ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


秋月律子

P「アイドルが律子にプロデュースされたがっている……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 17:40:57.26 ID:2RwunBTZr.net

P「まあそりゃそうだよな」

P「竜宮小町は大成功してるし」

P「女の子同士だしその方が良いに決まってるよな」

律子「ちょ、プロデューサー殿、落ち着いてください!」

P「お、今をときめく敏腕プロデューサーの秋月律子先輩じゃありませんか」

律子「あのですねえ……」

小鳥「まあ確かに今の状況はあまりよくありませんよね。ちょっとギスギスというか」

律子「音無さんも煽らないでください!」

社長「そこまで言うなら本人たちに選ばせてみようじゃないか」

P「そう、ですね……そこでもし皆が律子を選ぶなら俺は……」



続きを読む

律子「もうプロデューサーったら、いつまで寝てるんですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 22:28:57.17 ID:jTiM+XN+0

ガチャ


P「おう、おはよう」

律子「おはようじゃありません、もうとっくにお昼ですよ?」

P「いいじゃないか、この業界はおはようございますとお疲れ様でしたが常識だろ?」

律子「まったくもう、そうやって屁理屈ばっかり……」

P「ところで律子」

律子「何ですか?」

P「ここ俺の家なんだけど」

律子「知ってますけど」



続きを読む

P「新しいカップリングの可能性を考えてみたい」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 07:00:18.32 ID:mmf+wyz70.net

小鳥「ほう…」

P「例えば真と雪歩は定番じゃないですか」

小鳥「そうですね。王道ど真ん中ストレートですよね」

P「でも真とあずささんのおねしょた。雪歩に憧れる真美みたいなちょっと外した組み合わせも美味しいわけですよ」

P「そういうカップリングが他にもないかなぁと」


P「たとえば俺は>>5>>10なんかいいと思うんですよ」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 07:04:43.08 ID:wMVzDu650.net





10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 07:07:32.85 ID:LICcU9C20.net

律子



続きを読む

律子「私が社長!?」

SS速報VIP:律子「私が社長!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1339416510/



1: ◆NbVYo5G9JI 2012/06/11(月) 21:08:30.65 ID:iy/tgyh9o

~765プロ事務所~

高木「あぁ、律子君。今月ようやく二十歳の誕生日を迎える事だし君にこの事務所をプレゼントしたいと思ってるんだが!」

律子「えっ?」

高木「私もそろそろ歳だからね……。これからの765プロの行く末を考えてみたら律子君に任せるのが適任だという決断に至ったのだよ」

律子「いやいやいやいや!! そう簡単に決められても困りますって! それに社長っていうくらいなら私よりプロデューサーの方が……」

高木「彼はアイドルに関してはプロフェッショナルだが、経営に関してはてんて駄目みたいでね。勿論彼にもこの件は話したのだが丁重にお断りされたよ」

律子(大方『律子の方が適任ですよ! それに誕生日そろそろですし。良いプレゼントになるんじゃないですか?』とか言ったんでしょうね)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1339416510(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)




続きを読む

P「バイオニック名作ゲームをやろう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 00:09:30.49 ID:CY5nYyE60

P「流石に本気でネタが尽きてきたよ」

律子「……」ポロッ

P「ああ、落ちたぞ。皿の上で良かった」

律子「珍しく神妙な面持ちで食事なんてどうだっていうから何の話かと思ったら……」

P「え、だってまだアイドル残ってるしさ」

律子「……ソーデスネ」

P「おい、どうした?イタリアン嫌いだったか?」

律子「なんでもありません!はぁ……私がバカでした」

P「いや律子はバカじゃないよ」

律子「そうですね、バカはあなたです。で、ネタ無いんですか」

P「うーん、無いというか……普通の名作を紹介するのは微妙に沽券に関わる気がして」

律子「いいじゃないですけ別に」

P「今までがさ、面白いけどマイナーとか、こっちから踏み込んで行けば面白いゲームばかりだったろ」

律子「まぁ、確かに」

P「だからその路線で行きたいんだよなぁ……名作紹介はどっかのブログにでも任せたい」



続きを読む

P「名作ゲームをやってみよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 10:37:32.00 ID:JV42173C0

P「と思い立ったが即行動」

春香「は、はい?」

P「オフの二人を集めてみました」

真「名作をやる……って事はゲームですか?」

P「うん、ちょっと昔のゲームをやってみようかと思ってな」

春香「でも、私あんまり詳しくないですよ?」

真「ボクもあんまり。遊ぶなら外で遊べって言われてたんで」

P「だからこそだ。普段そこまでゲームしなさそうな二人だからこそ名作に触れてもらいたい」

真「アイドル活動に何の関係があるんですか、それ」

P「無いけど」

春香「で、でも楽しいゲームなんですよね?」

P「うん。アイドル活動には全然関係無いけど」

真「……事務所でゲームはマズイんじゃないですか?」

P「何言ってんだ。俺の部屋行くぞ」

春香・真「!?」



続きを読む

貴音「食べ物の恨みは恐ろしいのです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:16:10.93 ID:ekcYmsPzO

