ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


王様「全裸で歩くのにハマった」

SS速報VIP:王様「全裸で歩くのにハマった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490031602/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 02:40:03.12 ID:dWXDWwZLo


城――

王(商人たちに騙され、裸で町を歩くはめになってしまって以来……)

王(全裸で町を歩くのにすっかりハマってしまった!)

王「よぉ~し、今日も出かけるぞぉっ!」



召使い「い、行ってらっしゃいませ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490031602




続きを読む

剣王「戦争するぞ!」槍王「よかろう!」弓王「面白い!」斧王「受けて立つ!」

SS速報VIP:剣王「戦争するぞ!」槍王「よかろう!」弓王「面白い!」斧王「受けて立つ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489923169/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 20:32:49.87 ID:LzvMAe0Ho

――ウェポン大陸 四ヶ国会議――

剣王「この大陸の国同士は、長らくにらみ合いや小競り合いを繰り返してきた……」

剣王「だが、そんな日々にはもう終止符を打とうではないか!」

剣王「我らのどの国が大陸を統一するか、戦争で決めようぞ!」

槍王「よかろう! こういう日が来るのを待っていたのだ!」

弓王「面白い! 国民もそれを望んでいる!」

斧王「受けて立つ! 斧の恐ろしさ、思い知らせてくれる!」

剣王「ウェポン大陸三国志の幕開けだぁっ!」

槍王「おう! 三つ巴の合戦だ!」

弓王「ウェポン大陸三王会戦だぁっ!」

斧王(ん……? 一ヶ国足りないような……いや、気のせいか)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489923169




続きを読む

王「ええい、我が軍は一体何をしておるのだ!」

SS速報VIP:王「ええい、我が軍は一体何をしておるのだ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486639910/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/09(木) 20:31:50.41 ID:Uq+2XrDSo



王「一方的にやられてばかりではないか!」

側近「畏れながら・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486639910




続きを読む

王「や、やきゅー……?」勇者「はい、野球です」

SS速報VIP:王「や、やきゅー……?」勇者「はい、野球です」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483764614/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/07(土) 13:50:15.25 ID:zMfdCQrro

王「そ、その野球とやらは、いったいなんなのじゃ?」

勇者「球技です」

王「……すまぬ勇者。その、球技についても」

勇者「ボールを使ったスポーツです」

王「すまぬスポーツもボールもまったくわからぬ!!」

勇者「わかりました。順を追って説明しましょう」

王「うむ、その前にな」

勇者「?」

王「それが魔王討伐の旅にどのような影響が」

勇者「それはお聞きいただければわかります。少しお時間を」

王「ほ、ほお……」

勇者「スポーツというのは、人間の身体技能を使った遊びになります。走ったり、跳んだり、投げたり、という動きなどのことですね」

王「ふむ、以前城で行った剣技大会みたいなものか?」

勇者「そのような感覚ですね。剣ひとつでも、相手を倒すことを第一の目的としたり、反対に一人だけで剣を振って、その型の美しさを競ったりなど、様々な側面から楽しむことができますよね」

勇者「野球は『ボール』という球体を投げ、それを人間の半身の長さほどの棒、『バット』で打ち返す。この動作が流れの軸となるスポーツになります」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483764614




続きを読む

少女「『わがまま王様と悪い魔女』」

SS速報VIP:少女「『わがまま王様と悪い魔女』」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467900438/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 23:07:18.48 ID:zJnoMDvlo


 むかしむかしあるところにわがままな王様がいました。
 わがままな王様はとにかく気まぐれで、いつも自分勝手なことばかり言ってはみんなを困らせていました。

 例えばある時は……


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467900438




続きを読む

ミノタウロス「あなたの息子にして下さい」王「え!?」

SS速報VIP:ミノタウロス「あなたの息子にして下さい」王「え!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462364415/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 21:20:15.74 ID:jlHFSEzdo

<城>

王「おぬしをワシの息子に……!?」

ミノタウロス「はい、養子にして下さい」

王「なぜだ? まさか、将来的には王位を継ぎたいとか……」

ミノタウロス「いえ、そういった野心はございません」

ミノタウロス「王様の息子にしていただければ、私は満足なのでございます」

王「ふぅ~む」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462364415




続きを読む

勇者「投獄されたので安価で世界に復讐する」

SS速報VIP:勇者「投獄されたので安価で世界に復讐する」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461832673/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 17:37:53.78 ID:36NG4T5Xo

