ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


朝倉涼子

【涼宮ハルヒの憂鬱】長門「ローキックが止まらない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/02(日) 20:08:10.60 ID:1VCSTrHs0


キョン「長門、朝倉。入るぞ?」

ガチャ

朝倉「ああっキョン君、助けて!」

キョン「・・・すぐ来てくれって言うからには何かあったとは思ったが」

ズビシッ ズバシッ

キョン「・・・説明を頼む」

朝倉「な、長門さんが・・・」


長門「ローキックが止まらない」




続きを読む

ハルヒ「有希印のミルクはいらんかねー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:16:39.68 ID:eD0IIdFF0

ハルヒ「いらんかねー」ガラガラ

キョン「おい何だこれは」

ハルヒ「有希のミルクよ、一本300円」

キョン「えっ、長門の・・・?」チャリン

ハルヒ「まいどありー」

キョン「んく・・・んくっ・・・ぷはーまろやか!」

キョン「って違う!まず長門のミルクって何だよ!」

ハルヒ「それは昨日の夜、私が雪印のメグミルクを飲んでいるときだった」

ホワホワホワー



続きを読む

佐々木「あれはキョン……と、橘さん?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/04(土) 18:46:00.16 ID:cqg8tc9i0

キョン「……、……?」

橘「……! ……」

ワイワイ

佐々木「ふむ、珍しい組み合わせだね」

佐々木「しかし両人とも楽しそうだ。くっくっく、まるで恋人のように……」

佐々木(……えっ?)

佐々木(い、いやあのキョンに限ってまさかそんなことはないだろう)

キョン橘「」ピタッ

佐々木(彼の朴念仁っぷりには手を焼かされたし、今もそうだ)

キョン橘「」キョロキョロ

佐々木(だからきっと彼らの話題は事務的な、そう恐らく涼宮さんに関わる―――)

キョン橘「」チュッ

佐々木「」

佐々木「」

佐々木「あばばばばばばばば」



続きを読む

キョン「開けてくれよ朝倉!」朝倉「いやよ!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/18(月) 17:47:24.67 ID:bCqU0CDB0

ドンドン

キョン「朝倉」

朝倉「帰ってってば」

キョン「なんでだ!なんで俺を拒む!」

朝倉「そんなの持ってりゃ誰だって拒むわよ!」


朝倉「なんでバニーの服なんか着なけりゃならないのよ!」



続きを読む

キョン「最近ハルヒが戦国武将にはまってるらしい」朝倉「へえ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 20:23:29.96 ID:wil44zV10

朝倉「どういう風の吹き回しかしら」

キョン「どうやら日本史の勉強のついででこれを買ったところ、やけにはまったらしい」

朝倉「信長の野望…………………?」

キョン「歴史好きなら誰もが知ってる有名ゲームだぞ」

朝倉「へえそうなんだ、私歴史とか興味ないのよね」



続きを読む

キョン「なんで俺の家にいるんだ」朝倉「仕方ないじゃない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/08(金) 01:53:33.13 ID:oy2HykK80

キョン「帰れ!俺が誤解されるから帰れ!」グイッ

朝倉「ちょ!ちょっと待ってってば!これには深いわけがあるのよ!」

キョン「・・・・・・なんだよ深いわけって」ピタッ

朝倉「(食いついた・・・・)実はね・・・」



続きを読む

キョン「すまない、長門。これは返すよ」  長門「そう……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 00:10:57.55 ID:iyYTjYdD0

声まで震わせて、長門は睫毛で目の表情を隠す。

「だがな」俺は大急ぎで言った。

「実を言うと俺は最初からこの部屋の住人だったんだ。わざわざ文芸部に入部するまでもないんだ。なぜなら----、」



続きを読む

朝倉「キョン君はここが弱いのかな~?」キョン「う…あああ…」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:29:16.80 ID:1qtpAPl20

