ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


執事

お嬢様「にゃんにゃんにゃん!」執事「……お嬢様?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/17(日) 22:16:08.11 ID:NFzE73MR0

お嬢様(この部屋もいい加減、息が詰まって仕方ないや……)

お嬢様(お父様、お母様……)

お嬢様(執事君も、もっと私に構ってくれればいいのに)

シーン

お嬢様「……寂しいな」



続きを読む

SM嬢「「さぁ、始めましょうか」」メイド「ま、またですか……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 16:09:11.16 ID:QjBcAkdP0

S嬢「ほらほら!!鞭で叩かれて悦んでしまうそのいやらしい体を使用人に見てもらいなさい!!この雌畜生!!」パシンッパシンッ

M嬢「あん!あん!そうですぅ!私は使用人に見られて悦ぶド変態の雌豚ですぅ!!だから!だから!もっとこの雌豚めを罵ってくださいぃ!!」

メイド「お嬢様!!お昼にも木馬をご使用していたではありませんか!!」

S嬢「うるさいわね。私だってしたくてしてるんじゃないのよ。このグズでバカでどうしようもない変態の妹がしつこくせがんでくるからよ」

M嬢「あぁん!!もっと!!もっと言って下さい!!お姉様ぁ!!」

メイド「もうこんなことはおやめになってください!!ご主人様も心配しておられるのですよ!?」

S嬢「お父様なんて関係ないわね。勝手に言わせておけばいいのよ!!!」パシンッ!!!

M嬢「あぐぅぅ!!!いぃ!!今のいいですわ!!お姉様ぁ!!」

S嬢「ホント、傍迷惑よ。こんな妹がいるってだけでも恥だわ。この!!この!!貴方の所為で外もろくに歩けないじゃない!!!」パシン!!!

M嬢「んひぃ!!ごめんあそばせぇ!!!」

メイド「なんておいたわしい……お嬢様……うぅ……何故、ご姉妹でこのように育ってしまったのか……」



続きを読む

お嬢様「回転寿司……初めて入りますわね」

SS速報VIP:お嬢様「回転寿司……初めて入りますわね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477067886/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/22(土) 01:38:07.05 ID:ArC9ytE1o

お嬢様「執事、お腹が空きましたわ。どこかお店に入りましょう」

執事「お言葉ですがお嬢様、この後は3時のおやつの時間です」

執事「おいしいケーキが待っているというのに、今なにかを食べられたら……」

お嬢様「私はお腹が空いた、といってるのよ?」

執事「やれやれ、仕方ありませんね」

執事「しかし、このあたりにお嬢様の舌を満足させられるようなお店は……」

お嬢様「あそこにお寿司屋さんがあるじゃないの」

執事「あれは回転寿司ですよ。いつもお嬢様が行くお店とは違います」

お嬢様「この際、なんでもかまないわ。入りましょう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477067886




続きを読む

兄『俺ジジッ死んだら、どう思う?』妹「死なないから」

過去作
兄「俺が死んだらどう思う?」妹「死なないじゃん」



SS速報VIP:兄『俺ジジッ死んだら、どう思う?』妹「死なないから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457105565/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:32:45.05 ID:Qk8vzlUgO

