ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


山田真耶

一夏「嘘だと言ってよ・・・・・。」

SS速報VIP:一夏「嘘だと言ってよ・・・・・。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356228613/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/23(日) 11:10:14.22 ID:t14LOMmQ0

もうすぐクリスマスなので、ポケ戦×ISのクロスを

SSは全然書いたことがないので、拙い文章だと思います。

クロスが苦手な方や、駄文すぎて目も当てられないと思ったらスレ閉じてください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1356228613




続きを読む

一夏「やっぱり、箒んところが一番いいな」

関連
一夏「やっぱり、ラウラん所が一番いいな」



1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/26(月) 20:02:13 ID:UxkxSnow

セシリア「!?」

ラウラ「!?」

シャル「!?」

凰「!?」

千冬「ほぉ…」

箒「そうだろうそうだろう」



続きを読む

シャル「壁ドン?」ラウラ「そうだ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 00:15:59.690 ID:tcIPaIi00.net

シャル「その壁ドン?っていうのは何?」

ラウラ「萌えシチュエーションの一つらしい」

ラウラ「男が女を強引に壁に押さえ込んで、手と壁で女の逃げ場を塞ぐ」

シャル「うーん、ちょっとよくわからないかな」

ラウラ「なら実際にやってみよう。シャルロット、壁に背中を預けてくれ」

シャル「う、うん……」

ラウラ「やるぞ。……シャルロット……」ドンッ

シャル「!」

ラウラ「……好きだ」

シャル「!!」



続きを読む

一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 20:10:57.55 ID:XpEfJsesO

シーン……

山田「え、えっと他にはなにかありますか?」

一夏「好きなアニメはスペースコブラですがなにか?」

山田「あ、アニメ?」

一夏「聞いておいてそのリアクションとか鬼畜でござる・・・」

山田「えぇっ、鬼畜!?そ、そんなつもりは」

一夏「つもりがなくても人を傷つけることはあると思います」
山田「す、すいません・・・」
一夏「いえ」



「あれが千冬様の弟なの?」
「キモい・・・」
「人なの?豚じゃないの?」

一夏「・・・」シャカシャカ

「なにあのでかいヘッドフォン」
「キモい・・・」

箒(・・・あれが一夏のはずがない)



続きを読む

一夏「なにカップですか」シャル「し、Cカップです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 09:40:31.81 ID:h1hdcJLmO

一夏「なるほど。趣味はなんですか」

シャル「お料理を作ることです」

一夏「わたしも料理は好きです。将来は何をしたいですか」

シャル「し、幸せな家庭のお母さんになりたいです!」

一夏「なるほど。自分の良いところを二つ挙げて下さい」

シャル「えっと・・・優しいところと気配りができるところです」

一夏「ちょっと被っていますね」

シャル「うぐっ」

一夏「最後に、わたしのことは好きですか」

シャル「その、だっ、大好きっ!です」

一夏「ありがとうございました。では次の方を呼んで下さい」

シャル「あ、ありがとうございました」

バタン



続きを読む

一夏「最近山田先生のアタックが激しい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/16(月) 01:01:32 ID:L.w24mVQ

山田先生「お、織斑君・・・!織斑君っ!! ン───っ!!」びくびくっ

山田先生「はぁはぁ・・・・織斑君のことを考えると、胸がキュんキュんしてしまいます・・・・。」

山田先生「ふふふ、また明日、私の胸で誘惑してあげましょう♪」


翌日

山田先生「ここまでで分からない生徒はいませんか?」

一夏「あの、先生・・・・」

山田先生「どうしたんですか?織斑君」

一夏「ほとんど分かりません・・・・・。」

山田先生「あらぁ、困りましたねぇ。どのあたりが分からないんですか?」ずいずい むにゅぅ

一夏「せ、先生・・・・胸が当たってます・・・・・。」

山田先生「ふふふ、当ててるんですよぉ♪」



続きを読む

一夏「久しぶりに鉄板に火を入れてみた」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/03(水) 12:16:51 ID:79w.fiu.