長門「…何してるの」

朝倉「あ、長門さん。ちょっとこのへんた…キョン君の耳かきを」

キョン「そ、そこだ…もっとやってくれ涼子…」ハアハア

朝倉「涼子って呼ぶな!あといちいちあえがないで!」



続きを読む

ハルヒ「ごきげんよう・・・・」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/28(日) 14:54:16.92 ID:q/rgvqVLO

ハルヒ「この中に宇宙人未来人異世界人超能力者はいらっしゃるかしら? いるのならわたくしの所にいらっしゃいなさいな」

振り向いておどろいた。
金髪、縦ロール、フリフリのレースが付いた特注と思われる制服。


物凄いお嬢様がそこにいた。



続きを読む

キョン「長門と朝倉が取っ組み合の喧嘩?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/22(日) 21:52:35.84 ID:5+k8MCg0O

長門「っ!っ!」ガッガッ

朝倉「ひ、ぎぃっ!!」

キョン「お、おい長門やめろ!パウンドなんて女の子がするもんじゃない!」

長門「離……せ…っ!」グィグィ

キョン「朝倉大丈夫か!?長門は抑えてるから早く離れ」

朝倉「こ……の……ドチビビチ糞ビッチィ!」

長門「ころす……完璧にころす……」

キョン「ひ、ひぃ……!」





続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】佐々木「僕は僕さ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/11(水) 22:12:41.04 ID:RZ103HqCP

「面白くない」

病室のベッドでぼそりとつぶやくが、
返ってくるのは窓外でさえずる小鳥の声だけだ。

その言葉が一人でいる時の僕の口癖になってしまったのはおよそ二年前、
光陽園女子に入学してからのことだ。

元々男性と会話するほうが気楽さを感じる僕にとって女子校は
内心的敵地といっても過言ではなかった。

もちろん、表には出さないんだけれどね。

けれどもまじっか感情をごまかすのが得意なのが災いしてしまい、
ストレスを溜め続け、ついに先日倒れてしまった。

それは立派な胃潰瘍だと担当医に言われた。
普通ならばここまで悪化する前に倒れるそうだが、僕の痛覚は鈍感らしい。




続きを読む

朝倉「キョン君!キョン君!キョン君!キョン君!」キョン「・・・」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 13:28:45.15 ID:O15vRk7DO

朝倉「キョン君ってば!」
キョン「……お? 朝倉か、おはよう」

朝倉「あ……。お、おはよう」

キョン「何か、朝倉がこんな時間に登校なんて、イメージに合わないな」

朝倉「そ、そうなのよ。ちょっと、遅めに家を出てね」

キョン「そうか」



続きを読む

キョン「俺は朝倉が好きだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 22:02:59.35 ID:OvI6VT4f0


「キョン、キスして」

ハルヒが言う。
ああ、こりゃ夢だな。

どうして俺もこう現実味のない夢を見るのかね。

俺はなぜか身動きが取れないらしいので、仕方なく視線を彷徨わせた。

その先に一人の女子生徒を見た。
見覚えがある青い髪が揺れていた。

あれは―――?


もっとよく見たい。俺が動こうとすると、ベッドから落ちた。

衝撃がじわじわ体に伝わり、意識が醒めていく。

まったく。良くわからない夢だったな。




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】古泉「それにつけても」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/14(水) 23:45:52.48 ID:jongqAto0

古泉「セックスしたいですよね」

キョン「そうだな」

古泉「女性器に男性器を入れる。たったこれだけの事なのですが」

キョン「その『たった』が難しいんだよな」

古泉「全く、困ったものです」

キョン「やれやれだな」



続きを読む

朝倉「眉毛剃ろうかしら…」ハルヒ「だ、駄目よ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/26(月) 15:32:39.60 ID:1TuaJIpM0

朝倉「え?な、なに?」

ハルヒ「…あなた自分が何言ってるのか分かってるの?」

朝倉「だから、眉毛剃ろうかな、って」

ハルヒ「バカっ!」ペチン

朝倉「いてぇ!」

ハルヒ「何でそんなこと言うのよ!」

朝倉「え?え?え!?」

ハルヒ「もう知らないっ!!」ダッ

クラスメート「…」

朝倉「もう、なんだっていうのよ…」



続きを読む

キョン「ハルヒ、エンドレスエイトって知ってるか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/14(木) 20:33:51.74 ID:BTiNc23Q0

