ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


少年

シャボン玉「オレが屋根まで飛んだら消えるなんて誰が決めた?」

SS速報VIP:シャボン玉「オレが屋根まで飛んだら消えるなんて誰が決めた?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471344252/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/16(火) 19:44:12.89 ID:C99tOGMso


少年「えへへ、ストローに液をつけて、と……」チョイッ

少年「フゥーッ」プクーッ



フワァ~……


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471344252




続きを読む

状態異常マスター「ヒヒヒ、状態異常も使いよう……です」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/21(木) 00:05:35 ID:1iqWqUMI

― 睡眠 ―



< 村 >

聖女「聖なる光よ、この者に癒やしを……」パァァ…

白く美しい手から、温かな光が放たれる。

村人「おお……足の痛みがみるみる引いていく……」

村人「ありがとうございます、聖女様……」

聖女「どういたしまして。人々の異常を癒やすのが、私の役目だもの」

村人「ところで、異常といえば……」

聖女「?」

村人「なんでも、山の向こうの町に“状態異常マスター”なる人物が住んでいるとか」

聖女「状態異常マスター?」

村人「たしか、毒、麻痺、睡眠、混乱、狂戦士、沈黙、暗闇、石化、と――」

村人「八種類の状態異常を自在に操るという話です」

聖女(ふうん……これは放っておけないわね!)



続きを読む

魔導士と少年

SS速報VIP:魔導士と少年
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468033957/



1: ◆Xz5sQ/W/66 2016/07/09(土) 12:12:37.55 ID:flvO5Y2I0

===

「俺を弟子にしてくれ」と、押しかけて来るなり少年は言った。

「そいつは無理な話じゃよ」と、押しかけられた魔導士は言い切った。
 
「どうしてさ」と魔導士を睨み付けるようにして、勢いよく少年が詰め寄る。

 
「金ならあるぞ。ほらっ! 俺は金貨を沢山持っているんだ!」

 
 身なりのよい少年は、肩から下げていた上等な革であつらえられた鞄から、
 腹いっぱいに膨れた小銭入れを取り出してそう言った。
 
 そして金貨の入った袋は言葉通りに、少年が手を振る度にジャラジャラと、気持ちの良い音を部屋中に響かせた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468033957




続きを読む

男の娘「ボクを買いませんか?」

SS速報VIP:男の娘「ボクを買いませんか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372784134/



1: ◆BGtWr7fCl2 2013/07/03(水) 01:55:34.48 ID:PGs3GV5E0


公園


男「……」ボーッ

「お兄さん大丈夫?」

男「んー……」

男(女の子……中学生、かな……小さくて可愛いなー……)

「聞こえてる?」

男「ん……大丈夫……」

「でも泣いてるよ」

男「マジかー……」

ガサゴソ

「揚げパン食べる?」

男「うん……」

ムシャムシャ

男「……俺さ」

「うん?」

男「浮気されてたんだ……結婚しようって約束してたのに……」

「だから泣いてたんだ」

男「うん……」

「傷心ってやつ?」

男「はは、良く知ってるね。ごめんね、変なこと聞かせて」

「ボクの胸で甘えてもいいんだよ」バッチコーイ

男「遠慮しとくよ。キミみたいな可愛い女の子に触ったら捕まっちゃうからね」

「あ、それなら大丈夫。ボク男だから」

男「………え?」

「ほら」バサッ

男「!!!!??????」

「ねぇ……お兄さん」





男の娘「ボクを買いませんか?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372784134




続きを読む

男「ハイエースだ! 通報しなきゃ!」

SS速報VIP:男「ハイエースだ! 通報しなきゃ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466096763/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/17(金) 02:06:03.53 ID:o+XOs8S6o

ブォォォォン…



男「――ん」

男「今通りすぎてった車……なんだっけ……あっ、思い出した!」

男「ハイエースだ! 通報しなきゃ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466096763




続きを読む

少年「テスト勉強した?」友「してない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/08(水) 01:21:20 ID:12Xn2yoQ

少年「今日いよいよテストだな」

友「うん」

少年「テスト勉強した?」

友「してない」

少年「とかなんとかいって絶対してるんだよな~」

友「してないって」



続きを読む

少年「魚が揺れるは灰の町」


雨が降っている。

鈍色の魚が、とぷりと波紋を立てて、コンクリートの町の中を、縦横無尽に泳いでいる。

彼らは何処から来て、何処へ行くのか。

町の人達は誰も知らない。そもそも、彼らに触る事が出来ないので、確かめようが無い。

あれは一体何なのか。

誰もそんな事は考えない。泳いでいく魚達には目もくれず、大人達は足早に歩いていく。

此処は冷たい無関心の町。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463836215




続きを読む

少年「骨折したら学校でヒーローになった」

SS速報VIP:少年「骨折したら学校でヒーローになった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463329155/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 01:19:16.18 ID:acey4Ssdo