―――――――――――

ジュウウウ……

一夏「うし、出来た!」

シャル「一夏? くんくん……、いい匂いだけど何を作ってるの?」

一夏「おう、シャル。 何だと思う?」

シャル「うーん……何だろう? ホットケーキ……だと、お肉を使うのは変だし」

シャル「パンケーキでも無いよね……」

一夏「そうか、シャルはフランス人だものな」

一夏「これは、お好み焼きって言うんだ」 ニコ

シャル「へえ……お好み焼きかぁ」

一夏「良かったらシャルも食べるか?」

シャル「えっ!? い、いいの?」

一夏「おう、いいぜ!」

一夏「と言うか、元からそのつもりだったから」 ニコ

シャル(一夏が、ボクの為に……。 エへへ、嬉しいな♪) ///



続きを読む

一夏「男は年収1000万ないと駄目なのか」

SS速報VIP:一夏「男は年収1000万ないと駄目なのか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411994875/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 21:48:06.15 ID:vZsuLy8o0

一夏「日本の平均的年収が4~500万だから・・・」

一夏「となるとほとんどの男が結婚できないじゃないか!」ビックリ

一夏「う~ん・・・あきらめたほうがよさそうだな」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411994875




続きを読む

一夏「結婚したのに箒が敬語でしか喋ってくれない」

17: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/01/24(火) 13:56:28.92 ID:EJ9P4hkC0

一夏「ただいまー」

箒「おかえりなさい一夏さん、鞄を」

一夏「ん、いつもありがとな」

箒「お夕飯か、お風呂か どちらにしましょうか」

一夏「じゃあ風呂から入るわ」

箒「わかりました お風呂の方、温めておきますね」



続きを読む

織斑一夏 小学1年生

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/27(月) 12:06:14 ID:77opy2kc

ざわざわ・・・

「あれが、ISを動かしたっていう男の子・・・?」
「まだ7歳らしいわよ?」
「かわいい!」

一夏「大きいお姉ちゃんばっかりで、やだなぁ・・・・もう帰りたいよぉ・・・・。」

千冬「ホームルームを始める。全員席に就け。」

一夏「ち、千冬お姉ちゃん!どうしてここにいるの!?」

千冬「織斑、ここでは先生と呼べ。」

一夏「えっ・・・はい・・・・先生・・・・・。」ショボン

千冬「(クソ!可愛く育ちおって!調子が狂う!)」もじもじ



続きを読む

一夏「ぼ、僕にはむりだよぅ・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 22:57:56.50 ID:YGPvr3KqO

山田「はい、じゃあ順番に自己紹介してくださいね」

モブ「〇〇です!みんなよろしくね!」

一夏(うぅ・・・やっぱり女の子しかいない・・・帰りたいよ・・・)

一夏(みんなジロジロ見てくるし・・・弾くんは羨ましがってたけど、普通の学校がよかった・・・)

一夏(なんだか金髪の人がすごい睨んで来るし・・・)チラッ

セシリア「・・・」ジィィィ

一夏「ひゃっ!」サッ

一夏(うぅ、怖いよぉ・・・千冬お姉ちゃぁん・・・)

山田「あの~織斑くん?」

一夏「は、ひゃいっ!?」ガタッ

山田「次はきみの番だから、自己紹介してくれるかな?」ニコッ

一夏「あ、えっ、うぅ」

キャーカワイーチッチャーイオンナノコミタイーキャー



続きを読む

一夏「釣り行きてぇな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 18:05:02.08 ID:ZxqsD3Ij0

鈴「急になによ藪から棒に」

一夏「いやさ、ここんとこ暑さも一段落してきたしな?」

ラウラ「さすがは私の嫁 釣りはサバイバルでも役に立つスキルだ」

シャル「へ~一夏は釣りが得意なんだ」

一夏「いやいや、子供の頃からもう随分長い間してないんだけどさ…」

箒(な!…私は一緒に釣りに行った記憶なんてないぞ!?)

一夏「ケーブルTVでやってる釣り番組見てると疼いてきてさ!面白そうだよなぁ…」

セシリア「おほん! 一夏さん、ちょっとお聞きしますけど週末のご予定などはありまして?」

一夏「え…いや無いけど まあ暇ならケーブルの「怪物魚を追え!」一挙放送でも見ようかなぁ」

ヒロインズ「「「「…これはチャンス!!!」」」」



続きを読む

セシリア「一夏さんとセ○クスするの気持ちいいですわああああ!!」

10: 忍法帖【Lv=8,xxxP】(1+0:15) 2013/03/28(木) 08:57:36.71 ID:bBkDAaRY0

セシリア「うほおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」パンパン

一夏「・・・」パンパン

セシリア「も、もうイキそうですわぁあああ~」パンパンパンパン

一夏「・・・」パンパンパンパン

セシリア「ふわああぁぁぁ~////」プシャー

一夏「・・・」



続きを読む

一夏「ISの待機状態が女の子に?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/12(木) 21:24:18 ID:4WJuo1Zg

