ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


天使 「あなた死んだのですよ」 男 「なんと」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/13(火) 21:07:07 ID:PdNTOeGw

男 「死んだ? いつ? 何故?」

天使 「ナニしてたらテクノブレイク」

男 「えっ!? 30回くらいしかしてないよ?」

天使 「十分過ぎる程に盛ってますよ」

男 「いつもはあと5回は行けるのにー!」

天使 「とにかく!」



続きを読む

男「膣内に出すぞ!」女「はい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13(日) 21:09:51.23 ID:wzmbvonW0

パコパコ  ピタッ

男「ちょっとまって」

女(34)「どうかしましたか?」

男「いや…ちょっと今の返事はだめな気がするんですが…」

女「そうでしたか?」



続きを読む

妖狐姫「わらわの座椅子となるのじゃ」

SS速報VIP:妖狐姫「わらわの座椅子となるのじゃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489062020/



1: ◆hs5MwVGbLE 2017/03/09(木) 21:20:20.61 ID:l6gu8MXB0

俺の人生は終わっていた。
いや、具体的には俺が勝手に終わらせたと言う方が正しいか。

高校卒業後『ただただ働きたくない』『社会が怖い』という理由から地元の適当なFラン大学へ入学。
しかしだ、Fラン大学へ入学したということは察しがいい奴ならもう分かっているだろうが俺は勉強も嫌いだ。

ロクに大学に行かず、バイトをするわけでもなく実家暮らしでゴロゴロゴロゴロとニート同然の暮らしをしていた。


親からは呆れられ、大学をやめてなんでもいいから手に職をつけろと毎日のように言われている。
日に日に親と会話するのも辛くなり、だからと言って大学の教諭と顔を合わすのはもっと辛い…

そんな俺を責めもせず癒してくれるのは二次元の女の子と飼い猫だけだった…。


俺の存在価値は飼い猫の座椅子役だけとなっていた。





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489062020




続きを読む

男「復讐なんてやめるんだ!!!」

SS速報VIP:男「復讐なんてやめるんだ!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490114708/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 01:45:08.87 ID:EQnpWCdRo


インタビュアー『今のお気持ちはいかがですか』

中年男『妻を殺した犯人を、私と娘は絶対に許しません!』

中年男『必ず見つけ出して……この手で殺してやりたいくらいだ……!』

中年男『いいや、絶対に殺してやる! 復讐してやるぅ……っ!』

中年男『ううっ……うううっ……!』



妻「大の男がテレビで大泣きして、情けないわねえ。ねえ、あなた?」

男「……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490114708




続きを読む

男「美少女は素手でテロリストに立ち向かう」


美少女「最近ノーパンかパイパンかで迷ってんだよねー」

男「ふーん、おめでたい人生だね」

どっがぁぁぁぁあああああん!!!!!

男「ん?」

ぶわぁぁあああばりばりがっしゃーん!!!!!

男「なにあれ」

美少女「さぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490019189




続きを読む

男「これが究極のかけごはんだ!」

SS速報VIP:男「これが究極のかけごはんだ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489813367/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 14:02:47.96 ID:nqAvB5bvo


司会「さあ始まりました、究極のかけごはんを決定する…」

司会「かけごはんナンバー1、決定グランプリ!」

審査員1「いやぁ、楽しみだなぁ」

審査員2「どんなかけごはんが登場するのかしら?」

審査員3「フォフォフォ。期待が膨らむわい」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489813367




続きを読む

男「幼、そんなに急いでどうしたんだ?」幼「バカ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 21:54:35 ID:jhOTgqDg

男「ああ、なんだトイレか」

幼「っ!? バカバカっ!」

男「ごめんごめん。わざわざ口に出すことでもなかったな」

男「それよりも、次は移動教室だからな。さっさと済ませちゃえよ」

幼「~~~~っ//// バカバカバカ!」



続きを読む

男「お前、熱血男が好きなのか?」女「うん、大好き」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 15:12:43 ID:5AcGCzSA


テレビ『――うおおおおお!この一撃に全てを賭ける!!』


男「そうか」

女「そう」

男「どのくらい好きなんだ?」

女「魂が震えるくらい」

男「へぇ……」

女「……」



続きを読む

幼馴染「男だ」男「男です」

SS速報VIP:幼馴染「男だ」男「男です」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489591471/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 00:24:31.99 ID:KHZy3Pie0



