ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


椎名まゆり

岡部「バイト戦士…お前、今のやつ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 20:03:00.95 ID:O/6aNz67O

鈴羽「ふんふーん。 ニャンニャンニャーン、っと」

鈴羽はソファからピョンと立ち上がると、妙な歌をうたいながら、冷蔵庫の中からダルのコーラを取り出した。

鈴羽「んニャー。 やっぱ炭酸飲料はコーラだよねぇー。 うまいわ~!はふぅー…」

それを見て俺は思った。こいつ、もしかして…。

岡部「なぁ、バイト戦士よ? 今の歌うとこからの流れ、もう一回やってくれないか?」

鈴羽「え、えーっ。 やだよ恥ずかしい」

岡部「頼む。 この通りだ」

俺は頭を下げる。

鈴羽「あ、頭上げてよ~! むう…。困ったなぁ…」



続きを読む

紅莉栖「俺が居るうううぅぅッ!!?」岡部「何を言っているのだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:00:38.41 ID:1Qrwaw2L0

~ラボ(未来ガジェット研究所)~

まゆり「あれもしたい♪ これもしたい♪ もっとしたい♪ もっともとしたいー♪」チクチク…

紅莉栖「ここをこうして、っと。橋田、そっちはどう?」カチャカチャ

ダル「まだまだ時間がかかりそうだお」カチャカチャ

まゆり「…やったー! 仮縫い終わったー!」



続きを読む

まゆり「オカリンはまゆしぃの人質なのです」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/15(日) 16:07:54.791 ID:odnNm48AM.net

岡部「な、何を言ってるんだまゆり?」

まゆり「まゆしぃは知ってるのです。オカリンがまゆしぃを助けてくれてることを」

岡部「どうしてそれを……! 俺がタイムリープしてるとこを見たのか?」

まゆり「ううん、まゆしぃには分かるんだ。オカリンのやってることが」



続きを読む

岡部「朝起きたら女に....これも運命石の扉の選択か....」

11: 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 2012/03/19(月) 03:56:01.81 ID:BaoHRUcL0

紅莉栖「はろー」

岡部「助手よ…来たのか」

紅莉栖「ふぇ?…誰?」

岡部「俺だ鳳凰院凶真だ」

紅莉栖「この岡部の真似をしている美少女はいったい…」

岡部「真似ではない…朝起きたら女になっていたのだ!」

紅莉栖「もう、また岡部のいたずらか何か?…私にはそんな嘘通用しないわよ」

岡部「いたずらでも嘘でもない、本当に女になったのだ」

紅莉栖「はいはい分かったから、岡部を呼んで頂戴」

岡部「ぐぬぬぬ」



続きを読む

まゆり「もうセミいないねぇ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/29(金) 00:48:55 ID:UtlT/.Cw



夏休みが終わった


かつてはよく訪れていた公園でまゆりが呟く

「もうセミいないねぇ」




「この公園も久しぶりだな」

「オカリン夏休みが終わって忙しそうだったもんね」



続きを読む

【シュタゲSS】岡部「パズドラ?」

1: ◆fnkquv7jY2 2014/06/18(水)20:01:49 ID:FKzV5MXab

>>1は二次創作SSの投稿が初めてです
低クオリティやキャラ崩壊等はお許しください

~ラボ~

ダル「オカリンやった事ないん?超流行ってるお」

岡部「ほう。しかし俺は狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真だ。流行に乗る愚民とは違うのだっ!」バッ

ダル「まあオカリン、意地張る事ないお。パズドラやってれば彼女も出来るっていう噂もあるお」

岡部「か、彼女?」

ダル「あ、オカリンには牧瀬氏がいたっけ。いやぁ、失礼失礼」

岡部「(こいつ………………)」

ダル「まあオカリンもやっとスマホ買ったんだし、落としてみればいいじゃん?」

岡部「む…………考えてみるか…………ふふっ、この狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院凶真が直々に遊んでやろう!!」

ダル「しかしこのオカリン、ノリノリである」

岡部「黙れこのスーパーハカー!」

ダル「ハカーじゃないハッカーだろjk!」



続きを読む

岡部「犬になってしまった…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/02(日) 18:55:51.54 ID:QF121TSm0

