ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


橋田至

紅莉栖「岡部がホモだった……死にたい……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:44:23.30 ID:S480pgOE0

岡部「誰がホモだ誰が、このメリケン処女めが」

紅莉栖「誤魔化したって無駄よ!私、見たんだから」

岡部「見たって、何をだ?」

紅莉栖「ふぇ!?……それは当然、あれよ……」

岡部「アレとは何だ?機関で使われている隠語か?貴様、やはり機関の回し者だったのか」

紅莉栖「違うわよ!……その、あんたが橋田と、HENTAI行為に及んでいるところよ……」



続きを読む

岡部「かなり身も蓋もない話なのだがな?」 紅莉栖『なによ』

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 19:08:56.82 ID:DA/lrfWLO

俺は激怒した。
かの暴虐非道なブラウン管工房の店長が、新年早々文句を言ってきた挙げ句、
あろう事か、家賃の値上までをもちらつかせて脅してきたからだ。
せっかくの正月気分を、よくもよくも、台無しにしてくれたな!
ラボの前まで来ていた俺は、そのまま回れ右をしてスーパーマーケットへと走った。

ダル 「うは、なんぞそれ?」

やっとの事でラボに運び入れた、このやたらと重たい物体を目ざとく見つけたダルが聞いてくる。




続きを読む

まゆり「あれぇ~? まゆしぃの>>5が無いのです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 23:21:22.11 ID:DYiTAn6J0

まゆり「オカリン見なかった?」

岡部「ん? 何が無いと言ったのだ?」

まゆり「まゆしぃの>>5だよ~」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 23:22:19.23 ID:P27GNBv90

おちんちん



続きを読む

男「未来ガジェット研究所、だと?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:22:07.36 ID:eKfYpgc/0

男「ここが秋葉原か……」

FBから受けた指令は『秋葉原にあると噂されているIBN5100の捜索、及び未来ガジェット研究所の調査』。
IBN5100はともかく、未来ガジェット研究所の調査というのがよく分からない。
資料を見るかぎり、ただのお遊びサークルにしか思えないのだが……。
まぁ深くは考えないでおこう。ラウンダーは与えられた指令をこなせばいいのだ。

さて、まずはどうするべきか。

1.未来ガジェット研究所に行く
2.IBN5100についての情報を集める。
3.秋葉原に来たのだし、萌え文化というものに触れてみる
4.その他(自由安価)


>>5



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:25:47.95 ID:UJltWTAi0

4.神社に行ってみる



続きを読む

鈴羽「シュタインズクエスト?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 17:59:59.83 ID:rMnDulFoO

ダル「ついに…出来たお…」

紅莉栖「やった…わね」

岡部「ククク…この瞬間をどれだけ夢見たことか…」

――これで、世界のゲーム業界は間違いなく混沌の坩堝に飲み込まれる事だろう。
俺達の開発した、次世代体感型ゲームによってな!

岡部「未来ガジェット16号機、バーチャルガール…ここに完成を宣言するっ!」



続きを読む

岡部「まゆり……流石に眉毛が太すぎないか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 00:50:32.76 ID:oUmJXFn20

まゆり「えー?オカリン、急にどうしたの?」

岡部「いや、お前も一応年頃の娘だからな。もう少し身だしなみに気をつけてはどうだ?」

まゆり「……。まゆしぃ、そんなに変かなぁ?」

岡部「まぁ、変という訳では無いが。もう少し細くしたほうが良い気がするぞ」

まゆり「うーん、寝る前と朝に処理してるんだけどなぁ」

岡部「なん……だと……?」



続きを読む

紅莉栖「ハァ?きのこの山?!岡部、どうかしてるんじゃないの!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/20(木) 03:01:08.76 ID:aH5ZR05x0

