ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


式波・アスカ・ラングレー

アスカ「…そうだ!バカシンジに本気でイタズラしてやるわ!」

SS速報VIP:アスカ「…そうだ!バカシンジに本気でイタズラしてやるわ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368172456/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/10(金) 16:54:16.75 ID:qdE4Q2Bco


ミサトのマンション。
日曜日。


アスカ「…ヒマねー」ゴロゴロ

シンジ『ごめん、今日は綾波の家に料理を教えに行く約束なんだ』

アスカ「買い物に行くつもりだったのに…荷物持ちがいないと…くるっちゃうわねー」

アスカ「だいたい…エコヒイキのどこがいいってのよ…あんな人形…」

アスカ「…そこがいいのかな…バカシンジは臆病だから…」

シンジ『綾波は不器用だけど一所懸命だから応援したくなるんだよね』

アスカ「…なーんかムカツクわね…」

アスカ「…そうだ!バカシンジに本気でイタズラしてやるわ!」

アスカ「天才美少女アスカ様の本気、みせてやるわ! 」

アスカ「とりあえずホームセンターね…」タタタッ




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368172456




続きを読む

シンジ「アスカのプラグスーツのテープを剥がしたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/16(水) 16:46:22.20 ID:XERnFARc0

シンジ「だからヴィレに残りました」

サクラ「はぁ……」

シンジ「だから早くアスカを呼んでください、じゃないと綾波を呼びますよ?」

サクラ「え、えぇ~……碇さん、落ち着いてくださいよ」

シンジ「だってアスカのプラグスーツにテープが貼られているんですよ!!」

シンジ「乳首に絆創膏貼ってるようなものじゃないですか!」

シンジ「剥がしたくならないんですか!?」

サクラ「いや、なりませんけど……」

シンジ「そんな……」

サクラ(誰か代わって……)



続きを読む

シンジ「アスカがキスしてきたから舌絡ませたら堕ちた」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:31:30.01 ID:Kfgdeb8x0

アスカ「ね~シンジぃ~~シンジってばぁ」ムギュ

シンジ「」ガタガタガタ

アスカ「もっかいキスしよ? ね~ほら、んっ」キュ

シンジ「ご、ごめん、ほんの冗談のつもりで・・・」ガタガタ

アスカ「・・・・・・なによ、男なら責任取りなさいよ!」

シンジ「遊びだっていったのはアスカじゃないか!」

アスカ「そりゃそうだけど・・・なんか」

シンジ「なんか?」

アスカ「ベロチューって気持ちよすぎない?」キラキラ

シンジ「ハハハ・・・」(汗



続きを読む

シンジ「…………」

SS速報VIP:シンジ「…………」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365841541/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 17:25:41.29 ID:xINlg0Ef0

※Qバレ含みます。DVD,BD待ちの方はご注意下さい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1365841541




続きを読む

アスカ「なになに?あなたの悪いとこ直します…?」ペラッ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 15:02:15.85 ID:5lP2cyLb0

アスカ「誰にでも自分では気付かない欠点はあるもの…ふむふむ…」

アスカ「自己診断でまずはあなたの気付かないダメなポイントをチェック…」

アスカ「ま、この私に欠点なんて見当たらないけど!…暇つぶしにいいわね」

アスカ「そう!これは単なる暇つぶしよ!他意は無いわ!!」

アスカ「…」

問1 好きな人の前では素直になれない

アスカ「ハッ!これが欠点になるってーの!?そんなの女の子なら当たり前でしょ!!」

アスカ「◯…と」

問2 あなたはどちらかと言うと異性からモテる方である

アスカ「愚問ね!世の中の男が私を放っておくワケないじゃない!!」

アスカ「問答無用で◯!!」

問3 あなたは気がつくと独り言を言う事がある

アスカ「…」

アスカ「◯ね…」



続きを読む

サクラ「人生なんて、やり直してなんぼです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 22:07:10.00 ID:U7mnZb4z0

シンジ「……」

シンジ「……」

シンジ「……」

シンジ「……」

グゥ

シンジ「…………おなか空いたな」



続きを読む

シンジ「ミサトさん、僕にも階級ってあるんですか?」

SS速報VIP:シンジ「ミサトさん、僕にも階級ってあるんですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1358606428/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/19(土) 23:40:28.49 ID:QB+v8YMo0

