ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


胡桃沢=サタニキア=マクドウェル

サターニャ「ああ~もう!また英語のテストが赤点だわ!」 ガヴリール「ふーん……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 03:25:08.238 ID:R8hR7CgK0.net

サターニャ「はぁ……英語無くなんないかしら……」

ガヴリール「……」

ラフィエル「サターニャさんは全教科苦手なんじゃないですか?」

サターニャ「そ、そんなことないわよ! 英語だけはもう本当に何語だよって感じなの!」

ヴィーネ「いや英語でしょ」

サターニャ「うっさいわね! そういうこと言いたいんじゃないわよ!」



続きを読む

サターニャ「完全無欠の名探偵、サタニキア様よ!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 00:44:48.325 ID:pk6k84fb0.net

ガヴ「…あれ?」

ヴィーネ「どうしたの、ガヴ?」

ガヴ「うげ、箸忘れた…」

ヴィーネ「はぁ…全くしょうがないわね。はい、これ使いなさいよ」

ガヴ「サンキュー、ヴィーネ」

サターニャ「!」シュババババ


サターニャ「話は聞かせてもらったわ!」



続きを読む

ヴィーネ「1年ぶりの我が家かぁ……お母さんびっくりするかなぁ……ただいまー!おかあさーん!帰ったよー!」ベトッ

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 22:42:46.629 ID:GxF9zAsp0.net

ヴィーネ「え、なにこれ……生暖かい……?」ベチョッ

ヴィーネ「それにこの鉄みたいなにおい……血……!?」クンクン

ヴィーネ母「に、逃げてヴィネット…………」

ヴィーネ「お、お母さん!いやああああああああああ!!!!!!!ち、ち、ち、血が……!!!!!???」

ヴィーネ母「チャ、チャッピーが……逃げなさい、ヴィネット……」



続きを読む

ラフィエル「今日は私の誕生日です!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 00:01:42.068 ID:QKGeDkwV0.net

チュンチュン

~~ラフィエルの家~~

ラフィエル(楽しみで早起きしてしまいました…)

ラフィエル(私もまだまだ子供ですね)フフッ

~~登校中~~

ラフィエル「ふんふーん♪」

ラフィエル(皆さん今日はどんなプレゼントを用意してくれているのでしょうか♪楽しみです!)

サターニャ「あっ、ラフィエルじゃない」

ラフィエル(きた!)



続きを読む

サターニャ「バースデイパンティ?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 23:37:51.257 ID:254O0Wpd0.net

ヴィーネ「バースデイパーティよ」

ガヴリール「耳まで馬鹿になったのか」

サターニャ「分かってるわよ!わざと間違えたのよ!」

ガヴリール「下ネタとかほんと引くわ」

ヴィーネ「私の滑舌が悪かっただけかもしれないし……ごめんね?」

サターニャ「で、どうしたのよ私は8月よ」

ガヴリール「お前の話なんかしてないんだが」

サターニャ「じゃあ誰よ!……まさかアンタ?」

ヴィーネ「ガヴの誕生日は4月よ、じゃなくてラフィの」

サターニャ「ラフィエルぅ!?」



続きを読む

ラフィエル「最近みなさんに避けられてる様な気がします」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 22:33:39.492 ID:GnIYt1Qc0.net

ラフィエル「サターニャさんが私を警戒するのはいつものことですが、お2人までその様な態度なんですよね…」 

ラフィエル「特にヴィーネさんが…」  

犬「ハッハッハッハッハッ」

ラフィエル「私、何かしてしまったんでしょうか?」

ラフィエル「…ってあなたに話しても分からないですよね」

犬「ワンッ!」

ラフィエル「……そうですね、ここはまずサターニャさんを導るついでにでも聞いてみましょうか♪」
 
犬「ワンワンッ!」



続きを読む

サターニャ「読者モデル?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 20:32:27.726 ID:geHy8Qqa0.net

