ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


菊地真

【アイマス】雪歩「私が一番だよ!」美希「美希こそ一番なの!」真「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 01:54:14.52 ID:0RBpuSfOO

雪歩「美希ちゃんは黙ってて!」

美希「むー! 雪歩は穴掘って埋まっててよ!」

雪歩「そ、それは私の台詞だよ!」

美希「うるさいの! いつもうじうじしてすぐ泣くくせに!」

雪歩「な……もう怒ったから!」

美希「べーっだ!」

真「ちょっと! ちょっと待ってよ二人とも! どうしたのさ!!? なんで喧嘩なんかしてるの!?」

雪歩「こうなったら本人に直接」
美希「聞いたらすべて丸っとさくっと収まるの」



真「うん? で、どうしたのさ」

雪歩「真ちゃんはどっちがいいの!?」
美希「真くんはどっちが好きなの!?」

真「え? えぇえ!? なんのこと!? いきなりどっちって言われてもボクわかんないよ! ちゃんと説明してよ!?」



続きを読む

【アイマス】雪歩「彼女は毎夜、短剣を手に迎えに来ますぅ」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/12(水) 01:11:44.04 ID:SPZKkP5N0

コツ、コツン。
窓に小石のぶつかる音。

「……」

カーテンを端に寄せ、ガラス越しにその姿を見る。
コツ、コツン。
尚も飛んではぶつかる小石。

「……」

無言で小石を投げる彼女。
萩原雪歩のよく知る彼女。
黒々とした髪に引き締まった身体、菊地真。
時計は二時を指していた。



続きを読む

【アイマス】千早「私が高槻さんのサンタになるわ」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 00:10:22.00 ID:M3wPb+os0

代理サンクス
短いです


春香「もうすぐクリスマスだね、みんな!」

やよい「うっうー!近所の商店街も、すっごくキラキラですー!」

響「そうだな!自分、クリスマスは大好きさー!」

真「なんだかわくわくするよね!サンタさんを待って夜更かしして怒られたりしたっけな~」

響「やよいは、クリスマスにサンタさんに何貰うんだ~?」

やよい「あっ…あの…、実は…」

春香「やよい?」

やよい「うっうー、実は私、サンタさんに来てもらったことがなくて…」

全員「…」



続きを読む

【アイマス】雪歩「私のお腹には、真ちゃんとの子供がいるんですぅ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 12:36:58.43 ID:qYNM7KCr0

真「……えっ」

春香「そ、それ本当なの!?」

亜美「うわーっ、おめでと→だねゆきぴょん!」

真美「うんうん、チョ→おめでたいって感じだね!」

貴音「少々驚きましたが、ともかく目出度きことです」

響「そうだ! 自分、赤ちゃんのために帽子を編んでプレゼントするぞ!」

美希「あっ、ミキも何かプレゼントしたいの!」

やよい「それなら、みんなでお金を出し合ってプレゼントを買うっていうのはどうですかー?」

千早「それってすごく素敵なアイデアだと思うわ、高槻さん」

あずさ「うふふっ、雪歩ちゃんお幸せにー」 ウフフ


真「…………」



真「……えっ、ちょっと待って」



続きを読む

【アイマス】真「明日に向かって撃て!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 22:04:09.23 ID:Z9klOmbj0

「っ――!」


最初、それに気付いたのはボクだけだった。
朝の生中継の収録を終えて、プロデューサー達と事務所へ帰る道中。
視界の端に、猛スピードで走る車が見えた。


貴音「さて、収録も終わりましたことですし、遅ればせながら朝餉に参りましょう!」

P「朝餉ってお前なぁ……ラーメン屋のクーポン握りしめて……」


車は勢いを緩めることなく、こちらへ迫ってくる。歩道がガードレールで仕切られていない、細めの道。
ボク達を気遣う様に車道側を歩くプロデューサーも、ようやくその音に気付いて振り返った。


P「っ! 二人とも、危ない!」


プロデューサーが、貴音とボクを脇へ押しやろうとする。けれども、ボクの反応と動きの方が早かった。


P「まこっ――?!」

貴音「何を――!?」


一番外側に居たボクは、何も言わずにプロデューサーの手を思いきり引いた。
その反動で、二人の間をするりと抜け、ボクは車の前へ躍り出た。



続きを読む

P「アイドルの名前が覚えられない……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:00:57.70 ID:pYsgfHL30

