ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


椎名まゆり

岡部「厨二キャラに疲れた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/07(水) 16:26:25.70 ID:ggA+IQRCO

岡部「演じるにしても俺の素に近いもう少し楽なキャラがいいな……」ブツブツ

ダル「オカリンさっきから何ぶつぶつ言ってるん? また厨二?」

岡部「ダル! すまないがまたハッキングなり何なりして調べてもらいたいことがある!」

ダル「はぁ? SERNの次はどこハッキングするっていうんだお」

岡部「ええとだな、確か○○テレビの……」

――――

――

岡部「『マッドサイエンティストはとても紳士的』と」ポチポチ



続きを読む

岡部「ラボが焼けた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/17(土) 22:54:36.87 ID:wJ7CELnY0

岡部「なん・・・で・・・」

紅莉栖「・・・」

ブラウン「俺の・・・職場が・・・」

ダル「タイムリープマシンもなにもかも全部萌えちゃったお・・・」

鈴羽「大丈夫!タイムリープマシンはここにあるよ!」



続きを読む

紅莉栖「ラボメンが口を聞いてくれない……」岡部「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/24(日) 20:12:34.47 ID:hjp0tq2X0

     ――未来ガジェット研究所――


紅莉栖「ハロー」


紅莉栖「……あれ、誰もいないのー?」

紅莉栖「珍しいわね、この時間に誰もいないなんて」

紅莉栖「ま、いっか……そのうち岡部が盛大にドアを開けて入ってくるでしょ」

紅莉栖「……もちろん、まゆりや橋田の可能性もあるけど……」


紅莉栖「誰か来るまでに、何か作ってようかしら?」

紅莉栖「岡部が作ってた未来ガジェットにでも手を加えてやろうかなー」



続きを読む

岡部「まゆりに人質にされた……」

1: 『Steins;Gate「消失のベトローサル」』 ◆k6VgDYkyGI 2011/07/20(水) 18:05:43.70 ID:WGojfodA0

―幼い日の記憶―

まゆり「ねぇ、オカリン」

岡部「ナンだよ、まゆり」

まゆり「オカリンとずーっといっしょにるには、どうしたらいいのかなぁ」

岡部「はぁ?」

まゆり「まゆしぃは、いっしょーオカリンといっしょにいたいのです」

岡部「いっしょ、っていってもなぁ……」

まゆり「まゆしぃは、ほんきなのです!」

岡部「ん~……」ポリポリ

まゆり「……」ジーッ

岡部「じゃあさ――」



続きを読む

まゆしい「最近オカリンが構ってくれないのです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 22:52:25.78 ID:g2u36fwo0

※SG世界線ネタバレ注意 また多少辻褄が合いませんがご寛恕願いたい
 原作終了後(2010年9月)からさらに1年半後くらいです

紅莉栖「それじゃ私は帰るから。岡部、明日は店が開き次第パーツ探しに付き合いなさいよ」

岡部「わかっている・・・全く最初はくだらないだのいっていたくせにノリノリではないか」

紅莉栖「う、うっさい!だいたいこんな中途半端にしか役に立たないなんて研究者として許せないのよ!」

ダル「この助手ノリノリである!っていうか牧瀬氏のおかげで未来ガジェットたちが魔改造されてる件について」

ダル「ふは、日本に帰ってきてもやることは実験なのね」

紅莉栖「だ、だからそれは!というか魔改造って言うな///」

岡部「紅莉栖、メイクイーンのバイトなのだろう?またフェイリスにどやされるぞ」

紅莉栖「っ!そ、そうね!橋田、あとで由季さんに虐められたってチクってやるからな!」タタッ

ダル「ちょ牧瀬氏マジ鬼畜」

岡部「からかいすぎだ馬鹿者め」



続きを読む

紅莉栖「岡部ってもしかしてホモなのかしら」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/22(金) 18:28:48.21 ID:7R+KYnGT0


紅莉栖「ラボメンは可愛い女子ばかりなのに手を出そうともしない」

紅莉栖「私も一応、見れない容姿では……ないわよね」

紅莉栖「なのにいつも橋田とばかりつるんでいる……」

紅莉栖「やっぱりホ……いえ!それはだめだわ!」

紅莉栖「お、岡部が私に興味ないのは困る……じゃなくて!現実で男同士とかラボの風紀が乱れる!」



続きを読む

岡部「手を貸すつもりはないだと…」ダル「だお」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:17:16.29 ID:/KlXMFEN0