『ジジジジ───ガガッッ…』

妹「ねえ、聞こえてる? ねってば、兄貴ってば」

『ザザザザザ』

妹「……、わかんない全然聞こえないもん。それよりも一ヶ月も帰ってこないからお母さん激怒ってたから」

妹「三日間ぐらい晩飯抜き、覚悟してたほうが良いかもね」

妹「それじゃあ切るよ。授業始まっちゃう」


ぴっ


妹「ふぅー、今の今までなにをしてたんだか」

妹(あ。ひこうき雲だ…)ぼー



~~~



『───ハラショー! なんとか日本の空域圏内に食い込んだぞモンスター!』

『良いか? 私達が乗っているのはSu-35、ステルス機能無しの第4.5世代と呼ばれるジェット戦闘機だ!』

『高い機動性と最新の電子機器で、手放し運転だってお茶の子サイサイだぜ!』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457105565




続きを読む

令嬢「私の執事は格闘家」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 22:30:28.95 ID:N8mooQMx0

~ トレーニングルーム ~

執事「ふっ、はっ、せやっ!」ブオンッ

執事「はっ、とうっ、でやあっ!」ババッ

執事「ハァ……ハァ……」

執事(今日はこのぐらいにしておくか)

ギィィ……

令嬢「執事、お疲れ」

執事「お嬢様、お疲れ様です!」バッ

令嬢「かしこまらなくていいわよ。すぐにシャワー浴びてらっしゃい」

令嬢「汗臭くてかなわないから」

執事「は、はいっ!」ダダダッ

令嬢(フフフ、飛び散った執事の汗をなめるチャンスだわ!)



続きを読む

お坊ちゃん「ぼくの執事とメイドは過保護すぎる」

SS速報VIP:お坊ちゃん「ぼくの執事とメイドは過保護すぎる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468515936/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 02:05:36.71 ID:wVEp+8F8o


ぼくのパパは日本有数のお金持ちだ。


だからパパはぼくが中学生になる時、お前には特別に上等な教育を受けさせてやるといってくれたんだけど、
ぼくはあえて普通の公立中学校に通うことを希望した。


だって立派なお金持ちになるには、庶民のことも知らなきゃいけないからね。





パパはそれだったらと、学校に行く時のために執事とメイドを用意してくれた。

まったくもう、心配性なんだから……。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468515936




続きを読む

執事「魔王よりお嬢様の方が怖い」

SS速報VIP:執事「魔王よりお嬢様の方が怖い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458986149/



1: ◆WnJdwN8j0. 2016/03/26(土) 18:55:59.09 ID:Engg58SE0

執事「ここ…で、間違いないな」

場所は山奥にそびえる屋敷の前。

執事(5年前、魔王を倒した勇者一行。ここは、その一行にいた魔法使いの屋敷だ)

執事(その魔法使いが使用人を募集していると聞き応募したが…まさか書類選考だけで採用決定とは)

執事(まぁ、俺は運が良かったのだろう。とりあえずは…)

執事は呼び鈴を鳴らした。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458986149




続きを読む

姫「勇者と亡者が私を助けにやってきた」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/13(日) 19:44:53 ID:ybKjezTc


―魔王城―

勇者「姫っ! 助けに来たよ!」バタンッ

姫「!」

姫「ああ……あなたが勇者様なのね? 私を助けに来て下さったのね!」

勇者「そうだよ、姫。魔王はこのボクが倒した。ケガはしてないかい?」

姫「ええ、幽閉されていただけだから大丈夫よ」

勇者「よかった……!」ギュッ…

姫「こちらこそ……」ギュッ…



続きを読む

姫「子種出せやあぁ!」ホモ王子「やめろおおォ!!」

SS速報VIP:姫「子種出せやあぁ!」ホモ王子「やめろおおォ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421671760/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 21:49:20.55 ID:SazY7S8FO

ホモ王子「私は男がすきだ」

姫「…へ?」

ホモ王子「君と結婚したのはあくまで政略のため。子を産んで貰う気はない」

姫「ま、待ってください!私は王子を愛して…!」ポン

ホモ王子「そうか。まあ、いい友人でいよう」スタスタ…

姫「…ぽつーん」

姫「はぁ!?何よそれ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421671760




続きを読む

執事「執事が強キャラという風潮」

SS速報VIP:執事「執事が強キャラという風潮」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453369873/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/21(木) 18:51:13.84 ID:+SEdi2iSo