「ああ、もしよかったらやってみないかい?」

サターニャ「ふぅん、それって何をすればいいの?」

「洋服を着て、写真を撮らせてもらうだけさ。その写真は雑誌なんかに使わせてもらうよ。カリスマモデルになれば表紙なんかも飾れるよ」

サターニャ「カ、カリスマですって!?この未来の大悪魔サタナキア様にふさわしい響きね!やってやるわ!」

(スタイルはいいし、小悪魔系モデルで売り出せば当たりそうだな)



続きを読む

ガヴ「ヴィーネ」 サターニャ「ノーパン説」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 23:14:34.735 ID:f30qh2FF0.net

ガヴ「ある噂が我々のもとに入ってきました」

サターニャ「と、いいますと?」

ガヴ「ええ、それは『ヴィーネノーパン説』です!」

サターニャ「なるほど、確かにパンツ描写が一切ないですね、この大悪魔の私ですら存在するというのに」



続きを読む

ガヴリール「お、イベントだ」 ヴィーネ「なんですって!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 20:56:00.965 ID:f30qh2FF0.net

ヴィーネ「なんのイベント!?」

ガヴ「え?いやネトゲだけど?」



続きを読む

サターニャ「ガヴリールを誘拐するわ!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 19:40:45.875 ID:zHNy3JUz0.net

…………

サターニャ「またガヴリールにやられたぁ~っ!」

サターニャ「ううぅ、なんでいつも私はガヴリールにやられるのよぉっ!」

サターニャ「どうにかガヴリールのやつをぎゃふんと言わせてやりたいわ…」



『続いてのニュースです、○○市、○○区にて女子高生誘拐事件が発生しました』

『調べにたいし男は、性的な事をしようと思った…などと発言しており、容疑を認めてる模様です』

サターニャ「………誘拐ねぇ」

『…○○市町はこの事件を、非常に悪魔的で許されない行為だ、と事態を重く見ており…』

サターニャ「…非常に悪魔的……?」ピクッ



続きを読む

ガヴリール「サターニャをいじるのは楽しいなぁ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 20:50:26.929 ID:U/LHiA/s0.net

ガヴリール「なぁ、サターニャ、ピザって10回言ってみて」

サターニャ「へ?急に何よ?ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」

ガヴリール「じゃあここは」チョンチョン

サターニャ「ヒザ!!」

サターニャ「………じゃなかった!ひじ!!」

ガヴリール「ふっふっふ…引っかかったな…」

サターニャ「ぐぬぬ……」



続きを読む

ラフィエル「いよいよベストサタニキア賞の発表ですね」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 20:58:31.696 ID:XVC5f+nzd.net

ベストサタニキア賞発表会場

ラフィエル(ついに来ました、本年度ベストサタニキア賞受賞式……!)

ラフィエル(栄誉あるこの賞、是非とも受賞したいです……!)

ガヴリール「おー、ラフィじゃん」

ヴィーネ「ラフィもノミネートしてたんだ」

ラフィエル「ガヴちゃんとヴィーネさんも、ですね」

ラフィエル(普段のお友達も、今日だけは負けられないライバルです!)



続きを読む

サターニャ「ヴィネットぉーー!!何か股間から生えてきたんだけどぉー!!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 16:41:55.316 ID:JiPhBTta0.net

サターニャ「何よこれぇ……」

ヴィーネ「こ、これって……!」

ヴィーネ「き、きのこ……?」

サターニャ「え……きのこなの、これ?」

ヴィーネ「ええ……見た感じ、きのこっぽいわ……味見してみてもいい?」

サターニャ「ええっ!?き、汚いわよ!」

ヴィーネ「大丈夫、サターニャの体に汚いところなんてないわ……それではいただきます」パクッ

サターニャ「あぅっ……」

ヴィーネ「んっ……」

ガヴッ

サターニャ「あ痛あーーーーーー!!!!!!」

ヴィーネ「あっ、ご、ごめんなさいサターニャ!!痛かった!?」

サターニャ「あ、あ、あ……し、死ぬかと思ったわ……」ジンジン

ヴィーネ「うーん……神経は通ってるのね……ということは、このきのこはサターニャの体の一部……」



続きを読む

ガヴリール(5)「さたーにゃちゃん!あそんで!」サターニャ「フフフ……私のしもべになるなら遊んでやるわ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 20:48:45.718 ID:JiPhBTta0.net

