ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


古谷向日葵

【ゆるゆり】向日葵「さーちゃん大好き」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 19:58:17.24 ID:LTXeNcOmQ

~生徒会室~

向日葵「はぁ・・・」


千歳「古谷さん、最近元気無いなぁ」

綾乃「そうね・・・」

綾乃「まぁ、原因は間違い無くアレでしょうね」

千歳「そうやね~」



続きを読む

【ゆるゆり】あかり「百合モン……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 22:15:07.82 ID:bVSlpOY20

私の名前は赤座あかり、元気いっぱいの中学生ですっ。

あかりたちが通ってる七森中では現在百合モンブームのまっただ中。

西垣先生が発明したこの百合モンボール……!

あら不思議、このボールでゲットされた女の子はその人の百合モンになっちゃうの。

お互いの百合モンを戦わせる日々、信頼するパートナーといつかてっぺんへ行けるのを夢見て……。

廊下を歩けば百合モンボールが飛び交ってます、今日も七森中は平和そのもの――


ピュ~~~~~……コツン

あかり「あいたっ!?」

モブ「あれれれ、この女の子はもうパートナーが決まってるんだね、残念……」

あかり「こんな感じでボールを投げ付けられることもあります」シクシク



続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「『私、未来から来た』って言ったら……笑うか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 23:02:48.80 ID:2zd2msB/0

向日葵「突然何を言い出すんですの? 暑さで頭がおかしくなったのですか?」

櫻子「3.14159 26535 89793 23846 26433 83279 50288 …」

向日葵「さ、櫻子が円周率を! 円周率を暗唱してますわ!! あなたいったい誰ですの!? 櫻子の皮を被ったニセモノ! 本物の櫻子はどこですの!?」



続きを読む

【ゆるゆり】京子「あかりって誰?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/17(火) 00:17:17.68 ID:VKo4xq2f0

ちなつ「もう、京子先輩! いくらなんでもそれはひどいですよ!」

京子「…? 何が?」

ちなつ「はあ、もういいですよ。あの、結衣先輩、今日あかりちゃんはお休みなんですか?」

結衣「え……? さ、さあ…私は聞いてないけど…?」

ちなつ「うーん、じゃあ先に行っちゃったんですかね? 途中合流しなかったからてっきり結衣先輩たちと一緒にいるのかと」

結衣「多分そうなんじゃない?」

ちなつ「それならそれでメールでもくれたらいいのに…」

結衣「まあ、とにかく学校行こうよ。遅れちゃうし」

ちなつ「はーい」



続きを読む

【ゆるゆり】京子「レズビッチレラ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:04:10.40 ID:GW7FXJD20

むかしむかし、とても可愛くてやさしい京子がいました

京子には義理の姉と妹が二人いましたが、彼女たちは事あるごとに京子をいぢめました

「と、としのーきょーこっ!またお皿洗い忘れてるわよっ!」

「家事を忘れるなんて……京子先輩には罰を与えないといけませんよね……」

「えへへ、大丈夫だよ、京子ちゃん、痛い事とかしないから、ね?」

姉や妹たちにいぢめられるので、京子の服は何時もボロボロです

お風呂入る時も何時も姉や妹たちと一緒で、京子の身体には何時もキスマークが付いていました

そこで姉妹たちは京子の事を「誘い受けの百合娘」という意味のレズビッチレラと呼んだのです



続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「頑張っているあなたへ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:20:32.46 ID:4eMvD+6J0

???「……るたにさん、古谷さん!」

向日葵「ん……、は、はい!」ガバッ

先生「あなた、また居眠りしていたわよ。初めてならまだしも、今日3回目じゃない!」

向日葵「も、申し訳ありません……」

先生「これ以上続いたら、平常点から減点することも考えますからね!」

向日葵「はい……」シュン


最近、あまりよく眠れていない。
特にここ4日間は酷く、そのせいか失敗続きだ。
あまり先生から叱られ慣れていないせいか、そのままずるずると引きずってしまう。
昨日は……。いや、思い出すのは止めよう。

向日葵(また今夜もきっと眠れませんわ……)

その繰り返し。
負のスパイラル。


櫻子「…」



続きを読む

【ゆるゆり】京子「姦染」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:28:41.83 ID:w0zeEOvW0

~生徒会室~


綾乃「あら、千歳何食べてるの?」

千歳「あ、これ?千鶴ちゃんがプレゼントしてくれたチョコ、美味しいわあ」

綾乃「そう……って、チョコ!?」ズサッ

千歳「綾乃ちゃんどうしたん?」

綾乃「ち、千歳?チョコなんて食べて大丈夫なの!?」

千歳「え、そりゃ大丈夫やけど……どうしたん?」

綾乃(あ、あれ、普段の千歳だわ、チョコ食べると目覚める魔獣はどうなったのかしら……)