<病院>

医者「レントゲンを撮ったところ、右腕の骨にヒビが入っていますね」

医者「念のため、ギプスをつけましょうか」

母「はい……ありがとうございます」

少年「いたたた……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463329155




続きを読む

少女「私らしいってなんだろう」

SS速報VIP:少女「私らしいってなんだろう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462636654/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:57:34.61 ID:TAZ1SRib0

このSSは、

少女「今日もハミパンしちゃった……」
ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1460/14602/1460236438.html


の続編となっています

近いうち…と言いながら、ひと月近く経ってしまいました。ごめんなさい

途中微エロ表現あります。気になる人は注意してください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462636654




続きを読む

黒ペン先生「あなたの遺書を添削いたします」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/29(金) 16:27:30 ID:s2EwPbmk

―森の中―

少年(よし……いい枝がある。ここで首吊って死のう……)

少年「――ん?」

少年「なんだこの貼り紙」





『あなたの遺書を添削いたします 黒ペン先生』





少年「なんだこりゃ」



続きを読む

少年「お父さん、お父さん! 魔王がいるよ!」

SS速報VIP:少年「お父さん、お父さん! 魔王がいるよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461841613/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:06:53.62 ID:9qCv1E/uo

ある霧の濃い夜、幼い息子を胸に抱え、馬を走らせる父親の姿があった。



パカラッ! パカラッ!



少年「お父さん、お父さん!」

父「どうしたんだい、坊や?」

少年「魔王がいるよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461841613




続きを読む

勇者「やっぱり処○は最高だね」戦士「え?」【後編】



第十四話 血玉髄


勇者「っう……」

戦士「ナハトさん!」

僧侶「どうされましたか!?」

勇者「少し前から、内なる何かへの違和感はあったんだ……」

勇者「今朝から、それが酷くなって……」

勇者「……まさかとは思うのだが……」

僧侶「…………」

勇者「…………エイルと二人にしてほしい」



続きを読む

教師「今日の保健体育の授業は……と」

SS速報VIP:教師「今日の保健体育の授業は……と」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460788684/



1: ◆HYYWjkjVOyFs 2016/04/16(土) 15:38:04.55 ID:wFIWFfSto

残念ながらホモスレです



教師「えーっと、ちょっと待って……」

生徒A「先生早くしてくださーい」

生徒B「このまま授業終わんねーかなー」

生徒C「ちょっと男子! 静かにしなさいよ!」

教師「……あー、そうだったそうだった。……そろそろこの実習始めなきゃね……」

生徒A「実習? 保健体育に実習なんてないんじゃないんですかー」

生徒B「ジッシューとかめんどくせー。座ってるだけのほーがよかったわー」

生徒C「なんで黙って聞いてられないのよ! もうすぐ6年生でしょ!?」

少年(うわ……まさかアレの実習か?)

教師「えー、静かに静かに! それでは、男女で組を作って下さい」

生徒A「うわぁ、男女って……生徒Cとは組みたくないな」

生徒B「どの女子とも組みたくねー」

生徒C「な、何よあんたたち! 授業なのよこれ!」

少年(……またぼっちかよ……転校生ってやっぱり最悪だ……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460788684




続きを読む

少女「今日もハミパンしちゃった……」

SS速報VIP:少女「今日もハミパンしちゃった……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460236438/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 06:13:59.22 ID:FUaqdbPC0

-----
あなたは、ハミパンという言葉をご存じだろうか。
文字通り「パンツ」が「ハミでる」という意味である。

かつて、日本の学校の体育では、ブルマが着用されていた。
それは、足を付け根から露出させる、まるでパンツのような形状な女子の体操着である。
そんなブルマの裾からパンツをはみ出すこと、それをハミパンと呼んで、
女子はこれを避けようと躍起になっていた。

21世紀に入ると、教育現場におけるブルマはほぼ絶滅した。
その理由としては、女子からの評判がとにかく悪かったこと、男女平等の機運の高まり、
さらに決定的だったのが「ブルセラ」ブームであった。

いまではその陸上競技、保育園や幼稚園、ほんの一部の学校に残るのみである。
そしてハミパンという言葉も、ブルマとともにアダルトな業界へ遠ざかってしまった。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460236438




続きを読む

横断歩道「近頃の子供は“白い線から落ちたら死ぬ”ってのやらないんだな」

SS速報VIP:横断歩道「近頃の子供は“白い線から落ちたら死ぬ”ってのやらないんだな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458036299/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/15(火) 19:04:59.74 ID:pQETvJNpo

