ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


女「あの、顔色悪いけど大丈夫ですか?」 男「・・・え?」

SS速報VIP:女「あの、顔色悪いけど大丈夫ですか?」 男「・・・え?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 17:42:14.90 ID:ABv1zFOB0


女「もう講義終わりましたよ?」

男「あ、ああ」


・・・外を見ていた。

空はいつのまにか茜色をしていた。

時計を見ると5時近い。

講義はとっくに終わっていたようだ。

3階41講義室に残っているのは、オレと、オレに話しかけてきた女だけだった。


男「あ、すみません。ちょっとボーっとしてました。もう帰るんで」

女「あの・・・余計なお世話かもしれませんけど、そのまま外にはいかない方がいいと思いますよ」

男「えっ?」


なぜだか分からないが、シャツの襟が濡れていた。


男「・・・すみません」

女「あの・・・結構前から気になってたんです。全然講義聞いてないみたいですし、あまりに・・」

男「いえ、大したことじゃないんで大丈夫です」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437900124




続きを読む

女「じゃあさ、初恋の思い出とか語ってよ」 男「うざっ」

SS速報VIP:女「じゃあさ、初恋の思い出とか語ってよ」 男「うざっ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 02:35:03.80 ID:kpJL2LZZ0


女「えー、いいじゃん。ヒマだし」

男「俺の心の傷を抉って、お前は何を得るの?」

女「だってもうサービス・エリア止まんないでしょ?私が眠らないように喋っててよ」

男「運転してるの俺なんだけど・・・勝手に眠ればいいじゃん」

女「私が眠ったら、話し相手がいなくなって男が居眠り運転するかもしんないでしょ」

男「なんだよその理屈」

女「いいから話しなさい」

男「えー」

女「少しは緊張ほぐれるかもしんないでしょ?」

男「はー・・・まあいいや。俺ってあんまり友達いなかったんだけどさ」

女「知ってる」

男「おい・・・必要以上に俺を攻撃しないでくれ。話す気なくす」

女「あはは、ゴメンゴメン」

男「はぁ・・・でさ、俺が母子家庭なのは前話してたよな」

女「うん」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437327293




続きを読む

妹「お兄ちゃんってさ彼女とかいるの??」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/16(日) 10:52:18.825 ID:xjchh55SE.net

男「何だよ急に」

妹「いるの?いないでしょ?どうせ」

男「・・・」

妹「ぷ、ごめんごめん。傷着いた?」

妹「お兄ちゃんモテないからなぁ・・・」

男「いやいるよ」

男「てか、今日できたホラ・・・写メ」

妹「へぇ」

男「うん」

妹「・・・」

妹「うぇーん」ポロポロ



続きを読む

少女「お兄、すき」男「そうか」




1: ◆YBa9bwlj/c 2019/09/08(日) 18:23:39.30 ID:asZyafUu0

SS5作目です。

今回は参考にした歌などは特にありません。
オリジナルとなります。

そのためいつもより投稿が遅くなるかもしれません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1567934619




続きを読む

反物質男「またお前に会えて嬉しいよ」対消滅女「……なにカッコつけてるのさ」

SS速報VIP:反物質男「またお前に会えて嬉しいよ」対消滅女「……なにカッコつけてるのさ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567786223/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:10:23.75 ID:qoKz8IIqO

小さな小さな素粒子はワープが可能らしい。
完全に仕切りで遮っても通過するようだ。
そして確率論から言えば、それは何も素粒子の世界に限った話ではなく、等身大のこの世界においても可能性はゼロではなかった。

「というわけだけど、どう思う?」
「まったくもって馬鹿らしいと思うよ」

別に量子力学を専攻しているわけではなく、ネットで知った情報を語ったところ、クラスで一番頭の良い女子に鼻で笑われてしまった。

「でも可能性はゼロじゃないんだろう?」
「たしかにゼロではないね」
「なら、試してみる価値はある」
「やめておいた方がいいと僕は思う」
「なんでだよ」
「可能性はゼロではないと言っても限りなくゼロに近いことは理解出来るだろう? ダッシュで壁に激突して君の頭がこれ以上クルクルパーになったらどうするつもりだい? 大学受験はおろか、進級出来るかどうかも危うくなるよ?」

留年。浪人。フリーター。ヒキニート。
次々と負の連想が脳裏をよぎり、意気消沈。
たしかに自分は馬鹿であり、この頭の良い僕っ娘の言うことは正しいのかも知れない。

けれど馬鹿には馬鹿なりの思い切りの良さがあり、たとえ目に見えた結果であってもそこに飛び込むのが馬鹿としての矜持であった。

「脳震盪を起こしたら、あとは頼む」
「僕は忠告したからね」
「ああ、ありがとよ」

すっかり呆れ果てた様子の頭の良い僕っ娘であったが、その口元には笑みが浮かんでおり、何だかんだ言っても馬鹿な振る舞いを見るのが好きらしい。

ならばその期待に応えてみせようではないか。

「んじゃ、ちょっと壁の向こうに行ってくら」
「行ってらっしゃい。怪我しないでね」

なんて軽い調子で壁に突っ込んだところ。

「おっ?」

スルリと壁をすり抜けて、マジびびった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1567786223




