SS速報VIP:地球の守り方 (オリジナル百合)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440764506/



1: ◆/BueNLs5lw 2015/08/28(金) 21:21:46.94 ID:eEhKDdlx0

百合 エロ
なんでもこい人向け
短い
ヒーロー系


とある研究室


博士「できたぞ! これで奴らに勝てる!」

熟女レッド「これで私たちもう戦わなくて済むんですね」

熟女グリーン「最近四十肩がひどくてねえ」

熟女イエロー「あら、でも慶子さんもうすぐ60でしょ? じゃあ五十肩だわ」

熟女グリーン「正代さん、年齢を口にするのは失礼じゃないのかい。あんただって、もう50だろ?」

熟女レッド「まあまあ」

熟女グリーン「千鶴さんはまだ30代だものねえ、閉経だってまだ迎えてないでしょう。大変なことで」

熟女イエロー「そろそろ更年期に差し掛かる頃かしら」

熟女レッド「い、いえ私も最近腰痛がひどくて……」

博士「ええーい! お前ら! 時給1,500円もやっとるのに少しは大人しくせんかい!」

熟女イエロー「博士、そろそろ子どもお稽古の時間だから帰っていいかしら」

博士「ダメじゃ!」

熟女イエロー「ピアノのレッスンに遅れると、他の子達から引き離されてしまうのよ。そうなったら、博士責任とって頂ける?」

博士「こ、これから新たにブラックとホワイトを見つけにいくのじゃ! そやつらの雇用に成功したら、お主らは晴れて引退できる」

熟女レッド「え……クビってことですか」

博士「うむ」

熟女レッド「こ、困ります……。うちは生活がかかってるんです」

博士「し、しかし世間一般のエイリアン退治の重要は徐々に若い者に移行しつつある……30代以上のヒロインは経験豊富ではあるが……体力がない」

熟女レッド「そ、それは……」

博士「最近のお主らの戦闘時間を知っておるか? 徐々に長引いておる。その分だけ、街や人に被害が出てしまうんじゃ」

ぴこーん!
ぴこーん!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440764506




続きを読む