ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


国木田花丸

ルビィ「……」ジーッ 花丸「なにしてるの?」

1: 名無しで叶える物語 2018/11/14(水) 23:20:28.62 ID:O3F2U2Jf.net

――ファミレス内にて――

ルビィ「…………」ジーッ

善子「ルビィ、お待たせ」   

花丸「ルビィちゃん、オレンジジュース持ってきたずら。何してるの?」

ルビィ「花丸ちゃんありがとー。そこに間違い探しが置いてあったから
注文したのが来るまでやってようかなって思って」



続きを読む

ダイヤ「ウミガメのスープ」

1: 名無しで叶える物語 2018/11/09(金) 21:34:14.40 ID:7JGH2bFv.net

μ's & Aqours CHANNEL!!

μ'sとAqoursのライブ、PV、他にも楽しい動画をお届け!

輝くスクールアイドルたちを心ゆくまで堪能しよう!



続きを読む

花丸「ところで式はいつにする? 善子ちゃん」

1: 名無しで叶える物語 2018/11/08(木) 19:32:07.48 ID:Pn4qy0Tp.net

善子「は? アンタ何を言ってるの?」

花丸「だから結婚式はいつにするか、って聞いてるずら」

善子「うん、その言葉も意味も理解できるけど、何でそんな事を言ってるのかが理解できないの」

花丸「16歳になれば結婚はできるけど、でも学生のうちは学業を優先しないとね」

善子「その心がけは肝心ね、でも私の話も聞いて」

花丸「でも籍だけ入れて式は後からっていうのもアリだよね」

善子「話を聞け」

花丸「卒業式と一緒にやっちゃう?」

善子「はーなーしーをーきーけー!」



続きを読む

善子「Hになればなるほど…か、硬くなるもの/////なーんだ//////」

関連




1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/26(金) 00:25:19 ID:f79GQcms

花丸「陰茎」


善子「……………………」



続きを読む

穂乃果「ファイトだよ!」花丸「ファイトずら!」

1: 名無しで叶える物語 2018/10/11(木) 22:42:08.78 ID:gKGCCHkt.net

穂乃果「ファイトだよ!μ'sの高坂穂乃果でーす」

花丸「えっと…ファイトずら!浦の星女学院でスクールアイドルをやっています。Aqoursの国木田花丸ずら…じゃなくて…国木田花丸です」

穂乃果「おおっ!花丸ちゃん!美少女だね~」

花丸「そ、そんな…オラ…じゃなくて…ずら…でもなくて…マルは…」

穂乃果「緊張しなくていいんだよ~。大丈夫。うちの部長も普段にこにこ言ってるから。よ~しよしよし」

善子「緊張じゃなくてこれがズラ丸なのよ」

花丸「善子ちゃんには言われたくないずら」

善子「私には辛辣!?」

穂乃果「おおっ!ヨハネちゃん!」

善子「ヨハネじゃなくて善子よ!あれ?」



続きを読む

【サンシャイン】花丸「写し鏡」

2: 名無しで叶える物語 2018/09/30(日) 20:51:18.16 ID:mVXIqoG2.net

 ―図書室―


花丸(一人きり、図書室で過ごす)

花丸(昔ならいつも一緒にいたルビィちゃんはいない)


花丸(それは正直、少し寂しい)

花丸(でもスクールアイドルを始めてから、こんなにゆっくり本を読む余裕はなかった)

花丸(マルにとって、ある意味で貴重な時間)



