ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


渋谷凛

渋谷凛「ゴースト レイト」




1: ◆TOYOUsnVr. 2020/07/04(土) 22:33:03.95 ID:4if+2Hlr0


嫌な空気の夜だった。真綿で首を絞められているかのように呼吸がしにくかった。
空にはどんよりと重たい雲が浮かび、月も星も見えない。
現在私がいる場所が神社というのもあって、言いようのない気味の悪さが漂っていた。
唯一の光と言えば本殿の賽銭箱の上で、ちかちかと明滅している頼りない電灯のみで、それがいっそう私の気分を落ち込ませる。
胸の内に滞留しているもやもやとした不快な何かを乗せるように、はぁ、と息を吐いた。

「こういう日も、あるよ」

背後から、優しく温かい声が届く。「うん」と力なく返事をして見やれば、そこには柔らかな笑みを浮かべたスーツ姿の男、アイドルである私のプロデュースを担当してくれている彼、プロデューサーがいる。

「失敗は誰にでもあるし、普段は簡単にできることがどうしてか上手くいかない、なんて日もある」
「うん」
「だから気にするな、とは言わないけど」

彼は一歩を踏み出して、私の隣に並ぶ。
そうして「凛」と短く私の名前を口にして「ちょっと話そうか」と続けた。

私が肯定も否定も返さずにいると、彼はそれを肯定と受け取ったのか本殿の方へと歩き出して、石の階段に腰かける。
自身の隣の空間をぽんぽんとしているのを見るに、こっちにきて座れ、ということらしい。
素直に私はそれに従って、彼の隣に腰かける。
ややあって、彼が口を開いた。

「凛はさ、こういうこと考えたことある?」
「……?」
「もし、自分をプロデュースしているのが俺じゃなかったら……違う人だったら、って」
「ない、けど」

けど、プロデューサーが担当しているのが私じゃなかったら、ということなら、ある。
喉元まで出てきた言葉をぐっと飲みこんで、再び私は「ない」と繰り返した。

「俺はね、あるんだ。凛がもっと、才能も実力もコネクションもある人に担当されていたら、って」
「……」
「そうしたら、きっと凛はもっともっと早くに曲をもらっていただろうし、大きなライブも俺と一緒に活動するより一年は早くできたんじゃないか、とか。……そういうこと、何年か経った今でも未だに思う」
「…………そっか」

私が思っていたこととほぼ同じこと彼が言うものだから、びっくりしてしまう。が、同時に温かい気持ちにもなる。
なんだ、似た者同士だ。

「でも、こうも思うんだ」
「ん?」
「やっぱり凛をプロデュースするのは俺がいいな、って」
「……生放送で、失敗しちゃうアイドルでも?」
「もちろん」

少し照れくさそうに彼は口角を上げて「凛じゃなきゃ嫌だぜ」と平常とは異なる口調で、私の肩を小突いてくる。
それだけの単純なことなのに、気付けば私の気分は随分と軽くなっていて、魔法みたいだ、と思う。
すっかり晴れやかな気分になった私は、軽い冗談のつもりで「私は別に、プロデューサーじゃなくてもいいかな」とおどけて彼を小突き返した。

「えー」

わざとらしく悲しそうな顔を作って、プロデューサーは立ち上がり「さて、そろそろ宿に戻ろうか」と歩いて行く。

その後ろ姿を最後に、プロデューサーは、消息を絶った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1593869583




続きを読む

【モバマス】P「猫を飼い始めたんですよ」

SS速報VIP:【モバマス】P「猫を飼い始めたんですよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593862877/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/04(土) 20:41:17.16 ID:7jKqaIFBO

P「5歳の猫なんですけどね。もう最強に可愛くて」

ちひろ「いいですねぇ。写真とかないんですか?」

P「もちろんありますよ、動画も。観てくださいこれ」

ちひろ「きゃー茶トラ! 可愛いー!」

P「でしょう」

ちひろ「動画は? 早く観せてください!」

P「ちょっと待ってくださいね」

ちひろ「……はっ!」

ちひろ(後ろからすごい圧を感じる)


凛・まゆ・響子・藍子「……」ゴゴゴゴゴ


ちひろ(あれはPラブ勢の一角!? なんであんなに真に迫って……あっ、そうか! 犬や猫などのペットは恋愛の敵!)

