ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


椎名まゆり

岡部「皆にフェイリスを隙間ピンクと呼ばせる」 フェイリス「…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/18(日) 17:41:08.43 ID:1qqrYvQu0

暇潰しに書いたのですごく短いですがご了承願うニャン!



続きを読む

岡部「紅莉栖がアメリカに帰った…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 21:30:29.17 ID:s0EyTK5Q0

ーーもう一度会う為に。俺を支えてくれた、彼女を見送った。
再び、日本で、秋葉原で出会う為に――

岡部「行ったんだな…」

岡部「…紅莉栖」ブワッ



続きを読む

岡部「な、何を言っているんだバイト戦士よ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:25:04.65 ID:jXNhcH9L0

SSは初めてです。でも折角作ったので投下します。



鈴羽「靉靆と棚引く雲が蒼穹からの熱線を煦煦たる光に変換してくれてとっても気持ちが良いね」

岡部「な、何を言っているんだバイト戦士よ……」

鈴羽「え? だから雲が丁度良い感じに出てサイクリングには絶好の程よい日差しだねって」

岡部「なんだ、そういうことか。わざわざ難しい言葉を使うんじゃない。分からないだろう」

鈴羽「あはは、ごめんね。でも癖になってるんだ……難しい言葉使って会話するの」

岡部(一瞬目が離れすぎているような気がしたが……気のせいか?)

岡部「そうだ鈴羽よ。お前はこれから用事はあるか?」

鈴羽「うーん、ちょっとぐらいなら店空けても大丈夫だと思うけど」

岡部「じゃあちょっと手伝ってくれないか?」



続きを読む

ダル「今日は大漁だお!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 20:15:49.18 ID:QtWEFMHe0

ダル「フヒヒヒ…ゼエゼエ…ただいまだお…」

紅莉栖「うわ、橋田なんだその大量の荷物」

まゆり「今日は金曜日だからねぇ」

紅莉栖「ああ、エロゲですね、わかります
    でも、通販で買えばいいんじゃないの?毎週毎週こんな買いまくって…」

ダル「わかってないなー牧瀬氏、アキバには店舗特典というものがあるんだお!」



続きを読む

紅莉栖「岡部に浮気された……」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 23:09:37.34 ID:q2n7NGcZ0

岡部「いや...不倫ってただルカ子と喋ってただけだろそれにルカ子は男だ」

紅莉栖 「男かどうかなんて関係ない!!
男かどうかなんて関係ない!!大事なので2回言いましたっ!!」

岡部「.......そもそも俺たちまだ付きあってないだろ」

紅莉栖「まだ...まだって事はいつ?いつなのねぇいつ!!」

凶真「フーハハハ何れ来るべき時g..」

紅莉栖「鳳凰院凶真モード禁止!」

岡部「うぐぅ....まぁ..もう少し落ち着いてから..だな...」

紅莉栖「約束よっ!!絶対よっ!!今の録音したから!!やったこれで岡部と一緒に...」

ガチャ





続きを読む

岡部「潰瘍性大腸炎だと……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/10(火) 14:03:03.85 ID:R0ct3y9S0.net

グギュルルルル

ダル「おいオカリンまた下痢かお?」

岡部「ついに貴様は俺が空腹で腹を鳴らせているのか、下痢で大腸が唸っているのかを判別できるようになったか。
   さすが我が頼れる右腕< マイフェイバリットライトアーム>だな」

ダル「ほ、褒めても何も出ないんだからね!って、オカリンはとっとと出してくるべきだろjk」

岡部「うんむ、今しがたそうしようと思い至ったところだ」

ダル「全く、まゆ氏も牧瀬氏もいなくてよかったお。オカリンがゲリリンになったなんて情けなくて涙出ちゃう」

岡部「ゲリリン言うな!うっ、やばい」ギュルルル

ダル「ちょっと出た?」

岡部「出とらんわ!」



続きを読む

岡部「ねぇねぇまゆしぃ」 まゆり「どうしてこうなった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 19:56:54.80 ID:JJGWJymA0