千歳「綾乃ちゃんもチョコ食べる?」

綾乃(……そっか、きっと克服したのね、流石千歳)

綾乃「ええ、ありがと、いただくわ」パクッ

綾乃「んー、凄く濃厚なチョコね、美味しいけど口の中で全然溶けな……」


ドックンッ


綾乃「……!」



続きを読む

【ゆるゆり】あかり「あかりのいない時間軸…?!」あっかり~ん

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 17:55:32.03 ID:dFOvotND0

~ごらく部~

結衣「…ふぅ。やっぱりちなつちゃんのお茶を飲むと落ち着くな」

京子「お茶うめぇ!」ズズズッ

ちなつ「ありがとうございます!」



結衣「…、…」ゴロゴロ

ちなつ「…、…」

京子「…何かさ、結衣」チラッ

結衣「…ん?なに?京子」

京子「…暇…だな」

結衣「…そうだな」

ちなつ「…」

結衣「…」

京子「…」



続きを読む

【ゆるゆり】綾乃「赤座さんを生徒会に欲しいんだけど」京子「はあ?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:49:03.16 ID:Cqa7sYwkO

京子「何言ってんのよ綾乃、大切なごらく部の一員を渡せるわけないじゃない」

綾乃「プリン3つでどうかしら」スッ

京子「バイバイあかり~」ヒョイ

あかり「酷いよ京子ちゃん!」

結衣「生徒会から差し入れだってさ」

ちなつ「わ~い!早く食べましょう結衣先輩!」

あかり「結衣ちゃん!ちなつちゃん!?」

千歳「ほな赤座さん、一緒に行こか~」ガシッ

あかり「た~す~け~て~!!」ズルズル



的な



続きを読む

【ゆるゆり】向日葵「撫子さんが骨折された?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 19:53:53.82 ID:hMCKkIJK0

櫻子「うわっ姉ちゃんその腕どうしたの?」

撫子「いやそれがこうこうこうで骨折しちゃったんだ・・」

花子「大丈夫し・・・?」

撫子「まあ痛みはそのうち慣れると思うけど、生活に支障が出るかな・・」

花子「お姉ちゃんは自分の部屋で休んでくるし」

撫子「え、でも今日の料理の当番は私・・」

花子「いいから、いいからケガ人は休んでるし」ぐいぐい

撫子「あ、うん・・・」

花子「そういうことだからお姉ちゃんのケガが治るまでは私たちがサポートするし」

櫻子「え~しょうがないな~」

花子「ということで櫻子、料理作るし」

櫻子「おい、なんで私なんだ自分でやれよ」

花子「櫻子、昨日花子のヨーグルト食べたし?」

櫻子「くっ・・・」

花子「じゃ、頼んだし」



続きを読む

【ゆるゆり】あかり「安価で夢を現実にしたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:24:49.54 ID:BUektP+X0

夢を見ました。

とてもとても素敵な夢。
楽しくて、嬉しくて、いつまでも見ていたかった夢。
目が覚めたとき、ちょっと寂しい気持ちになってしまう夢。

そんな夢。

もう一度、見ることが出来たら……。

【あかりの部屋】
pipipipi…
あかり「むにゃ……、ん……もう朝かぁ」

あかり「あぁ、またあの夢見られなかったんだ……」

あかり「もう一度みんながあかりを取りあったり、好き好き大好きって言われたりしたいよぉ」

あかり「あの夢が現実にならないかなぁ。……って無理だよね」

あかり「そもそも現実のあかりと夢の中のイケてるあかりじゃ全然違うもんねぇ」

あかり「……ん? ということは夢の中みたいなイケてるあかりになれば、
     モテモテになれるかもしれない!?」

あかり「あはは、そんなわけないよねぇ」

あかり「……」

あかり「ちょ、ちょっとだけ……、挑戦、してみようかな」



続きを読む

【ゆるゆり】あかり「ゆるゆり短編集」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 00:47:58.96 ID:na34fFsJ0

たいしたネタじゃないので、過度な期待はしないで下さい。
※本当に自己満足です



続きを読む

【ゆるゆり】結衣「あかりを孤立させて私だけのものにしたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 13:01:31.59 ID:iZ0AmxJg0

結衣「そういうわけだから、あかりを無視してくれるかな」

ちなつ「分かりました。あかりちゃんの唯一のアイデンティティ『影が薄い』を守るためにも」

ちなつ「協力します!」

ちなつ(あかりちゃんを省いて、結衣先輩とお近づきに……)

京子「私も協力するよ!」

京子(なんとなく面白そうだから)

