ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


白井黒子

佐天「安価でポケモンの技が使える能力かあ」

SS速報VIP:佐天「安価でポケモンの技が使える能力かあ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528881092/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/13(水) 18:11:32.58 ID:Y9beiBI10


佐天「能力が使えるようになったよ」


初春「やりましたね!どんな能力ですか?」


佐天「安価で戦える能力だよ」


初春「よく分かんないですけど、おめでとうございます!」


御坂「こんにちは。佐天さん、能力が使えるようになったって本当?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528881092




続きを読む

佐天(……とうまセンパイ……かあ。)

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 17:58:59.48 ID:BZwcnOzA0

それは夏休みも終わり、ようやく少し涼しくなりはじめた頃。
でもまだ暑い日。

「うぅ、暑い。今年はこれでアイス何個目でしょうか」

木陰のベンチにすわりつつアイスを頬張る少女が一人。

「待ち合わせの時間は、っと。」

彼女は人を待っている、現在の時刻は10時17分。

「遅いなぁ、もう。待ち合わせは10時なのに。」

台詞と共に立ち上がり、携帯電話のメールの確認をする。
温厚そうな少女だが、苛立ちは隠せないようだ。
その背後からひっそり忍び寄る少女がもう1人。

「……おーーまーーたーーせーー!!」

後ろから現れた少女により、待ちぼうけを食らっていた少女のスカートが捲られた。



続きを読む

黒子「レベル5を目指しますの!」

SS速報VIP:黒子「レベル5を目指しますの!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369133305/



1: ◆WfB7i3usMEol 2013/05/21(火) 19:48:25.74 ID:7/grD5+e0

ま た 禁 書 か 。

2度目まして、SS投稿2回目の初心者でございます。

本作品はちょっと書き溜めただけののんびり投稿の駄文でございます。
以下の内容が含まれます。

ご都合主義な時期設定、人物関係設定。
空間移動のレベル5を実現するための無茶な設定。
骨ェ鯖。
キャラ崩壊。
設定崩壊。
色々崩壊。

一応終わりは決めてありますので、完結はすると思います。
よろしくお願いいたします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369133305




続きを読む

上条「なんだ話って?」美琴「短パン…脱いでみました」ピラッ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/12(日) 21:24:15.04 ID:G+REr+mH0

上条「……」

御坂「何か言いなさいよ」

上条「妹のほうがいい」

御坂「え?」

上条「御坂妹のほうが断然いい」

御坂「なっなによ」

上条「まぁ別に良いんだけどな、それで上条さんはどうしたらいいんでせう?見せられてどうすればいいの?
感想は言っただろ?」

御坂「他にも何か言うことあるでしょうが!!」

上条「んー、特にないけど?それじゃあ俺は家に待ち人がいるんで帰らせてもらいますねー」

御坂「まっ待ちなさいよ!」ビリビリ

上条「うおっと、ひとまず逃げる!!」

御坂「まっ待てええええええええええええええええええ」








続きを読む

美琴「素直になろうと思う」

関連
佐天「御坂さん、あの人の事そんなに嫌いなんですか?」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:24:55.83 ID:6pBv66T30

昨日書いたssの続き書こうと思います。

これまでのあらすじ
美琴が佐天さんのアドバイスで普通の恋する乙女を目指す。



続きを読む

上条 「御坂可愛い」 ミサカ 「外見がミサカですから、とミ(ry

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/12(月) 16:42:49.57 ID:bjaCli160

上条 「いや外見だけじゃなくて性格も。キャラクターグッズ買いあさっちゃうところとかさ」

ミサカ 「そんな幼稚なもの買うそぶりも見せないクールビューティーのほうが魅力的だと思います、とミサカはさりげなくアピールします」

上条 「乱暴なところとかもあるんだけどさ……」

ミサカ 「そうですね乱暴です。ところで乱暴な部分抜いたらとびっきり可愛いと思いませんか? とミサカはさりげなくミサカをさらにアピールします」

上条 「でもそれだって俺に負けたくないって言う競争心だろ? そこもまた負けず嫌いで可愛いっていうか……」 

ミサカ 「いやいやねーよ、とミサカは暴力の片鱗も見せない乙女が目の前にいるというのにそんなことを言うあなたに愕然とします」

上条 「やっぱり可愛いよなーアイツ」

ミサカ 「いやいやねーよです、とミサカは……」

上条 「うんやっぱり可愛い。今まで出会ってきたどんな子よりも可愛いわ」

ミサカ 「いやいやそれは……ミサカの話を聞いていますか? とミサカは質問します」

上条 「好きなのかなー俺……アイツのこと」

ミサカ 「いやい……や……それは……」 グスグス

上条 「……あれ御坂妹!? 何で泣いてるんだよお前!!?」

ミサカ 「ねー……よ、と……と。ミサカは……」 グスグス

上条 (まさか魔術師の仕業!?)