勇者「勇者である立場を利用して女の子を抱きまくってたら牢屋に入れられた」

勇者「命をかけて戦ってんのに子孫を残そうとして何が悪いんだよ」

勇者「おっと、あそこに脱獄に役立ちそうな>>2が」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461832673




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 17:38:41.74 ID:bJF0seeN0

フォーク



続きを読む

王「では託宣の勇者よ、装備を受け取り魔王討伐に旅立つがよい!」勇者「チェンジで」

SS速報VIP:王「では託宣の勇者よ、装備を受け取り魔王討伐に旅立つがよい!」勇者「チェンジで」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460463767/



1: ◆qgBybRRn7IKS 2016/04/12(火) 21:22:47.85 ID:A/JtKewSO

王「………は?」

勇者「いえ、この装備です。チェンジで」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460463767




続きを読む

姫「私の初恋と記憶の中の貴方」

SS速報VIP:姫「私の初恋と記憶の中の貴方」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456125177/



1: ◆WnJdwN8j0. 2016/02/22(月) 16:12:57.68 ID:FFb1ekh20

「俺のお嫁さんになってください」


それは、遠い昔の記憶。
まだまだ子供だった頃の2人が交わした、誰も知らない約束。

「俺はもう国に帰らなくちゃいけないけど――」

あの子と別れる日、私は泣きながら嫌だとワガママを言いました。
だけどあの子は私の指に、ハートの指輪をはめてくれました。その指輪は、あの頃の私の手には、かなり大きかったのだけれど。

「お揃いの指輪。これに誓って、絶対迎えに来るから――」

その言葉で私は涙をこすって、笑顔を作ったのです。

姫「迎えに来てね…ぜったい、絶対に!」


それが、私の初恋でした――



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456125177




続きを読む

魔王「ワシの部下には武人と卑劣漢がいる」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/23(火) 00:51:32 ID:N7xzjaW2

~ 魔王城 ~

魔王「我が栄えある二大幹部よ!」

武人「はっ!」

卑劣漢「ハハーッ!」

魔王「次なる任務を与える。武人はヤラーレ王国、卑劣漢はカーマセ王国を攻略してくるのだ!」

武人「はっ!」ババッ

卑劣漢「必ずや成し遂げてみせます……」ニヤ…



続きを読む

勇者「パーティーでのカーストが最下位でつらい」

SS速報VIP:勇者「パーティーでのカーストが最下位でつらい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454152849/



1: ◆WnJdwN8j0. 2016/01/30(土) 20:20:49.32 ID:O+DFJ7tW0

>ある町の教会


勇者(あぁ神様、どうかお願いします……)

夜、人気のない教会で手を組み祈っていた。
故郷から旅立って3日目、彼女はまだ新米の勇者である。

勇者「神様、どうか私を…」


勇者「私を勇者の座から下ろして下さい!!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454152849




続きを読む

或る地図描きの話

SS速報VIP:或る地図描きの話
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454504135/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 21:55:36.35 ID:P/3dHwJEo