ガヴリール(5)「しもべ?ってなぁに?」

サターニャ「え?えーっと……私の命令に従う……つまり、言うことをちゃんと聞く子になってってことよ!」

ガヴリール(5)「わかった!わたし、さたーにゃちゃんのいうことちゃんときいていいこにしてるね!」

サターニャ「そうよ、それでいいのよ!」

ガヴリール(5)「じゃあ、あそんで!」

サターニャ「いいわ!それじゃあ何をしましょうか」

ガヴリール(5)「うーん……あ!おにごっこ!!」

サターニャ「鬼ごっこね……悪魔の私にふさわしい遊びじゃない!」

ガヴリール(5)「じゃあわたしおにね!!」

サターニャ「ええ!?私が鬼が良いのに!」

ガヴリール(5)「ええ~?もー、しかたないなーさたーにゃちゃんは……わがままいってー」

サターニャ「だ、だって鬼なんだから悪魔の私が務めるべきでしょう!」

ガヴリール(5)「はいはい、じゃあさたーにゃちゃんがおにね…」

サターニャ「それで良いのよ!!」



続きを読む

サターニャ「こんな夢を見た。」

1: 以下、VIPがお送りします 2017/03/14(火) 00:56:07.23 ID:bihIwMTSP

---1---
暑さから逃れるためにベランダに出てワインを片手に空を眺めていると

「何時から?」

突然の問いかけに驚いた
声をした方を向くと蛇がいた

「何時からなんて知らないわ!」

蛇はあきれながらに落ちていく

ベランダに置いていた百合が話しかけてきた

「ワインの味は如何かな?」



続きを読む

サターニャ「あーあ、暇だわ……」ラフィエル「サターニャさん、こんにちは♥」ヒョコッ

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/03(金) 00:46:59.627 ID:QbNGuCkb0.net

サターニャ「わぁぁ!!あんたどっから出てきてんのよ!?」ビクッ

ラフィエル「サターニャさんのいるところならどこからでも出てきますよ♥」

サターニャ「怖いわよ!!」

ラフィエル「ごめんなさい、でもサターニャさんが退屈そうにしていましたので、つい……」

サターニャ「……あら、そういえば私退屈してたんだったわ」

ラフィエル「私でよろしければ、サターニャさんのお暇を潰す相手になれたらと思いまして♥」

サターニャ「なるほど、いい心がけね!わかったわ、なら今日はあんたと遊んであげる!」

ラフィエル「まぁ、嬉しいです♥それで何を致しましょう?」

サターニャ「そうね、ちょうどこないだ魔界通販で買った面白いものがあるのよ」ゴソゴソ

ラフィエル「まぁ、一体なんでしょう?」ワクワク

サターニャ「じゃじゃーん!!魔界めんこよ!!」

ラフィエル「めんこ……ですか?」

サターニャ「そう!この天使めんこに悪魔めんこを叩きつけてひっくり返すと……天使が悪魔に寝返るってわけ!どう?面白そうでしょ!?」

ラフィエル「わぁ、なんて面白そうなのでしょう……♥」プクククク

サターニャ「でしょでしょ!!早速やりましょ!!一人でやっても面白くもなんともなくて困ってたのよ!!」

ラフィエル「……あら、そういえば私も……マイめんこを1枚持っていました♥」スッ…

サターニャ「え?ってー!!それサタニキアメダルじゃなーい!!」



続きを読む

ガヴリール「ヴィーネぇ……♡」クンカクンカヴィーネ「ガ、ガヴ……何してるの……?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 14:42:50.480 ID:JiPhBTta0.net

