ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


月詠小萌

インデックス「この向日葵を、あなたに」

SS速報VIP:インデックス「この向日葵を、あなたに」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375930011/



1: 田中(ドワーフ) ◆7fp32j77iU 2013/08/08(木) 11:46:51.41 ID:q8CRr7Mk0

※注意
この物語はとある魔術の禁書目録のSS、上条×インデックスです
内容はほのぼの+ちょいオカルトっぽくなる予定です。うん多分、なるといいですよね

ちなみに>>1は「インデックス嫌いのヘイト野郎」と罵られていますので、その分覚悟して読んで下さい

ともあれ最後までお付き合い頂ければ幸いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375930011




続きを読む

上条「小萌先生がクビ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/05(金) 18:35:50.17 ID:hiL45C0iO

~会議室~

副校長「さて、次のクラス品評会についてなんだが……教頭、グラフを」

教頭「スクリーンをご覧ください。クラス別に今までの成績や罰則数を棒グラフで表示したものです」

副校長「これを見れば分かるが……月詠先生」

小萌「ひゃい!?」

副校長「貴女のクラスはどうなっているんだこの数値は!」

小萌「そんな!!あの子たちは少しやんちゃなだけで……その……」

副校長「由々しき事態だ!ノルマを課そう。罰則はかまわない、次の定期試験で結果が出せなければ――」

~廊下~

「――君をあのクラスから解任する!このことは生徒に言ってはならんぞ……」

「そんなっ……!!」

吹寄(なんですって!?)

姫神(これはマズい)




続きを読む

上条「小萌先生が旅行!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/25(土) 16:54:33.25 ID:IqIz2suq0

~朝のHR~

キーンコーンカーンコーン

ガラガラ



吹寄「きりーっ……づぶふぅ!!?」



ゴリラ顔「……」

ゴリラ顔「……今日からしばらく月詠先生に変わって担任をする災誤だ。みんなよろしく」



上条「な……」

土御門「」

姫神「」

青髪「     ぴぃぃ     」バタリ



上条(なんだってー!?)




続きを読む

インデックス「友達がほしいんだよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 23:52:25.69 ID:GAqRDJ1/0

上条「友達ぃ?」

インデックス「うんっ! ひょうかとはあんまり会えないし、あいさは学校に行ってる時は会えないし……、とーまが学校に行ってる間遊んでくれる友達が欲しいんだよ」

上条「うぅん…」

上条「(とは言ってもですねインデックスさん? ここは天下の学園都市。昼間は皆様学業に励んでいるのでせうよ!)」

上条「(だけどインデックスが食べ物のこと以外でお願いしてくることなんて滅多にないしなぁ……。ここは叶えてあげたい)」

上条「(お! >>3なら昼間も暇じゃねーか!)」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 23:53:04.13 ID:qKOgEM+h0

小萌



続きを読む

上条「まずはその幻想をぶち殺す!!」ステイル「え?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/09(水) 23:18:33 ID:KEgwZdz6

ステイル「幻想をぶち殺すって…」

神裂「げ、幻想を…?」

ステイル「そ、その幻想を…?www」

神裂「ぶち殺すwwwww」

ステイル「ちょ、wwwwwやめろ神裂wwwww今はそんな場面じゃないだろうwwwww」

神裂「ス、ステイルこそwwwwwノラせないで下さいwwwww」

上条「うおおおおおお!!!!」

神裂「ほら!!上条当麻も頑張ってるじゃないですか!!」

ステイル「幻想をぶち殺す為にかい?wwwww」



続きを読む

上条「うおおおおお!L・O・V・E・あ・ず・さ!」

SS速報VIP:上条「うおおおおお!L・O・V・E・あ・ず・さ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1381549503/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 12:45:03.39 ID:wpYJXG4i0

禁書目録「とうまー」

上条「ん?どうした?」

禁書目録「それはこっちのセリフなんだよ、どうしたのハチマキと学ランなんて着て、旗まで持っちゃって」

上条「今から竜宮小町のライブなんだよ」

禁書目録「竜宮……?なにそれ?」

上条「ハッ、知らねぇなんてお前もまだ餓鬼だな」

禁書目録「むっ!それは失礼かも!」

上条「よし、チケットも持ったし行ってきまーす」

禁書目録「あ、私も行きたいんだよ!」

上条「お前は小萌先生のところにでも行っててくれ、じゃあな」

禁書目録「むー!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381549503




続きを読む

上条「キミハダレ?」 美琴「私は、ア、アンタの恋人よ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/11(金) 21:14:38.58 ID:XMcbRgVq0

ロシアでも行間ヒロインだったビリビリが、
その後の世界ではがんばっちゃうはなし。

※ネタバレ注意!!

