ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


桐生萌郁

岡部「厨二キャラに疲れた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/07(水) 16:26:25.70 ID:ggA+IQRCO

岡部「演じるにしても俺の素に近いもう少し楽なキャラがいいな……」ブツブツ

ダル「オカリンさっきから何ぶつぶつ言ってるん? また厨二?」

岡部「ダル! すまないがまたハッキングなり何なりして調べてもらいたいことがある!」

ダル「はぁ? SERNの次はどこハッキングするっていうんだお」

岡部「ええとだな、確か○○テレビの……」

――――

――

岡部「『マッドサイエンティストはとても紳士的』と」ポチポチ



続きを読む

紅莉栖「ラボメンが口を聞いてくれない……」岡部「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/24(日) 20:12:34.47 ID:hjp0tq2X0

     ――未来ガジェット研究所――


紅莉栖「ハロー」


紅莉栖「……あれ、誰もいないのー?」

紅莉栖「珍しいわね、この時間に誰もいないなんて」

紅莉栖「ま、いっか……そのうち岡部が盛大にドアを開けて入ってくるでしょ」

紅莉栖「……もちろん、まゆりや橋田の可能性もあるけど……」


紅莉栖「誰か来るまでに、何か作ってようかしら?」

紅莉栖「岡部が作ってた未来ガジェットにでも手を加えてやろうかなー」



続きを読む

オカリン「今夜、星を見に行こう!」まゆしぃ「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/11(月) 18:55:31.67 ID:LQ2u88KC0


     ―――2011年 8月13日 PM 15:23―――


オカリン「……あ、そうだ」

まゆしぃ「……んー?」


いつもどおりの、ある日の事。
君は突然立ち上がり言った。


オカリン「今夜、星を見に行こう!」

まゆしぃ「え?」


『Steins;Gate―シュタインズ・ゲート― 悲愴秘密のストーリー』



続きを読む

岡部「ソフトボールだと?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/17(火) 18:33:15.20 ID:u8zNIRXV0

るか「はい、町内会のチームなんですけど人手が足りなくて」

るか「ですので凶真さんに助っ人を頼もうかと思って」

岡部「ふむ、ついに我が魔球スーパーバイオレンスマグナムボール一号を解禁する時がきたのか」

紅莉栖「漆原さん、こんな度がつく運動音痴なんかに助っ人を頼むなんてやめといた方がいいわよ」

橋田「牧瀬氏に激しく同意」

まゆり「鈴さんに頼んだほうがいいと思うなー」

岡部「おのれ貴様らよくもラボ創設者にして狂気のm」

紅莉栖「はいはい。厨二病乙」



続きを読む

岡部「鈴羽ってかわいいよな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 21:21:29.86 ID:ES1vxL8w0

短いお下品なシュタゲSS



続きを読む

ダル「妊娠したお」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/01(木) 17:07:56.28 ID:QrCgADqv0


岡部「……は?」

ダル「さっき病院で検査してきたんだお」

岡部「……すまんよく聞こえなかった。もう一度言ってくれ」

ダル「さっき病院で検査してきたんだお」

岡部「その前だ」

ダル「妊娠したお」

岡部「……」



続きを読む

岡部「貧乳っていいよな」ダル「禿同」紅莉栖「」ピク

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 02:33:45.47 ID:Lx07EReG0

岡部「極小と言う訳ではないが、平均よりは確実に小さい、そんな貧乳ならなおのこと素晴らしい」

紅莉栖「」ピク

ダル「わかってるじゃんオカリン」

岡部「あとはやっぱり王道だが小さいのを気にしているっていうのも重要なポイントだな」

紅莉栖「……」サスサス

ダル「恥じらいって大切」

岡部「それに貧乳が着る事によって引き立つ服や衣装なんかもあるしな」

紅莉栖「……」

ダル「すごくわかるお」



続きを読む

まゆしぃ(86)「とゅっとゅるー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 02:26:56.84 ID:aZk+hI2cO

