ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


天王寺綯

紅莉栖「恥ずかしいわね」ルカ子「ボクと、つきあってください!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 03:01:03.15 ID:Rls9hi+Q0

岡部「フゥーハハハ、颯爽登場!鳳凰……いん……」ガチャッ

紅莉栖「……うん、いいわよ」

ルカ子「あ……はい!」


岡部「……お前たち、今、何を」

紅莉栖「あら、ハロー岡部」

ルカ子「……こんにちは、岡……凶真さん」



続きを読む

岡部「最近ラボメンの記憶が戻ってきた気がする」

1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/18(水) 21:46:45.70 ID:w58UxAcL0

紅莉栖「なぁ……岡部」

岡部「なんだ」

紅莉栖「もしもの話なんだけど……」

紅莉栖「私とまゆりのどちらかしか助けられないとしたら、どっちを選ぶ?」

岡部「ぶっ!?」




続きを読む

岡部「ラボメンの女子メンバーに平手打ちしたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:17:02.49 ID:mXPTqc/gi

ダル「は?」

岡部「こう、唐突に思いっきりビンタしたい…」

ダル「オ、オカリンがドSにめざめちゃったお…」

岡部「と、いうことだ。 ちょっと行ってくる」

ダル「え…まさかホントにやるん?」

岡部「無論だ。 最初はやはり奴しかいないな…フゥーハハハ!!!待っていろよ愚か者どもめ!!!」



続きを読む

岡部「俺にだって性欲はあるんだよ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/01(土) 00:29:41.27 ID:3DJ//7WU0

これは・・・あったかもしれない物語・・・


岡部「もう限界だ・・・もぉう限界だ!!」 フゥーッ!フゥーッ!

岡部「毎日毎日、女共(+α)に囲まれて
我慢できるかよ!!」 フゥーッ!フゥーッ!

岡部「まだラボメンが三人だけの時はよかった!
二人が居ない時に隠れてオナる事が出来たからな!!」

岡部「だが、今はその隙がまったくないッ!!」 バンバンッ!

岡部「『さあ始めるぞ』って時に
決まって、必ず誰かが入って来るんだ!!
お前らは俺のカーチャンか!!」 クワッ

岡部「だから・・・俺は悟った!!
オナ○ーがしたいなら
気にせずすれば良いじゃない!!」 ドヤァ



続きを読む

岡部「ラボメンガールズ全員と性交したら失敗した」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/11(日) 17:10:28.33 ID:CoI85esT0

岡部「迂闊だった……まさかリーディングシュタイナーが誰もが持つ能力だったとは」

岡部「それぞれの世界線を移動する直前、俺は彼女たちと関係を持ってしまった」

岡部「鈴羽との思い出作りにラジ館屋上でまず一発」

岡部「次に俺との記憶を忘れたくないと言ったフェイリスと父親の眠る隣の部屋で、朝まで互いが果てるまでエキサイト」

岡部「女である自分を忘れないでと言ったルカ子とまゆりが死ぬギリギリの時間まで青姦」

岡部「携帯を奪う時に勢い余って萌郁を飽きるまで何発も」

岡部「紅莉栖とはチュッチュだけで終わる筈もなく、ラボにあるあらゆるガジェットを使った変態プレイ」

岡部「……これら全てを彼女たちは思い出そうとしている」



続きを読む

岡部「彼女が欲しい」紅莉栖「えっ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:22:50.64 ID:Mo1IWnSs0

ダル「オカリン、僕ちょっと明日から3日間ラボに来れないから」

岡部「ん?何か用事か?」

ダル「えっ?なに聞きたい?そんなに聞きたいん?」

岡部「別にそれほどでは……」

ダル「実は僕さ~彼女と二人で旅行に行くことになってさ~いや~もう今から楽しみ過ぎて生きるのが辛い」

岡部「うん?ダル、お前明日はメイクイーンで雷ネットのイベントがあるとか言ってなかったか?それに参加するんじゃ……」

ダル「そんなの、彼女との旅行を優先するに決まってるっしょ常考。まあ、彼女のいないオカリンには分からないか」

岡部(このデブ殴りたい……)



