ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


少女

少女「Ring-a-Ring-o' Roses」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/17(木) 09:25:47 ID:0CTncaG.


元ネタ:Plague inc.
知らなくても普通に読める上に知っていることで面白くなることも無い。



続きを読む

少年「薄氷の僕ら、無人駅」



SS速報VIP:少年「薄氷の僕ら、無人駅」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517483063/



1: ◆XkFHc6ejAk 2018/02/01(木) 20:04:24.28 ID:3pcH/mqD0

少年(僕の住む村は、人里から離れた、集落のように小さな村だ)

少年(気候は常に寒い。夏冬関係なく、ほぼ一年中雪が降っている)

少年(人口はそんなに多くない。むしろ村の面積に対して少ないくらいだ)

少年(そして)

少年(この村には掟がある)

少年(それは、村の外に出てはいけないと言う事)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517483063




続きを読む

少女「おじちゃんはなんでいつも公園にいるの?」

SS速報VIP:少女「おじちゃんはなんでいつも公園にいるの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508676129/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/22(日) 21:42:09.09 ID:XSgEbLMA0

男「おじちゃんじゃなくてお兄ちゃんだよ」

少女「今何歳?」

男「20歳」

少女「おじちゃんだよ」

男「そんなこと言ったら大多数がおじちゃんになっちゃうよ」

少女「おじちゃん、老け顔だもん」

男「えぇ......」

少女「ジュース買ってくれたら、お兄ちゃんって呼んであげる」

男「まじか。何飲みたい?」

少女「ブラックコーヒー」

男「まじか」

少女「私大人だからね」

男「ふーん......」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1508676129




続きを読む

少年「学校が大ピンチだ!」霊感少女「学校七不思議の霊の仕業だわ……」

SS速報VIP:少年「学校が大ピンチだ!」霊感少女「学校七不思議の霊の仕業だわ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507726917/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:01:57.87 ID:DvDLthvho

<教室>

児童A「先生!」

教師「なんだ?」

児童A「なんだか気分が悪いです……」

教師「む、そうか。では保健室へ行きなさい」

児童B「先生、ぼくもー……」

ボクモー… アタシモー…



少年「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507726917




続きを読む

少女「世界最後にひとつだけ――」

SS速報VIP:少女「世界最後にひとつだけ――」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507398435/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 02:47:15.38 ID:2g0x8/aP0

『米国の人工衛星、誤作動による地球に対してレーザー照射の可能性』

『都内の重力波に異常予報 無重力空間の発生の可能性も――世界終焉に、関与か』

『アフリカ森林で未確認生物の目撃情報多発。生物実験と環境の異常発生両方の線で調査』

『国内森林の生態系の大幅な変異を確認いたしました。 天災の予兆でしょうか。 我々は最後の瞬間まで――』

『速報です。イギリスの某大学に向けバイオテロの声明が出されたとのことです。大学側は世界終了との関連性についての情報を政府に求めておりますが、政府は依然として沈黙しており――』

少女「いやぁ、どの新聞を見てもオカルト記事みたいなのばっかですねぇ」

男「世界最後の一日だしな。そんな信じられないような現実の中なんだから信じられない話がわんさかと出てくるんだろ」

少女「公式に発表があったのは"今日で世界が終わる"ということだけでどう終わるのかとか、なんにもわかんないわけですもんね」

男「こういう新聞の積み重ねもわけのわからない現実と向き合ってるというより、何もわからない現実からの逃避なのかもな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507398435




続きを読む

少女「好きです、先輩」

SS速報R:少女「好きです、先輩」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1506839173/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/10/01(日) 15:26:13.48 ID:g97UFoKC0

※百合エロ注意



続きを読む

【安価】マッチ売りの少女「こんな世の中なんて」

SS速報VIP:【安価】マッチ売りの少女「こんな世の中なんて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506754964/



1: ◆7M0syXftfg 2017/09/30(土) 16:02:44.37 ID:XCT3uh5P0

少女「私はもう我慢ならない!」

少女「全てをぶち壊すだけだ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506754964




2: ◆7M0syXftfg 2017/09/30(土) 16:04:06.99 ID:XCT3uh5P0

下2>>少女はどうする?



