ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


女騎士

ショタオーク「うぅ…」 女騎士「ふふふ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 08:13:38.92 ID:Ll1A8V1A0

女騎士「んあああああぁぁぁぁ!///」

オーク「へっへっへっ じゃあな 愉しかったぜ」

女騎士「はぁ…はぁ…よくも…!覚えていろ…!!」

数日後

女騎士「王子…王子…」クチュクチュ

女騎士「んっ ~~~~~~っ…!///」

女騎士「はぁ…はぁ…一体どうしてしまったのだ私は…王子をいやらしい目で見るなど」

女騎士「王子は幼くして父である王を亡くし 現在齢10歳にしてこの国を統べる健気で純粋なお方!それを私は…くっ騎士失格だ!!」



続きを読む

JK「ただいま」女騎士「くっ…殺せ!」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/28(土) 14:26:51.36 ID:UHrUofnr0

スレ立て代行ありがとうございました


JK「いや……まずここ私の家なんだけど。お姉さんどっから入ったわけ? 不法侵入だよ」

女騎士「ふほ…し…? 訳のわからないことを!」



続きを読む

オーク「俺らが陵辱役だという風潮」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 22:17:32.21 ID:7iHZS5NC0

女騎士「え、違うのか?」

オークA「ねーよ」

オークB「何言ってんだこいつ」

オークC「鏡見て来いよ」

女騎士「おい待て最後の奴表出ろ」



続きを読む

女騎士「いやだ!死にたくない、仲間の居場所でも何でも話すから!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 02:19:29.72 ID:poEcTLnY0

女騎士「帝都や皇女様はどうなってもいいから私には手を出すな!!」



続きを読む

女騎士「…そんなに私のは大きいのか???」

1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2010/07/11(日) 01:46:16.57 ID:KsYcoxVVO

団長「おいメイド、話がある…」

メイド「はい、なんでしょう?」

団長「お前は副団長の女騎士のメイドだろう?」

メイド「そうですが……」

団長「副団長の乳が大きすぎるんだ。なんとかしてもらいたい」

メイド「そ、そんなの気にしなければいーじゃないですかぁ」

団長「目の前で素振り100回されてみろ!乳の揺れが気になって練習にならないんだ!!」



続きを読む

女騎士「むっ……(これは、まさか……痴漢!?)」サワサワ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 17:12:51.81 ID:eRRN8YxrO

女騎士「……気のせいか」

女騎士(どうも最近、登城中の電車内で痴漢に狙われる事が多くて、神経質になってしまうなぁ。
   痴漢対策で胴鎧を着込んで来ちゃったけど、念のため次の駅では別の車両に移るか)

アナウンス《次は○○駅、○○駅です。降り口は~》

女騎士「2両後ろの車両に移ってみたが……むぅ、ここも座れそうにないな」

?「あっ」(そっぽ向き)

女騎士「ひ…オホンッ! お、お嬢さま……?」

姫「い、いえ……人違い、です」

女騎士「供も連れずに、何故こんな所におられるのですか」



続きを読む

女騎士「くっ・・・女は捨てたはずなのに」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 15:43:51.12 ID:VmmdRdNWO







キン、キンっ ガタッ

女騎士「また私の勝ちだな見習い」

見習い騎士「くっ、やっぱり剣の腕は女騎士さんには適いませんね」

女騎士「当然だ。隊を束ねる者が部下に負けていては示しがつかないからな」

女騎士「しかし良く精進してるな。
かなり手強かったよ。
少々汗をかいたので水を浴びてくる。
君はもう少し素振りでもしていてくれ」

見習い「分かりました」 女騎士「覗くなよ」

見習い「のっ、覗きませんよ、絶対。」






続きを読む

女騎士「ねえ」女エルフ「ん~?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:22:14.88 ID:kJHs6FqDO

女エルフ「どうしたの?」

女騎士「相談があるんだけど」

女エルフ「?」

女騎士「私ね」

女エルフ「うん」

女騎士「騎士やめようと思う」

女エルフ「えっ」



続きを読む

女騎士「くっ、洞窟に閉じ込められた!」

SS速報VIP:女騎士「くっ、洞窟に閉じ込められた!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531555654/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:07:34.92 ID:qNmPIHDn0

騎士団長「こんなところに洞窟があったとは……」

女騎士「団長、よろしければ私が調査して参りましょうか?」

騎士団長「一人で大丈夫か?」

女騎士「はい、狭そうな洞窟ですし、大人数ではかえって危険かと」

騎士団長「たしかにそうだな。分かった、調査してきてくれ」

騎士団長「ただし、くれぐれも無理はしないように」

女騎士「はっ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531555654




続きを読む

女騎士「くっ、コロッケ!」オーク「あいよ」

SS速報R:女騎士「くっ、コロッケ!」オーク「あいよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1529253127/



1: ◆abOm3V2QdA 2018/06/18(月) 01:32:07.45 ID:kZ8Mm73/0

オーク「ちょっと待ってなすぐに揚げちまうから」

女騎士「…っ」

女騎士(また、やってしまった)

女騎士(誇り高き騎士であるはずの私が、オークの料理を求めるようになるとはっ)

女騎士(あの時、山賊退治の後に仲間と逸れ疲労で朦朧としながら彷徨っていたところをコイツに見つかりさいしなければ)

女騎士(あの時、コイツに看病さえされなけば。あの時、あの肉粥を食べさえしなけば!)