続きを読む

上条「御坂とインデックスの中身が入れ替わった!?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:18:20.84 ID:8RsqYpK60

御坂「そうなんだよ、さっきこの短髪とぶつかった時に入れ替わっちゃったみたいなんだよ。おかげでこんなペチャパイに・・・」

イン「はぁ?ペ、ペ、ペチャパイじゃないわよ。あんたのほうがペチャパイでしょうが」

御坂「む!それはひどいかも、少なくとも短髪なんかよりは胸あるんだよ。ね、とうま」

イン「そんなことないわよね?」

上条「えっと・・・はは・・・・なんつーか不幸だぁぁぁぁぁぁーーーーーー」



続きを読む

佐天「対象の口調を変える能力か…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 00:28:37.81 ID:vUPz9LhZ0

佐天「どんな風に変わるんだろ?とりあえず実験代わりに初春に使ってみよう」

初春「あ、佐天さーん」

佐天「タイミング良く初春が来たな…作為的なものを感じるけどまあいいか」

佐天「おはよー初春(ついでに初春の口調を変えるか――ポチッとな)」

初春「お゙ぉおォおんはようごじゃいぃましゅぅぅぅしゃてんしゃん」

佐天「!?」



続きを読む

インデックス「ねぇ、とーまとーま」

SS速報VIP:インデックス「ねぇ、とーまとーま」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527560707/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 11:25:07.32 ID:c2LU9Awo0

※ギャグ短編です

上条「ん?どうした?」

インデックス「3期はいつになったらやるの?」

上条「そ、それは…まぁ製作は決定してんだし、気長に待とうぜ!」

インデックス「早くしないと私、声の出し方とか忘れちゃうかも」

上条「そんなメタな発言するんじゃありません!」

オティヌス「それを言うなら、3期云々の時点でだいぶメタ的だがな」

インデックス「む、そもそも3期じゃ出番のない人は黙っててほしいんだよ」

オティヌス「何…?そもそもお前こそ、次のシーズンに出番はあるのか?」

インデックス「それは…どう言う意味なのかな?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527560707




続きを読む

上条「小萌先生がクビ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/05(金) 18:35:50.17 ID:hiL45C0iO

~会議室~

副校長「さて、次のクラス品評会についてなんだが……教頭、グラフを」

教頭「スクリーンをご覧ください。クラス別に今までの成績や罰則数を棒グラフで表示したものです」

副校長「これを見れば分かるが……月詠先生」

小萌「ひゃい!?」

副校長「貴女のクラスはどうなっているんだこの数値は!」

小萌「そんな!!あの子たちは少しやんちゃなだけで……その……」

副校長「由々しき事態だ!ノルマを課そう。罰則はかまわない、次の定期試験で結果が出せなければ――」

~廊下~

「――君をあのクラスから解任する!このことは生徒に言ってはならんぞ……」

「そんなっ……!!」

吹寄(なんですって!?)

姫神(これはマズい)




続きを読む

黒子「お兄様ぁ!」上条「げ!黒子!?」

7: ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 2013/09/18(水) 00:41:47.70 ID:2oAEEpr70

黒子「どうして構ってくれませんこと?」

上条「なんで俺が赤の他人のおまえに構わなきゃならないんだ?」

黒子「そんな悲しいこと言わないでくださいまし。」え~ん

上条「おい、街中で大声で泣くなよ・・・」

ひそひそ ひそひそ



続きを読む

御坂「先輩って」麦野「呼ばれたい!!」

SS速報VIP:御坂「先輩って」麦野「呼ばれたい!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1366032932/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/15(月) 22:35:32.46 ID:IqJa2yRDO

佐天「御坂さん御坂さん」

御坂「どうしたの佐天さん?」

佐天「あたし達も付き合って結構になるじゃないですか」

御坂「ん~、そういやそうよね」

佐天「それなのにいつまでも、御坂さん、じゃなんだか他人行儀じゃないですか?」

御坂「まあ、そういやそうだけど」

佐天「だから、これから御坂さんの事、先輩って呼んでも良いですか?」

御坂「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1366032932




続きを読む

麦野「御坂は私らより」食蜂「順位は上なんだけどぉ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 14:57:01.36 ID:z15yae0h0

麦野「乳の方はレベル0だよな」

食蜂「御坂さんてば成長力が足りないのよねぇ」

御坂「ぐぬぬ」

超能力者三人娘のほのぼのSS誰かおながいします



続きを読む

上条「小萌先生が旅行!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/25(土) 16:54:33.25 ID:IqIz2suq0

~朝のHR~

キーンコーンカーンコーン

ガラガラ



吹寄「きりーっ……づぶふぅ!!?」



ゴリラ顔「……」

ゴリラ顔「……今日からしばらく月詠先生に変わって担任をする災誤だ。みんなよろしく」



上条「な……」

土御門「」

姫神「」

青髪「     ぴぃぃ     」バタリ



上条(なんだってー!?)