岡部「トゥットゥルー♪ オカリンです♪」

まゆり「クリスティィイイインッナ!! 一体何なのだこれは!!」

紅莉栖「し、知らないわよ! まだ試作段階だったのに勝手に使う方が悪い!」

まゆり「馬鹿を言うな! そもそも中身が入れ替わるガジェットなど何故作ろうとした!」

紅莉栖「岡部が作れって言ったんだろうが!」

まゆり「なんだって!?(この世界線の俺は何をしていたのだ……!)」

岡部「紅莉栖ちゃん、勝手に使ったりしてごめんね?」

紅莉栖「うっ……岡部の声でまゆりのトーンはきついわね……」



続きを読む

フェイリス「身長差があるから凶真とのキスは大変だニャ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:52:59.46 ID:VyDUkJqG0

紅莉栖「えっ……?」

まゆり「オカリンとフェリスちゃん、30㎝くらい差があるからね~」

フェイリス「でもマユシィも大変そうだニャ」

まゆり「うん、まゆしぃも背伸びしても届かないから一苦労なのです」

紅莉栖「えっ……」

ルカ子「ぼ、ぼくは背伸びしたらなんとか届きます。この前なんか、凶真さんから屈んでくれて……えへへ」

萌郁「私は、背伸び、しなくても、キス……できた」

紅莉栖「」



続きを読む

岡部「俺だ。またフェイリスの自宅に潜入した。安価で行動する」

関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 16:20:50.40 ID:aK9aq0qm0

岡部「前回は酷い目に遭った…」

岡部「だが俺は性懲りもなく潜入する」

岡部「あの猫娘に一泡吹かせるべく、ウィークポイントを探すのだ」

岡部「さて、どこの部屋から調べるかな…>>5



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 16:23:38.55 ID:pJtXYkvL0

下着入れ



続きを読む

まゆり「クリスちゃんのことをクリちゃんって呼ぼうと思うのです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/12(火) 21:47:00.53 ID:dbNOC3af0

岡部「ぶふぉぉぉぉぉぉぉ!」

紅莉栖「オブハァァァァァ!」

ダル「キタコレ!」

無邪気な顔での、とんでもない発言に
俺と紅莉栖は同時にドクペを噴出する。


ダル「まゆ氏公認セクハラ!胸が熱くなるな!」

一人は邪気にあふれる暗い欲望で、目を光輝かせていた。




続きを読む

岡部「俺だ。フェイリスの自宅に潜入した、安価で行動する」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 22:33:08.34 ID:MpZRnzUW0

岡部「相変わらず豪勢な部屋だな…」

岡部「しかし誰もいないのが気になる」

岡部「まあ大丈夫だろう…むしろ誰もいない今がチャンスだ。
>>4、次の俺の行動を指示しろ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 22:34:19.39 ID:tKFWiZn10

パパの部屋に行く



続きを読む

鈴羽「強くてニューゲーム?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/08(金) 15:01:22.04 ID:JYsa9+dSi

ゴトッ

汗をぬぐい、天を仰ぐ少女。その顔には満面の笑みがこぼれていた。

鈴羽「あー、やっと終わったよ!つっかれたぁ」

鈴羽「でも、これで私も君のところにいける。今度こそ私の手で」


鈴羽「岡部倫太郎、君を救い、君を私のものにする!」

そう言い残し、彼女は歩いて行く。自分の未来を掴む為に。



続きを読む

岡部「スマブラやるぞ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:32:02.24 ID:a/Ga1irg0

岡部「これより、第157回円卓会議を執り行う!議題は──」

紅莉栖「またそれぇ?ったく、ホンットに懲りないわね」

岡部「貴様こそ何度も水を指すなっ」

ダル「で、なんなん?エロゲやりたいんだからはよ」

まゆり「まゆしぃはお腹が減ったなー」

岡部「相変わらずのこのやる気のなさ。俺は悲しい!悲しいぞ」

紅莉栖「どうせまた下らない事なんでしょ?勿体つけてないで早く言いなさいよ」

まゆり「おでん缶たーべよっと」

岡部「下らなくなどなぁい!これを見るのだ!」 バァン

ダル「えっと、64?なに?今更そんなん出してきてどうするん?」

岡部「スマブラやるぞ」



続きを読む

岡部「強くてニューゲーム?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/18(水) 17:43:36.17 ID:X7AvJhcq0

書きためなしでのんびり書く

…オカリン…オカリン…早く良くなってね

まゆりの声が聞こえる。これは遠い記憶?俺がリーディングシュタイナーを発現したと思われる時の記憶?