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 16:07:12.54 ID:jel9CVWk0

マッチを使って街を燃やす



続きを読む

男「おっ、可愛い子みっけ」

SS速報VIP:男「おっ、可愛い子みっけ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390834154/



1: ◆.7WuAP84WM 2014/01/27(月) 23:49:14.87 ID:7LVdOhelo


少女「・・・」スタスタ

男(今日のオカズは決定した・・・)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390834154




続きを読む

殺人鬼「またオレなんか殺っちゃいました?」

SS速報VIP:殺人鬼「またオレなんか殺っちゃいました?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505236668/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 02:17:49.03 ID:hkkrM/ZTo

殺人鬼「ヒ~ッヒッヒッヒッヒ!」

殺人鬼「このクソ野郎! よくもオレの愛する少女に抱きついたな!?」

殺人鬼「この少女に近づく男はみんなこうなるんだ!」

グシャッ! グシャッ! グチャッ!





少女「いやぁぁぁぁぁっ!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505236668




続きを読む

少女「コミケ行くので泊めてください!」男「は……?」【後編】

少女「コミケ行くので泊めてください!」男「は……?」【前編】

少女「コミケ行くので泊めてください!」男「は……?」【後編】



SS速報VIP:少女「コミケ行くので泊めてください!」男「は……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503641471/



446: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 18:04:03.27 ID:IiVBuModo





ふと、目が覚めた。



あけぼのというには深すぎる、大都市の外れの、住宅街を包む夏の宵闇。

壁時計の針がさすのは丑三つ時。


ふと、窓から吹き込む夜の風に、目が覚めた。


なんとなく二度寝するのもきまりが悪いような気がして、

冷たい床から体を起こす。


だが。そこまで脳が覚醒して、……引っかかった。


この二日は、たしかに深夜に早く起きていた。

だが、早すぎる。

早く目覚めすぎるのも体に悪い、起きるのはせいぜい午前3時ごろ。


誤差といってしまえばそれまでかもしれない。

だが、今の時刻は、午前2時を少し過ぎたあたり。


なぜ俺は、今日に限って、少し早く目が覚めた?



続きを読む

少女「コミケ行くので泊めてください!」男「は……?」【前編】

少女「コミケ行くので泊めてください!」男「は……?」【前編】

少女「コミケ行くので泊めてください!」男「は……?」【後編】



SS速報VIP:少女「コミケ行くので泊めてください!」男「は……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503641471/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/25(金) 15:11:11.44 ID:Fzl9L1Z/o



セミ「ミンミィーーーーーーーーンミーーーーンミーンミーンミーンミィーーーーーーーーwwwwwwww」

セミ「ジルルルルルルルルゥルルルルルルジルジルジルルルルゥ……、ルルルゥ……、ル」

セミ「ツクツクボウシ! ツクツクボウシ! ツクツクボウシ! ニィーォニ! ニィーォニ! ニィーォニ! ニィーーーーwwwwww」


男「あ……、暑い……」フラフラ

男「ダメだ……、今年の夏は涼しいんじゃなかったのか? 溶ける、溶けるぞ……」

男「大学も夏休みになったばっかだし、この三連休は、クーラーきかせて家に引き込もるか……」


男「……ん? 俺のアパートの入口……、なんだ? 大家さんと、誰かがモメてる……?」

 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503641471




2: ◆mclKiA7ceM 2017/08/25(金) 15:11:48.12 ID:Fzl9L1Z/o

・全部で600レスほどの予定です
・数日間に分けて更新します

※この作品はフィクションです。実在の人物や団体等とは関係ありません



続きを読む

少女「17の誕生日に死ぬ計画を立てたの」

SS速報VIP:少女「17の誕生日に死ぬ計画を立てたの」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503082495/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/19(土) 03:54:56.24 ID:xJmjbfjE0

死にたがりの少女と、
生きたがりの老人のお話

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503082495




続きを読む

男「俺は壁と話してるらしいな」少女「………」

1: ◆M7hSLIKnTI 2014/03/15(土) 18:22:34 ID:PeHUh3io


………



男「……あと、どの位ですか」

白衣「もうすぐだよ」

男「随分、山奥なんですね」

白衣「………」


男「前いた施設より、環境が良くなるって聞いてるんですけど」

白衣「…自然豊かで、いい所じゃないか」

男「どうせ部屋から出られる訳じゃないんでしょう」

白衣「外の空気を吸う位はできるさ、それに自然というのは眺めるだけでも癒しのあるものだよ」

男「そんなの、人によりますよ」


白衣「…着いたね。少し揺れる、気をつけたまえ」



続きを読む

単位売りの少女「単位いりませんかー…」

1: 名無しさん 2014/04/10(木)06:14:41 ID:yyYmf4krk

四月始め
少女「売れないなぁ…」

学生「ん?」

少女「あ、あの単位いりませんか?一つ5000円…」

学生「あ?単位?いらねーよんなもん」ドカ

少女「きゃ!!」ドタ



少女「…売れなかった…今日もご主人様におこられる…グス」




続きを読む

少女「抱っこをご所望です、おにーさん」 男「困った」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/14(土) 21:21:32 ID:JxphUoqg