まゆしぃ「紅莉栖ちゃんご飯まだぁー?」



続きを読む

岡部「できたぞ! 押すと女が潮を吹くボタンだ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 23:58:03.74 ID:OrQf1b2K0

短いお下品なシュタゲSS



続きを読む

紅莉栖「岡部とセ○クス中出しセ○クス」岡部「えっ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:40:29.13 ID:dkvXdQuL0

岡部「く、クリスティーナ!?」

紅莉栖「なに?急に大声なんか出して……どうかしかのか?」

岡部「いや、いまお前が……」

紅莉栖「もう、用がないなら話し掛けないで。いまはこの論文に集中したいから」

岡部「す、すまん……」

岡部(最近バイトを入れすぎたせいか……疲れているな)

紅莉栖「……岡部とセックス。中出しセックス」ボソッ

岡部「!?」



続きを読む

岡部「ロト6当たった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 11:40:24.72 ID:2sOKi5230

岡部「フフッ・・・フフフフフ・・・」

岡部「フゥーハハハ!」

岡部「電話レンジ(仮)・・・」 チラッ

岡部「やはり本物・・・!」

岡部「オペレーションウルドは大成功、我がラボの資金難は一気に解消された!」

岡部「これをシュタインズゲートの選択と言わずして何だというのだフゥーッハハハハ!」



続きを読む

岡部「何かイライラする」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03(日) 05:08:54.49 ID:yk3PEg9Z0

岡部「何故だ」

岡部「理由は分からんがイライラする……」

岡部「ハッ!? ああ、俺だ。たった今、機関からの精神攻げ……あ?」

岡部「……ああ、そうか。もう、こういうのが面倒くさいんだ。俺」

岡部「何かもう全部面倒くさい……」



続きを読む

岡部「ラボメンみんなにリーディングシュタイナーが発動した……」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/17(土) 09:27:57.23 ID:IhtzcWAf0

岡部(α世界線ではフェイリスとルカ子が明確に記憶を思い出していた)
紅莉栖「おかべ……」スリスリ

岡部(リーディング・シュタイナーは誰しもが持つ能力)

まゆり「オカリン……オカリン、まゆしぃの側にいて……」ぎゅ

岡部(だが、それには個人差があり紅莉栖やまゆり達が全てを思い出す事など有り得ないと思っていたが……)

フェイリス「パパ……」グス

岡部(まさか、全て思い出してしまうとは……)
萌郁「いやああああああああFBが禿親父なんていやあああああああああああああ」ジタバタ

ダル「鈴羽ああああああ世界一かわいよおおおおお!」

岡部「……どうしてこうなった」



続きを読む

岡部「電話レンジを、壊した……だと?」

SS速報VIP:岡部「電話レンジを、壊した……だと?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1348149507/



1: ◆N0Gpc9Esvo 2012/09/20(木) 22:58:27.32 ID:ECz+2bAE0

シュタゲSSです。
間違いがあったら指摘してもらえるとありがたいです。
暗黒次元のハイドを聞いてない人は、先にそちらを。
シュタゲってみんな良いキャラしてるよね。
基本的に20~23時の間に投下します。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1348149507




続きを読む

るか「どうして、ボクは・・・・・・男の子なんだろう・・・・・・」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 21:22:18.59 ID:l0dN/ZGI0

ラボ 朝


岡部「全員集まったな、では円卓会議を始める!」

まゆり「おー♪」

萌郁「・・・・・・」ピピピピッ
   『わーい(*´∀`*) どんな話なのかなー?(*゚▽゚*)』

るか「皆さんの飲み物、ここに置いときますね」

ダル「るか氏、僕用にゼロカロリーコーラとかマジさんくす!」

紅莉栖「橋田、ゼロコーラ飲んでも痩せないわよ。無駄な努力乙」

鈴羽「ねーねー。ケーキないのー? イチゴのやつー」

フェイリス「鈴ニャン、アポロで我慢するのニャ」

岡部「・・・・・・貴様ら好き勝手に喋るのではない! まゆりだけではないか!」



続きを読む

紅莉栖「新未来ガジェット『何があっても夢オチで終わらせられる』」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:43:19.77 ID:XMB2bMZV0