続きを読む

花丸「ルビィちゃんフラペチーノ」

1: 名無しで叶える物語 2018/09/20(木) 00:46:54.33 ID:PS7oeEAg.net

ルビまる

当日の投稿が難しそうなので、一日早いルビィちゃん誕生日祝い用SS



続きを読む

ルビィ「善子ちゃんってもしかしてほんとは堕天使じゃないんじゃ……?」

1: 名無しで叶える物語 2018/08/22(水) 00:24:25.10 ID:xulroL08.net

善子「ぎらん!!!」

花丸「やめるずら」ピシッ

善子「なにするのよー!」

ルビィ「……………………」

善子「ったく! 堕天使に気やすくツッコミ入れないでよね!」

ルビィ「ねえねえ花丸ちゃん」ヒソヒソ

花丸「どうしたのルビィちゃん」

ルビィ「善子ちゃんってさ」

花丸「うん」

ルビィ「善子ちゃんって、もしかしてほんとは堕天使じゃないんじゃないのかな?」

花丸「ずらーっ!?」



続きを読む

ダイヤ「花丸さん、起きてください」 花丸「……ん」

1: 2018/08/14(火) 05:21:43.04 ID:qqnn0pCF.net

花丸「あれ……? ダイヤさん…? ここは…」

ダイヤ「私の部屋ですわ」

花丸「ダイヤさんの……」ボーッ

ダイヤ「ええ、忘れてしまいましたか?」

花丸「……うーん…」

ダイヤ「フフッ…今お茶を淹れてきます、それまでにゆっくり思い出してくださいね」スッ

花丸「あっ、はい……」

花丸「……えーと、マルは確か…」


──





続きを読む

【SS】子羊を狂わすルビィちゃん【よしルビ】

1: ※若干ルビまる要素あり 2018/08/11(土) 00:57:44.29 ID:Mtt1zm1e.net

今、ヨハネはルビィと放課後の教室で先生に勉強を教えてもらっていた。

というのも私は最初の方、学校に通ってない時期があったから、皆と少し出遅れてるのよね。

なんとなくで理解してる部分もあるけど、ちゃんと教えてもらった訳じゃないから自信がない。

そんな事をうっかり口にしちゃったのが全ての始まりで……

それが先生の耳に入っちゃって、こんな事になっちゃったってわけよ。

まぁ、こういう場を設けてくれるのはありがたいっちゃありがたいんだけど、
こういった扱いを受けるのは結構苦手。

でも、私一人じゃないのがせめてもの救いかしらね。

マンツーマンでこんな事されたら、また来なくなってたかも知れないわ。

なんて、そんな笑えない冗談を思いつつ隣に目をやる。

隣にいる子は、綺麗な赤毛をした女の子。
黒澤ルビィ。

なんでこの子も私と一緒に復習を受けてるのかは知らないけど、この場に私だけじゃないのは精神的にかなり楽だった。

私だけだったらこんな風に余所見する隙すらないものね。

ルビィは今、一生懸命先生の話を頷きながら聞いてる。

それは先生が黒板に目をやっている時でも同様で、どうやら真面目アピールをしてるわけでもないみたい。



続きを読む

ルビィ「善子ちゃんのでこぴんは結構痛い」

1: 名無しで叶える物語 2018/08/01(水) 22:18:09.13 ID:Sjn4vxfB.net

淡々と進み淡々と終わります。

キャラ崩壊しています。

以上、よろしくお願いします。



ルビィ「うーん……」

善子「何をそんなに唸ってるのよ」

ルビィ「んー……まあ、大したことじゃないんだけど」

花丸「……」ペラ……ペラ……

善子「いいから言ってごらんなさい」

ルビィ「うん……」

ルビィ「ピビンバ?ビビンバ?」

善子「は?」

ルビィ「コチジャン?コチュジャン?」

善子「え?」

ルビィ「タッカルビなの?ダッカルビなの?」

善子「ちょ、待て待て」

ルビィ「トッポギなの!?トッポキなの!?トッポッキなのおおおおおお!?」

善子「鎮まれ静まれ」

ルビィ「どれが正しいのおおおおおおおおおお!?」