続きを読む

オカリン「綯ちゃんを僕に下さい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/07(日) 21:03:41.00 ID:cUouhTlI0

岡部「なぁまゆりよ。何でその小動物が我がラボに居るのだ?」

 肌寒い秋。ラボの中で俺はまゆりに言う。

まゆしぃ「綯ちゃんは小動物じゃないよ~。今日はね、バナナを食べさせるために呼んだの」

ダル「誰のバナナなのか詳細キボンヌ」

岡部「黙れHENTAI」

まゆしぃ「はい、バナナだよ」

綯「ありがとうまゆりおねえちゃん!」

 綯がバナナをパクパク食べていく。

岡部(しかし、何だ)

岡部(こうして見るとなかなかこの小動物も可愛いな……)



続きを読む

ダル「オカリン...スケベしようや...」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 09:05:14.10 ID:DadRUlbx0

岡部「な、何を言っているのだダル!」

岡部(どういうことだ?Dメールを送った途端)

岡部(ダルに絡まれるとは……しかもスケベだと?)

ダル「何って、いつもしてることだお」

岡部「な……なんだと……」

岡部(いつも!?この世界線の俺はいったい……)

岡部「じ、冗談だよな?そうだと言ってくれ」

ダル「もう、今日のオカリンはほんとにおかしいお。オカリンは」

①女。ダルの彼女。
②男。ダルの彼氏。

>>4



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 09:35:50.07 ID:dsibGmTs0

2



続きを読む

【シュタゲ】岡部「ふぇ…おしっこもれちゃった…」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:52:46.40 ID:+XoXbh5X0

紅莉栖「岡部の…べ、別に飲みたいとか思ってないんだからな!」

まゆり「オカリンのはとっても美味しいのです☆」

るか「お、じゃなかった、凶真さんの…すごく興味あります」

ダル「ここは飲むべきだろ常考!」

萌郁「………///」カシャカシャ

フェイリス「凶真の魔力を頂くニャ!」

鈴羽「へぇ、これが岡部倫太郎の。貰ってもいいかな?」


こんな感じ?




続きを読む

紅莉栖「助手でも処女でもないと言っとろーが!///」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 14:37:02.72 ID:yZ0UND6w0

ネタバレ注意



続きを読む

岡部「これが、俺たちの選択だよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/27(火) 16:13:56.23 ID:SHLwVLKi0

今日は鈴羽の誕生日らしいね! よろしい、ならばダルクリだ



ギャグありシリアスあり鬱あり厨設定ありの長編。書き貯め済み。

SG世界線にて橋田至×牧瀬紅莉栖、岡部倫太郎×○○が成立するif話です。

ダルクリがメインというわけではありませんが、オカクリ好きには本当におすすめしません。



続きを読む

綯「みんなで遊園地……?」岡部「そうだ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:22:37.98 ID:ipyus+9q0

このSSは
綯「1日ラボメン見習い……?」岡部「そうだ!」
の続きです。
前作を読んでない方は先にこちらから読むことをお勧めします。
あんまり長くない作品でサクッと読めると思いますので。



続きを読む

綯「1日ラボメン見習い……?」岡部「そうだ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/02(日) 19:33:39.56 ID:Bby98pJv0

岡部「世の中は何事も、等価交換で成り立っている」
   「恨むなら、お前を俺に預けたミスターブラウンを恨むのだな、フゥーハハハ!」

綯「あの……オカリンおじさん」

岡部「おじさんではない、鳳凰院凶真と呼べ」

綯「うう……」

……どうしよう、困っちゃったな。

あ、自己紹介がまだでした。
皆さんこんにちは、天王寺綯です。
今日は日曜日、お休みをお父さんと一緒に過ごそうと思っていたけど……。



続きを読む

岡部「手を貸すつもりはないだと…」ダル「だお」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:17:16.29 ID:/KlXMFEN0

2010/4/10(土)

