんか」



続きを読む

キョン「下? いや、正面か!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/01(木) 04:27:17.89 ID:9RA3vqa60


俺は今、ロボットに乗っている。

もう一度言おう。俺は今、ロボットに乗っている。

俺は今、ザクと戦っている。

もう一度言おう。俺は今、ザクと戦っている。

どうしてこんな事になっているのかといえば、
『ハルヒがスパロボにでもハマってたんじゃないか?』
としか言えない。それぐらい唐突に俺は

スーパーロボット大戦の真っ只中にいた。



続きを読む

ハルヒ「ごきげんよう・・・・」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/28(日) 14:54:16.92 ID:q/rgvqVLO

ハルヒ「この中に宇宙人未来人異世界人超能力者はいらっしゃるかしら? いるのならわたくしの所にいらっしゃいなさいな」

振り向いておどろいた。
金髪、縦ロール、フリフリのレースが付いた特注と思われる制服。


物凄いお嬢様がそこにいた。



続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】佐々木「僕は僕さ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/11(水) 22:12:41.04 ID:RZ103HqCP

「面白くない」

病室のベッドでぼそりとつぶやくが、
返ってくるのは窓外でさえずる小鳥の声だけだ。

その言葉が一人でいる時の僕の口癖になってしまったのはおよそ二年前、
光陽園女子に入学してからのことだ。

元々男性と会話するほうが気楽さを感じる僕にとって女子校は
内心的敵地といっても過言ではなかった。

もちろん、表には出さないんだけれどね。

けれどもまじっか感情をごまかすのが得意なのが災いしてしまい、
ストレスを溜め続け、ついに先日倒れてしまった。

それは立派な胃潰瘍だと担当医に言われた。
普通ならばここまで悪化する前に倒れるそうだが、僕の痛覚は鈍感らしい。




続きを読む

キョン「ハルヒが嘘松に興味を持ったらしい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/05/13(日) 05:58:35 ID:K2uTSIYU

古泉「それはマズいですね……」

キョン「やっぱりそうだよな?」

古泉「ええ。しかし涼宮さんは……あなたもご存知の通り、常識のあるお方ですから」

キョン「嘘松を真に受けることはない。……俺もそう願ってるよ」

古泉「ただひとつ懸念があるとすれば、彼女が嘘松を創作だと認識した上で、『それでもやっぱり面白い』と思い込んでしまうことでしょう」

キョン「なるほどね。たとえネタであっても、自分から進んでそういう類いのつぶやきをしないことを祈るばかりだぜ」

古泉「そういった意味では、涼宮さんがSNSを利用していないのは好都合でしたね。めっきり更新頻度が下がった公式HPへの書き込みにだけ注意しておきましょう」

キョン「…………あー」

古泉「?」

キョン「実はだな、古泉。お前には言ってなかったかもしれんが、ハルヒはツイッターを始めたんだよ」

古泉「ええっ! では嘘松も まとめサイト等を通してではなく、ツイッター上で直接 影響を受けているということですか?」

キョン「ああそうだ。純度100%のやつをな」



続きを読む

キョン「ハルヒの能力がメチャクチャ強力になってる?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/19(土) 21:15:17.68 ID:MIXbCzJT0

古泉「ええ、そうです」

キョン「メチャクチャ?」

古泉「メチャクチャです」

キョン「メチャクチャと言われてもいまいちよく分からんな」

キョン「そもそもあいつの能力は、それこそ世界を作り変えちまうほどのものだろ?」

キョン「それよりもさらに強力って、どういうことだよ?」

古泉「そういう強力とはちょっと違うんですよ……おっと、続きはまた後で」

ハルヒ「やっほー! みんな揃ってる?」バァン

キョン「でかい声を出すな。相変わらず騒々しい奴だな」

長門「……」




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】長門「ぎゃああああああああああああ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/24(木) 01:18:01.38 ID:OtFeQBeA0