ちひろ(ペットを愛ですぎて、恋人を作る気がなくなるというのはよく聞く話。だから危機を感じてるのね)

P「ほら、ちひろさんこれですよ」

ちひろ「きゃーー! お腹見せてるー! ボールで遊んでるー!」

P「可愛いでしょう」

ちひろ「めちゃくちゃ可愛いです。また写真動画撮ったら見せてもらえますか」

P「いいですよ」

ちひろ(でもプロデューサーさん、気をつけてくださいね。猫に気をとられ過ぎるとアイドルたちがヤバいですから)

ちひろ(……というのを声にして忠告したほうがいいんだろうけど)

P「ふふ、いやあ本当に世界一可愛い。今日は早く帰らないとな」

ちひろ(この状態じゃ、どれだけ言ってもメロメロね)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1593862877




続きを読む

【モバマス】美嘉「みりあちゃんと無人島で二人きりの『楽園(エデン)』を創る★」




1: ◆IF5x66v7sHqD 2020/06/17(水) 06:50:07.25 ID:9enGdXIRO

【とある無人島】


ザァァァッ……ザザァァァ……(波の音)


美嘉(ああ、ついに!ついに来てしまった!!)


みりあ「わぁ~!この島ホントにみりあと美嘉ちゃん以外誰もいないんだね☆」


美嘉(みりあちゃんと!!無人島に!!!二人っきりで!!!!)ハァハァ///

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1592344207




続きを読む

【モバマス】P「あっ…やっちまった」

1: 名無しさん@おーぷん 20/06/13(土)21:27:22 ID:5B3

P「あっ…やっちまった」

ちひろ「どうしました?」モグモグ

P「弁当忘れちゃいました。せっかく作ってくれたのに…」

ちひろ「例の彼女さんですか?」

P「えぇ。…っと、電話だ」ピッ

P「はい。うん、うん」

ちひろ(彼女ねぇ…)モグモグ

P「いや、ほんとごめん。うっかりしてた」

ちひろ(Pさん、仕事三昧なのにどこで出会ったんだろ)モグモグ



続きを読む

【モバマス】加蓮「ザ・クイズショウ?」

SS速報VIP:加蓮「ザ・クイズショウ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591958084/



1: ◆twvOK8mV6U 2020/06/12(金) 19:34:44.51 ID:ZeVBIg7K0



——————『はあっ、はあっ、はあっ……!』
—————『……プロデューサー……!』

————『プロ、デューサー…?』
———『……………そんな』






『……リ…リリリ……』

ジリリリリリリ!!!!
加蓮「!!」

加蓮「…………夢か」


加蓮「………行かなきゃ。仕事」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1591958084




続きを読む

【モバマス】加蓮「猫の夢」

SS速報VIP:【モバマス】加蓮「猫の夢」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591896653/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/12(金) 02:30:53.87 ID:G9NWf5Fu0

キャラ崩壊



加蓮「猫になっちゃった」ニャーン

加蓮「猫になっちゃったからアイドルやめないとなぁ……学校もやめなきゃいけないしマクドナルドにも行けない」

加蓮「アイドルやめちゃったらプロデューサーに会えない……」

加蓮「っていうかそもそも猫になっちゃったから私だって気付いてもらえないじゃん……やだなぁ……やだぁ……」

P「加蓮が猫になっちゃってる」

加蓮「私だって分かるの?」

P「当たり前だろ?俺は加蓮のプロデューサーだぞ?ほら、俺の家で一緒に暮らそう」

加蓮「にゃーん」ニャーン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1591896653




続きを読む

【モバマス】ちひろ「嫌われ薬を飲んだはずのモバPが生き生きしてる」

SS速報VIP:ちひろ「嫌われ薬を飲んだはずのモバPが生き生きしてる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591134546/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 06:49:06.50 ID:VIsBNzX00

モバP「やーれやれやれ、やーれやれってか。「飲んだら異性からありえないほど嫌われる薬」なんて飲ませるなんてひどいや」

ちひろ「話しかけないでください。気持ち悪いです」

モバP「へぇ~、ちひろさんにも悪くなる気持ちがあるとは思いませんでしたよ」

ちひろ「…あ?」

モバP「いやぁ、血も涙もなければ、心とか気持ちもないのかな、って思ってただけですよ。同僚達が皆ちひろさんのお陰で破産しちゃって、当初は50人いたプロデューサーも俺1人だけですし」

ちひろ「はぁ…何で貴方のような人だけ残ったんですかね。私は今、貴方なんかと一緒に居たくないのに」

モバP「鬼!悪魔!ちひろ!ってよく言いますけど、鬼と悪魔も貴女と同列に並びたくはないと思いますよw」

ちひろ「…それ以上何か言ったら、訴えますよ」

モバP「よく言えましたねぇ。詐欺まがいの商売で荒稼ぎしてる人の台詞とは思えませんでしたよ。ま、そろそろ営業に行ってきますよっと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1591134546




