ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


四条貴音

貴音「おはようございます。あなた様」チュッ P「おはよう、貴音」チュッ

SS速報VIP:貴音「おはようございます。あなた様」チュッ P「おはよう、貴音」チュッ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418479755/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:09:25.12 ID:oz/FCnq20

響「」


P「どうした響」チュッ


貴音「何かあったのですか?」チュッ


響「いや…その…」


P「意見は言わないと何も変わらないぞ」クイッ


貴音「んっ…ちゅっ…ちゅ…んぷは…響?」キョトン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418479755




続きを読む

P「貴音がトイレについてきてくれと言い出した」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 18:30:39.08 ID:YPcXrziB0

―夜の事務所―

P「どうした?貴音?」

貴音「その……お、御手洗いに行くので……」

P「あ、ああ、行って来い」

貴音「あの……」

P「?どうした?」

貴音「……ついてきていただけないでしょうか?」



続きを読む

響「貴音のお尻はまろやかだぞ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:02:24.19 ID:+sYXQoTP0

-事務所-

ガチャ

響「ただいまー。今日も疲れたぞ」

貴音「お帰りなさい響」

響「あ、貴音だ! あれ、っていうかほかのみんなは?」

貴音「プロデューサーはまだ仕事から帰っていないようです。小鳥嬢はつい先ほど備品の買い出しに」

響「そっか。んじゃ貴音と二人っきりだね! えへへ」

貴音「そのようですね」



続きを読む

貴音「妖精の記憶」

SS速報VIP:貴音「妖精の記憶」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418205322/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 18:55:32.66 ID:foZUaXdEo

-765プロ-


貴音「.......」

響 「たかねー」モフ

貴音「...響」

響 「どうしたの貴音。なんか元気ないね」

貴音「......響は」

響 「ん?」

貴音「響は、”ふぇありぃ”と聞いて、何か思うことはありますか?」

響 「え、フェアリー?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418205322




続きを読む

貴音「不束者ですが、よろしくお願い致します。あなた様、伊織」

SS速報VIP:貴音「不束者ですが、よろしくお願い致します。あなた様、伊織」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364658440/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:47:20.83 ID:jozwxd1m0

社長「さて、この一年でキミは見事に水瀬君をIU優勝へと導いたわけだ。よくやってくれたね」

P「伊織の魅力が伝わっただけですよ」

--
※このSSは、
 "THE IDOLM@STER SP ワンダリングスター"
 伊織ストーリープロデュースモード後をイメージして書いています。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364658440




続きを読む

【ミリマス】まつり「私の妹」

SS速報VIP:【ミリマス】まつり「私の妹」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541851746/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/10(土) 21:09:06.77 ID:dVfo4c3q0

ミリマスSSです。
・まつり母、まつり妹出ます。
・Pが結構喋ります。

久々にスレ立てしたもので、もし不具合があったら申し訳ない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1541851746




続きを読む

貴音「貴方様、私のお尻でお顔を潰されるお気持ちはどうですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 23:02:13.46 ID:mLGliIl50

P(くっ・・・おもっ・・・苦しっ・・・!)フガフガ

貴音「ふふっ、それそれ」グイグイ

P(もうっ・・・やめっ・・・!!)ジタバタ

貴音「あらあら、そんなに暴れちゃだめですよ、もっと堪能してくださいな」グイグイグイ

P(息できな・・・もう・・・死n・・・・・・)

貴音「ふふふ・・・・まだまだ・・・私のお尻が大きすぎると笑っていた罪、こんなものでは償えませんよ・・・・?」















P「うわあああああああああああああああああああああ」

P「・・・・・・・・・・・・ゆ、夢か」



続きを読む

貴音「わたくしを食べてください……あなた様、響!!」

SS速報VIP:貴音「わたくしを食べてください……あなた様、響!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370613330/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 22:55:30.77 ID:EWBSlAuH0

P「なに言ってるんだよ貴音……」

響「自分にそんなこと……できるわけないじゃないか!!」

貴音「早くしてください!さもなければ……わたくしがあなた方を食べてしまいましょう!!」ガバッ

P「貴音やめろ、響を離すんだ!!」

響「……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370613330




続きを読む

響「尻だ……貴音の尻……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 23:05:27.23 ID:AvMi4mon0

ガチャッ

響「みんな、はいさーい!」

貴音「Zzz...」

響「!」ピクッ

響「た、貴音寝てるのか?」

貴音「むにゃ……らぁめん……」

響「……」

響「……尻」




続きを読む

貴音「月下祭と万歩計」

SS速報VIP:貴音「月下祭と万歩計」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417794235/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:44:05.12 ID:JTJHbOAC0

木枯らしが窓を叩く、11月。
午後2時、事務所。

P「貴音、話がある」

貴音「何でしょう?」

P「今日からコレを持ち歩きなさい」

貴音「はて、これは」

P「万歩計だ。カロリー計算もしてくれる優れモノだぞ」。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417794235




続きを読む

【アイマス】響「歳の数とは関係なくて」

SS速報VIP:響「歳の数とは関係なくて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417801004/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 02:36:54.86 ID:qOOCDKaV0

響「前から思ってたんだけど」

貴音「常々に」

響「貴音ってさ」

貴音「はい」

響「お箸ヘタだよね」






貴音「えっ」

響「うん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417801004




続きを読む

響「貴音の尻枕はふかふかさー……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/18(日) 19:18:01.60 ID:4JTIVvk80