長門有希。
この宇宙を統括する情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース。
今日もまた、情報爆発を引き起こした涼宮ハルヒの観測。
涼宮ハルヒの願望実現能力は、あらゆる事象を変異させる可能性を秘めており情報統合思念体も興味を抱いている。
ここで言う涼宮ハルヒの願望実現能力とは事象平面を4次元的に移動させることによって生じるA・O空間、
すなわちデカルトの絶対客観空間(この絶対客観空間には人間は我々は干渉する手段を持たない)において、
ある事象を『あるべき結果』から『望ましい結果』へと変異させ、その際に生まれる莫大なエネルギーを変換し、
我々にとって都合の良い、3次元的な力に変換することによって朝比奈みくるのおっぱい揉みたい。



続きを読む

キョン「もうお前にはついていけない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/17(土) 22:09:35.94 ID:cSHh5PRH0

椅子を蹴っ飛ばして立ち上がったキョンは、あたしを睨んだ。
負けずに睨み返す。

「……俺はSOS団を辞める。いいな」

キョンの声は、僅かに震えていた。
いつもなら『団長の命令無しに辞めるなんて許さない』と言うところだけれど。

「勝手にしなさいよ」

これは本心。

「じゃあな。今まで世話になった」

キョンはドアを開け、足早に出て行った。
古泉君が言う。

「彼と話をしてきます」

あたしが何かを言う暇もなく、古泉君も出て行った。
団室には、あたし、みくるちゃん、有希の三人だけが残った。



続きを読む

キョン「きのこ!」ハルヒ「たけのこ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/13(金) 22:47:51.72 ID:s3GZbwvi0

ガチャ

古泉「すいません、遅れま」

キョン「だから、きのこだって言ってるだろ!!」

ハルヒ「何度言わせるのよ!たけのこに決まってるわ!!」

古泉「これは一体…?」

みくる「あ、古泉くん…」

キョン「きのこきのこきのこ!!」

ハルヒ「たけのこたけのこたけのこ!!」

古泉「何かあったんですか?」

みくる「はい、きのこかたけのこかで二人が言い争いになっちゃって…」

キョン「きーのーこー!!」

ハルヒ「たーけーのーこー!!」

古泉「夕飯のおかずで揉めるとは…!随分仲良くなったんですねぇ…」

みくる「いえ、そうじゃなくて…」

長門「…お菓子の方」




続きを読む

キョン「好きだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/19(土) 01:45:36.62 ID:5JSwZKpSO

お前は今何をしているのか?と問われれば、走っているという他に言葉が見つからない。今ならフルマラソンでも上位入賞出来そうな気がする。

こんなに走ってるのはハルヒが消えちまった時以来だ。
校内マラソン大会でもアホの谷口と二人並んで歩いてゴールテープを切った俺だが、今は全力で走っている。

何故かって?

ハルヒに会うためさ



続きを読む

キョン「目が覚めたら陰茎がハルヒになっていた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/27(金) 01:19:44.46 ID:ojT1Z37e0

ハルヒ(陰茎)「バカキョン! もう朝よ!」

キョン「これは……」

ハルヒ(陰茎)「こんなギンギンのおっ勃てて……バッカじゃないの?」

キョン「陰茎にバカにされた……」



続きを読む

古泉「寂しかった…ずっと」 森「…もう一人じゃないわよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/08(月) 00:30:58.36 ID:9bFP36pK0

僕には親がいない。物心がついた頃から孤児院で生活していた。
そして13歳になった僕は中学生になった。
4月が終わる頃になっても僕はクラスで浮いていた。
最初の頃は僕に話しかけてくる人もいたが、僕が素っ気無い態度をとっていると誰も話しかけに来る人はいなくなった。
僕はクラスで浮いた存在になっていた。

そんなつまらない毎日を過ごしていた頃、僕の人生を絶望に突き落とす出来事が起きた。

なぜかは解らない。僕は唐突に理解した、ある女の子の存在。
そして自分に与えられた能力と使命を。

閉鎖空間とよばれるものはほとんど毎日のように発生していた。
その度に僕はビクビクしていた…僕は気づいていながら無視していた。




続きを読む

ハルヒ「手探りで野球を覚える」

SS速報VIP:ハルヒ「手探りで野球を覚える」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367299601/



