ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


大槻唯

【モバマス】ありす「長いようで短い6年の間」




1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/14(水)19:53:32 ID:YKs

バン!

桃華「今の言葉、本心なんですの!!?」

ありす「ええ……その通りですが」

梨沙「……なんか調子狂うわね」

千枝「あ、ありすちゃん……あのね、プロデューサーさんのこと、そんなに悪く言うのは……」

ありす「千枝さんみたいに、ベタベタしたくないだけです」

千枝「ふぇ」





千枝「くすんくすん」

雪美「千枝……元気出して」

由愛「ち、千枝ちゃん……ありすちゃんはちょっと機嫌が悪いだけだよ」



続きを読む

【モバマス】次から次へと


158: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/12(月)23:21:04 ID:lWT

第13部 次から次へと



続きを読む

【シャニマス】準備は……ok?


148: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/10(土)19:04:03 ID:OEK

第12部 準備は……ok?



続きを読む

二宮飛鳥「約束を歌に乗せて」

SS速報R:二宮飛鳥「約束を歌に乗せて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1541692998/



1: ◆uMEAzbBMSc 2018/11/09(金) 01:03:18.63 ID:1FyAODH20


【事務所】


姫川友紀「た、ただいまぁ……」ヨロ

二宮飛鳥「戻ったよ……」

大槻唯「おっかえり~☆ 遅かったねぇ」

飛鳥「……大分、押してしまったか」

友紀「新曲の合わせがねぇ……あれ、唯ちゃんだけ?」

唯「今はねー。誰か来たら、お留守番替わってもらおうかと思って!」

友紀「そっかぁ…」

唯「……なーんか、ふたりともグロッキーじゃない?」

友紀「うん……疲れたぁ」

唯「そんなに?」

友紀「かなり絞られたよ……」

飛鳥「本番目前だからね……」

唯「あっちゃー、大変だったんだぁ」






続きを読む

【モバマス】栗きんとんを召し上がれ


118: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/03(土)23:50:19 ID:QjT

第九部 栗きんとんを召し上がれ



続きを読む

モバP「肩がこってなぁ」ちまむー「ガンバレマスカ?」




661: ◆6RLd267PvQ 2018/10/25(木)05:40:36 ID:vcB

【肩こり】

P「うう……」ポキパキ

P「度重なるデスクワーク、流石に肩が…」

ぷちみお「リューセー☆」ポンッ

P「ん?おお、いたのかぷちみお………おや?」

ぷちみお「エヘヘー」

P「ぷちみおに叩かれた肩が……妙に軽い……お前、こんな事できたのか」

ぷちみお「イェイッ♪」ピョンピョン


※癒やし成分を持っているようです。



続きを読む

【モバマス】P「ほたるは疫病神なんかじゃない!」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 23:51:34.57 ID:aYKpL5iZ0

ほたる「えっと……これからお世話になります、白菊ほたるです。よ、よろしくお願いします」

P「うん、よろしくね。それにしても大変だったね……前の事務所が…」

ほたる「い、いえ……拾っていただけただけまだ私はマシなんだと……」

P「経歴も凄いな……前の前の事務所も…北海道のアイドル業は中々厳しいんだな……」

ほたる「た、多分私が……いけないんです…」

P「へ?なんで?」

ほたる「わ、私……疫病神なんじゃないかなって……」



続きを読む

姫川友紀「あたしの季節」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/14(金)22:12:50 ID:0Jq


友紀「冬は、あたしの季節だと思うんだよね」

P「ほう?」

友紀「だってさ、友紀だよ、ゆき。ほら、今年もいっぱい降ってるじゃん!」

P「……あぁ、雪のことね。発音はちょっと違うけど」

友紀「同じようなもんだよ! ゆーぅきやこんこっ、あーられーやこんこっ」

P「ユッキがたくさん降ったら、さぞやかましい冬になるんだろうな……」

友紀「いっぱい降って、賑やかにしてあげるからね♪」

P「1人で間に合ってるから結構ですぅー」

友紀「ちぇー」




続きを読む

森久保乃々「一人でお仕事ですか…?」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)01:46:22 ID:blv