シンジ「アスカは大尉?とか言ってたんですけど、僕にも階級とかあるんですか?………最近アスカが何かあるたびに私は大尉だ大尉だうるさいんですよ……」

ミサト「いきなり何いうのかと思ったら…まぁでもそうね、戦う相手こそ使徒だけれど、準軍事組織として階級はしっかりしないとちょ~っちマズイかも。この間も模擬戦で三人とも別行動とって結果は惨敗。今までは結果オーライだったけどこれからもっと強い使徒が現れるかもしれないし……」


バタンッ(部屋からアスカ


アスカ「なに二人して真面目くさった顔して話してるのよ?また私が臭いだとか言ってないでしょうね?」

シンジ「違うよ!階級の話だよ!(ゲルマン臭はとっくに諦めたよトホホ」

アスカ「カイキュウ?」

ミサト「ランクの話よ!でも改めて考えると凄いわねアスカ…14才ではや大尉。国連共通ランクだとOF-2かしら!末恐ろしいわ………」

アスカ「当たり前じゃない!天才完全無欠の超美少女、式波アスカラングレー様よ!本当なら元帥まで登りつめてもいいくらいの実績を私は積んできたんだから!」ヘヘン

シンジ「す、すごいや!(天才?僕にとっては天災だよ、しかも実績って倒したのはあの弱そうな奴一体だけじゃ………」

アスカ「で何よ、ミサトは一佐…え~とユーロだと……」

ミサト「大佐ね、大した事ないわよ!ちょっち運が良いだけだったから…」

アスカ「そうそう大佐ね!でも十分すごいわよ!で、大佐のミサト、超美少女で完璧な式波大尉!役立たずで親の七光りだけでエヴァに乗ってるバカシンジ!これで何か文句でもあるわけ?」

シンジ「いや、ただ僕も………その、カイキュウ?みたいなのないのかなぁってきいてみただけだから……」

アスカ「バッカじゃないの?いい、軍人っていうのはそんなに簡単になれるわけじゃないの!私だって訓練や試験様々な事で実績を出して大尉まできたんだから……まぁバカシンジはカイキュウの前に軍人でさえなれないわね!」

シンジ「へ、ヘェ~そうなんだ。ごめんなんか軽々しくこんな話して……」

アスカ「フンッわかればいいのよ!じゃあ寝るから!」バタン

ミサト「シンジくん、気にしないでちょうだい、あなたは十分に階級を得る事をしてきたんだから…その話は私が副司令にしておくから、もう遅いし今日は寝なさい」

シンジ「あ、いぇ…あの…いいです。興味本位できいただけなんで……」

ミサト「いいの、いいの気にしないで。私も興味でてきたし…じゃあ、おやすみなさい」

シンジ「おやすみなさい……」

…・シンジの部屋・…

シンジ「よく考えたらすごいや、ミサトさんはあのアスカがすごいと言うくらいの階級みたいだし、アスカもエヴァの整備員がいつも敬ってたし………なんかきくんじゃなかった………そうだ、明日ケンスケに聞こう………」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358606428




続きを読む

シンジ「僕の恋愛相談に乗ってほしいんだ」アスカ「嫌」

SS速報VIP:シンジ「僕の恋愛相談に乗ってほしいんだ」アスカ「嫌」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1361194848/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/18(月) 22:40:48.64 ID:MtyFNYPN0

シンジ「え、なんで?」

アスカ「嫌だから」

シンジ「頼むよアスカ。アスカしか頼れる人がいないんだ」

アスカ「……」

シンジ「アスカ?」

アスカ「嫌よ」

シンジ「そんな……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1361194848




続きを読む

アスカ「コネメガネっておばあちゃんみたいよね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01(金) 22:35:50.25 ID:o0poJ9+U0

シンジ「え、おばあちゃん?」

アスカ「そ、おばあちゃん。だってあれみてよ」


マリ「うーさぶさぶ……」こたつにイーン


アスカ「婆臭い半纏着て背中丸くしながらこたつに入ってったわよ」

シンジ「あれだけでおばあちゃんみたいって言うのは……」

アスカ「じゃあ、アレを見ておばあちゃんじゃないって言える?」



続きを読む

アスカ「バカシンジ。今日学校サボリなさいよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:16:56.96 ID:nfANqB9K0

