ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


碇シンジ

アスカ「デリケートゾーンがかゆい…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 21:52:27.35 ID:uDg/GJG00

アスカ「あぁん!もう!エントリープラグ内なのに!」

シンジ「アスカ?大丈夫?もうすぐ作戦開始だよ?」

アスカ「わっかってるっての!バカシンジ!」

アスカ「はぁ…でもよく考えたら逆にプラグ内だから誰も見てない…?」

アスカ「かゆいなら掻けばいいんじゃない…!」

アスカ「えぇい!」ボーリボーリボリ

リツコ「マズイわ!二号機から聞いたことのない音がするわ…!」

ミサト「えぇ!?直ちに作戦中止!」



続きを読む

アスカ「知ってるわよ?全部前フリだって事」シンジ「え?何の事?」


アスカ「私の誕生日、明日だもんね」

シンジ「・・・そうだっけ?おめでとう・・・」

アスカ「それ、言うの早いわよ」

シンジ「そっか、ごめん・・・明日になったらもう一度言うよ」

アスカ「何か学校いる間から皆の様子が変だと思ってたのよ」

シンジ「そうかな?出来るだけ自然に振る舞ってたつもりなんだけどな・・・」

アスカ「演技力が低いわね」

シンジ「そんな事言わないで、知らないフリしてあげてよ?」

アスカ「わかってるわよ!アンタじゃないんだから、そんな気ぃ利かない訳無いでしょ!!」

アスカ「ホント、バカね!!」

シンジ(うわぁ・・・)

アスカ「~♪」ニヤニヤ

シンジ(わっかりやすい)




続きを読む

ミサト「第5使徒がパーペキすぎて倒せないので、暫く放置」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 17:12:56.20 ID:W+t7ylhn0

ラミエル『……』グリグリ

ミサト「まあ、ドリルで特殊装甲をちまちま掘ってるだけだし、なんとかなるわよ」

リツコ「本当に?」

ミサト「だって、一定距離に入ったら反射的に荷電粒子砲ぶっ放して来るんだし、現状ではお手上げー」

リツコ「それをなんとかするのが貴方でしょ?」

ミサト「もうちょっち考えみるわ。初号機と零号機は引き続き所定の位置で待機させておいてね」

日向「分かりました」

リツコ「ありえないわ」

マヤ「使徒、依然侵攻中です」

ラミエル『……』グリグリ



続きを読む

ミサト「本当にシンちゃんが嫌いなの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 16:57:08.45 ID:4cuVW/If0

アスカ「ガキだし言い訳ばっかりだしすぐ泣くし、ほんっと大っ嫌いよ!」

ミサト「ふーん」

アスカ「…」

ミサト「…」



ミサト「ここにシンちゃんの飲みかけジュースが…」

アスカ「えっ!?」ガタタッ!


ミサト「」

アスカ「」



続きを読む

シンジ「アスカが僕の部屋に入り浸る……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 19:31:46.88 ID:0D2TEvbzP

アスカ「そこ右よ」

シンジ「……」ピコピコ

アスカ「そっちは左」

シンジ「……」


アスカ「そうじゃなくて、看板の裏」

シンジ「……」ピコピコ

アスカ「あ、そこ、隠しアイテムあるから」

シンジ「……」


シンジ「……」ピコ

アスカ「……あーあ、死んじゃった」



続きを読む

ゲンドウ「ファーストアダルトの碇ゲンドウだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:43:21.15 ID:evmMy7fQ0

ミサト「みんな、仲良くしてあげてね」


アスカ・シンジ「えっ」

綾波「………」

ゲンドウ「やる気だけは負けないつもりだ。しかし他の面に置いても君達に負けないように頑張って訓練に励む。よろしく頼もう」

シンジ「ミサトさん……ちょっとコレは」

アスカ「……どういうことよ」



続きを読む

アスカ「シンジがペンペンと一緒に風呂に入ってる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:35:03.40 ID:nixOt+C10

シンジ「ペンペーン、そろそろお風呂はいるよー?」

ペンペン「クェッ!」(もうそんな時間か)

アスカ「…」ジー



続きを読む

ゲンドウ「……ネルフをクビになった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21(水) 21:39:41.47 ID:7nv+f0Zr0

シンジ「え……」

ゲンドウ「冬月が司令に成り代わって……何故だ……」

シンジ「父さん上司と折り合い悪いからでしょ」

シンジ「冬月さんが板挟みになって辛い、って何回も愚痴ってたよ」

ゲンドウ「ゼーレと私の人類補完思想は違うんだ」

シンジ「思想とか言ってる場合じゃないよ」

シンジ「早く再就職先見付けてよね」

シンジ「僕はネルフから給料出るからいいけど」

シンジ「中学生の僕に養われるなんて父さんも嫌でしょ」



続きを読む

こちらをご覧頂きたい。今回のターゲット、碇シンジである

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/27(火) 17:38:12 ID:kPZ/rYKE

今回彼にドッキリを仕掛けたのは同じ職場の同僚、式波・アスカ・ラングレーである。

アスカ「バカシンジが前回の収録で急にアドリブに走っちゃったから、一度懲らしめてやろうと思って!」

※なお、これからお見せする映像は現在公開中の「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」を
未見の視聴者にとっては、とてもショッキングな内容が含まれているので、あらかじめご注意頂きたい。



