ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


新世紀エヴァンゲリオン

ゲンドウ「シンジ、鍋パーティーをしよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:52:14.62 ID:9UPDuOLO0

シンジ「えっ、父さん今なんて」

ゲンドウ「………」

ゲンドウ「………鍋をやると言った」

シンジ「でも……」

ゲンドウ「嫌ならいい」

シンジ「父さん……」



続きを読む

シンジ「綾波の様子がおかしいんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/14(日) 13:28:37.04 ID:PxJSDl2H0


アスカ「はぁ?あいつはがおかしいのはいつものことじゃない」

シンジ「そ、そんなことないと思うけど……」

アスカ「で、具体的にどうおかしいってのよ?」

シンジ「心ここにあらずっていうか、ぼーっとしてるっていうか」

アスカ「それこそいつものことじゃない」

シンジ「で、でも……ほら、綾波を見てみなよ」

アスカ「ファーストを?」




レイ「…………」

ヒカリ「あ、綾波さん?その、濡れていない雑巾を絞っても意味無いと思うんだけど……」

レイ「……そうね」




シンジ「ね?」

アスカ「…………」



続きを読む

シンジ「僕が?」【後編】

シンジ「僕が?」【前編】

シンジ「僕が?」【中編】

シンジ「僕が?」【後編】



SS速報R:シンジ「僕が?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1487335262/



570: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 00:15:36.95 ID:K9j1+Tdp0

- 第三新東京都市第壱中学校 昼休み 屋上 -

シンジ「――あれ? 洞木さん?」

ヒカリ「碇くん。1人でいるのめずらしいね。アスカ達は?」

シンジ「お昼食べてるよ。洞木さんこそ、こんなところでめずらしいね」

ヒカリ「……うん。なんだか、1人で考え事したくて」

シンジ「そっか。ここっていい場所だよね。誰もいないし、そういう時は」

ヒカリ「みんな使わないもんね。景色もいいんだけど、なんでだろうね」

シンジ「そうだね……言われてみればそうかも」

ヒカリ「碇くんも1人になりたかったの?」

シンジ「少し、考え事してたから。一緒だね」

ヒカリ「うぅん。一緒なんかじゃないよ」

シンジ「ん?」

ヒカリ「はぁ……。実は、昨日ね、鈴原達とシェルターにいる時、少し外に出てみたの。あ、ほんとに出ただけなんだけど」

シンジ「…………」

ヒカリ「碇くんやアスカや綾波さんってあんなのと戦ってたんだね」

シンジ「うん、まぁ」

ヒカリ「選ばれるってだけでも凄いのに、勇気がいるんだなって思った。私達とは違うってこわくなったの。でもそんな時マナに言われたの――」

シンジ「…………」

ヒカリ「――誰だってこわいって。アスカや碇くんたちに申し訳なくなっちゃって」

シンジ「僕たちはエヴァのパイロットだけど、結局は大人の都合で乗ってるんだ。誰でも乗れるわけじゃないから、乗るしかない」

ヒカリ「…………」

シンジ「アスカはプライドを持って乗ってる。綾波は繋がりを求めて。僕はたまらなくこわくて嫌だった」

ヒカリ「……うん」

シンジ「パイロットとしての価値しかないって思うとむなしくてさ」

ヒカリ「でも、みんな感謝してるよ」

シンジ「それでも、僕が望んだわけじゃなかったから。でも、今は違うんだ。自分の意志で乗ってる。パイロットとしての価値しかなくてもそれでいいんだ」

ヒカリ「……どうして?」

シンジ「みんなが、それぞれ違うみんながいるのが当たり前だから」



続きを読む

シンジ「僕が?」【中編】

シンジ「僕が?」【前編】

シンジ「僕が?」【中編】

シンジ「僕が?」【後編】



SS速報R:シンジ「僕が?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1487335262/



273: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/21(火) 23:58:01.02 ID:edjWwc+q0

- 帰宅中 -

アスカ「シンジとなに話してたの?」

ヒカリ「そ、その。碇くんにアスカのことどう思ってるかって………」

アスカ「――っ! そ、それで⁉︎」

ヒカリ「あの、アスカのこと、守るって言ってたよ…………」

アスカ「ほんとっ⁉︎」

ヒカリ「うん…………(言えないよぉ)」

アスカ「まぁ、そーよね! あったりまえじゃない!」

ヒカリ「(少女漫画が現実に起こると昼ドラと大差ないだなんて……)」

アスカ「他には⁉︎ なにか言ってた⁉︎」

ヒカリ「えーと、そのぉ、うーんと、アスカのことちゃんと考えてるって」

アスカ「え⁉︎ ……それって……」

ヒカリ「(う、嘘は言ってないよね。今はって言ってたし)」

アスカ「こ、告白じゃない……」

ヒカリ「――え、えぇ⁉︎」

アスカ「そっか。シンジもちゃんと……あぁ、私ってバカね。なにを焦ってたんだろ。シンジも同じ気持ちなのに」

ヒカリ「――え、ちょ、ちょ、あす」

アスカ「ヒカリッ! ありがと! やっぱ私たち親友ね!」

ヒカリ「(ど、どどどうしよ~~⁉︎)」



続きを読む

シンジ「僕が?」【前編】

シンジ「僕が?」【前編】

シンジ「僕が?」【中編】

シンジ「僕が?」【後編】



SS速報R:シンジ「僕が?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1487335262/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/17(金) 21:41:02.65 ID:B8hDc9Jn0