※特に盛り上がりもないSSです。


 とある休日。街中にて。


幼馴染「久しぶり、三ヶ月ぶりぐらい?」

男「そんぐらいだな」

幼馴染「相変わらず童貞?」

男「童貞の何が悪い」

幼馴染「そっか。童貞なんだ」

男「お前こそ彼氏は?」

幼馴染「先々週告白された」

男「うそ。まじ?」

幼馴染「断ったけどね」

男「もったいねー。せっかくお前のこと好きになってくれた人いたのに」

幼馴染「私が好きじゃないもん」

男「じゃあしょうがないか」

幼馴染「しょうがないよ」

男「お昼食べた?」

幼馴染「まだ」

男「どっかで食べようぜ」

幼馴染「じゃあ、あそこにある喫茶店」

男「適当だな」

幼馴染「喫茶店って落ち着くから好きなんだよね」

男「わからんでもない」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489591471




続きを読む

少女「ホワイトデーには白いのが欲しいなっ」


男「白いのかぁ……ホワイトチョコ? ミルクチョコ?」

少女「濃い~ミルクが欲しいなっ」ニヤニヤ

少女「熱~いのがいいなっ」ニヤニヤ

男「ホットミルクは、おれ苦手なんだよなあ……白い膜張るのがちょっとなあ……」

少女「いやらしいミルク……」

男「あ、シチューとか?」

少女「カルピス……」

男「でもホワイトデーにシチューってのもなあ……」

少女「……」



続きを読む

女「また混浴に来たんですか!!」

前作
女「人様のお墓に立ちションですか」



SS速報VIP:女「また混浴に来たんですか!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485265609/



1: ◆uw4OnhNu4k 2017/01/24(火) 22:46:50.03 ID:ogoBvV2R0

女「性懲りもなく!!」

男「肩こりもなく」

女「肩が凝ってなかったら来ないでください!」

男「それはそのご自慢の胸をご自慢してるのか」

女「違います!私が自慢することなんてここの景色の美しさと温泉の効能の素晴らしさくらいです!」

男「それはな、温泉の効能じゃない。湯に乳が浮かんで一時的に重さから解放されてるだけだ。肩こりを直したいなら宇宙にでも行ってこい」

女「あなたが行ってください!」

男「はっはっは。腹が凝るほどでかくはないぞ。ふっはっはっは」

女「混浴で下ネタなんてマナー違反です!お先に失礼します!」ザバァ

男「すまんが既に俺が先にあがっている」ザバァ

女「じゃあ浸かります!」ザバァ

男「それではまた早朝。次もちゃんとタオルを巻いてくるんだぞ」

女「早く出てって下さい!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485265609




続きを読む

男「僕、寝取られモノの主人公なんだ」

SS速報VIP:男「僕、寝取られモノの主人公なんだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489411908/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 22:31:48.38 ID:Xn7XcNCD0



幼馴染「え?」

男「だから、ごめん。僕は幼馴染とは付き合えない……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489411908




続きを読む

男「目が覚めたら精子になってた」

SS速報VIP:男「目が覚めたら精子になってた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489341557/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 02:59:17.52 ID:ON6bwva/o

男「マジかぁ!」

男「そもそも精子に脳なんかないのに一体どうして…」

友「魂ってやつさ」

男「友!お前も精子になったのか」

友「どうやらそうらしい…こうやって俺とお前の間でお互いを認識できるのも魂ゆえさ…たぶん」

男「だよな…鏡があるわけじゃないから自分を精子だって判別できるはずねえし」

友「ほんとに魂ってあったんだな…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489341557




続きを読む

幼馴染(6)「大きくなったらけっこんしようね!」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/30(月) 18:22:13 ID:i8DwIOsc

幼馴染「はよ飯食って息子と風呂入ってこい。三人目?はァめんどくせぇいらねえよ」

男「今更だけど、お前ほんと昔から口悪いよなぁ。ガキの頃からずっと」

幼「んだよ、悪いか」

男「いや可愛い」

幼「…可愛くねーから。馬鹿言ってないでさっさとメシ食え。作りたてが冷えんだろ」

男「うっす。いただきまーす」



続きを読む

男「ヤンデレっていいよな」 幼馴染「えっ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 00:47:10 ID:6xTxVxqY