続きを読む

アスカ「あんたの手、あったかい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 14:31:41.67 ID:HSCbeMT70

シンジ「そう?」

アスカ「なんだか妙に安心するって言うか」ギュッ

シンジ「…」

アスカ「あんまり触ったことないけど、人肌ってこんな感じなのね」ギュッ ギュッ

シンジ「あ、アスカ?///」

アスカ「なるほどなるほど…」ニギュッ ニギュッ


アスカ「えへぇ///」



続きを読む

シンジ「なにがQだよ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 10:54:04.13 ID:7F/qtGML0

シンジ「僕が暴走した時『いきなさいシンジくん!』って言ってたじゃんか!!」

ミサト「……」

シンジ「何でアンタ被害者ぶってんだよ!いや、僕もそりゃ悪いとは思いますよ!でもおかしいでしょう色々!!」

ミサト「……」

シンジ「僕に今まで通り接しろとは言いませんよ!でもなんですか!この中学生がクラスぐるみで一人をハブにしてるような状況は!!」

ミサト「……お、落ち着き」

シンジ「うるせえ四十路が!!」バンッ

ミサト「ひぃっ」

リツコ「ひぃっ」



続きを読む

ゲンドウ「ゲンドウは逃げんどうwwwwwなんつってwwwww」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 10:41:23.33 ID:tan1oeoh0

ゲンドウ「・・・」
冬月「・・・」
ミサト「・・・」
リツコ「・・・」
マヤ「・・・」
日向「・・・」
青葉「・・・」
レイ「・・・」
マリ「・・・」
シンジ「えぇ・・・?」
アスカ「うわぁ・・・」

ゲンドウ「冬月」

冬月「なんだ碇」

ゲンドウ「只今をもって初号機と弐号機のパイロットを更迭する」

アスカ・シンジ「!?」



続きを読む

アスカ「シンジの部屋に変なDVDが!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 17:32:11.77 ID:ZBAaYElz0

アスカ「さいってーね!」

レイ「9枚」

アスカ「ショートカットの女が多いわね」

レイ「...そう」

アスカ「何嬉しそうな顔してんのよ」

レイ「...してないわ」



続きを読む

アスカ「もう!なんでいつもそこで間違えんのよ!」シンジ「だって」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:29:53.69 ID:skFgcbwf0

アスカ「それに、なんでテンポ落としてるのについて来れない訳!?」

シンジ「仕方ないだろ・・・!!楽器が違うんだから!!」

アスカ「フン!センスゼロね!」

シンジ「アスカみたいに器用じゃないよ」

アスカ「アンタチェロやってたんでしょ?」

シンジ「それはそうだけど・・・」

アスカ「は~・・・この程度で手こずるなんて思いもしなかったわ・・・」



続きを読む

アスカ「リモコン取ってよ」シンジ「ダメ、これ見てるから」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 01:47:08.77 ID:skFgcbwf0

アスカ「いいから貸しなさいよ!」

シンジ「やだよ・・・良い所なのに」

アスカ「私が見たい番組があるの!」

シンジ「アスカはゲームでもやってなよ」

アスカ「今はテレビが見たいの!!」

シンジ「どうせ録画してるじゃないか・・・」

アスカ「今見たいのよ!今!!」

シンジ「てゆーか、あの番組野球中継で遅れてるだろ?」

アスカ「え?そ・・・そうなの?」

シンジ「もう・・・」ピッ

TV「8回裏・・・」

シンジ「ね?」ピッ

アスカ「ホントだ・・・でも、終わったら変えなさいよね!」

シンジ「予約しておくよ」ピッ

アスカ「・・・ありがと」



続きを読む

アスカ「メル友募集掲示板……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 23:11:23.65 ID:gyf3aFsRP

HN:料理犬

こんにちは!
第3東京市住みの中学二年生で、エヴァンゲリオン初号機のパイロットやってます!

なかなか人と上手く馴染むことの出来ない僕だけど、メールならと思いきって、書きこんでみました。
出来れば女の子のメール相手募集します! よろしくおねがいします!