SS速報よりRに立て直し

はじめに

・新世紀エヴァンゲリヲンのTVアニメ版沿いに進行していきます。
尚、旧劇場版、新劇場版、鋼鉄のガールフレンド、2ndインプレッションの要素が含まれる場合があります。

・このスレはエロやグロ主体ではありません。
しかしながら、それらの要素が含まれる「かも」しれないのでこちらに立て直すことに致しました。

・展開に関するレスは配慮していただくと助かります。SS初心者なので反応はなんでも嬉しいです。

・アスカは旧です。ヤンデレ化。
特定の機関、人物に対してのアンチはないつもりですが、それでもいいと思う方のみ暇つぶしにお読みください。




続きを読む

シンジ「このクズ」アスカ「はぁ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 02:19:22.41 ID:D5VC2FnP0

アスカ「あんた、もっかい言ってみなさいよ?」

シンジ「え・・・?このクズ捨てようと思って」

アスカ「もう!紛らわしい言い方しないでよ!私の事かと思ったじゃない!」

シンジ「なんだ、自覚あるんだ?」



続きを読む

マリ「わんこ君、これ食べる?」

1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/11/30(金) 19:01:54.36 ID:/yCmPcNLP

マリ「別に美味しくないと思うけど」

シンジ「……いりません」

マリ「そ? なら、私たべよーっと」


シンジ「……あの」

マリ「ん?」モグモグ

シンジ「あの、マリ、さんは」

マリ「ごくんっ……マリでいーよ」


シンジ「えっと……」

マリ「敬語もダメって言ったでしょー?」

シンジ「う、うん、ごめん」



続きを読む

ゲンドウ「久しぶりだなシンジ」シンジ「うん。もう帰っていい?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 00:18:17.27 ID:uJqAa5IJ0

ゲンドウ「え…エヴァに乗れ…でなければ帰れ!」

シンジ「だから帰るって」

ミサト「の…乗りなさい」

シンジ「なんで?」

ミサト「逃げちゃダメよお父さんから何より自分から」

シンジ「逃げたのは父さんでしょ?」

ゲンドウ「ふ…冬月ィ!大至急レイを呼べぇ!」

ガラガラ ドーン

レイ「あうっ!」

シンジ「ここにいたら危ないからマジ帰るわ。お疲れ」

ゲンドウ「シンジーッ!!」



続きを読む

アスカ「クリスマスパーティーよ♪」シンジ「死んでよ……アスカ」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 23:28:08.44 ID:6qkimb7a0

アスカ「そうえば、もうすぐクリスマスよね」

ミサト「あら、らしくないこと言うじゃない」

アスカ「日本のクリスマスってどんな感じなのかしら」

アスカ「ドイツだとお店がいっぱい出てシュトレンの臭いとか」

アスカ「とってもロマンチックなのよ!で、日本はどうなの?」

ミサト「そうねぇ、なにもないかな。特に」

アスカ「はぁあ!?」



続きを読む

アスカ「チルドレン七人は多すぎよ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 19:27:02.62 ID:JYtEB9IL0

ミサト「またですか!?」

ゲンドウ「そうだ。彼が新しいエヴァのパイロットだ」

ケンスケ「どうもっす!!」キラキラ

ミサト「困ります!いくらなんでも多すぎます!!」

ゲンドウ「説明は以上だ。後は頼んだぞ。葛城一尉」

ミサト「ですが……司令!!」



続きを読む

ミサト「あ~ら、クリスマスイヴだってのに家で過ごすの?二人共」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 23:06:03.55 ID:p1rj3uSH0

シンジ「…」
アスカ「…」

ミサト「それともー……フフ、こりゃ邪魔したわねえ」

シンジ「なっ」
アスカ「ハァ?」

ミサト「冗談よ♪」

シンジ「というか、ミサトさんこそ、人のこと言えないですよ」

ミサト「あら~、私はこれからちっと御用があるのよ?」

シンジ「な」
アスカ「な、なんですってええ!?」

ミサト「じゃ、シンちゃん洗濯物お願いねーっ 行ってきまーす!!」バタン



シンジ「…」

アスカ「…」     こんな感じで頼む



続きを読む

シンジ「僕と綾波とアスカで遊園地ですか?」

1: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 2012/11/29(木) 19:26:58.47 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「こっちとしても早くはっきりして欲しいというか」