貴音「響、そろそろ収録にいかないといけませんよ」

響「ん~……もうちょっとだけ」モフモフ

貴音「そんなに、わたくしの臀部が心地良いのですか?」

響「うん、なんだか落ちつくんだ」

貴音「まったく、響は甘えたがりですね」

響「優しさに包まれてる気持ちがする……」スリスリ

貴音「ふふっ仕方ありませんね、あと5分だけですよ」

響「うん」



続きを読む

貴音「か、身体が勝手に技を……!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/17(火) 21:43:15.83 ID:C/AvME3l0.net

P「貴音。今なんつった」

貴音「申し訳ございません、誠に申し訳ございません……」

P「俺はな、春香にダイビング食らったり、美希に後ろからタッチダウン食らったりとかは経験あるけどな」

P「まさか、事務所のドアを開けた瞬間に」

P「フロントスープレックスを食らうなんて思わなかった」

P「それも、貴音に」ズキズキ

貴音「重ね重ね、申し訳ございません」



続きを読む

P「さすがに俺の家で5人暮らしはキツいって」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30(火) 20:36:41.94 ID:x9nFcBPN0

あずさ「あらあら~、でもなんだか楽しそうですね♪」

千早「えぇ。私はずっと一人暮らしだったから、大勢いるのは心強いわ」

貴音「あなた様。わたくしたちは同じ事務所の仲間として既に家族同然。なにもおかしな事などありませんよ」

P「い、いやそういうことじゃなくて…そもそもこんな狭いアパートにこの人数は」

春香「むー…プロデューサーさんと夢の同棲生活が…」ボソッ

千早「春香?」

春香「へっ?!あ、ごめん千早ちゃん、ちょっとボーッとしちゃってたよ、えへへ…」

P「おい、聞いてるのかお前ら…」



続きを読む

P「貴音に怖いドッキリを仕掛ける番組ですか…。」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/25(月) 00:57:07.08 ID:RP09W9Ly0

微ホラー注意 書き溜め無いけど頑張る



続きを読む

【アイマス】響「自分、今日から吸血鬼だぞ!」

SS速報VIP:響「自分、今日から吸血鬼だぞ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362152506/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/02(土) 00:41:46.36 ID:a70TspMV0

P「は?」

響「だーかーらー!自分、今日から吸血鬼なんだぞ!」

P「いや、全くもって意味が分からないぞ響…」

貴音「はて、響が吸血鬼とは一体…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1362152506




続きを読む

雪歩「ひぃ へ、蛇」

SS速報VIP:雪歩「ひぃ へ、蛇」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417445990/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:59:50.89 ID:RBMHmzixO

小鳥「あ、お帰りなさい 雪歩ちゃん」

雪歩「こ、小鳥さん ど、どうしてそんな平然と作業をしていられるんですかぁ」ガクガク


小鳥「あら、大丈夫よ だって響ちゃんのでしょう?」

雪歩「で、でも…」

貴音「し、心配ありません雪歩 ヘビ香は響の家族 こちらから攻撃しない限り 噛みついたりすることはありません」プルプル


雪歩「し、四条さん …でもこんな近くに」


小鳥「きっとそこが暖かいからよ」

小鳥「さっきからずっと動かないもの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417445990




続きを読む

雪歩「あの……この写真の右上に影が」貴音「」バターン!!!

2: 代行感謝 2012/11/18(日) 12:23:00.13 ID:kq6paG/k0

 
雪歩「え、えええっ!?し、しっしし四条さんいきなりどうしたんですかっ!?」

貴音「雪歩」

雪歩「はっ、はい!?」

貴音「あなたは私に恨みでもあるのですか」

雪歩「えっ? な、何のことですか……?」

貴音「そのような恐ろしい写真をいきなり見せられたら、驚くに決まっているでしょう……!」

雪歩「あっ、ご、ごめんなさい……で、でもどうして急に床に倒れたりしたんですか……?」

貴音「写真を見まいととっさに倒れたのです」

雪歩「えっ」

貴音「何が右上ですか、何が影ですか!」

貴音「わたくしが今夜寝られなくなったらあなたのせいなのですよ……!」ガタガタ



続きを読む

美希響貴音「THE・3名様!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 23:45:53.21 ID:1kJ6mL4r0

#1 『釈然としない』

某日 夕刻 都内某所ファミレス

美希「……」ペラリ

響「……」チュゴゴゴ

貴音「……」モグモグ

響「……あのさ」

美希「何? ついに今日のトークテーマ発表?」

響「いや、そういうわけじゃないんだけど……」

響「……こほん」

響「これっくらいのっ♪ おべんとばっこにっ♪」サッ サッ

響「……って曲あるでしょ?」

美希「うん、急にどうしたの? フリまでつけて」



続きを読む

P「ここはどこだ……」

SS速報VIP:P「ここはどこだ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1344625941/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/08/11(土) 04:12:21.80 ID:T8SVpnRDo

彼が気が付くと、そこはもやの中でした。

それをかき分けようとしてみても周りは真っ白なままです。

それに自身の眼で自分自身の存在を確かめられなかったので、
自分が物質として存在しているかどうかすらも定かではありません。

ただ、手らしきものと足らしきものの裏側だけが自分自身の存在を認めてくれています。

自分が何者なのかもわからないまま、彼はひたすら歩くことにしました。

どの方向へ進んでいるか、それすらもわからなかったけど彼はただ歩みを進めます。

そうするより仕方なかったのです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1344625941




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)