時系列は10月30日以降の世界なので
それ以前の原作のネタが結構出てきます。

※登場人物

ビリビリ →暴走レールガン
上条 →ガチで無能力
黒子 →平常運転
初春 →黒春
吹寄 →でこ
御坂妹 →安心のVIPPER
打ち止め →ひざカックン
ステイル君14歳 →ビリビリが天敵
小萌 →大人の先生

こんな設定の人物が出てくる予定。



続きを読む

禁書「とうま、それくさい」上条「ん?納豆のことか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 11:08:30.03 ID:UcrA65US0

禁書「それがNATTO・・・」

上条「ごはんにかけて食べるんだ、うまいぞぉー」グチャグチャ

禁書「くさい!!ものすごくくさいんだよ!!」

上条「まぁイギリス人にとっちゃそうかもなー」グチャグチャ

禁書「とうま、それ捨ててきて」

上条「はぁ?お前何言ってんだよ!!食べ物を粗末になんてできるわけねえだろうが!!」

禁書「じゃあベランダで食べてきて」

上条「何が悲しくてベランダで朝食とらねーといけねーんだよ・・・」

禁書「だってくさいんだもん!」

上条「そうは言うがなぁ・・・」



続きを読む

禁書目録「とうまー、ごはんつくったんだよ!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/06(水) 11:09:25.32 ID:P4op8jaH0

上条「おーい、インデックス。飯の準備手伝ってくれー」

禁書「今テレビがいいところだからそれは無理なんだよ!」

上条「お前昨日もそんなこと言ってたじゃないか……
    たまには手伝ってくれても罰は当たらないと思うぜ……」

禁書「もう!しょうがないんだから!」

禁書「で、私は何をすればいいのかな」

上条「あー、じゃあそこのホウレンソウを適当に切って器に盛ってくれ」



続きを読む

上条「幸福だあああああ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 22:43:20.24 ID:2NrelwobO

上条「さて、今日は安売りの肉も買えたし夕食は久々の焼肉だ!」

上条「インデックスの奴喜ぶだろうな。・・・ん?」

上条「紙切れ?いや、これは宝くじ」

上条「誰かの落とし物か?とりあえず拾っとくか」



続きを読む

一方通行「君の瞳にラストオーダー」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 12:42:14.79 ID:Hjx3QvrhO

黒子「今日皆さんにお集まり頂いたのは他でもありませんの。笑いを堪えてもらうためですの」

美琴「……ちょっと黒子、どういうつもり?」

黒子「質問は受け付けません。この線を越えたら笑うことは許されません」

上条「聞いてねぇよ……」

佐天「白井さん?初春に面白いものを見せてくれるって言われたんだけど」

白井「面白いかは人それぞれです。ではそろそろ参りましょう」

一方通行「ンな話聞いてねェぞ!!俺は帰るっ!!」

ガシ

一方通行「(えっ……反射……)」

黒子「行きますわよ!!」



【絶対に笑ってはいけないホテリアー24時】



続きを読む

上条「誰か御坂と恋人になってくんねーかな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/15(火) 17:50:16.02 ID:ZW7YODwK0


上条「はぁ~、今日も御坂に追いかけられて特売逃した。
   ウチには穀潰しもいるし、正直こう何度も続くとキツいんだよなぁ」

上条「おそらくアイツは俺に勝てないから何度も挑んでくる訳で……じゃあ一度わざと電撃受けて負ければいいのか?」

上条「鉄橋でのあの一件もあるし、さすがに死ぬレベルのは撃ってないだろう。
   ビリビリは嫌だけど、上条家の食卓を救うためには仕方ない……。
   けどそれであの時みたいに泣かれても困るしなぁ……どうしたものか……」

上条「ん? あれは……」



リア充(男)「ほら、寒いだろ? 手出せよ」

リア充(女)「うんっ!」ギュ

リア男「おいおい、さすがにこれは歩きにくいって」ヘラヘラ

リア女「手握るより腕組んだ方が暖かいもん♪」

イチャイチャ……



続きを読む

上条「小萌先生の家にお泊まり補習だと…?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/16(土) 16:16:38.72 ID:BTXQmWfZ0