シンジ「はっきり、ですか?」

ミサト「あ、べ、別にそれで賭けをしてる訳じゃないのよ? 流石にそんなこと、ねぇ」

シンジ「はぁ」


シンジ「遊園地、かぁ」

ミサト「行ったことはある……のよね?」

シンジ「はい。まぁ、一応」

ミサト「……レイは多分、行くの初めてだと思うから」

シンジ「そうなんですか?」

ミサト「ちゃんとエスコートしてあげるのよ」

シンジ「やれるだけやってみます」



続きを読む

レイ「碇君にぶたれた・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 23:02:48.59 ID:PkKnBXoj0

シンジ「綾波はエヴァに乗るのが怖くないの?」

レイ「あなたは怖いの」

シンジ「うん・・・」

レイ「信じられないの、お父さんの仕事が」

シンジ「信じられるわけないよ!あんな父親なんて・・・!」

レイ「・・・」ズイッ

シンジ「あ・・・」ビクッ

パァン!

シンジ「!・・・」

シンジ「・・・な」

シンジ「何するんだよ!!!」


バチィン!!


レイ「!?・・・!?」



続きを読む

カヲル「シンジ君、エロ本持ってない?」シンジ「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 01:29:57.29 ID:Cu36pQyV0

カヲル「持ってるんだろう、貸して欲しいんだ」

シンジ「ぼ、僕のはいたってノーマルだから、カヲル君に合うのはないと思うよ」

カヲル「僕だっていたってノーマルだよ」

シンジ「いや、だって、ほら、こんなの、巨乳とか女の人のものしか・・」

カヲル「巨乳 ! たまらないね!」



続きを読む

ケンスケ「式波と碇がキスしてるのを見たぞ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 15:56:09.80 ID:76AvQhaB0

トウジ『ほ、ほんまか!?』ヒソヒソ

ケンスケ『マジだよマジ!この目でしっかり見たんだよ!!』ヒソヒソ

トウジ『で、映像は?』ヒソヒソ

ケンスケ「え?」

トウジ「あん?」

ケンスケ「撮ってないよ、カメラが手元になかったんだ」

トウジ「意味無いやんけ!」ガックゥ



続きを読む

シンジ「行くぜ!エヴァン!ゲリオォーンッ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 20:27:40.60 ID:Exl52K0Q0

第四使途襲来、初号機格納庫

シンジ「……」

ミサト「さ、シンジ君……」

ゲンドウ「シンジ、それに乗れ」

シンジ「……」

ゲンドウ「どうした。乗るなら早くしろ、でなければ帰」

シンジ「コックピットは何処だ?」

ゲンドウ「は?」

シンジ「コックピットはどこだって聞いてんだよ糞親父!!」ダンッ

ミサト「し、シンジ君!?お父さんに向かって何て」

シンジ「化けモンが来てる時に悠長に親子対面してる場合かってんだよ!!とっとと俺をこいつに乗せやがれ!!」

ゲンドウ「…………」



続きを読む

綾波「碇司令。携帯電話を買ってください」

7: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) 2012/11/27(火) 18:42:03.49 ID:3n4jki2OP

ゲンドウ「……断る」

綾波「……分かりました」









冬月「待ちなさい、レイ。……碇、お前もだ」



続きを読む

シンジ「マヤさん…マヤさん…」シコシコ ミサト「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 22:45:51.09 ID:oeFqh7dt0

ミサト「……」

シンジ「ああマヤさん…マヤさん…ハァハァ」シコシコ

ミサト「……」

シンジ「いつまで見てるんですか?」シコシコ

ミサト「!?」



続きを読む

アスカ「ちょっとミサト!何なのよあの鈴原って子は!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 15:35:57.91 ID:aEpnT1pz0

サクラ「碇さん、お食事の時間ですよ」

シンジ「あ、はい…」

サクラ「じゃ、あーんして下さい」

シンジ「あ、いや、じ、自分で食べられますから…」

サクラ「そない遠慮せんでもええんですよ?これも医官の仕事なんですから」

シンジ「は、はい…」

サクラ「それと私の方が年下なんやから敬語も使わんといて下さいよ。なんやくすぐったいわ」

シンジ「いや、でも…確かに年下と言えば年下だけど…。…わかりました。あ、いや、わかったよ…」

サクラ「じゃ、お口開けてください。あーん」

シンジ「…」アーン

ーーーーーーーーーーーーー

アスカ「ぐぬぬぬぬ…」フーッフーッ



続きを読む

ミサト「アスカとシンちゃんを全力でくっつけてみた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 10:53:49.86 ID:Dbon30EU0

ゲンドウ「入れ」

ミサト「お呼びでしょうか碇司令」カツカツ

ゲンドウ「…」

冬月「葛城三佐」

ミサト「はっ」

冬月「…君にはチルドレンの監督保護を任せているが、様子はどうだね?」

ミサト「はい、現在のところ目立った問題は見られません。日常生活は順調。定期的なシンクロテスト、メディカルチェックにも異常は無く…」


ゲンドウ「くっつけろ」


ミサト「……………………は?」


冬月「あの二人を、恋仲にしたまえ」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 鷺沢文香 紺碧の境界Ver. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥10,620から
(2017/2/17 00:05時点)