ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


木山春生

【とある魔術の禁書目録】黒子「私とお姉さまの愛のクッキングですの!」美琴「愛は余計よ!」

SS速報VIP:黒子「私とお姉さまの愛のクッキングですの!」美琴「愛は余計よ!」



1: トマト 2011/07/21(木) 01:05:10.52 ID:04kTPfwAO

前スレ

テッラ「たまには自分でパンを作ってみますかねー」
http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/1310994153/l20


滝壺「お菓子を作ろう」絹旗「おー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/1311058588/l20


ケータイのURLしか貼れないのでPC用のURLは誰か優しい人、お願いします。

今回はタイトルの通り美琴&黒子です。

それでは始まります。



続きを読む

【とある魔術の禁書目録】初春「木山先生が木山先生可愛いの刑に処されることになりました」

SS速報VIP:初春「木山先生が木山先生可愛いの刑に処されることになりました」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 20:27:01.91 ID:OM3HbVl3o


御坂「…何?木山先生可愛いの刑って」

初春「そのままですよ、木山先生をよってたかって可愛いがるんです」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377430021




続きを読む

【とある魔術の禁書目録】佐天「エロくなる脳内麻薬を分泌させる能力かぁ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/20(土) 21:21:54.98 ID:/xXEoPxG0

木山「そうだ」

佐天「……あの、悪いんですけどもう少し細かい説明してくれますか?」

木山「そうだな、簡単に言えば特定の人間にサテルインを注入するわけだ」

佐天「さ、サテルイン?」

木山「便宜上、私が名付けた。君が発生させる脳内麻薬。それがサテルインだ」

佐天「はぁ……」

木山「サテルインはアドレナリンやエンドルフィンに似た性質持っており、これが脳内に注入されると性欲が高ぶるというわけだ」

佐天「性欲って……」

木山「それだけではない、性的感度も上がり、通常の性行為では味わえないほどの快楽をもたらすぞ。最悪の場合、痛みすら快楽に変わるだろう」

木山「数値上の値ではおおよそ三百倍。今はレベル1だがレベルが上がれば軽く撫でただけで失禁をするだろう」

佐天「……」ゴクリ

木山「今の所、女性にしか通じないらしいな。……むっ、すまないが早速効果が出たようだ」スルスルスル

佐天「え!?」

木山「見てみろ、私の下着がもう汁でべったりだ。」ネトー

佐天「……ほんとうだ……」



続きを読む

【とある魔術の禁書目録】佐天「初春ゲットだぜ!」

SS速報VIP:佐天「初春ゲットだぜ!」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(茨城県) 2011/10/06(木) 21:25:05.12 ID:WalnpHiS0

佐天「新しいカリキュラム?」

初春「はい。レベルを効率的に上げるために、学園都市で今日からスタートしたシステムみたいです」

初春「このボールで能力者を捕まえて、他の能力者トレーナーとバトルすることで急激なレベルアップが見込めるだとか・・・」

佐天「ふーん、このボールで?」ヒョイ

佐天「『能力者ボール』・・・能力者だけを捕まえる事のできるボール、か」

佐天「ふーん」

佐天「・・・」

佐天「えい!」ポン

【佐天は 能力者ボールを つかった!】

初春「!?」

【佐天は 初春を つかまえた!】

佐天「初春ゲットだぜ!」



続きを読む

【とある魔術の禁書目録】木山「上条君・・・、ゴミ箱を妊娠させる気かね」クンクン

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:57:59.64 ID:TAce7/990

上条「き、木山先生!」

木山「うーむ・・・いくら男子高校生が性的衝動に走る傾向があるとはいえ・・・」クンクン

上条「い、いやその・・・普通だと思うんですが・・・」

木山「そう言うがね、君。1日で箱ティッシュ1つ使い切るのは些か異常だよ」クンクン

上条「う・・・」

木山「ま、だからこそ研究対象として面白いのだが」クンクン

上条「せ、先生」

木山「なんだい?」クンクン

上条「いつまでゴミ箱の匂いを嗅いでいらっしゃるのでせうか・・・?」

木山「!///」パッ



続きを読む

佐天「時間を巻き戻す能力かあ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/07(木) 08:58:15.70 ID:6VGzXt3I0.net

※書きためです

とある公園――

佐天「んー、やっぱりこの店のクレープは美味しいね」モグモグ

初春「そうですねー」モグモグ

佐天「このクレープだけ食べる前の時間に戻ったらまた元通りになるかなー」

初春「そんな能力あったら面白いですね」モグモグ

佐天「あはは……んぐ!こほっ!」ケホケホ

初春「佐天さん、大丈夫ですか!慌てて食べるからですよー」ハンカチハンカチ

佐天「あははー、ゴメンゴメン(…あれ?戻って…る?)」フキフキ

佐天「ごめん初春!用事思い出した!先に帰るね!」ダッ

初春「え?ちょ、佐天さーん」

佐天「ごめーん。ハンカチあとで洗って返すからー」タッタッタッ



続きを読む

一方通行「一人殺せばレベル6になれるだと?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 21:26:12.37 ID:LTR0iApJ0