2010/4/10(土)

~東京電機大学神田キャンパス~

岡部「頼む、お前と俺は"機関"の野望を打ち砕くため、堅い絆で結ばれた仲間ではないか!」

ダル「厨二の妄想には付き合ってられないお。大体研究所を創るって言っても場所はどうすんの?」

岡部「そんなものはどうとでもなる!例えば、俺の実家のガレージでだな…」

ダル「アップルコンピュータですね分かります。つーか僕の家は新小岩だお。オカリンの家池袋だろ?遠すぎだろ常考」

ダル「それに八百屋のトラック停めとく場所なかったらヤバいんじゃね?親説得できるん?」




続きを読む

まゆり「じゃあチュウしようよオカリン」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/14(火) 21:32:11.54 ID:MMzujRvxO

まゆり「今日は海楽しかったねぇ~」

紅莉栖「本当ね。海なんて久しぶりに来たわ」

フェイリス「夕食もとてもおいしかったニャン」

鈴羽「よーし、今日は早く寝て明日に備えよー」

萌郁「眠い………」

紅莉栖「そうね。明日も早いし――――」

フェイリス「ちょっと待つニャン!」

まゆり「どうしたの~フェリスちゃん?」



続きを読む

オカリン「今夜、星を見に行こう!」まゆしぃ「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/11(月) 18:55:31.67 ID:LQ2u88KC0


     ―――2011年 8月13日 PM 15:23―――


オカリン「……あ、そうだ」

まゆしぃ「……んー?」


いつもどおりの、ある日の事。
君は突然立ち上がり言った。


オカリン「今夜、星を見に行こう!」

まゆしぃ「え?」


『Steins;Gate―シュタインズ・ゲート― 悲愴秘密のストーリー』



続きを読む

岡部「ソフトボールだと?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/17(火) 18:33:15.20 ID:u8zNIRXV0

るか「はい、町内会のチームなんですけど人手が足りなくて」

るか「ですので凶真さんに助っ人を頼もうかと思って」

岡部「ふむ、ついに我が魔球スーパーバイオレンスマグナムボール一号を解禁する時がきたのか」

紅莉栖「漆原さん、こんな度がつく運動音痴なんかに助っ人を頼むなんてやめといた方がいいわよ」

橋田「牧瀬氏に激しく同意」

まゆり「鈴さんに頼んだほうがいいと思うなー」

岡部「おのれ貴様らよくもラボ創設者にして狂気のm」

紅莉栖「はいはい。厨二病乙」



続きを読む

岡部「鈴羽ってかわいいよな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 21:21:29.86 ID:ES1vxL8w0

短いお下品なシュタゲSS



続きを読む

ダル「妊娠したお」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/01(木) 17:07:56.28 ID:QrCgADqv0


岡部「……は?」

ダル「さっき病院で検査してきたんだお」

岡部「……すまんよく聞こえなかった。もう一度言ってくれ」

ダル「さっき病院で検査してきたんだお」

岡部「その前だ」

ダル「妊娠したお」

岡部「……」



続きを読む

岡部「ドクペドクペドクペドクペ……」ブツブツ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 19:06:01.06 ID:rnsF1A5m0

短いシュタゲSS



続きを読む

岡部「貧乳っていいよな」ダル「禿同」紅莉栖「」ピク

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 02:33:45.47 ID:Lx07EReG0

岡部「極小と言う訳ではないが、平均よりは確実に小さい、そんな貧乳ならなおのこと素晴らしい」

紅莉栖「」ピク

ダル「わかってるじゃんオカリン」

岡部「あとはやっぱり王道だが小さいのを気にしているっていうのも重要なポイントだな」

紅莉栖「……」サスサス

ダル「恥じらいって大切」

岡部「それに貧乳が着る事によって引き立つ服や衣装なんかもあるしな」

紅莉栖「……」

ダル「すごくわかるお」



続きを読む

まゆしぃ(86)「とゅっとゅるー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 02:26:56.84 ID:aZk+hI2cO

まゆしぃ「紅莉栖ちゃんご飯まだぁー?」



続きを読む

フェイリス「フェイリスだけ一人なのニャ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/18(月) 18:42:29.09 ID:nTWSmDOC0