少女「困らなくていいです。黙って抱っこ、これがかっこいいのですよ、おにーさん」

男「いや、幸か不幸か俺はかっこよくないので抱っこしません」

少女「私は目がおかしいのでおにーさんがかっこよく見えます。だから抱っこしてください」

男「くそぅ、この娘はちっともくじけやしねえ。しょうがない、おいで」

少女「執念の勝利です! えやっ」ポフリ

男「はいよしよし」ナデナデ

少女「なでなでまで! これは嬉しいサプライズですよ、おにーさん! ナイスガッツ!」

男「はいはい」ナデナデ



続きを読む

少女「ここは何処?」 日本兵「目が覚めたか」

SS速報VIP:少女「ここは何処?」  日本兵「目が覚めたか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395233096/



1: 1 ◆yhNCqZ8/EE 2014/03/19(水) 21:44:56.41 ID:tW9kh8Mh0

少女「うわっ!!誰アンタ!?って言うかココは何処!?」

日本兵「まぁ落ち着いて。とりあえずこれでも飲みなさいな」

少女「(何このオッサン…凄く怪しい……)」

少女「へ、変なもの入れてないでしょうね?」

日本兵「なんも入れてないよ ……と言っても無理な話かな?」

少女「いや、貰う。喉渇いてるし」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395233096




続きを読む

【微胸糞】狼「人間は馬鹿だなぁ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/16(金) 23:25:27 ID:.aF80UMc

少年「あきかぜが そそぐのはらの そうげんや」

狼「そんなところで何してるんだい?人間。大根干しになるのかい?」

少年「ひなたぼっこだい!」

狼「君は実に馬鹿だな」

少年「なんでさ」

狼「ツバメが低く飛んでた。もうすぐ雨になるんだ。そこにいると濡れるよ」

少年「ふらないやい!」

ポツ ポツポツ

ザァッ

少年「わあ、ふってきた」

狼「降ってきた降ってきた」

少年「どうくつへいこう」



続きを読む

不良娘「おやすみ、良い夢を」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/29(木) 23:49:49 ID:/LHBT0/M

――屋上

カツンカツン

ガチャ

少女「……あ、居た」

不良娘「お、ここにくるなんて珍しいな」スパー

少女「うん。隣、いい?」

不良娘「おいで」



続きを読む

少年「色とりどりの傘の町」


ザアアァアアァアアァァ……

少年「大丈夫? 疲れない?」

少女「ううん。全然辛くないよ」

少年(この小さな町では、一日に何度も信じられない勢いの雨が降る)

少年(空に突如大きな「波紋」が広がると、雲も無いのに雨が降り出す)

少年(道を歩く人達は、当然のように傘を「作り出す」事が出来るんだ)

少年(彼らの傘は鮮やかな色をしていて、雨を防ぐ以外にも、何かの能力がある)

少年(例えば少女の傘は、「花を降らす」事が出来る)

少年(そんな傘の町の中で、唯一僕だけが傘を作れない)

少年(いつも少女の傘に入れてもらう事で雨をしのいでいる)

少年(他者が握ると消えてしまうから、それを支える事すら出来ない)バチャ

少年(ふと下を向くと、水たまりに映った自分の暗い顔と目が合う)

少年(ああ、情けないなぁ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491783789




続きを読む

少女「ホワイトデーには白いのが欲しいなっ」


男「白いのかぁ……ホワイトチョコ? ミルクチョコ?」

少女「濃い~ミルクが欲しいなっ」ニヤニヤ

少女「熱~いのがいいなっ」ニヤニヤ

男「ホットミルクは、おれ苦手なんだよなあ……白い膜張るのがちょっとなあ……」

少女「いやらしいミルク……」

男「あ、シチューとか?」

少女「カルピス……」

男「でもホワイトデーにシチューってのもなあ……」

少女「……」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER こいかぜ - 彩 -

新品価格
¥1,800から
(2018/1/9 18:46時点)