~東京電機大学神田キャンパス~

岡部「頼む、お前と俺は"機関"の野望を打ち砕くため、堅い絆で結ばれた仲間ではないか!」

ダル「厨二の妄想には付き合ってられないお。大体研究所を創るって言っても場所はどうすんの?」

岡部「そんなものはどうとでもなる!例えば、俺の実家のガレージでだな…」

ダル「アップルコンピュータですね分かります。つーか僕の家は新小岩だお。オカリンの家池袋だろ?遠すぎだろ常考」

ダル「それに八百屋のトラック停めとく場所なかったらヤバいんじゃね?親説得できるん?」




続きを読む

オカリン「今夜、星を見に行こう!」まゆしぃ「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/11(月) 18:55:31.67 ID:LQ2u88KC0


     ―――2011年 8月13日 PM 15:23―――


オカリン「……あ、そうだ」

まゆしぃ「……んー?」


いつもどおりの、ある日の事。
君は突然立ち上がり言った。


オカリン「今夜、星を見に行こう!」

まゆしぃ「え?」


『Steins;Gate―シュタインズ・ゲート― 悲愴秘密のストーリー』



続きを読む

紅莉栖「ジップ●ックは用意してるわね?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/03(日) 21:24:48 ID:zMchx12U

書き溜めあり。携帯からの投下なので少し時間と手間がかかります。

そんなに長くないので力尽きない限り、今日中に終わります。

ではよろしくお願いします



続きを読む

まゆり「ダル君の恵方巻きおいしいね~」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 01:06:26.53 ID:B70nf2Pd0

ダル「フヒヒ、まゆ氏今のもう一回よろ、できれば恵方巻きを咥えながら上目遣いで頼むお」

まゆり「ん~?はむっ、ふぁふふんの…ぷはっ、咥えながらじゃ喋れないよ~、とっても太いもん」

ダル「とっても太いキターーーーーーーー!!!」

岡部「止めろこのアルティメット超ド級HENTAIがっ!!」 ドグワシッ!

ダル「あべし!へへっ、オカリン、あんたいいパンチ持ってるじゃねえか……」

岡部「というかまゆりに今のセリフを言わせたいがためだけに恵方巻きを買ってきたのかお前は!!」

ダル「サーセン、だが反省はしていない」

岡部「そもそもそんなのは彼女とやればいいだろうがこのリア充めが!!」

ダル「やだなぁオカリン、大事な由季たんにそんないやらしいことさせられないに決まってるだろ(キリッ
    えっ?それとも超リア充のオカリンは牧瀬氏とそういうプレイが当たり前なん?いや~敵いませんなぁ」

岡部「この男……殴りたい……!!」

紅莉栖「許可するわ、殴ってよし」

岡部「よし!!ふんっ!!」 ドボゥ!!

ダル「ひでぶ!!」

まゆり「あ、紅莉栖ちゃんも来たんだ!トゥットゥルー☆」
 



続きを読む

岡部「紅莉栖がゼ●シィを持ってきた」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 00:20:02 ID:9k8/YSfU

岡部「この前紅莉栖がゼ●シィを持ってきたのだがな」

ダル「それってリア充御用達雑誌の?」

岡部「あぁ。そうだ」

ダル「ついにオカリンと牧瀬氏、結婚するんですね。おめでとうございます爆発しろ」

岡部「いやいや。なぜそうなる」

ダル「どう考えてもそうにしかならないんだが」

岡部「そうではなくてだな」

ダル「お?」



続きを読む

紅莉栖「はぁ…岡部」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 11:54:34.62 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「グッモーニーンって」

紅莉栖「…誰もいないじゃないの」

紅莉栖「って…これは!」

紅莉栖「お、岡部の白衣!!」

紅莉栖「…」キョロキョロ

紅莉栖「…」クンクン



続きを読む

岡部「綯……綯……」シコシコシコシコ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 10:06:01.44 ID:brHQuE280

岡部「……うっ」ドビュ

岡部「……ふぅ」

岡部「………」

岡部「いかんな……」

岡部(最近、性欲が止まらなくなっている……)

岡部(紅莉ニー、まゆニーは普段からしてたが、留未ニー、萌ニー、鈴ニーときて、遂に綯ニーまでしてしまうとは)

岡部「……」ムクムク

岡部「もう、回復したか」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)