長編書いてる間の息抜きに書いてる話



社国。私は善国を出て一番近い国に向かっていた。

どうしても興味が抑えられなかった。

小さい頃から冒険に憧れていた。

国の外に興味を向ける人間なんて、大人も含めて私だけだった。

大人が話す昔話。昔立ち寄った旅人が語ったという、自分で見聞きしたわけでもない、伝聞。

私はそれが本当のことか、自分の目で確かめてみたかった。

陽が顔を出すと同時に国を出たにも関わらず、陽はあと少しで折り返そうとしていた。

旅人の語った事は嘘だったのか。それとも、大人たちが適当に話を作ったのか。

そう思い始めていた時に、ようやく、赤い建造物が見えてくる。森のなかに道が続いており、点々と赤いそれは建っていた。

「これが、社国」

異様だった。社国に踏み入るとそれは更に増す。何かに見守られているかのような感覚だ。

温かい。落ち着く雰囲気。

「ようこそおいでくださいました。旅人様」

呆然と空を見上げながら歩いていると、急に声をかけられる。慌てて振り返ると、見たことのない服を着た女が掃除をしていた。

「見たことのない服だね」

素直に感想を述べる。女は軽く微笑む。

「巫女装束と申します。社国の正装なのですよ。もし宜しければご案内致しましょうか?」

女の申し出を丁寧に断る。

私は自分の目で、その国を見たい。礼を言い、その場を後にする。

そのまま赤い門をくぐって行くと、大きな木造の建造物の前に出た。

圧倒。

言葉も出なかった。こんなに……。言葉で表そうと思ったが、思いつくものは全て陳腐で、表す言葉がなかった。巫女装束を着た女があちらこちらにおり、忙しなく動いている。

それもまた、美しかった。動きの一つ一つが綺麗だった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454504135




続きを読む

少年エルフ「進路相談?」


これはハーフエルフの少年と彼に育てられた人間の娘の話

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446261385




続きを読む

姫「ボクの名は姫! 誇り高き勇者の血を受け継ぐ者!」

SS速報VIP:姫「ボクの名は姫!  誇り高き勇者の血を受け継ぐ者!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448096647/



1: ◆WnJdwN8j0. 2015/11/21(土) 18:04:07.23 ID:LnoxrNYl0

かつて魔王を討ち、世界を救った勇者は、その後国を興した。
その国は世界の平和を目標に掲げ、人々の支持を集め発展していった。

そして建国から200年後――


兵士「兵士長殿、ウルフの群れが街に向かっているとの事です!」

兵士長「餌を求めてやってきたか…しかし人間を食わせるわけにはいかん。すぐ避難勧告を出し、部隊出動するぞ!」

兵士「はっ!」


滅多にない非常事態にも関わらず、兵士達に焦りはない。
この平和な時代においても彼らは戦闘訓練は怠らず、彼らは『勇者の国』兵の名に恥じぬ自信と実力を誇っていた。

だが――

執事「失礼致します」

兵士長「執事さん、 どうした」

執事「はい…実は姫様が……」

兵士長「………は?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448096647




続きを読む

先代勇者「あの時のツケがやってきたか…」

SS速報VIP:先代勇者「あの時のツケがやってきたか…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442403178/



1: ◆WnJdwN8j0. 2015/09/16(水) 20:32:58.56 ID:zjwa/9Ee0

よくある話だが、この剣と魔法の世界に魔王が現れた。
そして、これまたよくある話だが、王様は魔王の元に勇者を送ることになったのである。

王「期待しているぞい、現勇者よ」

現勇者「は、はい王様…か、必ずや魔王を討ちとって…」ガチガチ

王「ほっほ、そんなに怖がる必要はない。のう、先代よ」

先代「はい、現勇者は我が指南所いちの剣の使い手です」

王「先代の勇者がこう言っておるのだ、お主は太鼓判を押されたも同然じゃ」

現勇者「は、はい! 先生…俺、先生の顔に泥を塗らないよう頑張ります!」

先代「…あぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442403178




続きを読む

勇者「王様ウザいよな」魔王「そうだな」

SS速報VIP:勇者「王様ウザいよな」魔王「そうだな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440981813/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 09:43:34.08 ID:vbjg1cAu0

魔王の部屋

勇者「王様さ、ウザくない?」

魔王「そうだな」

勇者「勝手にこの俺を勇者だって決めつけてさ、100Gと棒1本持たせてさ、冒険に出すとか」

勇者「最低だろあいつwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

戦士「俺は勇者より早く冒険に行かされたけど同じだった…」ハア

僧侶「王様の誰かを冒険に出させる方法ってワンパターンしかないのか」

側近「アホですね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440981813




続きを読む

魔王「なんで倒されにゃならんのだ」

SS速報VIP:魔王「なんで倒されにゃならんのだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434948946/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 13:55:46.22