横断歩道「近頃の子供は“白い線から落ちたら死ぬ”ってのやらないんだな」

少年「なにそれ?」

横断歩道「ほら、オレは白い線で出来てるだろ?」

横断歩道「この白い線を橋かなんかに見立てて、ここから足を踏み外したら死ぬって設定でオレを渡るんだよ」

横断歩道「ま、一種のごっこ遊びだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458036299




続きを読む

男の娘「僕の椅子になりなさい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/11(金) 23:08:57 ID:kv3WZz1c

男の娘「あー…暇」

少年「雨降ってるし、外にはでれないしね」

男の娘「…お尻痛い」

少年「床に体育座りしてるからだよ、またエロいとか言ってからかわれるよ」

男の娘「だってクッションないんだもんこの部屋…」

少年「…あ、いいこと思い付いた」

男の娘「……んー?」

少年「俺が横になるから上に座れば?」

男の娘「………は?」

少年「ほどよく柔らかいと思うし」

男の娘「…ばかじゃないの」

少年「恥ずかしがる必要はないと思うけど」



続きを読む

少年「ぼくんちに勇者様が一泊した」

SS速報VIP:少年「ぼくんちに勇者様が一泊した」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456046288/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:18:08.78 ID:gNZNa3Oko


ぼくんちは小さな田舎町唯一の宿屋だ。



二階建ての木造建築で、宿屋というよりも民家といった感じ。
これでも暑い季節になると、それなりに観光客がやってきて、満室になることもある。

だけど最近はちっともよそからのお客なんか来やしない。
なんたって魔王が復活しちゃったから、みんな旅行なんかしてる場合じゃないもんね。

おかげで商売あがったり。この町が魔王軍に襲われたことはないけれど、
ずっとこのままなら結局ぼくらは魔王のために滅びることになっちゃう。



ぼくも子供心に不安を感じる中、いいニュースを聞かされた。

勇者様がこの町にやってきたっていうんだ。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456046288




続きを読む

少年「アメジストの世界、鯨と踊る」

前作
男「夏の通り雨、神社にて」

少年「鯨の歌が響く夜」

男「慚愧の雨と山椒魚」



SS速報VIP:少年「アメジストの世界、鯨と踊る」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449757236/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 23:20:36.72 ID:I9PwzTfp0

前作 少年「鯨の歌が響く夜」の続編です。
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438310494/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449757236




続きを読む

男の娘「オッサンをボコボコにするバイト」

SS速報VIP:男の娘「オッサンをボコボコにするバイト」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454782094/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 03:08:14.42 ID:xnub1T8AO

男の娘「ほとんど何もしなくても金になるバイトがあるんだよ」

少年「ほんと、そろそろ売春斡旋とかやめたら?」

男の娘「ちょっと待ってよ、まだ俺何も話してないじゃん」

少年「だいたいそんなんばっか誘ってくんじゃん。1日20万稼いだことあるんでしょ売春で」

男の娘「いやだなー
それが本当なら20万じゃ足りねーし
てかそもそも俺はその辺の奴なんかにヤらせねーから」クスクス

少年「おさわりは?」

男の娘「触れ合いはある。」

少年「はいパス」

男の娘「ちょっと待てって、お前の想像とは絶対違うから」

少年「じゃあ何よ、言ってみ」

男の娘「そんな大したことないよ、同性SMのAV撮影するだけだから」

少年「ふざけるなよミスター」

男の娘「報酬は20万。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454782094




続きを読む

剣士「ジジイ! ガキ! 叩き斬っちまうぞ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/18(金) 01:37:09 ID:.s3kGEyA

― 町 ―

ザシュッ!

「ぐはぁっ……!」ドサッ…



剣士「ずいぶんと数が減っちまったなァ、山賊ども」ニヤニヤ

隻眼「ぐっ……!」

剣士「どうする? 残った目も、さっきみてえに潰してやろうか?」

隻眼「ちっ、ちくしょう! 覚えてやがれ!」タタタッ

手下A&B「ひいいいっ……!」タタタッ

剣士「テメェらのことなんざ覚えておくかよ! バーカ!」

剣士「人数がそれっぽっちになっちまったら山賊としちゃ終わりだしな、ハッハッハ!」



続きを読む
スポンサードリンク
お知らせ
タグページの記事一覧について

メッセージをいただいて気づいたのですが、
ライブドアブログ様の仕様変更で最大1000記事までしか表示できないようになっております。

ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

メッセージで教えていただき本当にありがとうございます。
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)