1: ◆JDcqZ4IFXoNe 2013/04/30(火) 14:26:41.94 ID:f4JwzPKt0

チームSOS団

1 投 涼 宮
2 右 朝比奈
3 中 長 門
4 二 キョン
5 左  妹 
6 補 古 泉
7 一 国木田
8 三 鶴 屋
9 遊 谷 口


ハルヒ「最初行きたい人?」

一同「……」

ハルヒ「じゃあキョン行きなさい 」

キョン「いやハルヒだろ?」

ハルヒ「キョン、監督の指示は絶対って言ったでしょ?」

朝比奈「キョンくん最低です」

キョン「いやそうじゃなくて」

ハルヒ「?」

キョン「打順が1番の人からだろ?」

ハルヒ「打順って?」

キョン「スタメン表見せてみろ」

ハルヒ「」つ

キョン「この表で上に書いてある人から順に打つって決まりだから」

ハルヒ「…え?この数字って打つ順番なの?」

キョン「何だと思ったんだ?」

ハルヒ「適当に決めちゃった…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367299601




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】古泉「それにつけても」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/14(水) 23:45:52.48 ID:jongqAto0

古泉「セックスしたいですよね」

キョン「そうだな」

古泉「女性器に男性器を入れる。たったこれだけの事なのですが」

キョン「その『たった』が難しいんだよな」

古泉「全く、困ったものです」

キョン「やれやれだな」



続きを読む

朝倉「眉毛剃ろうかしら…」ハルヒ「だ、駄目よ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/26(月) 15:32:39.60 ID:1TuaJIpM0

朝倉「え?な、なに?」

ハルヒ「…あなた自分が何言ってるのか分かってるの?」

朝倉「だから、眉毛剃ろうかな、って」

ハルヒ「バカっ!」ペチン

朝倉「いてぇ!」

ハルヒ「何でそんなこと言うのよ!」

朝倉「え?え?え!?」

ハルヒ「もう知らないっ!!」ダッ

クラスメート「…」

朝倉「もう、なんだっていうのよ…」



続きを読む

キョン「ハルヒ、エンドレスエイトって知ってるか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/14(木) 20:33:51.74 ID:BTiNc23Q0

古み「!?」

ハルヒ「エンドレスエイト?」

キョン「ああ、去年の夏に起こった大事件だ」

ハルヒ「しらないわ、どんな事件よ」

キョン「実は去年の夏休みは15000回以上ループしていたらしい…」




続きを読む

キョン「そういう事か……そういう事かハルヒ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/17(日) 22:36:34.00 ID:N529IkFe0

ハルヒ「そっちじゃなくて、もうちょっと左隅の方よ」

キョン「まったく注文の多いやつだな……それだったら自分でやればいいだろう」

本日の俺の雑用は、部室の配置換えだそうだ。そう団長に告げられた俺は息をつく暇も無く机などを言われた通りの場所に移動していく、この光景を日常だと思ってしまう自分が何か哀しい。

ハルヒ「今日に限って、みんな遅いわねぇ。キョンが可哀想じゃない」

キョン「そう思うんだったら、少しは手伝ってくれても罰はあたらんと思う……ぜ」

勢い良く地面に下ろした長机は辺りに大量の埃を撒き散らした。

ハルヒ「ゴホッ…ゴホ……。すごいわねこりゃ、床の掃除もしなきゃならないかしら」



続きを読む

古泉「グレることにしました」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/28(木) 11:59:50.88 ID:iL2WOgB10

古泉「毎日毎日、涼宮さんのご機嫌をとってわがままをいわれれば物や場所を提供し」

古泉「その度に機関の上の方々に『もっと安く済む方法はなかったのか』と小言をいわれ」

古泉「ささいなことで閉鎖空間ができれば昼夜とわず出勤し」

古泉「それでも少しでも遅れれば森さんには文句をいわれ肩パンをされ」

古泉「そのせいで寝不足になり学校で居眠りすれば『どうした、お前らしくない』と心配され」

古泉「『大丈夫です』と笑顔で返すしかなくなる、もちろん眠ることなんて許されなくなります」

古泉「そんな苦痛の日々の中のたまの休みでさえ集合のかかる団活」

古泉「『遅れたら死刑だからね!』 あ、今のちょっと似てましたね」

古泉「やっと夏休みがきたと思ったら毎日集合ばかりか、例の事件ですからね」

古泉「もういい加減僕も我慢の限界です・・・・」

古泉「決めました、漢・古泉一樹。今日からグレます」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 [サマーマドモアゼル] 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

新品価格
¥11,000から
(2018/5/21 01:42時点)