ガヴリール「!?」

ヴィーネ「そ、それ、私のパンツよね……そんなもの、どこから……」

ガヴリール「い、いや、これは違うんだヴィーネっ!!そ、その……これは……えーっと……」

ヴィーネ「ま、まさかガヴが私にそんな感情を持ってたなんて……」

ガヴリール「いや、そういうことじゃなくて…!」

ヴィーネ「よ、寄らないで変態!!」

ガヴリール「……!!」ガーン

ヴィーネ「あっ……ご、めんなさい……その、ちょっと……距離を置かせてもらえるかしら……」ヒキッ

ガヴリール「ヴィ、ヴィーネ……っ」

ガヴリール(ヴィーネの奴、ドン引きしてる……こんなはずじゃなかったのに……)

ガヴリール(でも……すごい興奮する……っ!!)ハァハァ

ガヴリール(もっと……もっと蔑んだ目で見てぇっ……!)



続きを読む

ラフィ「サターニャさん!大魔王になれる薬です!どうぞ!」サターニャ「なんですって!?それいただくわ!」ゴクッ ラフィ「^^」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/16(木) 02:58:55.643 ID:c/I5UwyDr.net

サターニャ「ウーン...ネムク...ナッテ......」

サターニャ「うぅん...はっ!ここはどこ!」

ラフィ「おはようございます!サターニャさんここは私の家です!」

サターニャ「なんであんたの家に...ってなに手足縛ってるのよ!」

ラフィ「私大悪魔のサターニャさんに憧れて悪魔になりたいんです!だから手伝ってください!」

サターニャ「大悪魔...憧れ...仕方ないわね!で私は何をすればいいの」

ラフィ「いえいえサターニャさんなにもしていただかなくて結構です。今から行うのはデビルズアクションの32手 コチョコチョです!」

サターニャ「な、なんですって!?あのコチョコチョを...ま、まちなさいあなたにはまだ早いわ」

ラフィ「まぁまぁ取り敢えず上の服脱がしますねー」



続きを読む

ヴィーネ「そういえばガヴって甘酒で酔ってたわよね……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:49:00.844 ID:F3qPC0Pr0.net

ヴィーネ(ってことは缶ビールなんか飲ませたら酔ってる間の記憶飛ぶんじゃ……)

ヴィーネ「……」チラッ

ガヴ「……チッ、またゴミかよ。やっぱ確率絞ってんじゃんこのガチャ」スマホポチポチ

ヴィーネ「ねえガヴ。この間の大晦日のこと覚えてる?」

ガヴ「は? あー……なんか楽しかったのは覚えてるけど」

ヴィーネ「そういえばあの神社でUMAが目撃されたらしいわね。天使みたいだったって」

ガヴ「そうなの? そんなんいなかったと思うけどな」ポチポチ

ヴィーネ(やれる)グッ



続きを読む

ラフィ「タプちゃん!ガヴちゃんをあの悪魔から救いましょう!」タプリス「そうですね!そうしましょう!」

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 03:51:02.313 ID:St1EqwaJr.net

ラフィ「タプちゃん、タプちゃん」

タプリス「なんですか白羽先輩?」

ラフィ「今現在ガヴちゃんは悪魔に心を奪われて居るわけですが...」

ラフィ「私たちでなんとかしてガヴちゃんを昔のガヴちゃんに戻してあげましょう!!」

タプリス「本当ですか!?白羽先輩も手伝ってくれるのであればとても心強いです!」

ラフィ「あ、いえ私は参加しませんので」

タプリス「えぇ!なんでですか!今私たちって...」

ラフィ「ほら 私って優等生じゃないですか?だから直接干渉するのはちょっと~」

タプリス「そ、そんな~...」

ラフィ「でも大丈夫です!直接私は動きませんが助言程度ならできます!」

タプリス「それは心強いです!」

ラフィ「それでは元凶の悪魔もといサターニャさんのおうちにいきましょう!」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)