岡部「何を騒いでいるのだ助手よ。この俺が直々に知的食品である『大自然の福音』を分け与えるのだ。
    ありがたくいただけ」

紅莉栖「オーケーわかった。あんたが救いがたいHENTAIだってことを改めて理解したわ。
     で?当然たけのこの里もあるのよね?」

岡部「は? すまんがもう一度言ってくれ。今ありえない単語が聞こえたのだが」

紅莉栖「た・け・の・こ・の・さ・と・は・あ・る・の?」

岡部「なん……だと……?」

スチャッ
岡部「俺だ! 大変なことになった。機関の奴らが我がラボメンに洗脳工作を施していたのだ!!」

紅莉栖「ハロー?もしもーし?マッドキノコニストの鳳凰院さーん?」

岡部「ああ、そうだ。口に出すだけでも穢らわしいが……たけのこの里など……くっ!大切なラボメンを、奴らめ!!」

紅莉栖「うわ、きのこの山ばっかり10箱も買ってきてる。こんなお金の使い方するならイミフなガジェット作ってた方がまだマシよ」

岡部「……何っ、俺が脱洗脳を? しかし、俺にできるだろうか? ……いや、判っているさ。できる、できないではなく「やる」のだ!
    それが運命石の選択なのだからな。ああ、心配するな、俺に任せろ。 エル・プサイ・コングルゥ」



続きを読む

まゆり「紅莉栖ちゃんのクリちゃん・・・」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 21:26:39.50 ID:roIxnaEu0

紅莉栖「へ?」

ダル「百合フラグと聞いて」ガタッ

紅莉栖「黙れHENTAI! ま、まゆり? いったいどうしちゃったの?」

まゆり「特に意味はないんだけどね? なんだか面白いなーって思って」

紅莉栖「なんだ、そういうことだったのか……」

岡部「クリスティーナよ……お前はなにを想像したというのだ? この俺に言ってみィるがいい!」

紅莉栖「おのれはいつもいつも……!」

岡部「なァーに、別に変なことを考えていなければ言えるのであァーろう?
    つまり、クリスティーナは天才HENTAI少女ということなのかァ?」

紅莉栖「そんなわけあるか、そんなわけあるか! 大事なことなので2回言いました!」

ダル「牧瀬氏牧瀬氏、その考えたことについてkwsk……」

紅莉栖「黙れっ!HENTAIがっ!」



続きを読む

ダル「オカリンにだったら僕…いいお」

※濃厚なホモ注意



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 07:14:42.12 ID:IQXMq2H90

そう言うとダルは俺の前でその豊満な肉体を露わにした
蒸し暑いラボに居てヌラヌラとしたその体は俺の目にとてつもなくいやらしく映った。
だが俺とダルはあくまで友人関係でありそして…だがダルは男だ。
俺がダルにこんな感情を抱くなんて思わなかったんだ…
そしてまさか今ダルとベッドで一緒に寝ているなんて誰が思うだろうか

反対側を向いていた巨体の男はこちらに向きなおす。
その拍子にダルの胸が揺れる ――いやらしい。――嫌らしい。――厭らしい。 いやらしくてたまらない…
今すぐにでもその胸を揉みしだき、その乳首に舌を這わせ舐め回したい。
その綺麗な身体に優しく包まれたい。そんな考えが頭をよぎる。

岡部「ダ…ダルよ…」

ダル「う…うん…」

岡部「俺はお前と…」

岡部「セックス…したい!」



続きを読む

岡部「俺にだって性欲はあるんだよ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/01(土) 00:29:41.27 ID:3DJ//7WU0

これは・・・あったかもしれない物語・・・


岡部「もう限界だ・・・もぉう限界だ!!」 フゥーッ!フゥーッ!

岡部「毎日毎日、女共(+α)に囲まれて
我慢できるかよ!!」 フゥーッ!フゥーッ!

岡部「まだラボメンが三人だけの時はよかった!
二人が居ない時に隠れてオナる事が出来たからな!!」

岡部「だが、今はその隙がまったくないッ!!」 バンバンッ!

岡部「『さあ始めるぞ』って時に
決まって、必ず誰かが入って来るんだ!!
お前らは俺のカーチャンか!!」 クワッ

岡部「だから・・・俺は悟った!!
オナ○ーがしたいなら
気にせずすれば良いじゃない!!」 ドヤァ



続きを読む

岡部「ダルよ」ダル「なに?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 16:40:11.03 ID:xBs+KCXBO

岡部「助手のストッキングをビリビリに破りたいと思わないか?」

ダル「あぁ分かるかも。内モモの辺りをビリビリに破りたいね。」

岡部「ほぅ‥、ダルは内もも派か。」

ダル「オカリンはどこ派?」

岡部「俺は太ももの後ろだな。」

紅莉栖「聞こえてるぞHENTAI共!」



続きを読む

【シュタインズ・ゲート】岡部「このラボメンバッチを授ける!」真帆「え、いらない」【後編】




171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 19:54:31.87 ID:hc/Puqu00