アドレス↓

boku-shinji@kodomo.ne.jp





アスカ「……」



続きを読む

ゲンドウ「シンジ、鍋パーティーをしよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:52:14.62 ID:9UPDuOLO0

シンジ「えっ、父さん今なんて」

ゲンドウ「………」

ゲンドウ「………鍋をやると言った」

シンジ「でも……」

ゲンドウ「嫌ならいい」

シンジ「父さん……」



続きを読む

シンジ「綾波の様子がおかしいんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/14(日) 13:28:37.04 ID:PxJSDl2H0


アスカ「はぁ?あいつはがおかしいのはいつものことじゃない」

シンジ「そ、そんなことないと思うけど……」

アスカ「で、具体的にどうおかしいってのよ?」

シンジ「心ここにあらずっていうか、ぼーっとしてるっていうか」

アスカ「それこそいつものことじゃない」

シンジ「で、でも……ほら、綾波を見てみなよ」

アスカ「ファーストを?」




レイ「…………」

ヒカリ「あ、綾波さん?その、濡れていない雑巾を絞っても意味無いと思うんだけど……」

レイ「……そうね」




シンジ「ね?」

アスカ「…………」



続きを読む

シンジ「僕が?」【後編】

シンジ「僕が?」【前編】

シンジ「僕が?」【中編】

シンジ「僕が?」【後編】



SS速報R:シンジ「僕が?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1487335262/



570: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/07(火) 00:15:36.95 ID:K9j1+Tdp0

- 第三新東京都市第壱中学校 昼休み 屋上 -

シンジ「――あれ? 洞木さん?」

ヒカリ「碇くん。1人でいるのめずらしいね。アスカ達は?」

シンジ「お昼食べてるよ。洞木さんこそ、こんなところでめずらしいね」

ヒカリ「……うん。なんだか、1人で考え事したくて」

シンジ「そっか。ここっていい場所だよね。誰もいないし、そういう時は」

ヒカリ「みんな使わないもんね。景色もいいんだけど、なんでだろうね」

シンジ「そうだね……言われてみればそうかも」

ヒカリ「碇くんも1人になりたかったの?」

シンジ「少し、考え事してたから。一緒だね」

ヒカリ「うぅん。一緒なんかじゃないよ」

シンジ「ん?」

ヒカリ「はぁ……。実は、昨日ね、鈴原達とシェルターにいる時、少し外に出てみたの。あ、ほんとに出ただけなんだけど」

シンジ「…………」

ヒカリ「碇くんやアスカや綾波さんってあんなのと戦ってたんだね」

シンジ「うん、まぁ」

ヒカリ「選ばれるってだけでも凄いのに、勇気がいるんだなって思った。私達とは違うってこわくなったの。でもそんな時マナに言われたの――」

シンジ「…………」

ヒカリ「――誰だってこわいって。アスカや碇くんたちに申し訳なくなっちゃって」

シンジ「僕たちはエヴァのパイロットだけど、結局は大人の都合で乗ってるんだ。誰でも乗れるわけじゃないから、乗るしかない」

ヒカリ「…………」

シンジ「アスカはプライドを持って乗ってる。綾波は繋がりを求めて。僕はたまらなくこわくて嫌だった」

ヒカリ「……うん」

シンジ「パイロットとしての価値しかないって思うとむなしくてさ」

ヒカリ「でも、みんな感謝してるよ」

シンジ「それでも、僕が望んだわけじゃなかったから。でも、今は違うんだ。自分の意志で乗ってる。パイロットとしての価値しかなくてもそれでいいんだ」

ヒカリ「……どうして?」

シンジ「みんなが、それぞれ違うみんながいるのが当たり前だから」



続きを読む

シンジ「僕が?」【中編】

シンジ「僕が?」【前編】

シンジ「僕が?」【中編】

シンジ「僕が?」【後編】



SS速報R:シンジ「僕が?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1487335262/



273: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/21(火) 23:58:01.02 ID:edjWwc+q0

- 帰宅中 -

アスカ「シンジとなに話してたの?」

ヒカリ「そ、その。碇くんにアスカのことどう思ってるかって………」

アスカ「――っ! そ、それで⁉︎」

ヒカリ「あの、アスカのこと、守るって言ってたよ…………」

アスカ「ほんとっ⁉︎」

ヒカリ「うん…………(言えないよぉ)」

アスカ「まぁ、そーよね! あったりまえじゃない!」

ヒカリ「(少女漫画が現実に起こると昼ドラと大差ないだなんて……)」

アスカ「他には⁉︎ なにか言ってた⁉︎」

ヒカリ「えーと、そのぉ、うーんと、アスカのことちゃんと考えてるって」

アスカ「え⁉︎ ……それって……」

ヒカリ「(う、嘘は言ってないよね。今はって言ってたし)」

アスカ「こ、告白じゃない……」

ヒカリ「――え、えぇ⁉︎」

アスカ「そっか。シンジもちゃんと……あぁ、私ってバカね。なにを焦ってたんだろ。シンジも同じ気持ちなのに」

ヒカリ「――え、ちょ、ちょ、あす」

アスカ「ヒカリッ! ありがと! やっぱ私たち親友ね!」

ヒカリ「(ど、どどどうしよ~~⁉︎)」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Dream Tech アイドルマスター シンデレラガールズ 白南風の淑女 高垣 楓 1/8スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

新品価格
¥11,990から
(2017/4/27 18:34時点)