岡部「フゥーハハハ!やっと完成したぞ、対象を動物に変える事が出来るリモコン、アニマルチェンジャーだ」

ダル「オカリンにしてはまともな名前だな」

岡部「…早速試してみよう!ダル何か動物にしたいものはないか?」

ダル「うーん、なんもないなーまゆ氏達が来たら聞いてみたらどう?」



ダル「とりあえず僕はメイクイーンにいってくるお、みんなきたらおしえてお」 

岡部「ああわかった、昼寝でもするか」




続きを読む

紅莉栖「恥ずかしいわね」ルカ子「ボクと、つきあってください!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 03:01:03.15 ID:Rls9hi+Q0

岡部「フゥーハハハ、颯爽登場!鳳凰……いん……」ガチャッ

紅莉栖「……うん、いいわよ」

ルカ子「あ……はい!」


岡部「……お前たち、今、何を」

紅莉栖「あら、ハロー岡部」

ルカ子「……こんにちは、岡……凶真さん」



続きを読む

六花「中二病でも恋がしたい!」 岡部「なんだと!?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/27(木) 01:16:54.35 ID:xCsYFqsP0

2012 12/27


岡部「今年も終わろうとしているな…」

紅莉栖「早いもんよねぇ…」

ダル「つか僕らの映画っていつやるん?来年?」

まゆり「映画~?何の事~?」

岡部「そッ、それは機密事項だっ…!」

ダル「僕が主人公のだ~りん的なのをキボンn…


ガチャッ!(ドアが開く音

???「ぬるぽ」



続きを読む

まゆり「オカリンに不意打ちで>>5するのです☆」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:59:39.61 ID:yNmBsarf0

まゆり「びっくりするかなぁ?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:00:31.43 ID:FE0uSAHz0

まっちょしぃ化



続きを読む

岡部「皆にフェイリスを隙間ピンクと呼ばせる」 フェイリス「…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/18(日) 17:41:08.43 ID:1qqrYvQu0

暇潰しに書いたのですごく短いですがご了承願うニャン!



続きを読む

岡部「紅莉栖がアメリカに帰った…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 21:30:29.17 ID:s0EyTK5Q0

ーーもう一度会う為に。俺を支えてくれた、彼女を見送った。
再び、日本で、秋葉原で出会う為に――

岡部「行ったんだな…」

岡部「…紅莉栖」ブワッ



続きを読む

岡部「な、何を言っているんだバイト戦士よ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:25:04.65 ID:jXNhcH9L0

SSは初めてです。でも折角作ったので投下します。



鈴羽「靉靆と棚引く雲が蒼穹からの熱線を煦煦たる光に変換してくれてとっても気持ちが良いね」

岡部「な、何を言っているんだバイト戦士よ……」

鈴羽「え? だから雲が丁度良い感じに出てサイクリングには絶好の程よい日差しだねって」

岡部「なんだ、そういうことか。わざわざ難しい言葉を使うんじゃない。分からないだろう」

鈴羽「あはは、ごめんね。でも癖になってるんだ……難しい言葉使って会話するの」

岡部(一瞬目が離れすぎているような気がしたが……気のせいか?)

岡部「そうだ鈴羽よ。お前はこれから用事はあるか?」

鈴羽「うーん、ちょっとぐらいなら店空けても大丈夫だと思うけど」

岡部「じゃあちょっと手伝ってくれないか?」



続きを読む

ダル「今日は大漁だお!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 20:15:49.18 ID:QtWEFMHe0

ダル「フヒヒヒ…ゼエゼエ…ただいまだお…」

紅莉栖「うわ、橋田なんだその大量の荷物」

まゆり「今日は金曜日だからねぇ」

紅莉栖「ああ、エロゲですね、わかります
    でも、通販で買えばいいんじゃないの?毎週毎週こんな買いまくって…」

ダル「わかってないなー牧瀬氏、アキバには店舗特典というものがあるんだお!」



続きを読む

紅莉栖「岡部に浮気された……」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 23:09:37.34 ID:q2n7NGcZ0