続きを読む

島村卯月「赤点スマイル」

SS速報VIP:島村卯月「赤点スマイル」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590822615/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/30(土) 16:10:16.25 ID:f72iGyZX0


アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作SSです

よろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1590822615




続きを読む

【モバマス】待って。まだダメ

1: 名無しさん@おーぷん 20/05/21(木)09:06:50 ID:iI5

――シンデレラの朝は早い

ピピピピ

「ふぁ~」

「今、何時ぃ?」



「……スピスピ」



愛梨「って、起きないと!」



続きを読む

【モバマス】もしもし、そこの加蓮さん。




1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/25(土) 19:12:24.24 ID:63FTC/uF0



むかし、むかし。
ある病室に、一人の女の子が寝込んでいました。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1587809543




続きを読む

武内P「島村さんが私の?」卯月「お気に入りですよね!?」




1: ◆SbXzuGhlwpak 2020/05/10(日) 17:12:14.23 ID:aLnDTpB9O

注意事項

・武内Pもの

・武内Pもの




武内P(……気のせいではないようです)

卯月「……」チラ

武内P(最初は何かの間違いだと思っていたのですが……)

卯月「……」チラチラ

武内P(数日ほど前から、島村さんがチラチラと私を見るようになり――)チラ

卯月「……ッ!?」ガタッ

武内P「あの……島村さん」

卯月「ま、ママに電話するの忘れてました! ちょっと外に出ます!」バタバタバタッ

武内P「あ――」

武内P(目が合わさると今のように慌てて離れてしまいます)

武内P(何か私が気にさわることをしてしまい、嫌われて避けられているのかとも考えましたが……)

卯月「……」コソコソ

武内P(私だけしかいない部屋にこうして戻ってくるので、避けられてはいないようです)

武内P(悩み事があるものの、なかなか言い出せずにいるのでは……)

武内P(ここは多少強引にでも!)ガタッ

卯月「プロデューサーさん?」


ズン、ズン


卯月「……え、あの?」アトズサリー


ズンズン、ズン


卯月「プロデューサー……さん?」サラニアトズサリー


ズンズンズンズン


卯月「わっ」トンッ





島村卯月
http://i.imgur.com/ASJDXSm.png
http://i.imgur.com/i9kEV0w.png

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1589098334




続きを読む

北条加蓮「黒色の毛玉を監視する」我那覇響「なんだか視線を感じるぞ……」


アイドルマスターシンデレラガールズです。北条加蓮さんのお話です。
アイドルマスターです。我那覇響さんのお話です。

北条加蓮「金色の毛玉に懐かれた」星井美希「あはっ☆」
https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1556723735/l50


これの続きだったりします



続きを読む

【モバマス安価】森久保乃々「プロデューサーさんの背中に穴が....」【後編】




512: ◆bL5b7ovQmQ 2020/04/26(日) 22:30:28.43 ID:dcovwKI/0

りあむ「結果発表~!!!」

凛「突然うるさいよ....」

輝子「ゴミ捨て場のカラス一掃できそう....」

芳乃「千夜へのいくつかの質問で」

芳乃「わたくしたちの知らないいくつかの情報が出てまいりましたー」

凛「と言っても」

凛「私たちにとっては当たり前のことだったり」

凛「そもそも元から知らないことだったり」

凛「特におかしなところはなかったけど」



続きを読む

【モバマス安価】森久保乃々「プロデューサーさんの背中に穴が....」【前編】




1: ◆bL5b7ovQmQ 2020/04/14(火) 22:04:22.92 ID:HER5Oa0m0

~事務所~

P「はぁ~....」カタカタ

ガチャリ

乃々「お疲れ様です....」

P「あーいお疲れー」カタカタ

乃々「....」スタスタ

乃々「ふぅ....」ポスッ

乃々「....」

P「結構早かったなー」カタカタ

乃々「はい....」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1586869462




続きを読む

【モバマス安価】モバマスのエロい話【渋谷凛】




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/04/30(木) 22:19:32.12 ID:RhbGab3s0

渋谷凛で痴漢もの バスでも電車でもどちらでも



続きを読む

神谷奈緒「憎めない専務とクローネWeb会議」




1: ◆5AkoLefT7E 2020/05/03(日) 23:44:47.74 ID:u8vs15yO0


美城専務「あー、あー、マイクテストマイクテスト……」

専務「これは……繋がっているのか……?」

専務「弊社にもテレワークが導入されたが、どうにも慣れないものだな……」

専務「セキュリティ部署や情報システム課の働きには頭が下がる思いだ」

専務「それに比べて私は、部下にテレビ会議やらVPN接続やらを教えてもらう始末……」

専務「ふ……きっと、このようなところから、世の経営者は後進に道を譲る決断をするのかもしれないな……」

専務「情報化社会の波……それはアイドル事務所だろうと容赦ない……ということか……」

専務「はぁ……」

専務「……」

専務「私は貝になりたい」ボソッ

神谷奈緒「初っ端から暗いんだよ全部聞こえてるからな!!!」



――――――――――


前作
神谷奈緒「専務になっても憎めない」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1562944846/