ガチャ

P「ただいま戻りましたー」

響「だからさっきからごめんって言ってるだろー!」

貴音「響、今回ばかりは私も簡単に許すわけにはまいりません」

響「じゃあどうすればいいんだよー!」

P「……」

小鳥「あ、プロデューサーさんお疲れ様です」

P「音無さん、いったい何があったんですか。あいつらが喧嘩なんて珍しい」

小鳥「それが、ついさっきこんなことが……」



続きを読む

律子「もう!プロデューサー!」P「律子愛してる」

SS速報VIP:律子「もう!プロデューサー!」P「律子愛してる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419228091/



1: ◆P97maTvpxg 2014/12/22(月) 15:01:31.87 ID:c/UlhI6LO


事務所


ガチャッ


春香「おはようございまーす」


P「おぉ、おはよう春香」


春香「あ、プロデューサーさん、おはようござ……」ピタッ


春香「……何で朝から、ソファーでグデェーとしてるんですか?」


P「いいんだよ、ワザとやってるんだから」グデー


春香「わ、ワザと……ですか?」


P「さぁ、ほら、律子来ちゃうからあっち行って」シッシッ


春香「は、はぁ……?」スタスタ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419228091




続きを読む

P「おい、鬼畜メガネ」律子「何ですか、スケコマシ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 21:53:39.02 ID:ouuwYESH0

軽口「今日のオーディション合格者は~……」

軽口「2番の君達だ!気にいっちゃったよ、オレ!」ビシッ



真美「oh...」

真「やーりぃ!」グッ

響「やったぞー、プロデューサー!」

P「よくやった!作戦通りだったな」グッ

律子「……プロデューサー殿」

P「ん?」

律子「ちょっと、話があります」チョイチョイ



続きを読む

P「メモリーズ」 律子「カスタム?」

SS速報VIP:P「メモリーズ」 律子「カスタム?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370767468/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 17:44:28.31 ID:NgSdC7sEo

病院の廊下にある簡易的なベンチで、文庫本の表紙をぼんやり眺めていた。
それは以前、律子が好きだと言っていた恋愛小説だった。
律子が事故にあってから読むのを中断していたから、こういう暇のできた時に続きを読もうと思っていたのだが、
それまでのストーリーを忘れてしまい、最初から読み返すのもおっくうですっかり読む気が失せてしまった。

やはり、誰かと一緒に来るべきだった。せめて話し相手の一人くらい。
ぼんやり、壁に貼られた献血やがん予防なんかのポスターに視線を移す。
それは自分を楽しませることはなく、暇つぶしになるとも思えなかった。

空中に溜息を溶かしながら今後のことに思いを巡らす。面倒なことになった。
暫くして、廊下の向こうの少し小柄な人影を認めた。律子だった。
自分がベンチから立ち上がると、彼女は少し歩調を早めた。急かしてしまったようで、少しばつが悪くなる。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370767468




続きを読む

真美「真美はもう、手遅れなのかもしれない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/12(木) 22:58:08.04 ID:qZFuyN+I0

書留あり シリアス


双海 真美 15歳

真美「......」

また、この日が来てしまった

教師「よーし、じゃあこの間の期末試験返すぞー」

真美「......」

真っ黒で気持ち悪い、
心が潰されるようなこの感覚......

真美「なんで真美ばっかり......」

後何回繰り返せば良いのだろう
10回?20回?100回?それとも死ぬまで一生繰り返すの?

真美「もうやだよ......こんなの」

[双海 真美 28点]

真美「真美は......もう......!」

教師「......双海、放課後職員室に来てもらえるか?」

真美はもう、《手遅れ》なのかもしれない



続きを読む

【アイマス】伊織「ロス:タイム:ライフ」

SS速報VIP:伊織「ロス:タイム:ライフ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418564573/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 22:42:53.22 ID:ibFOaeAeO

・「ロス:タイム:ライフ」×アイマスss
・地の文、ところどころにあります

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418564573




続きを読む

P「久々の連休だ」 律子「ほう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 01:29:36.65 ID:ZjnXiCpl0

P「明日から2日間、久々のオフか・・・。それ以降はロクに休めないから事実上の春休みだな・・・遊びたいけど、1日はとりあえずのんびりしよう・・・」

律子「プロデューサー、予定の方は大丈夫ですか?」

P「とりあえず1日寝て過ごす」

律子「いや、・・・え? も、もしかして忘れてたりしてますか?」

P「・・・何が」

律子「プロデューサー、休日にアイドル達と用事をしてましたよ? 詰め込みすぎって位に」

P「本当に? 最近疲れ気味でボーッとしてたからなぁ」




続きを読む

P「正直、真美のことは性的な目で見ている」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 06:40:26.90 ID:lCIh21fU0