執事(すごい豪邸だな……)ゴクッ…

執事(今日からこの豪邸で執事として生活するのか……)

執事(しかし、俺だって執事としての訓練はバッチリ積んできた! いわばプロの執事!)

執事(よぉ~し、頑張るぞ!)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453369873




続きを読む

奴隷少女「私を、守って下さい…」執事「それが貴方の願いならば」

SS速報VIP:奴隷少女「私を、守って下さい…」執事「それが貴方の願いならば」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450089270/



1: ◆WnJdwN8j0. 2015/12/14(月) 19:34:31.01 ID:4rPHk/l00

奴隷「はぁ、はぁ……」

この荒れた道を、どれくらい走っただろう。
両の手を戒める鎖が重く、体に負担をかけている。
何物にも保護されていない足裏は擦り傷だらけで、小石を踏む度に痛みがはしる。

それでも奴隷は足を休めない。だって立ち止まれば――


魔物「待てぇーっ!!」


奴隷にとって、地獄に等しい境遇に引きずり込まれるのだから。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450089270




続きを読む

お嬢様「どいひ~!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/02(金) 17:16:49 ID:XC.TEXqw

お嬢様「ねぇねぇ!執事~結婚しようよ~!」

執事「どうでもいいから部屋戻って勉強してもらえませんかね」

お嬢様「い・や!」

執事「いやじゃなくて早く部屋戻れ」

お嬢様「も~執事ったらじらしちゃってぇ~!」

執事「・・・」

お嬢様「でもそんな執事が、す・き・な・ん・だ・ぞ!」

執事「・・・うっざ」



続きを読む

姫「ボクの名は姫! 誇り高き勇者の血を受け継ぐ者!」

SS速報VIP:姫「ボクの名は姫!  誇り高き勇者の血を受け継ぐ者!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448096647/



1: ◆WnJdwN8j0. 2015/11/21(土) 18:04:07.23 ID:LnoxrNYl0

かつて魔王を討ち、世界を救った勇者は、その後国を興した。
その国は世界の平和を目標に掲げ、人々の支持を集め発展していった。

そして建国から200年後――


兵士「兵士長殿、ウルフの群れが街に向かっているとの事です!」

兵士長「餌を求めてやってきたか…しかし人間を食わせるわけにはいかん。すぐ避難勧告を出し、部隊出動するぞ!」

兵士「はっ!」


滅多にない非常事態にも関わらず、兵士達に焦りはない。
この平和な時代においても彼らは戦闘訓練は怠らず、彼らは『勇者の国』兵の名に恥じぬ自信と実力を誇っていた。

だが――

執事「失礼致します」

兵士長「執事さん、 どうした」

執事「はい…実は姫様が……」

兵士長「………は?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448096647




続きを読む

姫「兄者、あたし世直ししたい!」王子「ええっ!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/09(水) 01:22:14 ID:Kna/hia6

<城>

姫「あーもう、退屈!」

姫「毎日毎日、お城でお勉強やお稽古ばかりでやんなっちゃう!」

姫「ねーねー、兄者!」

王子「うん?」

姫「兄者、あたし世直ししたい!」

王子「ええっ!?」



続きを読む

姫「そっきん!」 側近「如何なさいましたか?」

SS速報VIP:姫「そっきん!」 側近「如何なさいましたか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437301092/



1 : ◆6sHOcLIBYQ :2015/07/19(日) 19:18:22.95

姫「おはよう!そっきん!」

側近「おはようございます、姫様」

姫「そっきん!」

側近「如何なさいましたか?」

姫「だっこ!」

側近「恐れ入りますが姫様、まだ朝の5時前です」

姫「だって、めがさめちゃったんだもんッ」

側近「だからといって休日に気持ちよく寝ている私をだっこのために起こしに来たのはどうかと…」

姫「いいじゃん!だっこ~!!

側近「わかりました、わかりましたから大きな声を出してはいけません」

姫「はやく~ッ!」

側近「ふぅ……」ヒョイ

姫「んふふ~♪」ダキッ

側近「…よいですか、姫様」ヨシヨシ

側近「両陛下が外出中でお寂しいのは分かりますが、姫様はもう5歳でございます」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437301092



続きを読む

兄「俺が死んだらどう思う?」妹「死なないじゃん」

SS速報VIP:兄「俺が死んだらどう思う?」妹「死なないじゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436450533/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/09(木) 23:02:13.63