続きを読む

眼鏡娘「私は重力が嫌い」




1: ◆YBa9bwlj/c 2019/08/20(火) 20:47:24.10 ID:z4mjw2N10

SS4作目です。

いつものようにとある歌を参考にしています。

物語的にキリのいいところまで書き溜めがあるので、投下していきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566301643




続きを読む

男「今日からこの大学ノートをデスノートだと思い込もう!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 20:02:55 ID:rHmaQVLs

男(さっき文房具屋で買った、一冊の大学ノート……)

男(今日からこの大学ノートをデスノートだと思い込もう!)

男(だれかにムカつく目にあわされたら、すかさずそいつの名前を書き込んで)

男(どんどんあの世に送ってやる!)

男(正確にはあの世に送る気分に浸るだけなんだけど……やってやる!)



続きを読む

男「あうあう言うのやめろよ」幼馴染「そんなこと言ってないわよ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 11:09:33 ID:INk0/HTQ

男「はぁ…」

幼馴染「なによそのため息」

幼馴染「ため息つきたいのはこっちよ、あんたの酷い言いがかりのせいでね」

幼馴染「幼なじみだからってなにを言ってもいいと思ったら大間違いよ」

幼馴染「だいたいあうあうってなに?夏の暑さで頭おかしくなったのかしら」

幼馴染「…いや、頭おかしいのは元からだったわね」

幼馴染「ふふっ、ごめんなさい」

男「…よくしゃべるなぁ」



続きを読む

【安価】男「女を花火に誘って告白するぞ!!」

SS速報VIP:【安価】男「女を花火に誘って告白するぞ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566899479/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 18:51:19.28 ID:qXuBnPadO


男「最近うちの学校でカップルがパンデミックの如く急増してきた!僕もその波に乗るぞ!」


男「そうと決まれば早速女の家に行くぞ!」


~女宅 玄関


「居るかな?居るよね」ピンポーン


『はーい』


男「こんばんは!男です!」


『あら男君?ちょっとまっててね~』


男「はーい」ドキドキ


女「なによ、こんな時間に」ガチャ


男「>>2!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566899479




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 18:59:01.48 ID:3mArnAlV0

「お、俺と一緒に…はにゃびを見に、行かにゃいか!?」カミカミ



続きを読む

男「はじめてのビジネスホテル」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 18:11:12 ID:sp1My6C2

― 会社 ―

上司「今度の出張の件なんだけれども」

男「はい」

上司「俺は始発で直行すれば、現地に間に合うから当日家から向かうつもりなんだが」

上司「君の家からじゃそうも行かんだろう」

上司「というわけで、前日のうちに現地で泊まってもらうわけにはいかんか?」

男「かまいませんよ」

上司「すまんね。じゃあ、よろしく頼むよ」



続きを読む

男「俺の番号がない・・・嘘だろ・・・これ高校受験なんだぜ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/22(火) 11:07:01.00 ID:DmbAt8T/0

男『俺の番号がない…嘘だろ…これ高校受験なんだぜ』

妹『××高校って名前書けば受かるって言われてなかったっけ』

男『夢か!夢に違いない…よな』

男『…』ブワッ

母『まったくこんな学校も落ちるとわねー』

妹『さすが兄さん』

男『ごめんなさい』

男『来年は絶対受かるから。一生懸命勉強するから』

男『絶対に○○高校行くから』



続きを読む

妹「一日は何秒でしょう?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/15(月) 23:06:58.251 ID:vXxaLD4D0.net

妹「一日は何秒でしょう?」

ニート「八万六千四百秒」

妹「キモ」

ニート「理不尽だ」

妹「即答なのがキモいよね」ポスポス

ニート「人の枕を蹴るな」

妹「そんなどうでもいい知識を持ってたってしょうがないでしょ」

妹「普通の人なら「分かんない」って答えてたよ。そういう前提で質問したのにさほんとに空気が読めないよね」



続きを読む

女「夢桜、どうか散らないでいて」




1: ◆YBa9bwlj/c 2019/07/24(水) 09:48:02.95 ID:lYLqPDaj0

SS3作目です。

例によって例のごとく、とある歌を参考にさせてもらっています。

少し書き溜めてから投下するという手法なので、投稿頻度は早くないですがご容赦ください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1563929282




続きを読む

姉「や、やめてよぅ!」男「うるさい!しゃぶりねィ!」

1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/30(土)03:25:33 ID:ZD3

姉「私たち姉弟だよぉ!」

男「おうご存知だよッ!」

姉「姉弟でこんなことしたら…いけないんだよぉ…!」

男「ハッハッハ!姉ちゃんまだ自分の置かれている状況が分かってねぇみたいだなッ!」

コンポ《なぜなの?何かが違う 選んでるちぐはぐなシャツ♪鏡に迷う笑顔じゃ君は振り向いてくれない♪》

男「大音量で音楽流してるから姉ちゃんの助けを呼ぶ声はどこにも届かんわッ!」

姉「うぅ…ひどいよぅ」ジワァ

男「泣くなよ。俺が悪者みてぇじゃん……」ズイズイ

姉「ちんちん押し付けないでー!!」

男「あっやべ!出る!出す!出せ!薙ぎ払えッ!!」ズピュピュピュー!!!