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1588517087




続きを読む

【モバマス】凛「男の人は弱々しい女の子が好きなんだよ」未央「そうなの?」

SS速報VIP:凛「男の人は弱々しい女の子が好きなんだよ」未央「そうなの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1588173029/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/30(木) 00:10:29.30 ID:ElA5vWrb0

キャラ崩壊注意



P「なんか、悩み事とかないか?」

未央(プロデューサーは、唐突にそう言った)

未央「ん?別にないけど、なんで?」

P「いや、最近未央から弱音とか愚痴とか聞いてないな……って。そういうのため込んでるんじゃないかと」

未央「まぁ、アイドル始めたての頃はそういうのもあったけど……今は全然ないよ!大丈夫!」

P「あぁ……」

未央「……心配してくれてるの?」

P「余計なお世話だっただろうか」

未央「……ううん、嬉しいよっ」ニコッ

P「そっか。じゃあ俺は外回り行ってくるから」ガチャッ

未央「行ってらっしゃーい」ヒラヒラ


凛「おはよう」ガチャッ

未央「あ、しぶりん」

凛「未央は馬鹿だね」

未央「なんだと」

凛「どうしてさっき適当な悩み事をでっち上げなかったの」

未央「どうしてでっち上げる必要があるの」

凛「はぁーやっぱり未央は分かってないね」ヤレヤレ

凛「男の人は弱々しい女の子が好きなんだよ」

未央「そうなの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1588173029




続きを読む

渋谷凛「高峯のあの事件簿・星とアネモネ」




1: ◆ty.IaxZULXr/ 2020/04/29(水) 19:08:36.73 ID:+FOtccNe0


あらすじ

少女は星と出会う。そして、夜が明ける。

前話
井村雪菜「高峯のあの事件簿・高峯のあの失踪」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570101339



あくまでサスペンスドラマです。
設定はドラマ内のものです。
グロ注意。

それでは、投下していきます。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1588154916




続きを読む

渋谷凛「しゅわしゅわ」




1: ◆TOYOUsnVr. 2020/04/26(日) 17:59:01.24 ID:wquxKVH70



室外機が巻き上げる、むわりとした風を足で浴びる。
通常であれば心地良いとは言い難いそれも、今はなんだか特別な気がした。

車を回してくるから待っていて、と担当のプロデューサーが出て行ったのが数分前。
蚊にさされちゃうから中にいるように、とも言われていたが、私はそれを無視して夜空を眺めていた。

ふー、と息を吐いて、両手をめいっぱい伸ばす。
バンザイの恰好になって「んー」と声を漏らせば、全身に漂っている疲労をようやく自覚する。

「終わっちゃったな」

誰に宛てたわけでもない言葉は夜に溶けて消えていく。

今日は私の、アイドル渋谷凛の、初めての単独ライブだった。
イベントの出演者の一人でも、誰かの前座でもない、来てくれたお客さんは全部、私を見るために来ている、私だけのためのライブ。記念すべきその一回目が、ついさっき、終わった。
全力で歌って、踊って。
たどたどしくはあったかもしれないけれど、ステージの上からファンの人たちに声を投げて、ファンの人たちもそれに応えてくれて。

夢のような数時間だった。

あの瞬間をもう一度。
次はもっと上手く歌おう。
もっと上手く踊ろう。
もっと上手く話そう。
もっと、もっと。

気付けば、そんなことばかりを考えている私がいて、笑ってしまう。

ああ、私。
アイドルに夢中になっちゃったんだ。

こんなこと、私の担当のプロデューサーであるあの男に伝えようものなら「今更?」と小ばかにしたような笑みが飛んでくること請け合いだけれど、どうしてか今はあの顔が恋しかった。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1587891541




続きを読む

【モバマス】凛「Linkラジオ、凛と続くよ」


 
凛「……プロデューサー。そろそろ本番だね」

凛「そうだね……緊張はしてる。初めての公開だし」

凛「大丈夫大丈夫、プロデューサーがいるんだから」

凛「いざというときは、何とかしてくれるんでしょ?」

凛「頼りにしてるよ。行ってくる」

凛「しっかり、私のこと、みててね」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)