小萌「はい!一緒にがんばりましょうね、上条ちゃん!」

上条「いや、でも泊まりって……」

小萌「上条ちゃん……自分の置かれている状況が分からないです?」

上条「え、状況って……?」

小萌「実は、普段の成績の悪さに加えて、出席日数、さらに補習までサボっちゃうので」

小萌「上条ちゃんの立場はすごぉーく悪いのですよ?」

上条ちゃん「ええ!?で、でも確かに身に覚えが……」

小萌「というわけで、これから一週間上条ちゃんが毎日登校して」

小萌「最終日のテストで全教科90点以上を取れば」

小萌「なんとか留年は保留にしてもらえるよう先生がんばったので」

小萌「上条ちゃんにも頑張って欲しいのです」

上条「小萌先生……わかりました!俺がんばります!」



続きを読む

上条「インデックス、何で目玉焼きにソースなんかかけてるんだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/05(土) 20:53:06.97 ID:B3oT6wpU0

午前7時 上条宅


上条「インデックス、何で目玉焼きにソースなんかかけてるんだ?」

インデックス「何を言ってるのかな、とーま?」

上条「目玉焼きには普通醤油だろうが!」

インデックス「とーまはおかしいんだよ!普通はソースに決まってるんだよ!」

上条「醤油だろ!」

インデックス「ソースなんだよ!」

上条「醤油!」

インデックス「ソース!」

上条「醤油!」

インデックス「ソース!」

上条「まさか、魔術師の仕業!?・・・・・・いいぜ、お前がいつまでもソースだと言い張るのなら、まずはそのふざけた幻想をぶちこ」

インデックス「そう都合よく魔術師が現れるはずがないんだよ、とーま」



続きを読む

上条「へぇ、留学生が来るのか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/05(金) 20:34:35.54 ID:+H8mChYW0

上条「留学生か。珍しいな」

土御門「なんか学園都市と外部教育機関との交換留学生制度らしいぜよー」

土御門「当初は常盤台とか長天上機学園高レベルな学校が行うモンだったらしいにゃ」

青ピ「楽しみやわー。女の子? 男の子?」

土御門「ま、そんな所に学生に成りすました企業スパイなんかが入り込んだら大問題ぜよ」

上条「だからウチみてーな低レベルな高校にか。理由はともかく楽しみだな」

土御門「そうだにゃー」



続きを読む

上条「そうだ、パイパンにしよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 00:23:37.58 ID:95/KvYFS0

上条「石鹸泡立てて……」チョリチョリチョリ



続きを読む

インデックス「右手の力が本当なら、この歩く教会を壊してみせなよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 18:50:38.68 ID:vyKHgp9X0

上条「いいぜ! やってやるよ! っらぁ!」 ドカッ!

インデックス「うぐっ!?」 ガクッ

インデックス「う、ぐ……う……っ」 ぱさっ

上条「うわっ! 服がばらばらに! み、見てません! 見てませんよ!」 あたふた

インデックス「うえっ! おえぇ!」 ゴボッ ビチャッ

上条「あ、さっき食わせた焼きそばパン」

インデックス「おえっ。うえぇ……」 ビチャッ ビチャッ

上条「えっと拭く物を……この服だった布、使わせてもらうぞ」 フキフキ

インデックス「げほっ。げほっ。っ……な、何で……?」

上条「何でって、何が?」

インデックス「何でおなっ、げほっ。お腹、殴ったの?」

上条「え? だって、お前が壊してみろって……」

インデックス「触るだけで……ぐ……よかったんじゃ……」

上条「ああ、まあ。ちょうどいい位置にあったから、つい」

インデックス「うぅ……」



続きを読む

上条「こ、米しかない…」 ※別の作者様

上条「こ、米しかない…」とは違う作者様の作品です



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/05(金) 21:36:16.06 ID:ODRM3D+M0

代理でたてたつもりがすでに別にたってた
困ったもんだ

こうなったら書くか

上条「…まぁ、ちくわしか持ってなかった頃よりはマシか」

インデックス「どうしたのとーま?ごはんはまだかな?」

上条「…すまんインデックス、ちょっと待っててくれ」

インデックス「早くするんだよ!」

上条「もしもし、小萌先生ですか」



続きを読む

美琴「んふふ。もっかい罰ゲームなんだからねー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/31(水) 09:47:26.63 ID:ubDUnQtm0


「……どォして普通のほのぼのな美琴スレがねェンだ?」

「い、いきなりどうしたの? ってミサカはミサカはあなたの言動に不安を抱いてみたり」

「きっと、もう短髪の需要なんてないんだよ!」



続きを読む

上条「……やっちまった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/28(日) 18:25:50.16 ID:qlkelcJE0

禁書「……」

上条「こんなはずじゃ…なかったのに…」

上条「一体どこで間違えたんだ…」

上条「俺はただ…」

上条「ただ、オナニーしてただけなのに…」

上条「あろうことか、インデックスが寝てるすきに…」

上条「ぶっかけちまうとは……!」

禁書「……zz」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 [サマーマドモアゼル] 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

新品価格
¥11,000から
(2018/5/21 01:42時点)