IS学園 アリーナ管制室


束「またおもしろいものを作ったよぉ♪」

千冬姉「はぁ・・・・このまま行くと、お前の発明の数はキテレツ大百科を超えるぞ・・・・・。」

束「まぁまぁ、そう言わずにぃ♪」

千冬姉「で、なんなんだ?言ってみろ。」

束「まずぅ、このスイッチを押してみてぇ♪」

千冬姉「どうせ下らんものなんだろう・・・・・・ほれ。」ポチッ



続きを読む

一夏「ちょっとまて、ISのセンサーだけ見えないように展開したら」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 06:48:34.81 ID:OLbOGnJX0

一夏「毛穴までくっきり見えないだろうか」

一夏「それどころか赤外線センサーで服の上から乳輪の色や大きさまでも……」

一夏「さっそくやってみるか」キュイイイイン



続きを読む

シャル「一夏ってゴムしないからヤダ」セシリア「まったくですわ」箒「えっ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 07:10:41.48 ID:ymLR3sQ50

箒「え……は?」

シャル「妊娠したらどうするつもりなんだろうね」

セシリア「まったくですわ!」

セシリア「でもそのときは……責任をとってもらいますけど//」

シャル「ははは…まぁ僕もそうするけど//」

箒「いやおい」



続きを読む

一夏「肩もみ5分1000円です」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/25(水) 22:54:33.74 ID:hNzk7LSlO


山田(ふぅ・・・やっぱり夏は暑くて苦手ですね・・・)スタスタ

山田(小まめに拭かないと胸のしたにあせも出来ちゃうし・・・)スタスタ

山田(はぁ・・・ゆっくり休みを取って旅行でも行きたいな)スタスタ

『肩もみ5分1000円です』

山田「ん・・・?」

一夏「いらっしゃい。安いよ」

山田「な、なにしてるんですか織斑くん」

一夏「肩もみ屋さんですよ。どうだいお姉さん」

山田「肩もみって・・・肩もみ?」

一夏「肩を揉む肩もみだよ。お姉さんこってそうだしサービスするよ」

山田「確かに肩コリはひどいですけど、って学園の中で商売は先生として」

一夏「ちゃんと理事長さんの許可は取ってるよ」ペラッ

『許可しよう。許可証だけに』

山田「そうですか・・・でも5分で1000円って高くないですか?」



続きを読む

一夏 「朝起きたら犬になってた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 12:48:16.13 ID:yFqTKolLO

あ・・・ありのまま今起こったことを話すぜ!

俺が朝になって起きたら体が犬の姿になっていた

な・・・何を言っているかわからねーと思うが

俺も何をされたのかわかry


外を見てみる
ガラスに反射して見えたのは、ベッドの上に一匹の白い犬が映っている姿だった

ゆ、夢じゃない・・・

ど、どーなっちまってるんだー!?



続きを読む

医者「前立腺に少し異常がありますね」一夏「えっ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 04:31:20.12 ID:W15i6pPhO

医者「失礼ですがSEXやマスターベーションはどのくらいのペースで行っていますか?」

一夏「オナニーなら1日30回やってます」

医者「多っ!!それが原因ですね……」

医者「これから控えるようにして下さい。せめて週に1回程度に」

一夏「ええっ!!そんなの無理ですよ!!あの学園で賢者モードじゃない状態で過ごすなんて考えられない!!」

医者「このままでは生殖機能に異常が出る可能性もあります。我慢して下さい」

一夏「そんなっ!?オナニーを我慢する以外に何か方法はないんですか!?」

医者「ありません。我慢して下さい」

一夏(なんてこった……)





続きを読む

一夏「オルコット様だぁあああ!!生オルコット様だぁあああ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 01:40:02.60 ID:bz+NhaMn0

一夏「(ここがIS学園か……)」

一夏「(愛越と間違って受験したら、まさかISを起動して国に保護されるなんてなぁ……)」

一夏「(予想外にもほどがあるだろ……)」

一夏「(あーもう俺のクラスメイトも女だらけだし……これからどうしろっていうんだよ……あー家帰りてぇ……)」

「……くん?」

一夏「あ?」

山田「織斑、一夏くん?」

一夏「あっ、はい?」

山田「あ、ああっ!ご、ごめんなさい!
な、何か私怒らせることしたかな!?」

一夏「は!?いや、怒ってませんけど……」

山田「け、けど!?や、やっぱり……あ、あのご、ごめんなさい!」

一夏「あ、あの、それより……なんスか?」

山田「そのぅ……自己紹介をしてほしいなぁ、なんて」

一夏「あ」

一夏「(忘れてた。今はSHR中だったんだ……!)」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)