「お仕事お疲れ様でしたー」

「ありがとーございましたー」

P「お疲れさん乃々。腹減ったろ。昼時だしごはんにしようか」

乃々「はい…もう限界です…お腹が空いて…ぺこくぼ」

P「昼からもラジオ収録の仕事があるし、しっかり食べてパワーを養わないとな」

prrrrrrrr

P「あ、電話だ。…ちひろさん?もしもーし」



続きを読む

催眠音声かけるのドヘタな大槻唯ちゃんボイス.txt




1: ◆DAC.3Z2hLk 2018/09/02(日) 22:40:24.55 ID:D453ogvp0



 ちゃっすー☆


 Pちゃんおっつ……うわぁ目の下の隈ヤバッ!

 なになに寝てないの? マジ? どんくらい?
 ひゃ~、エッグいじゃんそれぇ!
 お仕事マジ大変なんだねー……。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535895624




続きを読む

モバP「ガチれば出来ないことはない」




1: ◆RfwyoP3XQY 2013/11/11(月) 23:43:05.03 ID:y3jcfGHG0

モバマスSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384180984




続きを読む

晶葉「できたぞ助手!アイドルがどんな恥ずかしい質問にも答えてくれるスイッチだ!」




1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:56:50.42 ID:BVb833NT0

晶葉「できたぞ助手! アイドルがどんな恥ずかしい質問にも答えてくれるスイッチだ!」

P「さすがあきえもん! プライバシーという現代では当たり前の人権を! 平然と蹂躙するその姿勢! その意欲! 担当プロデューサーとして驚嘆と戦慄を隠せない! やらしい質問攻めにたまらず顔を伏せ! 羞恥に頬を染め! 侮蔑の視線でねめつけてくるアイドルを思うだけで! 俺の心がバトルドォォォ―――ム!」

晶葉「マッドサイエンティストA・Iに不可能はない! 今日はいつにもまして素直だな、助手! 数々の企画を打ち立て成功に導いてきたその頭脳をこねくり回し、いったいどんな質問を考えているのやら! まったくもって興味深い!」

P「アイドルの信頼を損なわないギリギリのラインで、精一杯のえっちな質問をしたいと思っています」キリッ

晶葉「ふははははは! この変態め! しかし助手よ。このスイッチは強制力と引き換えに、質問の方法と内容が限定されてしまったのだ。期待させておいて正直すまないと思っている」

P「ふむ。それは致し方ない。では詳しく」

晶葉「サイコロだ」

P「サイコロ……? 運命をダイスに委ねるのか?」

晶葉「その通り。このスイッチの対象となった人間は、サイコロに書かれた質問に必ず答えなくてはならない。たとえそれがどんな質問であってもだ」

P「さすがマッドサイエンティスト……実験にゲーム性を加えることで、闇のゲームにも匹敵するスリルを演出するとは……脳が震える」

晶葉「では早速、実験室へ向かうとしようか」

P「高まる期待に俺のハートがビートを刻む」


 ――スタジオ


P「晶葉、待って。待って、晶葉」

晶葉「なんだ、助手」

P「実験室に行くんだよね? ここどう見てもスタジオだよね? というかどうしてラボの中にスタジオが? なんでウサちゃんロボがカメラ回してるの?」

晶葉「映像記録を残しておくためだが」

P「なるほど。映像記録。なるほど?」

晶葉「では今日のゲストの登場です!」

P「ゲストって言ってんじゃねえか!」

凛「ごきげんよう、プロデューサー」

加蓮「ごきげんよう、Pさん」

奈緒「……ご、ごきげんよう」

晶葉「三人ともよく来てくれた。大したもてなしはできないが、とりあえず座ってくれたまえ。助手も、ほら。高かったんだぞ、このソファ」

P「あー、うん。座るだけでわかる高品質。で、なにこれ。え? アイドルがどんな質問にも答えてくれるっていう実験なんだよね? テーブルを挟んでこれからどうするの? ウサちゃんロボが麦茶運んできたんだけど」