女騎士(私の家は曾祖父の代から家畜の肉を食べていない。家畜の肉を食べると肉体と精神が弛むという曾祖父の教えからだ)

女騎士(その教えのもと生きてきた私がだ、疲弊していたからしかたがなかったとはいえ家畜の肉を食べてしまった)

女騎士(初めて食べた家畜の味に私の肉体は震え、頭の中は白色へと染め上げられた)

女騎士(それからというもの、私はおかしくなってしまった。きっと家畜の肉に身も心も穢されてしまったからだろう)



続きを読む

幼馴染「女子校って男くんが思ってるほどいい場所じゃないよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26(日) 05:31:51.43 ID:3Rox1h9a0

男「そうなのか?」

幼馴染「うん、男の子気にする必要ないからみんなガサツだし、言葉遣い悪いし」

男「そうなのか、お前のところお嬢様学校だろ?」

幼馴染「普通の女子校よりはマシかもしれないけど、私は嫌い」

男「そうか」

幼馴染「それに私女の子苦手だから」

男「お前小学校の時から女子に溶け込めなかったからな」

幼馴染「うん・・・男君が隣に住んでて良かったよ、こうしていつでも遊びに来れるからね」

男「でもいいのか?そういうとこ厳しくないのか?」

幼馴染「別にいいの、お母さんも男くんのところに行くの納得してるし、理事長してるお爺様も男君の事気に入ってるのよ」

男「そうなの?」



続きを読む

勇者「魔王に勝つには…美少女の黒パンスト脚に練乳を塗りたくるしかない!」

SS速報VIP:勇者「魔王に勝つには…美少女の黒パンスト脚に練乳を塗りたくるしかない!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518011941/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/07(水) 22:59:01.05 ID:J3xdItWRO



女戦士「えっ、なんだって?」


勇者「だーかーら!黒パンストだよ黒パンスト!
魔王の圧倒的な力を現在進行形で目の当たりにしてんだろ!
これもう勝つためには、美少女の黒パンスト脚に練乳を塗りたくる他ねぇんだよッ!!」


僧侶「よくわからんが、美少女の黒パンスト脚に練乳を塗りたくれば我々の勝機が見えるんだな!
ならば僕が時間を稼ぐ!お前たちはその隙に美少女の黒パンスト脚に練乳を塗りたるんだ!!」


勇者「すまねえ恩に着るぜ僧侶!ここは耐えてくれぇ!」


女戦士「僧侶がそれでいいなら良いんだけど、あの、いやホントにいいの?」


僧侶「僧侶に二言はない!さあ来い魔王!」


魔王「僧侶風情が一人で余の相手とは笑わせよる…!ダークネスカッター!」

ザクザクザクー!
僧侶「ぐわあああああああああ!!?」


勇者 女戦士「「そ、僧侶ォォォオーー!?」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518011941




続きを読む

【安価】女騎士「ふふふ...」男「くっ...殺せ!」

SS速報VIP:【安価】女騎士「ふふふ...」男「くっ...殺せ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507966784/



1: ◆7M0syXftfg 2017/10/14(土) 16:39:44.51 ID:YdVF+Y9h0

女騎士「やっと捕まえた」

男「やめろ!何をする気だ!」

男はロープで足を縛られている

女騎士「黙って。貴方は私の支配下にあるわ」

男「ぐ...」

男「...もういい、好きなようにしろ」

女騎士「じゃあお言葉に甘えて」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507966784




続きを読む

女騎士「オークとは200回以上性交しています」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/10(木) 20:11:59 ID:Z4jWBiXs

女騎士「オークに凌辱されたという発言は撤回しません」

記者「では『くっ殺せ』も真実だと?」

女騎士「はい、オークを見ると言わずにはいられないんです」

記者「騎士としてどうなんですか?」

女騎士「これが私の騎士としての誇りです」


パシャパシャパシャパシャパシャ



続きを読む

少年エルフ「人間の娘を育てたら魔王を探しにいくことになりました」【後編】


#31 山と里を越えて ~オー・シスターズ!~



続きを読む

少年エルフ「人間の娘を育てたら魔王を探しにいくことになりました」【中編】


#14 そして無一文へ



続きを読む

少年エルフ「人間の娘を育てたら魔王を探しにいくことになりました」【前編】


これはハーフエルフの少年と彼に育てられた人間の娘の旅の話

前スレ
少年エルフ「進路相談?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446261385/#footer



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451087487




続きを読む

女騎士「なんという冷静で的確な判断力なんだ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/13(火) 00:08:54 ID:8imVuQLg

― 町 ―

女騎士「――くっ!」ザッ

オーク「ぐへへへ……追い詰めたぜ」ジュルリ…

女騎士「私に近づくな!」

オーク「近づくな、と言われて近づかないヤツがいると思うかよ~?」

オーク「拒まれれば拒まれるほど、興奮してくるぜぇ~……」

女騎士「くっ、殺せ!」



続きを読む

女騎士「クソッダンジョンの隠し通路の穴にはまってしまった」

SS速報R:女騎士「クソッダンジョンの隠し通路の穴にはまってしまった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1479552772/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/19(土) 19:52:52.89 ID:D3cZ8uwD0


エロガキ「あっ女のケツだー!」

エロガキB「ほんとだww誰のだろwwwwww」

エロガキC「もちもちしててやわらかーい(笑)」

もにゅもにゅ

女騎士「ひゃん!?おいだれだ!誰かいるのか!?」



続きを読む

女騎士「お前とのペアを解消しようと思う」オーク「ほぅ……」

SS速報VIP:女騎士「お前とのペアを解消しようと思う」オーク「ほぅ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476261848/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/12(水) 17:44:09.51 ID:bUaba9nSO

女騎士「もう女騎士とオークじゃ限界なんだよ」

オーク「何が?」

女騎士「オークと言えば女騎士、女騎士と言えばオーク……」

女騎士「……いい加減マンネリだろ?」

オーク「ふむ……つまり相手を代えたいって事か?」

女騎士「その通り、新たなくっ殺の可能性を探りたいと思う」

オーク「分かった、少し待ってろ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476261848




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)