姉「ひやぁー!!」

男「Head shot!」



続きを読む

ろくでなし男「へぇ……お前、タネも食うんだな」ノーブラノーパン女「……へっ?」

SS速報VIP:ろくでなし男「へぇ……お前、タネも食うんだな」ノーブラノーパン女「……へっ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565355800/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/09(金) 22:03:20.06 ID:uXIkt+raO

客観的に見て、どう見てもお互いを意識している男女が居るとして、その2人がお互いの好意に気づく過程は千差万別であり、皆一様とは言い難い。

随分と長い期間夫婦漫才のようなやり取りを重ねて、徐々に距離が縮み、相手の気持ちに気づくというパターンもあるだろうし。
そうではなく、初めからどちらか一方が気づいている上で、相手をどう落とすかに心血を注いでいくパターンもありがちだろう。

しかしながらコンプライアンスだの男女平等だのと声高に叫ばれる昨今において、あと一歩で手が届くのに上記のしがらみが邪魔をしてお互いの気持ちになかなか踏み込めない不憫な若者が増えていることは誠に嘆かわしい限りである。

若いのだから勢いでいけばいいのにとは思うものの、彼ら彼女らにとっては今その時、その瞬間こそが全てであり、大切にしたいのだろう。

その気持ちはよくわかる。
だがしかし、物事には限度がある。
たとえば、猛暑続きの暑いこの夏。
夏休みに入って真っ先に気になる相手の家にお宅訪問した女が、恥を忍んでノーブラノーパンで来たというのに、この男ときたら。

「せめてどっちかは着けるか穿けよ」
「ひ、酷いっ!?」

などと、あまりにも配慮の欠ける物言いをされて酷くショックを受けたノーブラノーパン女は号泣し、全速力で彼の家から飛び出した。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1565355800




続きを読む

男「黙ってついてこい」 女「誘拐ならおすすめしません」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/02(土) 23:59:32.816 ID:57ffMtf90.net

男「何を言ってるんだお前……」

女「私を誘拐するつもりなんでしょう?」

男「まあ……そうなんだが」



続きを読む

男「僕の仕事はツイッター」

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:18:32 ID:Atwz8Uu68


女「おっしゃってる意味がよくわかりません」

男「だからそのまんまの意味だよ」

女「つぶやくことがお仕事って、ちょっと理解できないです」

男「ていうかキミ、大学生だよね? 僕のこと知らないの?」

女「そうですね。はい、知らないです」

男「極めて特殊なタイプだね、キミ」

女「はい?」

男「いまどきの若い子で僕のこと知らないって、かなりめずらしいよ」



続きを読む

男「クビか、死ぬかな……」悪魔「その前に私と契約を。」

1: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:18:16 ID:pbjbv6BY


男「もしかして?悪魔というやつか?」

悪魔「お察しの通り。」

悪魔「そして貴方はブラック企業で働いていた社畜。入院過労死寸前、お金も尽きようとしていますね。」

男「なるほど、俺の現状は理解しているのだな。」

悪魔「はい。一応は悪魔ですから。」

男「確かに万策尽きた、金も体力も気力もない。あるのは会社に恨みぐらいか。」

男「俺はあのブラック企業の社長が憎くてしかたがない。本当に同じ人間とは思えない。」

男「全く嫌な世の中だぜ。」



続きを読む

幼馴染「買い物付き合って頂戴」男「いまから?」

前作



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 21:03:35.49 ID:UsPGrXn30

幼「そうよ」

男「何買うのさ」

幼「ショーツ」

男「…俺も行かなきゃだめですか」

幼「貴方に選んで欲しいのだけど」

男「下着コーナーはちょっと…」

幼「じゃあ良いわ。今度穿かないで登校するから」

男「……俺は構わないけど、人に見られたらどうするんだ」

幼「貴方のせいとでも言えば良いかしら」

男「さて、財布どこ行ったかな」



続きを読む

男「好きです付き合って下さい」幼馴染「いまさら?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/26(月) 01:50:06.13 ID:YbWXPxQ+P

幼馴染「お互い知り尽くしてるし、付き合う必要なくない?」

男「実は俺には隠された秘密が」

幼馴染「『数学課題』と名付けられたフォルダの中身以上の秘密?」

男「なぜバレた……しかし俺はもっと幼馴染ちゃんの事をだな」

幼馴染「今日の私のパンツの柄は?」

男「今日は水曜だから青の縞々……ハッ!」

幼馴染「十分知ってるでしょう」

日記はここで終わっている



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)