善子「落ち着けええええい!!」



続きを読む

【ss】ルビィ「消せない想いの行く末」

8: ぬし 2018/07/26(木) 21:33:06.00 ID:/BRlhQz4.net

お姉ちゃんが好き。

わたしが初めて思ったことは、それだった気がする。

きっとそんなことはなくて、覚えてない色んなことをいっぱいいっぱい思ってきたはずだけれど。

うーんうーんと頭を捻っても、それらを思い出すことはできなくて。

幼かった頃のことを一生懸命に思い出そうとしても、ふと浮かぶのは、いつだってその気持ちだけ。

わたしは座ってたっけ。

お姉ちゃんは立ってたかな。膝立ちだったかも。

とにかくわたしはお姉ちゃんを見上げていて、にこっと微笑む優しい瞳に、ああ――好きだなあ――なんて、思ったんだ。

そしてわたしがその気持ちを失ったことは、これまでに一度もない。

お姉ちゃんと喧嘩したときも、お姉ちゃん以外の誰か(たとえば花丸ちゃんとか)と仲良くなったときも。

一度もない。

わたしをわたしたらしめる最も太い幹のようなものがこの気持ちだということは、みんなが知ってる1たす1と同じくらい、真実だ。

だからわたしは今日も思う。

今日も言う。

いつまでだって、変わらないと誓えるこの想いを。


ルビィ「お姉ちゃん、だいすき」

***



続きを読む

花丸・ダイヤ「ボーイッシュの果南ちゃん(果南さん)を取り戻そう!」

1: 名無しで叶える物語 2018/07/15(日) 07:24:01.69 ID:6ATkZcYs.net

とある日、松浦家…

果南「~♪」フンフ~ン

ダイヤ「果南さん、何を読んでますの?」

果南「ルビィから借りたファッション誌だよ。今年の流行が載ってるんだ」ペラッ

花丸「果南ちゃんがファッション誌を読んでるのって珍しいかも」

果南「ん?そうかな?」ペラッ

果南「へ~、今年の流行はフリル袖のカットソーなんだ」

ダイヤ「フリル、ですか…」

果南「花柄のフレアスカートも可愛いね。シンプルなトップスと相性良さそう」

花丸「ふ~ん…」

果南「あ、見て見て!このパンプスすっごく可愛いと思わない?」ペラッ

ダイヤ・花丸「…」

ダイヤ・花丸「トリコリコPLEASE!」クワッ

果南「はぐうっ!?」ビクッ



続きを読む

花丸「心中」

2: 名無しで叶える物語 2018/06/20(水) 20:10:08.21 ID:myalVRh8.net

花丸「ねえ、ルビィちゃん」

ルビィ「どうしたの、マルちゃん」

花丸「最も強い愛の証明方法って、なんだと思う」

ルビィ「証明方法?」

花丸「わかりやすくいえば、愛の示し方」

ルビィ「うーん、こういうのとか」


 チュッ


花丸「ううん、違うよ」



続きを読む

ダイヤ・果南「聖歌隊の花丸さん(花丸)を取り戻そう!」

1: |c||^.- ^||<シャロン編とギルキス編もよろしくですわ。 2018/07/11(水) 21:31:50.41 ID:seyBEE91.net

とある日、国木田家…

花丸(今日は祝日、AZALEAのみんなと映画鑑賞会をしてるずら)

テレビ『I love him, I love him, I love him~♪』

花丸「やっぱり『天使にラブ・ソングを…』は名作ずら~!」キラキラ

ダイヤ「ふむ…確かに素晴らしい映画ですわね」

果南「うん、何だか清々しい気持ちになったよ」

ダイヤ「果南さんが持ってきた『コマンドー』よりは遥かに面白いですわ」

果南「なんでさ!名シーン名ゼリフのオンパレードじゃん!」

花丸「主人公にあるまじき言動ばっかりだったずら…」

果南「ダイヤが持ってきた『高慢と偏見』ってのもどうかと思うよ。やたら古いしさ」

ダイヤ「ンマー!ローレンス・オリヴィエの演技の素晴らしさが分かりませんの!?」

<ワーワーギャーギャー!!