結衣「うん、ありがとう」

結衣(あとは折を見てあかりの味方をすればあかりは私のものに……)


こういう感じのヤンデレSSは需要があるのか



続きを読む

【ゆるゆり】向日葵「お帰りなさい櫻子」櫻子「ただいま!!向日葵!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:06:12.20 ID:PdqlGNE30

京子「未来からタイムスリップして来た歳納京子だよん♪」

櫻子「・・・・え?」

向日葵「変な人が抱きついてきたから、縛って・・・警察に突き出そうとしたら、変な事を言い出しましたわ・・・」


京子「ふふふ、ひまっちゃん信じてないね・・・まぁ無理もないよ、私だったら信じないし」

櫻子「おぉー!本物っぽい!」

向日葵「櫻子!信じないで!警察に通報しますわよ!」

櫻子「えぇー、本当かもしれないじゃん」ブー

京子「そうだよーそうだよー」



続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「しんろ…?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 06:28:50.50 ID:nwRyJsC80

向日葵「櫻子、あなた進路はもう決めましたの?」

櫻子「しんろ…って、なに?」

向日葵「…そこから説明しなければなりませんの?」ハァ

櫻子「」ムカッ

向日葵「卒業したあとはどうするのかっていう話ですわ」

櫻子「あーそういうことならそう言えよ」


櫻子「あれ?でも、私たち卒業しないじゃん」

向日葵「何をのんきなことを・・・」


向日葵「今朝の全校集会で、今年からは全員歳をとることになったって言ってたでしょう?」

櫻子「え、そうなの!?」



続きを読む

【ゆるゆり】京子「くんかくんか」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 16:20:55.50 ID:a7bF6eDa0

~部室~


京子「ちなちゅ……君の瞳に乾杯」ギュー

ちなつ「……はぁ、もういい加減に抱きつかれるのにも慣れましたケド……」

ちなつ「今お茶淹れてるんでどいてもらえます?」ジロッ

京子「ちなつちゃんの髪はどうしてこんなにもふもふなんだろう……超気持ちいいぃ」

結衣「聞けよ」

ちなつ「あっ、ちょっ……今何しました!? 調子に乗らないでください!」

京子「あぁん……ちょっと匂い嗅いだだけじゃーん」



続きを読む

【ゆるゆり】ちなつ「安価で結衣先輩を吹っ切りたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:18:13.45 ID:FNyv7B5d0

ちなつ「好きです」

終業式も近い、ある晴れた日。
私は、結衣先輩に告白した。

勝算なんて無かったし、焦っていたわけでもない。
結衣先輩と出会ってから一年が過ぎようとしているこの時期に、
なんとなく、ひとつの区切りを付けたくなった。
ただ、それだけ。

私の言葉に結衣先輩はあっけに取られたような顔をしたあと、
申し訳無さそうに、「ごめん」と一言つぶやいた。

予想していたとおりの言葉。
覚悟も出来ていたはず。
それでも言葉を発しようとした瞬間、涙腺が緩みそうになる。
そんな自分の弱さに、ちょっとだけ失望しながら、
「ですよね」
と、一言、笑みを作りながら返した。

私がどうこうと言うわけではなく、恋愛というものがわからない。
そんなフォローの言葉をかけてくれた気がしたけれど、よく憶えていない。
結衣先輩の負担にならないよう、平静を装うことに全力を尽くしていたからだろうか。
その甲斐あって、私は涙をこぼすことなく、微笑みを保ちながらその場を離れることが出来た。


こうして私は、結衣先輩にふられた。




続きを読む

【ゆるゆり】向日葵「思い出の場所?」 櫻子「探しに行こう!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:30:48.71 ID:0N0uQB+n0



櫻子「…………」ぐだぐだ

向日葵「…………」カキカキ


向日葵「ん。櫻子、せめてそこの問題だけでも終わらせてしまいなさい?」

櫻子「んー」

向日葵「なんの本を読んでるんですの?」

櫻子「…………」ぱたむ


向日葵「ちょっと、見せてくれたっていいじゃない」


櫻子「私たちのさー」


「思い出の場所って、どこかな」



続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「眠りひま」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 00:40:04.84 ID:cW9Je33+0

 

昔々ある富山に、ひまわりちゃんとさくらこちゃんがいました。


ひまわりちゃんは毎日おかしを作り、


さくらこちゃんが毎日それを食べ、


時にはケンカもしながら、ふたり仲良く暮らしていました。

 



続きを読む

【ゆるゆり】櫻子「かくれんぼ!」

1: ◆2tw7Ji6IluEW 2012/06/08(金) 19:56:28.32 ID:0IMtw781P

あかり「かくれんぼ!」』の櫻子ver.だったりする



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)