紅莉栖「まったく自分の才能が恐ろしいわ」

紅莉栖「数時間ラボに篭っていただけでこんな発明ができてしまうなんて」

紅莉栖「この『何があっても夢オチで終わらせられる』ガジェット」

紅莉栖「見た目はただのシルバーアクセサリーだけれども…」

紅莉栖「このスイッチ一つで微弱な電波が流れ、なんだかんだで着用者を強制的に夢オチにさせる」

紅莉栖「まぁ…細かいところは実験すればわかるでしょ」

紅莉栖「さっそく岡部で実験しましょう!」



続きを読む

紅莉栖「何度タイムリープしたって岡部を寝取られる……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 14:38:33.64 ID:mhg79avU0

前編 『変態少女のメランコリィ』



8月13日 夕方



タイムリープマシン完成祝の宴会のための買い出しから帰った私は、ラボの開発室にいた。
椅子に座り眺める──世界を揺るがすかもしれない、このタイムリープマシンを。

しかし宴会まで時間が空いたのと、連日の徹夜続きもありついウトウトしてしまい──。


紅莉栖「んん……ん……」

紅莉栖「おか……べぇ……あんた……」

紅莉栖「……急に仲間がどうとか……支離滅裂……むにゃ」

紅莉栖「……ふへへ、おかべぇ……」

紅莉栖「ふぇ……」

紅莉栖「あ、あれ、私……」

紅莉栖(寝てたのかな。やだ、私ったら……こんなところでだらしない……)



続きを読む

紅莉栖「新未来ガジェット『パンツはじけ飛んだ』」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 23:31:25.24 ID:tbo9GSEW0

紅莉栖「ついに出来てしまった」

紅莉栖「ふと構想を思いついて作ってみたけど…まさか本当にできるとは」

紅莉栖「『パンツはじけ飛んだ』…一見するとただのリストバンド」

紅莉栖「しかし着用者が緊張、主に性的興奮を感じるとその筋肉の硬直を感知したりなんかしたりしてとにかく着用者のパンツがはじけ飛ぶという代物」

紅莉栖「我ながら画期的な発明をしてしまったと己の才能が怖いわね」

紅莉栖「…私、誰に向かって言ってるのかしら」



続きを読む

岡部「百万円が出るボタン?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:29:41.86 ID:3APWrKEhO

岡部「なんだ、その都市伝説にでもありそうな類のブツは」

ダル「オカリン知らないん? @ちゃんの都市伝説板で今一番ホットな話題なのだが」

岡部「やはり都市伝説ではないかっ! ……しかし、百万円ボタン、と言ったか。そんな物が在れば我がラボラトリーの困窮している資金難も解決できるのだが」

ダル「ま、所詮便所の落書きの端っこの小さいメモですしおすし。信憑性のかけらもないお」

岡部「クッ、機関の妨害さえなければ資金難等、この鳳凰院――――! ……しかしダル、ならばどうして今そんな話を」

ダル「……や、まさかと思うんだけど……」

ゴトっ

岡部「……」

ダル「……」

岡部「いや、ねーよ」

ダル「ですよねー(笑)」



続きを読む

まゆり「トゥットゥルー…まゆしぃは自殺の練習をするのです…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/06(木) 13:09:33.09 ID:cLm3DGH/0

岡部「8月17日か…また何の打開策もないままこの日が来てしまったか…」

プルルルル

岡部「助手から電話か…」

岡部「もしもし俺だ!鳳凰院凶真だ!なに、機関が新たなエージェントを…?」

紅莉栖「岡部、ふざけてる場合じゃない!今すぐテレビ見て!」

岡部「テレビだと?」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER こいかぜ - 彩 -

新品価格
¥1,800から
(2018/1/9 18:46時点)