勇者「は?魔物が人間界に攻め込んで来たからですけど~wwwwwwww」

魔王「で、魔界で倒したわしの城の兵隊と人間界へ攻め込んだクズ、どっちが強かった?」

勇者「は?そりゃこっちのに決まってんじゃんwwwwwwww」

魔王「じゃろ?ワシがもし人間界に攻め込むなら城の戦力投入するわたわけ」

勇者「?wwwwwwwwイミフwwwwwwwwww」

魔王「そこらのごろつきが警備の目をかいくぐって人間界に出てっただけじゃろ」

勇者「ごろつき集団wwwwwwwwww言い訳乙wwwwwwwwwwww」

魔王「仮にそいつらも我が兵隊じゃったとして、人間界に攻め込むメリットが無いとおもうんじゃが」

勇者「は?」

魔王「そっちでいうレア素材も豊富で、基本力が支配する国家じゃからある意味安定した社会を成しておる」

勇者「人間奴隷とかwwwwwwwwあるやんwwwwwwww」

魔王「あんな貧弱で短命な種族奴隷にしても……長期的に働けないから教育のやり直しの手間がかかりすぎる」

勇者「人間見下してるwwwwwwwwww本性乙wwwwwwwwww」

魔王「いや、人間が猿を見下すようなもんじゃろ」

勇者「モンキー一匹にここまで突破されるガバガバ城wwwwwwwwww」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434948946



続きを読む

アラサー賢者と魔王の呪い

SS速報VIP:アラサー賢者と魔王の呪い
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433640683/



1 : ◆WnJdwN8j0. :2015/06/07(日) 10:31:33.41

ここは魔物と人間が存在する、剣と魔法の世界。

賢者「それじゃあ皆、ちゃんと復習しておいてね」

教え子達「はーい」

この国には、世界でも高名な賢者がいた。

教え子「先生、さっき習った所ですけど…」

賢者「あぁちょっと待って。座りながらやりましょう。この歳になると立ちっぱなしは辛くて辛くて…」

教え子「えー、先生まだ若いでしょ?」

賢者「十分おばさんよ。最近なんて肩こりがひどくて…」

教え子(それは…その豊満な胸のせいだと思います)

賢者は魔法の学び舎を作り、自分の知識を教え子達に教えていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433640683



続きを読む

女勇者「引きこもり喪女の私が魔王討伐……?」

SS速報VIP:女勇者「引きこもり喪女の私が魔王討伐……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432740739/



1 : ◆5k96ziBAKA :2015/05/28(木) 00:32:29.08

亀更新
暴力・グロあり予定

カタカタカタカタ

女勇者(以下:勇者表記)(うー……さっきからちっともレアドロップが出ない)

ガチャ

母「勇者ー、王様から呼び出しよー」

勇者「うひゃあ!?」

母「『うひゃあ』って何よ……。
はぁ、ったく……いい歳した女の子がこんな昼間からゲームばっかり……」

勇者「なっ……う、うるさいなあ!っていうか呼び出し?……何で?」

母「はぁ……やっぱりとは思ったけど、あんたニュースも見ないのね」

勇者「見てるよ!ちゃんと!萌えオ○ニュース速報とか、V○Pまとめとか!」

母「はいはい、見てないのね。実はね勇者、
先週、魔王のやつが復活して「世界征服する」って犯行声明を上げたのよ」

勇者「は?魔王?え、嘘。蘇るとか、マジで?」

母「マジよ」

勇者「え、そんでもしかして討伐?私が?魔王を?」

母「察しがいいわね。多分、その通りよ。」

勇者「うっそ、嫌だよそんなの。ってか無理だよ。
だって見ての通り私ニートだよ?クズだよ?うんこ製造機だよ?」

母「はぁ……どうしてこんなふうに育っちゃったのかしらね……」

勇者「うーん、多分、どっかの誰かさんが女の子の名前なのに『勇者』って付けたせいで、
学校で虐められまくったからだと思うよ。今でも嫌だよこの名前。トラウマだよ」

母「あら、トラウマは人生のスパイスって言うわよ?」

勇者「いやいや、自分で言うのもなんだけど、
スパイスのせいで料理(自分)が不良在庫になってますやん……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432740739



続きを読む

姫「魔王子との政略結婚」

SS速報VIP:姫「魔王子との政略結婚」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424589293/



1 : ◆WnJdwN8j0. :2015/02/22(日) 16:14:53.54

少女漫画っぽさ意識してます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424589293



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

【早期購入特典あり】THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! SUNFLOWER(ジャケット絵柄ステッカー付)

新品価格
¥1,200から
(2017/6/22 22:45時点)