P「亜美はそうでもない」

律子「……」

P「どっちの方が好きとかじゃないんだ。どっちも同じくらい大好きだよ」

P「でもどちらかと言えば、真美と愛のあるセックスをしたい。わかるかな、この気持ち……」

小鳥「わかります」

P「音無さん」

小鳥「真美ちゃんを見てると、こう……、心のペニスがうずくんです」

小鳥「亜美ちゃんと真美ちゃん、そこに優劣はありません。
   それでも、やっぱり、真美ちゃんとしっぽりしたい。亜美ちゃんは汚しちゃいけないような気がして……」

P「わかります。亜美は765プロ最後のロリキャラですから」

律子(なんだこいつら……)



続きを読む

P「765プロアイドル紅白対抗試合?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 22:48:07.18 ID:+qveRw+vP

律子「はい。生っすか!?なんでもサンデーのスペシャル番組らしいですよ」

P「企画書によると俺チームと律子チームに別れるようだけど……」

律子「私が紅組リーダーで、プロデューサー殿が白組リーダーですね」

P「へぇ。いろんな団体や会社とコラボして番組もスポンサーもウチもウィンウィンって構造なんだな」

律子「よく考えてありますよねーホント。結構豪華なんで最初は驚いちゃいましたよ」

P「でもコラボ団体に凄く気になる団体名もあるんだが……」

律子「大丈夫ですよプロデューサー殿。良い感じにみんなの特技がバラけてますから心配いりませんよ」

P(……JRAとかJAFとか、一体アイドルに何をさせる気なんだ?)

律子「紅組は伊織、亜美、千早、響、貴音、やよい」

P「白組は春香、美希、真、真美、雪歩、あずささんか」

律子「はい。各試合の秒数差が最終決戦の大きな鍵になるみたいですね」

P「なるほどなー……って、アイドル達はレースに参加するってことなのか!?」

律子「そうですねー。正直私も各々の隠れた得意分野には驚かされました」

P(本当に大丈夫なのかこれ!?)



続きを読む

美希「ハニーにいっぱい穴を掻き混ぜられたの」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:02:04.81 ID:shjrg3IGO

春香「・・・え?」

千早「ちょっと美希・・・それ本当!?」

美希「うん!ハニーったらなんども出し入れするから気持ち良かったの!」

真「・・・」

春香「いくしかないよ千早ちゃん!」



続きを読む

あずさ「信頼」




1: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/08(月) 05:01:01.61 ID:LDvEDIsh0


765プロに所属するアイドルの中で、唯一二十歳を超えている私は、たまにではあるが事務所へ帰るのが夜中になる事がある。
今日もそうだった。

他の娘達は一定の時間になると帰らされる中、私だけ残って収録という事は珍しい事ではない。
しかし最近、私達のプロデューサーである律子さんが結成した竜宮小町に選ばれてからは、一緒に活動する伊織ちゃんと亜美ちゃんに合わあせて早めに帰ることが増えた。
以前の様に遅くまで仕事をしているということは大分減ったが、それでも稀に、今日のように単独での収録や撮影なんかが入ると、こうして夜中に事務所へ帰って来ることになるのだ。

「ただいま戻りました~」

事務所の扉を開くと、奥の方から慌ただしく駆け寄る足音が聞こえる。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417982451




続きを読む

【ミリマス】P「瑞希におち○ちんが生えた」

SS速報R:【ミリマス】P「瑞希におち○ちんが生えた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1541285940/



1: ◆X0TyCi.5oo 2018/11/04(日) 07:59:01.40 ID:KP00wRSN0

瑞希「おはようございます、プロデューサー」

P「おはよう瑞希」

瑞希「よいしょ、よいしょ」

P「どうした!? おもむろにパンツを脱ぎだして!」

瑞希「おちんちんが生えました……ぶいっ」

P「どういうこと!? しかも何でちょっと誇らしげなんだよ!」



続きを読む

伊織「チロルチョコ」

SS速報VIP: 伊織「チロルチョコ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399284235/



1: 1 2014/05/05(月) 19:03:55.26 ID:oKXE9JPH0

・アイマス、伊織誕SSです。
・いおりんお誕生日おめでとう!!!
・書き溜めてあるのですぐ終わります。

ではよろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399284235




続きを読む

律子・P「「二人で休暇」」

1: 1 2012/08/09(木) 18:52:44 ID:6QIN9ulk


P「おはようございます」

律子「あ、プロデューサー。おはようございます」

P「おお律子。…あれ、音無さんは?」

いつもなら律子と一緒に声を掛けてくれる音無さんが、
今日は事務所に居なかった。



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)