~回想~

フェイリス「ニャニャ!?ダルにゃん彼女ができたのニャ?おめでとうニャ!」

ダル「フヒヒ、由季たんっていうコスプレイヤーなんだお、今度メイクイーンに連れて来るお」


フェイリス「へー、萌ニャンとブラウン店長が良い感じなのかニャ」

岡部「ああ、シスターブラウンが喜んでいる。妹が欲しいとか言っておった」


フェイリス「え…そうかニャ、とうとう凶真とクーニャンが…」

まゆり「えへへ…まゆしぃはうらやましいのです…」ポロポロ


フェイリス「え?るかニャンとまゆしぃが?意外な組み合わせニャ!」

ダル「最初は百合キタコレ!だったんだけど…よく考えればノーマルだったお」


フェイリス「…フェイリスだけ相手がいないニャ…」



続きを読む

岡部「何!?電話レンジ(仮)を使いたい!?」千早「お願いします…」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 13:55:12.94 ID:XEnLvKKk0

岡部「しかしだな…この電話レンジを部外者に使わせるわけにはいかんのだ…」

千早「お願いします!お代はいくらでもお支払いしますから…!」

岡部「ぐぬぬ…!財政事情が厳しい我がラボにその一言は魅力的過ぎるが…」

ダル「オカリン!現役アイドルがこんなに頼み込んでるんだから使わしてあげるべきだろjk」

まゆり「そうだよー。まゆしぃはいじわるは良くないと思うのです。」

岡部「しかしだな…如月さんとやら、このレンジの事を誰から聞いたのだ?」

千早「それは…牧瀬さんから教えてもらって知りました。」

岡部「何!?あなたは助手の知り合いなのか?」

千早「ええ。実は、私の遠い親戚に当たる人で。」

ダル「マジで!?何でそういう事を僕に黙ってるかなぁ…」

まゆり「へぇ~。すごいねクリスちゃん。」

岡部「そう言えば、助手は今日どうしたのだ?」

ダル「さあ?いつもみたく夜にひょっこり現れるんじゃね?」



続きを読む

岡部「ハッ!ここは…1975年か?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 17:38:11.82 ID:HYsiAr+r0

1975年7月

病院の一室

岡部「イタタ…頭が割れるように痛い」

岡部「確か俺は…何千回もラボメンの皆とサイクリングに行って…」

岡部「鈴羽と一緒にタイムマシンに乗って…そうだ、鈴羽、鈴羽は?」

岡部「…ナースコールだ、この時代から既にあったのか」ピー

看護婦「!!先生ー!!3番の患者が目覚めました!」



続きを読む

まゆり「まゆしぃね、ほんとはクリスちゃんのことうらやましいよ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/28(月) 09:29:26.71 ID:t/P/9Hs50

タタタタタッ…ガチャ

まゆり「トゥットゥル~♪おはよーう!オカリンオカリン!これね、レイヤーのふぶきちゃんから…」


ダンッ!!


紅莉栖「だからッ!私はあんたの助手じゃないと言っとろーが!」

岡部「朝っぱらからキャンキャンとうるさいぞクリスティ~ンナッ!この俺は徹夜明けで疲れているのだ、黙って朝飯を買ってこい!」

紅莉栖「うるさいのはどっちだ!徹夜明けで疲れてるのは私も同じよ!というかあんたは大して働いてないでしょ!」


まゆり「…………ッ、」


岡部「俺はお前の実験に付き合わされたのだ、本当は打ち切ってもよかったところをお前が勝手に徹夜に持ち込んだのではないか!」

紅莉栖「はあ!?誰のためにやってるのかわかってる!?よくそんなんでラボの……って、あら、まゆり」


まゆり「えっへへ~、クリスちゃん、オカリン、トゥットゥル~♪」

岡部「おお、まゆりか。今日は随分と早いな」

まゆり「………、二人とも朝から仲良いねえ~。」



続きを読む

まゆり「ジューシーからあげナンバーワン!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 23:32:15 ID:fXWZt/PI


まゆり「ふんふんふーん♪」

岡部「おい。まゆり」

まゆり「ジューシーからあげナンバーワン♪」

岡部「こら。まゆり」

まゆり「やわらか~♪からあげ~♪」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER こいかぜ - 彩 -

新品価格
¥1,800から
(2018/1/9 18:46時点)