シンジ「え?いきなり何言ってんだよ」

アスカ「昨日の訓練のせいで、あたし寝不足なの。学校に行く気しないのよ」

シンジ「それと僕がサボるのと何の関係があるんだよ?第一、アスカが寝不足なのは昨日夜遅くまでゲームやっていたからだろ」

アスカ「はぁ?なんであんたがそんなこと知ってるのよ!まさか覗いたわけ!?」

シンジ「アスカがゲーム相手に叫んだり、壁を蹴ったりしてれば嫌でも分かるよ!おかげで僕まで寝不足だ!」

アスカ「なら丁度いいじゃない。サボりなさいよ」

シンジ「いやだよ!サボるならアスカ一人でサボればいいじゃないか」

アスカ「あんたバカぁ?一人でサボッたら心細いに決まってんでしょ」

シンジ「え?」

アスカ「あ……ひ、一人でサボッてもつまんないからに決まってんでしょ!?そんなのも分からないなんて、アンタ本当に低脳ね!」



続きを読む

アスカ「ホワイトデーよ!?なんで何も用意してないのよ!!」

※アスカバッドエンド注意



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14(木) 00:18:00.95 ID:onjh1X320

アスカ「寄越しなさいよ」

シンジ「えっ…?僕、アスカから何も貰ってないよ?」

アスカ「そんなのあったり前じゃない!!」

シンジ「だから僕が用意する必要も無いよね」



続きを読む

シンジ「アスカ、明日からカヲルくんも一緒に暮らすことになったんだ」

SS速報VIP:シンジ「アスカ、明日からカヲルくんも一緒に暮らすことになったんだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362849886/



1: ◆pywaH362ebkU 2013/03/10(日) 02:24:46.74 ID:qK5DdFEl0

アスカ「……はぁ?」

シンジ「なんだか事情があるらしくて。…とは言っても3日間だけなんだけど…いいかな」

アスカ「…それをなんで私に言うわけ?ミサトに言いなさいよ」

シンジ「うん、もうミサトさんの許可は取ってあるんだ。そしたら“アスカも同居人なんだから一応アスカにも許可取ってくるように”って言われて」

アスカ「あっそ。好きにすればいいじゃない。…私の部屋には絶対入んないでよね」

シンジ「うん、ありがとうアスカ」

アスカ「………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1362849886




続きを読む

シンジ「槍でやり直す」

SS速報VIP:シンジ「槍でやり直す」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1361091713/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/17(日) 18:01:53.75 ID:Ol+tm2Or0

続きを読む

シンジ「遭難した…」

SS速報VIP:シンジ「遭難した…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363103999/



1: ◆pywaH362ebkU 2013/03/13(水) 00:59:59.58 ID:M8S8WOlH0

アスカ「はぁ〜!?嘘でしょ!?」

マリ「ありゃ。ケータイ、圏外だ」

アスカ「もう!これだから嫌だったのよ、こんな山奥であんたたちとハイキングなんて」

レイ「…諜報員」

アスカ「あ、そうよ!あの黒服たち!いっつも私たちのこと見張ってんでしょ?どうせ今も」

カヲル「…、そういえば、妙だな。今日は気配を感じないね」

レイ「ええ」

シンジ「…すいません!ミサトさんのとこに連れてってくれませんか!すいません!」


………。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1363103999




続きを読む

リツコ「シンジ君、お願いがあるのだけれど」シンジ「なんですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:16:31.09 ID:/SbQXv2t0

リツコ「最近職員の体調が思わしく無いの」

シンジ「そうなんですか?普通に働いてる様に見えるんですけど」

リツコ「表面上は平気なのよ」

シンジ「へぇ・・・」

リツコ「一応症状緩和の為に栄養剤を作ったのだけれど」

シンジ「何でも作れちゃうんですね」

リツコ「そんな事ないわ・・・でも、知っていて放っておけないでしょう?」

シンジ「優しいですね」

リツコ「ありがとう・・・でもねシンジ君。こう見えて、私も忙しい身よ」

シンジ「やだなぁ、知ってますよリツコさん」

リツコ「それは良かったわ、だからねシンジ君」

リツコ「あなたの身近な人にはあなたからコレ、渡して貰えないかしら?」

シンジ「そう言う事なら任せて下さい!誰に渡せば良いんですか?」

リツコ「さしあたってはアスカ、レイ、マリ、ミサト辺りで良いわ」

シンジ「ミサトさんにはあまり会わないんですか?」



続きを読む

カヲル「シンジくんや皆と、こたつを囲んで双六するよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 23:46:49.58 ID:JBQkgHg/0