木山「ああ、そうさ。それよりも挨拶が遅れていたね。私は木山春生だ……以後よろしく」

一方通行「……説明しろ」

木山「順を追って説明するとだね、君のレベルを上げるために絶対能力進化実験というものが企画された」

木山「当初はツリーダイアグラムの算出によって、学園都市第三位のクローンを2万体殺せば君はレベル6へと進化出来るというプランだったのだが……」

木山「クローンを2万体作成するなど洒落にならないほどの経費が掛かるうえに、子供を大量に殺すなどとは私個人として気に喰わなかったからとりあえず頓挫させてきた」

一方通行「は?」

木山「で、頓挫させたらさせたで学園都市の上部から新しい企画を考えろと言われたもので……私なりに色々考えてみた」

一方通行「おい、頓挫させたってなンだ。何してくれてんだテメェ?」



続きを読む

上条「あれ・・・?不幸じゃなくなった?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 22:50:15.81 ID:n0bJ3ZV50

上条「くそ!補習が長引いちまった・・・」

上条「あーあ、この時間だともうタイムセールは終わってるな…」

上条「・・・ん?」

上条「新規開店?半額セールだと!?」

上条「珍しくついてるな」

タッタッタッタッ



続きを読む

木山「上条当麻君か。よろしく」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 22:42:09.21 ID:LALM626eP

上条「はぁ、よろしくお願いします」

木山「両腕骨折とは、なかなか出来る体験では無いよ」

木山「ゆっくり病院生活を楽しんでいくといい」

上条「遠慮しておきます!そういや、いつもはカエル先生なのになんかあったんですか?」

木山「ああ、私も普段は部屋に閉じこもって居るんだがね」

木山「常連で面白い患者が居ると聞いて、気分転換ついでにキミを任されたということだよ」

上条「く、患者なのにセラピーの道具かよ・・!不幸だー!」



続きを読む

佐天「フ○ラすれば30秒で射○させられる能力かぁ……」

1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/19(木) 21:36:39.68 ID:UwVBjye70

チュポッチュポッ……

商店街の路地裏に淫靡な音が響く

「うっ……!もう出……ッ」

ビュッ!!ビュルビュルビュル!!ビュー!!

佐天「ん……!~~~」ゴックン

「ごめん……もう出ちゃった」

佐天「凄い量ですね……晩御飯いらないかもw」

少女の言葉を聞いて、男の愚息は再びはち切れんばかりにいきり立った。

「佐天ちゃん……もう一回……」

佐天「だ~め♥次は早くても一週間後ですよ~。」

「うぅ……そんなの我慢できないって……」



続きを読む

初春「白」佐天「井」美琴「黒子ぉ!」黒子「ジャッジメントですの」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/21(金) 05:23:27.19 ID:0ys3T6Eo0

黒子「あ…」

美琴「また黒子の負けぇ☆」

初春「白井さん弱すぎますよ…」

佐天「じゃ、また白井さんは最後ですよ?」

美琴「せーのっ 白」

初春「井」

佐天「黒子ぉ!」

黒子「ジャッジメントですの」



続きを読む

佐天「いらっしゃーい」

関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/16(火) 23:34:17.66 ID:8iAx4sB90

ここは喫茶サテン。通称『サテンさんの喫茶店』
私、佐天涙子が一人で(たまに初春をこき使いつつ)経営する喫茶店だ
それほど広くない店内には珈琲豆を挽いたいい香りが漂いモダンな雰囲気が漂っている。
昔ながらの友人もよく顔を見せてくれる…ありがたい限りだ。

カランカラーン

佐天「いらっしゃーい」

木山「お邪魔するよ」

黒子「佐天さん、ごきげんようですの」



続きを読む

春上「一方通行は私が倒すの~」

SS速報VIP:春上「一方通行は私が倒すの~」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379232033/



1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/15(日) 17:00:34.05 ID:cw0VqlWj0

春上「知ってしまったの~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379232033




続きを読む

佐天「レベル5シミュレーター?」

SS速報VIP:佐天「レベル5シミュレーター?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1296703253/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/03(木) 12:20:53.59 ID:+XOmH4wE0

短編の予定です。

割り込んでの書き込みなんかも歓迎。



続きを読む

佐天「女子力レベルを★の数で表示する能力かぁ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 19:45:40.39 ID:eQc00gop0