晶葉「案ずるな、助手よ。今回はトライアドプリムスの三人が対象だ。彼女たちはこのサイコロに書かれた質問に必ず答えなければならない」

P「うん、サイコロだね。大人が両手で抱えるサイズで、蛍光色で色付けされた面と、そこに書かれた愛嬌のあるゴシック体フォントとは裏腹に、ひと目でえげつないとわかる質問。そしてデカデカと書かれた『当』の字……ものすごく見覚えのあるサイコロを前に、脳内に流れ出す懐かしいBGM……郷愁の念が胸に押し寄せてくるというのに、サイコロの質問を前にして俺の胃がすくみあがってるんだが。あれ、もしかして俺、晶葉に騙されてる?」

晶葉「心外な。騙したつもりはないぞ(騙してないとはいってない)」

P「いや、でも。あの」

加蓮「Pさん、男は諦めが肝心っていうでしょ?」

P「アッハイ」

凛「えーっと? それでサイコロの目は……『今日の当たり目』、『自分だけが知ってるP』、『Pとの恥ずかしい思い出』、『Pがしてくれた気持ちいいこと』、『誰にも言えないPとの秘密』、『Pにずっと言いたかったこと』……か」

加蓮「出た目のお題について話さなきゃいけないのかー。当たり目以外は全部爆弾だねっ」

奈緒「なんでちょっと楽しそうなんだよ……地雷つきのサイコロを転がすとか、正気の沙汰じゃないぞ?」

加蓮「でも、ほら。私たちへの質問がこれなら……ねえ、凛」

凛「そうだね。ここまで過激なやつなら、期待ができるよね」

奈緒「くっ、それを出されると後には引けない……よし、やるぞ!」

凛・加蓮「どうぞどうぞ」

奈緒「えっ、あっ、ちょっ」

晶葉「奈緒が最初の犠牲者か……ほら、奈緒。サイコロを構えて。私がスイッチを押したらサイコロを軽く投げるんだぞ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535767010




続きを読む

大槻唯にたくさんエッチなことをするお話




1: ◆ao.kz0hS/Q 2018/08/31(金) 21:49:08.35 ID:yeYv8TsL0

アイドルマスターシンデレラガールズ 大槻唯 のR18 SSです
P視点。NL。Pが攻め手側。5発。



続きを読む

モバP「野球の宴 セの新風、ルーキーリレー」




1: ◆RfwyoP3XQY 2013/08/28(水) 05:50:12.35 ID:945kpbAE0

モバマスSSです。
例によってオールスター第二戦です。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377636612




続きを読む

モバP「たまにはオフに野球でも」




1: ◆RfwyoP3XQY 2013/07/19(金) 17:40:00.68 ID:AYC3mooF0

モバマスSSです。

今回は誰かの所に行くという話ではありません。

ただ、友紀達が野球について話すだけです。

友紀「もうオールスターだねー…」

巴「そう言えば、そろそろじゃのぉ」

沙紀「そっすねぇ」

ありす「えぇ、全く残念でなりません」

千奈美「まぁ、ルナエルは最後にキャッツから打ったからいいじゃない」

ありす「そうですけど…、出たかったってセリフを聞くと少し悲しいですね」

ちひろ「今日も野球の話をしてるみたいですね…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374223200