続きを読む

美琴「手乗り黒子!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/05(火) 18:31:43.07 ID:mGwOFatwO

ピピピピ…

美琴「ん…朝か…」ムクリ

美琴「…あれ…?」

美琴「…黒子がいない…」

美琴「…まぁいっか…」

「ですの!」

美琴「ひっ!?」ビクゥッ

「ですの!ですの!」

美琴「なっ…何っ!?」キョロキョロ

ミニ黒子「ですの!」

美琴「え…えぇっ!?」

美琴「ち、ちっこい黒子ぉ!?」



続きを読む

佐天「上条当麻を幸せにする能力かぁ…」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/19(火) 08:37:46.58 ID:CP+5MZJd0

佐天「あっ、噂をすればあそこに見ゆるは上条さん」

佐天「そして前方には私と待ち合わせ中の初春、と」

佐天「……」キュピーン

佐天「能力発動っ!」

佐天「なーにがおっこるっかな~」

---
上条「あー、今日も補習とかマジ勘弁だぜ全く・・・あれ、あそこにいるのは確か・・・」

上条「おーい、初春さーん」

初春「えっ? あぁ、上条さ」フワッ

上条「……」

初春「……きゃ……ゃぁぁぁぁあっ!」ペタン

上条「(くまさん……)」ドキドキ

初春「み、見ましたか? 見ましたよね!?」

上条「う、あ、あはは……嫌だなぁ、この学園都市屈指の紳士上条さんがそんなくまさんパンツなんて……」

初春「ぃゃぁぁぁぁっ!////」

上条「しまったぁぁぁ!」



続きを読む

佐天「お○ぱいの大きさを自由に変える能力かぁ・・・」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/16(木) 00:17:54.60 ID:3PdwhHui0

美琴「えっ!!」ガバッ

黒子「お、お姉様?」

佐天「ちょ、ちょっと御坂さん怖いです」

美琴「あ!ご、ごめんなさい…つい……」

黒子「さっきまでボケーッとしてらしたのに急にどうしたんですの?」

美琴「……えっと、どういう話してたんだっけ?」

黒子「はぁ、やっぱり聞いてなかったんですのね……初春!」

初春「はい。佐天さんがついに能力を使えるようになったんですよ」



続きを読む

佐天「電撃を性的快感に変える能力かぁ……」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/27(土) 16:51:49.16 ID:DxEImIJhT

佐天「ういはる~!私レベル2になったよ~!」

初春「えーっ、もうレベル上がったんですかぁ!?私、あっというまに追い抜かれちゃいましたね……」

佐天「まぁまぁ、努力も大事だけど超能力には運も大事だからさー」

初春「はぁ……それでどんな能力なんですか?」

佐天「それはねぇ……んっ!」ピクッ

初春「?」

佐天「んっ……あっ///……み、御坂さんが来たみたい」モゾモゾ



続きを読む

佐天「他人の妄想を具現化する能力かぁ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 17:43:04.83 ID:6LzYOa8/0

初春「へぇ、なんか凄そうな能力ですね」

佐天「5秒しか具現化出来ないけどね、まだレベル低いし」

初春「もう試したんですか?」

佐天「先生に一回だけね、とりあえずたくさん使ってレベル上げたいな」

初春「……私には使わないですよね?」

佐天「使うよ?えいっ☆」ボンッ

初春「えっ!?ちょっと佐天さん!!」



続きを読む

神裂「と、問おう。あなたが私のマスターか?」上条「」

SS速報VIP:神裂「と、問おう。あなたが私のマスターか?」上条「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1296140941/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 00:09:02.43 ID:AWGv/vEk0


上条「実験の協力依頼?」

土御門「そうぜよ。どっかの研究機関がバーチャル空間を利用した仮想ゲームを作成したんだにゃー」

土御門「んで能力なんかもそのまま使えるようにしたんだけど、どこまで動作するか実証データが欲しいとかいってたにゃー」

上条「へー。ついにそんなゲームも開発されたんだなー。でも俺レベル0なんだけど意味あんのかよ?」

土御門「カミやんのレベル0はちょっと特殊だからにゃー。結構偉いところから頼まれてるんですたい。それにエキストラなんかも募集してる」

上条「エキストラ? ゲームなんだろ?」

土御門「ネットゲームみたいに大人数が同時にプレイするタイプなんだよ。ある程度人数いないとゲーム内容が簡単になっちゃうらしいにゃー」

上条「でもなー……」

土御門「もちろん。バイト代もでる」

上条「ぜひやらせてもらおう! いや、やらせてください!」

土御門「金額も聞かないなんてよっぽど切羽詰ってるんだにゃー。あとで日程と場所を伝えるぜい」


初投稿ですが、こんな感じのを気長にやろうかと。



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 [サマーマドモアゼル] 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

新品価格
¥11,000から
(2018/5/21 01:42時点)