古み「!?」

ハルヒ「エンドレスエイト?」

キョン「ああ、去年の夏に起こった大事件だ」

ハルヒ「しらないわ、どんな事件よ」

キョン「実は去年の夏休みは15000回以上ループしていたらしい…」




続きを読む

キョン「お前、誰だ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/02/14(土) 22:24:33.23 ID:vDzpVXCF0


携帯電話が鳴った。

どうやら意識を失っていたらしかった俺は、その振動で目を覚ました。
あたりを見回すとそこは見慣れたにも程がある自分の部屋で、俺はベッドの上に居た。
時計の針は午後5時40分を指している。

はて。
俺はどうしてベッドの上なんかに居るのだろう。
携帯電話はまだ手の中で震えていた。
画面の名前を確かめてみると、そこに表示されていたのは俺の知らない名前だった。



『古泉一樹』




続きを読む

涼宮ハルヒの逃走in横浜駅

SS速報VIP:涼宮ハルヒの逃走in横浜駅
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1357958004/



1: ◆Eagmb/zb5ubV 2013/01/12(土) 11:33:24.80 ID:QNE80GbG0

京急2番線ホーム

キョン「…これは何をしようとしているんだ?」

古泉「オープニングゲームです」

キョン「そうじゃなくて」

ハルヒ「あっちに6両の普通品川行きが停まってるでしょ?」

ハルヒ「車掌室に人数分の紐があるから、1本ずつ引いていくの」

ハルヒ「ハズレの紐を引くとドアが開いてハンター放出、ゲームスタート」

キョン「いや、だから」

朝倉「スタートラインはホーム最後尾だけど、引いた人は車掌室スタートだから確実に捕まる」

キョン「長門、説明頼む」

長門「紐を引く順番は抽選で決まっている。最初は涼宮ハr」

キョン「そういう説明はいらないんだが」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1357958004




続きを読む

朝倉「その…皮…」キョン「やっぱりか」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 11:35:54.34 ID:RMswcRGV0

キョン「だと思って買っておいた」

長門「これで包める」

喜緑「餡はもう出来てます。変り種も作りましょうか?」

キョン「趣向は好きですが、食えないのは勘弁ですね」

長門「ワサビ」

キョン「言った側からその提案はひょっとして俺の事嫌いだな長門」

長門「ユニーク」

喜緑「チーズとか入れてみましょうか」

朝倉「あっ、ちょっと美味しそうねソレ」

キョン「そういう楽しみ方をしましょう」

みくる「あのぉ~……」

キョン「ん? どうしました朝比奈さん」

みくる「そのぉ……、自分で包むんですか……?」

キョン「えぇ。そのつもりですが」



続きを読む

キョン「どっかに従姉の朝倉いねえかなあ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 20:48:25.30 ID:9KjwMnWr0

古泉「いきなりどうしたんですか、気でも狂ったんですか?」

キョン「従姉の朝倉だよ、従姉の朝倉。欲しいと思わんか?」

古泉「朝倉さんは分かりますけど…従姉というのは?」

キョン「バッカ、お前朝倉だけじゃただのキチガイじゃねーか勘弁してくれよ」

古泉「それはシュチュエーションに萌えてるだけでは?」

キョン「否定はせんが、ただの"メイド"より"住み込みのメイド"の方がグッと来るだろ?」

古泉「んふっ、確かに。しかし姉では駄目なんですか?」

キョン「姉、ねえ。…悪くはないが少々近すぎるというか背徳的すぎるというか刺激が強すぎる」

キョン「そういう意味では従姉という関係は背徳と青春のバランスが最も優れていると俺は思う」

古泉「なるほど…」

長門「…………」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 [サマーマドモアゼル] 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

新品価格
¥11,000から
(2018/5/21 01:42時点)