花丸(あ、ケンカが始まったずら。話題変えないと…)

花丸「…でも聖歌隊っていいよね!この映画、何回も見てて憧れてるんだ」

花丸「マルも聖歌隊に入ってみたいなぁ~♪」キラキラ

ダイヤ「花丸さんが…」

果南「聖歌隊に入りたい…?」

花丸「? 2人ともどうしたずら?」

ダイヤ・果南「…」

ダイヤ・果南「トリコリコPLEASE!」クワッ

花丸「ずらあっ!?」ビクッ



続きを読む

ルビィ「眉間にしわが寄せられない」

1: 名無しで叶える物語 2018/07/06(金) 23:41:27.92 ID:QlRmiMLG.net

ルビィ「暑いぃ……」

花丸「ルビィちゃん大丈夫?」

ルビィ「だめ……ルビィはもうだめです……」

善子「だらしないわねぇ……そんなことでは今日の……あーもう喋るのもだるい……」

花丸「善子ちゃんの方がだらしないよね?」

よしルビ「あー、溶けるぅ……」


善子「…ハッピーアイスクリーム!」

ルビまる「」ビクッ

善子「……なによ」

ルビィ「……今のなに?」



続きを読む

花丸「喫茶花丸」




1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 18:23:06.57 ID:xz1J9Lo7O

静岡県の東部。沼津駅前の商店街裏の一角にその店は位置していた。

この木張りの喫茶店に別段変わった売りは無く、店主が年若い娘な事と店の端に位置する本棚にびっしりと詰め込まれた本の数々…それくらいのものだった。

店主が客へ出すのはコーヒーではなく…慣れ親しんでいるという理由でもっぱら緑茶やほうじ茶など茶の部類を手作りの菓子にいつも添えていた。

駅前に位置しているものの立地の関係で客入りはそれほどでもなく…普段は店主一人で店をやりくりできる程度。

もっとも、店主自身は繁盛や売り上げの拡大に全く頓着しておらず、その日の暮らしが出来て、後ちょっぴり美味しいものが食べられさえすれば気にしない…そんな人間だった。



これらの話はそんな片田舎のちっぽけな喫茶店とその店主、そしてその周りで起きたとりとめのない日常である。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530782586




続きを読む

千歌「花丸ちゃんのプロフィールを変えるじゅら」


千歌「花丸ちゃんこと、国木田花丸ちゃんのプロフィールを変えるじゅらー!」

花丸「ずらずら!」

千歌「じゅら!」

花丸「ずーらー!」プンスカ

ダイヤ「……ずら」

ちかまる「おぉ~!」

ダイヤ「///」



続きを読む

ルビィ「ルビィ、悪いスライムじゃないよ」プルプル

1: 名無しで叶える物語 2018/06/24(日) 17:25:18.98 ID:0Gj5dwD3.net

花丸「おはようズラー」ガララ

スライム「ピギー!」プルプル

ダイヤ「ンマー! ルビィは今日もかわいいでちゅねー!」ナデナデ

花丸「!?」

花丸「ダ、ダイヤさん……そ、それはなんズラ?」

ダイヤ「あら、花丸さんおはようございます。それ、とは?」

スライム「ピギー!」プルプル

花丸「ダイヤさんが抱きかかえてる青い物体のことズラ」

ダイヤ「……ブッブーですわ!!」

花丸「」ビクッ



続きを読む

花丸「ソニックって結局何者ずら?」

1: 名無しで叶える物語 2018/06/24(日) 00:10:58.94 ID:ryXtxedU.net

花丸「ソニックかわいいずら~」

ルビィ「花丸ちゃん、イメージガールに選ばれてからお気に入りだね!」

花丸「だってかわいいもん!」

善子「…知ってるの?」

ルビ丸「…え?」

善子「あなたたち、ソニックが何者なのかちゃんとわかって言ってるの?」

ルビィ「うゅ…? 某ゲームセンターのキャラクターじゃないの?」

花丸「マルも、そうだと思うずら 実際にそこでコラボしてるんだもん、間違いないよ」

善子「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(クソデカため息)」

ルビィ「え?違うの?」

花丸「そんなはずないずら、どうせ善子ちゃんの妄想だよ」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)