男「というわけで、今日からお前はヤンデレな」

幼馴染「何がというわけなの!?」



続きを読む

男「お前のこと好きなんだけど付き合う?」女幼馴染「いいですよ」

SS速報VIP:男「お前のこと好きなんだけど付き合う?」女幼馴染「いいですよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488975029/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/08(水) 21:10:29.34 ID:bcRgqhX90

男「じゃあ、今日から俺らはカップルということで」


幼馴染「わかりました」

 ということで男と幼馴染は付き合うことになった。




【正義】


男「あのさ」


幼馴染「はい」


男「付き合う前と何も変わってない気がするのだが」


幼馴染「そんなものですよ」


男「一つ質問なんだけど、お前は俺のことがなんで好きなの?」


幼馴染「私があなたを好きな理由......これはまさに哲学ですね」


男「いや、違うと思う」


幼馴染「では逆に聞きますが、なぜあなたは私のこと好きなのですか?」


男「かわいいから」


幼馴染「かわ......ちょっとトイレ行って来ます」


男「そっちは窓だぞ。トイレ行くならこっちのドアから行ったほうが早いぞ」


幼馴染「......あのですね」


男「なんでしょう」


幼馴染「軽々しく私のことを可愛いと言わないでください」


男「だってかわいいじゃん」


幼馴染「......」ぼふっ


男「ひょっと、かほにまくらおひつけないで」


幼馴染「だから言わないでください」


男「わかったわかった」


幼馴染「全く......」


男「なあなあ幼」


幼馴染「なんですか?」


男「かわいいよ」


 ぼふっ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488975029




続きを読む

男「もう高校生だし将来の事考えなくちゃな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/18(土) 22:19:20 ID:6kM/PAOs


女「そうだね」

男「俺ら2人がなぜ放課後の教室に残ってると思う?」

女「うん」

男「最終進路希望調査を書き終えてないから」

女「うーん」

男「馬鹿だから大学に行けんのだよな」

女「勉強頑張ればいいのに」

男「そっちこそ!」

女「自分は大学に行く気は無いの!!専門に行くの!!」

男「あ・・・そう」

女「フー」

男「・・・」



続きを読む

男「幼馴染が心を許してる距離から腹パンしてくるんだ」

SS速報VIP:男「幼馴染が心を許してる距離から腹パンしてくるんだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487168976/



1: ◆eRpQpXNhnw 2017/02/15(水) 23:29:36.63 ID:rTAfsl8h0

朝 登校時 8時10分


男「おはよう」

幼「……」スタスタ

男「おーい。どうした? 朝からどっか悪いのか?」アレ?

幼「……」スタスタ

男「こっちは数学だけ宿題終わらなくてさ、どこかで片付けないと」

幼「……あ、あのさ」テヲニギル

男「ん? 俺の手がどうかしたか?」

幼「もうちょっと上」モチアゲ

男「まるで共同選手宣誓みたいな格好だが」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487168976




続きを読む

男「俺は本当に切実に友達が少ない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:50:21 ID:KqHdvuh2

昼休み

男「・・・・・・」もぐもぐ

女「あはは、えーほんと?」

女友「いや、マジだから!」

女「笑えるー」

女友「てか、放課後カラオケでいい?」

女「あー、いいね」

女友「チャラ男達誘っていい?」

女「また? 女友、最近チャラ男誘うの多くない?」

女友「ブハッ!? いや、いいじゃんか」

女「あはは、ブハッて」

男「・・・・・・」もぐもぐ



続きを読む

男「ふられた……」 ツンデレ「…………」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/26(日) 23:37:26 ID:F5rECKbs

ツンデレ「えっと、その……」

男「ん……?いいんだよ、気にしないで」

男「なんで俺も教室なんかに来たんだろうな……」

男「放課後とはいえ、誰か来てもおかしくないのにさ……」

ツンデレ「…………」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 一ノ瀬志希 ミスティックエリクシルVer. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥13,770から
(2017/3/24 23:57時点)