兄「うん?」

妹「ふわぁ~眠…」

兄「こら妹さんや、どうしてそう思ったのかな?」

妹「いや兄貴こそなんで、今更そんなこと訊いたわけ?」

兄「暇つぶし…」

妹「全然暇じゃないでしょ? この後の予定埋まってるでしょ?」

兄「……」

妹「可愛そうだからノッてあげるけど、まぁなんでそう思うか言わなくてもわかるよね」

兄「ほう」

妹「一つ目、小学校の時に車に跳ねられ二十メートルふっ飛ばされ生きてた」

兄「ふむ」

妹「2つ目、小学校の卒業式で天井から鉄骨が頭上に落下。だけど無傷」

兄「あれ痛かったなー今でも憶えてるわぁ」

妹「3つ目、中学校の部活で素振りのバットが頭部に強打。だけどなぜか無傷」

妹「やばいよね、なんで生きてるの? というか全部どうして無傷?」

兄「なにそれふっしぎーぃ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436450533



続きを読む

僧侶「勇者様、今日も良い天気ですね」ロボ勇者「ウィーーーン」

SS速報VIP:僧侶「勇者様、今日も良い天気ですね」ロボ勇者「ウィーーーン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434814785/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/21(日) 00:39:55.49

僧侶「こういう日はお昼寝に限りますね」

盗賊「にしてもこんなやつが勇者だなんてな……どう見ても◯ンバじゃねえか」

勇者「ウィーーーーーーン」ガンッ

盗賊「痛っ!!!!!!」

戦士「気をつけろ、勇者は気にくわないことがあると爪先狙ってくるぞ」

盗賊「理不尽過ぎんだろ!」

僧侶「ZZzzz.......」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434814785



続きを読む

執事「夜食を創ります」

SS速報VIP:執事「夜食を創ります」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430449172/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/01(金) 11:59:42.09

『コカ・コーラ コカ・コーラ』

妹「夜食の時間ですよ」

男「また甘いものか」

妹「いいじゃないの、別バラ別バラ」

男「別腹の意味分かって言ってるのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430449172



続きを読む

お嬢様「父を殺したのは誰か?」【R-18】

1 : ◆AYcToR0oTg :2015/01/01(木) 01:39:10.82


※胸糞注意

    ◇三年前

父の指がわたしの乳房をなぞっていく。形が変わらないくらいの、柔らかな指の動きだった。

むずむずするような感触は、心の奥をちりちりと熱して、ロウソクが溶けるみたいに性器を濡らしていく。

わたしは太股をこすり合わせ、与えられる弱い快楽に悶えながら、父と唇を重ねていた。

ねぶるように動く父の舌は、わたしの口の中を全て暴こうとするように、いろんなところを駆け回っている。

わたしはそれに舌を絡ませることで応えた。柔らかな舌同士の触れあいは、唾液の甘い味と、浮かされるような熱っぽさを与えてくる。

キスにおぼれていたわたしをからかうように、父が乳首を指で爪弾いた。突然のことに腰が跳ねてしまう。

父はわたしの乳首を指で挟み、くにくにと弄んだ。まだ終わる気配のないディープキスの合間に、わたしは快楽の吐息をこぼす。

なすがままのわたしは、息を乱し、幼い体を性感で震わせながら、ただ愛されることを受け入れていた。

まだ生え揃っていない陰毛に父が触れる。軽く引っ張られ、痛さとくすぐったさの合間にあるような刺激が走った。

わたしの反応に満足した父は、愛液が十分にあふれていることを確認すると、ゴムをつけることなく男性器を挿入してきた。

嬢「っは……あ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420043950



続きを読む

お嬢様勇者「欲しい物は必ず手に入れる」

1 : ◆WnJdwN8j0. :2014/11/04(火) 12:07:56.85

「貴方、私の仲間に加わりなさい」

剣士「…は?」

今日の仕事を終えて飯屋で1人夕飯をとっていた時、執事を連れたお嬢ちゃんが俺に近づくなりそう言った。
身なりはいいが気の強そうな雰囲気のお嬢ちゃんで、俺が無愛想に聞き返しても怯む様子は無かった。

剣士「俺は傭兵だ。仕事の依頼かいお嬢ちゃん」

?「仲間になれと言ったのよ。ま、お金で仲間になってくれるなら、交渉させてちょうだい」

剣士「言っておくが俺は安くはないぞ。で、内容を聞こうか」

?「魔王討伐に付き合って」

剣士「…は?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415070466



2 : ◆WnJdwN8j0. :2014/11/04(火) 12:08:27.44

・20レス前後の短編が何話か続いていく構成になっております(最終話まで8話程度想定)
・1話出来次第更新していきます。何日かかるかは未定。



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)