続きを読む

モバP「野球好き」




1: ◆RfwyoP3XQY 2013/06/30(日) 21:12:54.31 ID:wHzoQeyo0

モバマスSSです。

P「なぁ、奈緒」

奈緒「なんだよPさん」

P「仕事は順調か?」

奈緒「まぁ、大きなポカはしてないし、順調だと思うけど…」

P「そうか。そうか」

奈緒「ってか、そんなの聞かなくても分かってるだろ?」

P「うん。そうだな」

奈緒「…Pさん?」

P「クリスマスもやったし、京都行ったし色々やったな、奈緒」

奈緒「やったなぁ…」

P「よしっ!奈緒の家行くかっ!」

奈緒「うん…うん?」

P「えーと、クリスマスの資料と京都行った時の資料はここにあるから…。あ、あのゴシックドレスのやつも…」

奈緒「ちょ、ちょっと待った!いきなり何言ってんだよ!」

P「あぁ、ごめんごめん悪かった」

奈緒「全くいきなり驚かせること言うなよな」

P「奈緒」

奈緒「ん?」

P「近い内に家庭訪問するから親御さんに宜しくな」

奈緒「え、あ、うん」

P「それじゃ、よろしく」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372594374




続きを読む

モバP「野球と共に」




1: ◆RfwyoP3XQY 2013/06/21(金) 20:01:39.22 ID:fmpK820S0

モバマスSSです。

ちひろ「皆最近忙しいですねぇ…」

P「そうですね」

P(こりゃ、暫く穂乃香と東北には行けないだろうなぁ…)

柚「それは今、暇なアタシに対するイヤミかなー?」

P「いやいや、そういうわけじゃないって。柚だって今まで仕事してたじゃないか」

柚「ま。そうだけどねー」

柚「あ、そうだ。今からバトミントンしよーっ」

P「今から?」

柚「うん。丁度お昼時間だし、Pさん空いてるでしょ?」

P「いや、俺は休みじゃないんだけどさ…」

ちひろ「いいですよ。行ってきてください」

P「いいんですか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371812498




続きを読む

【モバマス】ありす「いちごカレーパスタをどうぞ」柚「イチゴ……キライ」




1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/08/23(木) 07:11:27.59 ID:H5+XNzrDO

―事務所

柚「えっといつもの調理室カナ?」カチャカチャ

トコトコ

亜季「おや?柚殿ではありませんか。飯盒など持ってどちらへ?」

柚「あ、亜季サン、こんちーっ!これ?これは明日からの無人島ツアーで必要になるカナ?って備品庫で探してきたんだよ」

亜季「無人島……サバイバルでありますか?では私の七ツ道具をお貸しするでありますよ!」

柚「あ、幸子チャンがいなくて、ナタチャンや春菜サンや清良サンと一緒のだから、そこまで本格派なのじゃないと思うよ」

亜季「なるほど、一理ありますな。もし幸子殿や、765の水瀬殿や高槻殿が出ていないのでしたら危なくはないでしょうな」

柚「そうそう。で、ちょっと今からカレーの作り方を教えてもらいに行くんだ」

亜季「野外でカレーですか。それは食欲がそそりますな」

プワーン

柚「あ、カレー粉というスパイスの香りが」クンクン

亜季「ですな」ハスハス

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534975887




続きを読む

【モバマス】夕美「熱中症注意」




1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/08/17(金) 14:19:36.76 ID:gjYRbTcDO

夕美「うぅ……頭が……痛い…」

モバP(今回は夕美P。以下P)「お、おい、しっかりしろ!!」

夕美「変だよ……熱中症対策はしっかりしたのに……」

P(顔は真っ赤で汗がこんなに……震えとかはないからまだ大丈夫か?)

「夕美、すまん!」

ガバッ



夕美「あぁ……」

(え……私……Pさんに……)



(恥ずかしいけど)

P「とりあえず医務室へ運ぶからな」

タッタッタッ



夕美(お姫様だっこ……夢みたい…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534483176




続きを読む

【モバマス】茜「淡雪より淡い、私の恋」




1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/08/04(土) 22:31:51.85 ID:9Yxv/zsDO

モバP(今回は茜P。以下P)「それじゃあ、俺の渾身のタックルを受けてみろ!」

茜「ドンとこいです!」


P「よーし……」ジリジリ

茜「むっ!」



P「どおぉぉぉりゃぁぁぁぁぁ!!」ダダッ

茜「来ますっ!」ムンッ



P「いくぞ!!」

茜「どうぞっ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533389511




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)