カヲル「というわけで双六だよ、シンジ君」

シンジ「双六懐かしいやぁー」

アスカ「えー!双六ぅ?そんなつまんない日本の古い遊びなんかしないわよ」

マリ「姫はわかってないなぁ―、双六の面白さを。しかもこれホモくんが作った双六だよ?マスにほら、面白そうな指令がいっぱいだよ!」

カヲル「ホモじゃないよ、ただシンジくんが好きなだけさ」

レイ「ジーッ…… 碇くんに膝枕してもらう……? 好きな人にハグをする……?」

アスカ「なっ、なんでバカシンジ指定のマスがあるのよ!」

マリ「まぁ、ホモ君が作ったんだから仕方ないにゃ。さー姫もやろー!」



続きを読む

マリ「ワンコ君痛いwww痛いってwww」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 01:32:41.94 ID:2DDsXJFm0

ドガッ! ボゴッ! ガスッ!

マリ「いッ…ぐぁ…」

シンジ「」

ドゴッ! ゲシッ!

マリ「き、キックは反則なんじゃないかにゃ? 流石に痛すぎ」

ドグッ!

マリ「ガッ! ……ぁぅぅ…」

マリ「にゃ、にゃははは、痛いなぁこの…」

バギッ! ドカッ!

シンジ「」

マリ「ゲホッ! む、無言で蹴るのはやめないかにゃぁ? 怖すぎなんだけど……」



続きを読む

シンジ「スタンド能力?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 20:06:07.22 ID:DnA70nWEO

ミサト「今日のシンクロテストはこれで終わり!みんなお疲れ様!」

アスカ「今日は私が一番ね!見たかコネ眼鏡!」

マリ「むー… 最近調子よかったんだけどにゃー…」

シンジ「マリさんも全然悪い数値じゃないし、気にしなくていいんじゃないかな」

マリ「いやーわんこ君は優しいにゃー 姫と違って」チラッ

アスカ「ちっ…バカシンジは黙っときなさいよ!」

レイ「……」



続きを読む

レイ「あら?…どうして犬が…」


SS速報VIP:レイ「あら?…どうして犬が…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362651893/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/07(木) 19:24:53.33 ID:Pw4rzoQDO

レイ「?」

レイ「あなた… どこから来たの?…」

犬「クゥ~ン クゥ~ン…」トボトボ

レイ「よしよし… 」ナデナデ

犬「クゥ~ン」パタパタ


リツコ「あらレイ?」

レイ「赤木博士… この子は一体…」


リツコ「あ~それね」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1362651893




続きを読む

リツコ「ついに完成したわ」

関連



SS速報VIP:リツコ「ついに完成したわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362141544/



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/02(土) 16:45:52.66 ID:6fXdEu4DO

ミサト「例のあれね?」

リツコ「ええ、例え第五使徒が束でかかって来ても、余裕で殲滅が可能よ」

ミサト「そんなに?」

ミサト「それにあれって、物凄い電力が必要じゃないの?」

リツコ「心配要らないわ、過去にサンプルとして引き上げた使徒のS2機関の仕組みを研究解明して、
     建設が進んでいた新型の発電システムに組み込む事に成功、大出力の電力を無尽蔵に発電出来るわ」

リツコ「簡単に言うと炉心に縛り付けた使徒の目からビームを出させて、お湯沸かしてタービン回してるのよ」

ミサト「マジで?」

リツコ「マジよ」

リツコ「但し、この新型発電システムは、絶対口外してはならない…」

ミサト「こんな夢のような発電システム、知れたら世界中がひっくり返るわね…」

リツコ「ええ、戦争になりかねないわ」

ミサト「エネルギーには巨大な利権が絡んでるしね…」





続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER こいかぜ - 彩 -

新品価格
¥1,800から
(2018/1/9 18:46時点)