     19

 比屋定真帆 自室

真帆「アマデウスをデリートする」

真帆(…………)

真帆(言葉にすれば、たったこれだけの事なのよね。それなのに、どうしてこうも踏ん切りをつけられないんだろう)

真帆(紅莉栖たちの話を信じるのなら、それなら私は自分のアマデウスをデリートすべき)

真帆(だってそうしなければ、今ここでこうしている私がこの世界から消え失せてしまうのだから。だから……)

真帆(迷うことなんて、何もないはずなのに)

真帆「本当、私ってダメね」

真帆(いつもこうだ。ここ一番という大舞台では、いつも気持ちがどっち付かずの宙ぶらりんになってしまう)

真帆「ふぅ……」

真帆(私の中にあるらしい、私の知らない私の物語。レスキネン教授に言わせると、空を飛んだり時間を飛び越えているらしい、そんなどこかにいた私)

真帆(だけど私には、そんな記憶なんて一切ない)

真帆「だから実感が沸かない……なんて、下手な言い訳よね」

真帆(決めてしまえば楽なんだろう。消すにしろ、消えるにしろ。どちらかを選んでしまえば、それで楽にはなれるのだと思う。だけど……)




続きを読む

【シュタインズ・ゲート】岡部「このラボメンバッチを授ける!」真帆「え、いらない」【前編】




1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/01(日) 03:12:25.12 ID:lo4gwy6N0

シュタゲSSでございます

・SG世界線到達後
・比屋定真帆が主人公で彼女がラボメンになるまでのお話
・当然ながらネタバレ注意です
・捏造設定の嵐なので 苦手な方はご注意を
・スレたてとか初めてなので失礼あれば指摘してやってください
・ゼロの真帆ルートを知っていたほうが少しだけ分かりやすい部分があるかも?
・気が向いたとき更新タイプです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530382344




続きを読む

紅莉栖「プリンを返せ」岡部「」

1: 123 2011/09/25(日) 22:39:34.20 ID:74yQ8ChB0

紅莉栖「岡部、牧瀬プリンを返せ!!」オドリダス

岡部「おい!!紅莉栖!!」

紅莉栖「プリンプリンプリンプリンプリンプリン」

岡部「これが牧瀬プリンダンス・・」

右手と左手を交互にあげる究極のダンス

岡部「なんだよこれ・・なんだよこれ!!」



続きを読む

岡部「まゆり!どこだ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 17:47:40.87 ID:mLwtycKG0

まっちょしぃ「ここだよ~オカリン」

岡部「そこにいたのk」

まっちょしぃ「ん~??どうしたのオカリン」

岡部「」

岡部「クソ!こんな世界認めない!跳べよおおおおぉぉぉ!!!」

まっちょしぃ「行ってしまったか・・・・ヌンッ!」

岡部「くっ…」

まっちょしぃ「ねえオカリンオカリン」

岡部「ど・・・どうして」

まっちょしぃ「我が拳は最高の高みへと上り詰めた我が拳は世界線と言う
       壁を突き破ったのだ・・・」

岡部「」



続きを読む

ダル「ポケモンで勝てば『…』だと…!?」フェイリス「だニャ!」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/25(火) 17:58:32.93 ID:s31zT07w0

~ある日の午後・メイクイーン内~

フェイリス☆ 3 - 0 ほうおういん

岡部「ぬわぁんだとぉぉおおぉ!?」

フェイリス「キョーマ…毎回大読みし過ぎなのニャ…」

紅莉栖「そんなガチパ使ってカモネギに三縦されるのはどうなのよ?」ニヤニヤ

フェイリス「カモニャンをなめたらダメなのニャ」

ダル「カモニャンwwwカワユスwww」

岡部「我が気高き飛竜達がこのような醜態を晒すはずが…」

ダル「カモネギに起点にされる無敵の飛竜ボーマンダwww」

岡部「えぇい、黙れぃ!あれは夢特性などというふざけた要素が悪いのだ!」

フェイリス「威嚇はおいしく頂いたのニャ!」




続きを読む

紅莉栖「デレデレ本音ちゅっちゅメール……略して『DCメール』?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/14(水) 18:57:02.69 ID:inYn0eM60