初春「えーと…女子力ですか?」

佐天「うん、簡単に言うとどれだけ女の子らしいか表示する能力だよ」

初春「へぇ…星の数って言うと?」

佐天「えっと、説明めんどくさいから実際に初春のを表示しよっか」

初春「ふぇ?」

ういはる:おんな
ぶりっこ
★★★★


佐天「お、中々のレベル」

初春「え、ぶりっこってなんですか佐天さん!?」

佐天「だいたいあってると思うけどなぁ」

初春「そんな事ありませんから!! このくらいが普通なんです!!」

佐天「まぁまぁ、そんなに怒んないでよ初春、あたし自身が決めてる訳じゃないんだし」

初春「…佐天さんの能力なのに佐天さんが決めている訳じゃないんですか?」ジトッ

佐天「うん、勝手に付くんだよね」

初春「……なんですかそれ」



続きを読む

一方通行「どンだけ売っても1,000円いかねェ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/31(月) 23:33:11.91 ID:vnIqNM2h0


 「…い~加減にするじゃんよ、一方通行!」

 そう言って、ばん、と威嚇するように黄泉川がテーブルを手のひらで叩く。
 その指先の前には、色とりどりのガラス玉。見た目は俗に言う、ビー玉だ。
 それが黄泉川が叩いた衝撃でころころと緩やかに転がり、光を受けて煌く。

 「っせェなァ、ババア…情操教育に昔の玩具がいいっつったの、オマエらだろォが」

 「そうね。確かに愛穂、そう言ってたわねぇ」

 「…桔梗、」

 「まぁでも、言わんとする事は分かるわ。…これ流石に、物凄く綺麗だもの」




続きを読む

女生徒「妖怪が出るらしいのです」御坂「私達の出番ね!!」食蜂「」

SS速報VIP:女生徒「妖怪が出るらしいのです」御坂「私達の出番ね!!」食蜂「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1308615306/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/06/21(火) 09:15:07.03 ID:HMGQQ0UDO

超電磁砲パラレルです。


知識がやや曖昧なので口調などに違和感がありますが、それでも良い方はどうぞ。



続きを読む

垣根「スクールやるぞスクール」 心理定規「えぇ」 ゴーグル「ハイっス」

SS速報VIP:垣根「スクールやるぞスクール」 心理定規「えぇ」 ゴーグル「ハイっス」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1342308421/



1: ◆aSQx.z3IE/pB 2012/07/15(日) 08:27:01.46 ID:HY1fXN250











HR『スクール開校』始業












SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1342308421




続きを読む

上条「さすがに上条さんちで七人暮らしはキツイんですよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/09(金) 20:24:44.05 ID:0yXIymku0

一方通行「泣き事言ってんじゃねェよ、三下。せっかくテメェの家使ってやってンのに」

上条「使ってやってるって……最初から住んでたインデックスはいいとして、一方通行が立派なマンション持ってるだろ。
    見ての通り上条さんちは二人でいっぱいいっぱいなんですよ!! 皆一方通行のマンションに住めよ!」

一方通行「そっちに住めも何も……俺の家は頭の弱い奴らに場所が割れてるから面倒だしよォ」

打ち止め「ミサカは貴方について行くよって、ミサカはミサカは貴方の袖を引きながら言ってみる!」

青ピ「俺は第一位の家でもええけど上やんおる方が気ぃ楽やしなぁ」

11801号「ミサカは上条当麻と一方通行が同居しているのが理想です、とミサカは正直に述べます」

木山「と、いう事だ。君が折れるのが一番楽なのが分かるね?」

禁書「真面目な話は終わり? そろそろお腹が空いたかも!」

青ピ「今日の晩ご飯当番はー……でけでけでけでけ……かーみやーん! なんとこれで二週間連続やぁー」

打ち止め「今日はミサカも手伝うよ、ってミサカはミサカは手伝いを申し出てみる!!」

一方通行「いつかみてェに包丁で指切ったりすンなよォ?」

打ち止め「うん!!」

11801号「食料は一方通行から貰ったお金で買い足しておきました、とミサカは補足説明しておきます」

木山「じゃあ私は先にお風呂をいただいておこう」

上条「……不幸だ」



続きを読む

美琴「あの……当麻くん、って呼んでもいいですか……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/09(火) 22:51:12.74 ID:U+l2Ix+O0


上条「今朝もお待ちかねの上条さんブレイクファストですよ」

イン「今日はあんまり食べたくないかも……」

上条「おいおい、どっか具合でも悪いのか?」

イン「そういうわけじゃないんだけど……」モグモグ

上条「?」

イン「もういらないんだよ……残りはとうまに食べてほしいんだよ……」

上条「おい、マジで大丈夫か?」

イン「大丈夫なんだよ……」

上条「ほんとにだいじょ」

イン「いってらっしゃい……」バタン

上条「……もう学校いくからな。ホントに気分悪くなったら俺か小萌先生に連絡取れよ!」

イン「分かったんだよ……」

上条「ったく、大丈夫かよ……」




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)