岡部「いや...不倫ってただルカ子と喋ってただけだろそれにルカ子は男だ」

紅莉栖 「男かどうかなんて関係ない!!
男かどうかなんて関係ない!!大事なので2回言いましたっ!!」

岡部「.......そもそも俺たちまだ付きあってないだろ」

紅莉栖「まだ...まだって事はいつ?いつなのねぇいつ!!」

凶真「フーハハハ何れ来るべき時g..」

紅莉栖「鳳凰院凶真モード禁止!」

岡部「うぐぅ....まぁ..もう少し落ち着いてから..だな...」

紅莉栖「約束よっ!!絶対よっ!!今の録音したから!!やったこれで岡部と一緒に...」

ガチャ





続きを読む

岡部「潰瘍性大腸炎だと……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/10(火) 14:03:03.85 ID:R0ct3y9S0.net

グギュルルルル

ダル「おいオカリンまた下痢かお?」

岡部「ついに貴様は俺が空腹で腹を鳴らせているのか、下痢で大腸が唸っているのかを判別できるようになったか。
   さすが我が頼れる右腕< マイフェイバリットライトアーム>だな」

ダル「ほ、褒めても何も出ないんだからね!って、オカリンはとっとと出してくるべきだろjk」

岡部「うんむ、今しがたそうしようと思い至ったところだ」

ダル「全く、まゆ氏も牧瀬氏もいなくてよかったお。オカリンがゲリリンになったなんて情けなくて涙出ちゃう」

岡部「ゲリリン言うな!うっ、やばい」ギュルルル

ダル「ちょっと出た?」

岡部「出とらんわ!」



続きを読む

岡部「ねぇねぇまゆしぃ」 まゆり「どうしてこうなった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 19:56:54.80 ID:JJGWJymA0

岡部「トゥットゥルー♪ オカリンです♪」

まゆり「クリスティィイイインッナ!! 一体何なのだこれは!!」

紅莉栖「し、知らないわよ! まだ試作段階だったのに勝手に使う方が悪い!」

まゆり「馬鹿を言うな! そもそも中身が入れ替わるガジェットなど何故作ろうとした!」

紅莉栖「岡部が作れって言ったんだろうが!」

まゆり「なんだって!?(この世界線の俺は何をしていたのだ……!)」

岡部「紅莉栖ちゃん、勝手に使ったりしてごめんね?」

紅莉栖「うっ……岡部の声でまゆりのトーンはきついわね……」



続きを読む

フェイリス「身長差があるから凶真とのキスは大変だニャ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:52:59.46 ID:VyDUkJqG0

紅莉栖「えっ……?」

まゆり「オカリンとフェリスちゃん、30㎝くらい差があるからね~」

フェイリス「でもマユシィも大変そうだニャ」

まゆり「うん、まゆしぃも背伸びしても届かないから一苦労なのです」

紅莉栖「えっ……」

ルカ子「ぼ、ぼくは背伸びしたらなんとか届きます。この前なんか、凶真さんから屈んでくれて……えへへ」

萌郁「私は、背伸び、しなくても、キス……できた」

紅莉栖「」



続きを読む

岡部「俺だ。またフェイリスの自宅に潜入した。安価で行動する」

関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 16:20:50.40 ID:aK9aq0qm0

岡部「前回は酷い目に遭った…」

岡部「だが俺は性懲りもなく潜入する」

岡部「あの猫娘に一泡吹かせるべく、ウィークポイントを探すのだ」

岡部「さて、どこの部屋から調べるかな…>>5



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 16:23:38.55 ID:pJtXYkvL0

下着入れ



続きを読む

まゆり「クリスちゃんのことをクリちゃんって呼ぼうと思うのです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/12(火) 21:47:00.53 ID:dbNOC3af0

岡部「ぶふぉぉぉぉぉぉぉ!」

紅莉栖「オブハァァァァァ!」

ダル「キタコレ!」

無邪気な顔での、とんでもない発言に
俺と紅莉栖は同時にドクペを噴出する。


ダル「まゆ氏公認セクハラ!胸が熱くなるな!」

一人は邪気にあふれる暗い欲望で、目を光輝かせていた。




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)