紅莉栖『何よそのとんでもなく恥ずかしいネーミングは! ありえない! 却下! 橋田のHENTAI!』ムキー


ダル「――なんて牧瀬氏はムキになってたけど、僕は紳士としてこの名前を推すのであります!」

ダル「どうなんですかオカリンこと岡部氏っ!」

岡部「……ふむぅ、なるほど。人間の心の声をメールにして届ける装置か」

ダル「ま、さっき牧瀬氏が実験やってたし、まだ調整中なんですけれどもね」

岡部「フハハッ、いやいや実に感心どぅぁあ~~この俺がいない間にもガジェット開発とはなぁ!」

岡部「まさに我が不遜なる狂気のオーラがお前たちにそうさせてしま……って、肝心の助手はどこだ?」

ダル「あー、牧瀬氏なら今」

ブゥーーン

岡部「いや待て、メールが……」


  from 紅莉栖
  sub
 
  帰ったら岡部いるのかな……はやく会いたいよぅ、おかべ……///
 

岡部「」



続きを読む

岡部「マラソン大会だと?」フェイリス「にゃ♪」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/30(火) 04:34:01.86 ID:el9/4b+10

フェイリス「メイクイーン+にゃん2主催でマラソン大会を開くのにゃ♪」

岡部「ほう、それは健康的でいいな」

フェイリス「もちろん凶真も参加するにゃ?」

岡部「その日はちょっと……」

フェイリス「まだ日程を言ってないにゃ……」

岡部「と、とにかく俺はそういった行事には参加せんぞ!」

フェイリス「優勝者には商品も出るのにゃ!!」

岡部「そんなもので俺の心は動かん!」

フェイリス「なんと優勝者にはフェイリスと一日デート権が与えられるのにゃ!!」

岡部「ほう」

フェイリス「ちなみに副賞は金一封にゃ♪」

岡部「よし、日程を教えろ」

フェイリス「にゃにゃにゃ……フェイリスとデートよりお金かにゃ……?」

岡部「我がラボは資金難でな。仕方あるまい!!」



続きを読む

岡部「俺は呪われているのかもしれない…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/23(金) 18:50:10.11 ID:8FCiWYYw0

――2013 9/17 15:43――

~秋葉原のとあるカフェ~

紅莉栖「おまたせ。岡部はアイスコーヒーでよかったわね?」

岡部「……」

紅莉栖「それにしても、久しぶりの秋葉原もだいぶ変わったわね。ラジ館が新しくなっちゃたのはびっくりしたわ」

岡部「……」

紅莉栖「ねえ。私たちってさ、その…そろそろ付き合い始めて長いじゃない?」カミノケ サワル

岡部「……」

紅莉栖「お、岡部も来年で卒業だし、私も研究が一段落ついてね、それで、その…」カミノケ イジイジ

岡部「……」

紅莉栖「ま、ママも岡部のことは気に入ってるし、論文の特許で当分ならお金の心配もなくって…。
    いや、何考えてんのよ、私! まだ早すぎ――え、ええと、私が言いたいのは…」カミノケ クルクル

岡部「…紅莉栖」

紅莉栖「だから、私としてはそろそろ…え? 何?」



岡部「別れないか?」



続きを読む

岡部「紅莉栖にお○ぱいビンタを敢行する」

1 :下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 22:09:30.24 ID:UQLtKZtP0

岡部「あの生意気な助手め……このラボの支配者が誰であるのか分からせなければなるまい」

岡部「ただ分からせるだけでは腹の虫がおさまらん、なにかいい方法はないものか」

岡部「相手に屈辱を与えるものと言えば……おっぱいビンタしかあるまい」

岡部「ではさっそく資料を」カタカタ

岡部「おっ…………これは!」

?30分後?

岡部「……ふぅ」

岡部「なるほどな、しかしこれは相当乳がでかくなければ難しいぞ」

岡部「ちょっと測ってみるか」

岡部「トップがこのくらいで、アンダーは……!!」

岡部「アンダーの方が数値が上だと!?」

岡部「つまり腹が出ているということになるな……」

岡部「よし、まずは腹筋でもして腹を凹ませるか」

岡部「みんなも付き合ってくれるか?」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)