俺は様々な思いを無にしてまゆりを、紅莉栖を助けた

このままで良いのか?

良い訳がない!

俺は…俺は…


そして更に時を遡る

シュタインズゲート:最強の再動



続きを読む

岡部「安価で何でもやってやる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:16:57.56 ID:o2spKDlIi

俺はラボでPCで暇を潰していた。この日は格別暇だったのだ。紅莉栖、まゆり、フェイリスは楽しそうに話をしている

岡部「仕方ない、久しぶりにやるか…」カタカタ


安価でお前ら愚民どものいう事を聞いてやるぞ!



岡部「さて、さぞかし盛り上がるであろうな!ふぅはははははははは!」

1 鳳凰院凶真 12:13:46.00
安価は>>20だ!


岡部「さて、そろそろ反応がありそうなものだが…」






続きを読む

岡部「助手ークリームか」 紅莉栖「なによ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 22:31:46.70 ID:wrkunQ/D0

岡部「甘いのか?」

紅莉栖「甘々よ」

岡部「少し小さいな」

紅莉栖「……」グスッ

岡部「だがまぁ」

岡部「俺はこれぐらいが好みだ」サクサク

紅莉栖「……ばか岡部」



続きを読む

紅莉栖「まゆりは可愛いわね」 まゆり「えへへー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:55:55.65 ID:3Ro8jaMo0

岡部「ええい助手よ。こんなに気を使わんでもいいではないか!」

紅莉栖「いいわけあるか! 現役高校生とのデートなんだから少しは気をつかえ!」

岡部「ぐぬぬ……」



続きを読む

岡部「お前たち、ネトゲやるぞ!」 ラボメン「はいい!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 13:33:04.64 ID:n4WeunBL0

岡部「これより、第156回円卓会議を執り行う!議題は─」

紅莉栖「またそれぇ?ったく、ホントに懲りないわね」

岡部「貴様こそいちいち水を指すなっ」

鈴羽「へぇ~円卓会議って、この時代ですでに100回も開催されてたんだね」

ダル「えっ」

紅莉栖「えっ」

鈴羽「えっ」

岡部「貴様・・・今なんと・・・」

鈴羽「い、いやこっちの話!あはははは・・・」

フェイリス「それより、さっさと精霊会議の本題に移るニャ!」

まゆり「フェリスちゃん、精霊じゃなくて、えんとつ会議だよ~」

岡部「ええーい!いちいち突っ込みきれん、これを見るのだ!」バッ



続きを読む

岡部「・・・気づいたら女になってた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 08:57:17.29 ID:bm7+bKs80

岡部(Dメールの影響か?しかしリーディングシュタイナーが発動した記憶はない・・・)

紅莉栖「あら?ラボに知らない女の子が」

岡部(それに女になったのなら発動した瞬間に気づくはず・・・)

岡部「もしや、機関の細菌兵器かっ!?」

岡部「この灰色の細胞をもつ鳳凰院凶真の脳を女性脳にし、スイーツとするための・・・!」

紅莉栖「何かぶつぶつ言ってる」

紅莉栖(それにしても・・・)

紅莉栖(長身ですらっとした手足、憂いを感じさせる知的な表情、ツヤがあってしなやかな髪の毛・・・)

紅莉栖(む、胸は私とおんなじくらいみたいだけど・・・)

紅莉栖(無造作なヘアスタイルがボーイッシュさを演出しててウィークポイントじゃなくて、ステータスとして機能してる・・・)



続きを読む

岡部「最近ラボメンの記憶が戻ってきた気がする」

1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/18(水) 21:46:45.70 ID:w58UxAcL0

紅莉栖「なぁ……岡部」

岡部「なんだ」

紅莉栖「もしもの話なんだけど……」

紅莉栖「私とまゆりのどちらかしか助けられないとしたら、どっちを選ぶ?」

岡部「ぶっ!?」




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)