P「どうしましょう、小鳥さん」

小鳥「ど、どうしましょうと言われても……」

P「俺が765プロにきて、もう3ヶ月」

P「あいつらのプロデュースも軌道に乗ってきて」

P「やっと、信頼関係も築けてきたというのに」

P「あいつらの名前が覚えられないんですよ!」

P「いままで、「お前」とか「おい」とかでごまかしてきたんですが、限界です」

小鳥「え、えっと……。ちなみにコレは誰の写真だかわかりますか?」

P「…………いえ」

小鳥(春香ちゃん、ドンマイ……)



続きを読む

【アイマス】千早「真だって亜美や真美より小さいのに……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 07:34:07.72 ID:by3EwEYe0

千早「どうして私だけ胸のことを気にしなきゃならないのかしら?」

真「え?」

千早「真って私より年上よね?」

真「まあそうだけど……」

千早「それなのに私と3cmしか胸囲が変わらないじゃない。そうでしょ?」

真「でも千早なんかやよいより……」

千早「今は真の話をしているの。私のことはどうでもいいでしょう」

真「……」

千早「私は真も胸にコンプレックスを抱えるべきだと思うの。だって小さいんだから」

真「いやー……そんなこと言われてもなあ……」



続きを読む

【アイマス】千早「胸が大きくなってる・・・これが第三次性!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 00:18:10.09 ID:HzRFASr70

千早「ふ~んふ~ん♪」

真美「ねぇねぇ亜美?あの人誰かなぁ?」

亜美「すっごいキレイな人だね。新人さんじゃない?」

千早「あら、亜美、真美。おはよう。今日は早いのね」

亜美「え?そ、その声もしかして千早おねえちゃん?」

真美「全然気づかなかったYO!どしたのそのカッコ」

千早「ああこれ?・・・実は前の撮影で使った衣装なんだけど気に入ったって言ったら衣装さんがくれたの」

亜美「へ→千早お姉ちゃんもコスプレとかするんだね→」

真美「でもすっごく似合ってるYO」

千早「ふふありがとう。・・・あら大変もうすぐレッスンの時間だわ・・・急がないと、じゃあね」タユンタユン

亜美「・・・ねぇ真美?今の見た?」

真美「うん・・・千早お姉ちゃんのおっぱいが揺れてた」



続きを読む

【アイマス】真「ボクだけの」貴音「王子さまになりましょう」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 21:57:27.13 ID:cp769AX50

真「はあ~やっぱり王子さまっていいなあ~。ボクの前にも現れないかなあ~」

小鳥「ふふふ、真ちゃんは本当にそういうの好きねえ」

真「えへへ。どうしても憧れちゃうんですよねえ。ボクもかわいいお姫さまになりたいですよ~」

貴音「ただいま戻りました」ガチャ

小鳥「あ、貴音ちゃんお帰り~。雑誌のモデルのお仕事どうだった?」

貴音「……本日も面妖な服をたくさん着させられました」

貴音「本日のこんせぷとは、『中世のお姫様』だったそうなのですが」

小鳥「あら、貴音ちゃんにはとても似合いそうじゃない」

真「……貴音みたいな、綺麗なお姫様もアリだなあ」



続きを読む

【アイマス】千早「……」真「……」

2: 代行ありがとうございます 2012/11/22(木) 20:12:42.24 ID:NGWVKm+U0

千早「どうしたの?」

真「……」

千早「……」





真「……くしゅん!」

千早「……そんな薄着だと、風邪引いちゃうわよ」

真「……」

千早(なぜ私の家の前でうずくまってるのかしら……)



続きを読む

P「エージェント菊地真?」真「はいっ!!」

SS速報VIP:P「エージェント菊地真?」真「はいっ!!」



1: 1 ◆6sOGwos0tc 2012/05/11(金) 20:21:13.19 ID:df/Ddu8Z0


設定強め。別にアイマスじゃなくてもいいんじゃ……ていうツッコミは抜きでw
それでははじまりはじまり~

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1336735273(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)




続きを読む

【アイマス】真「真美と同棲することになった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 18:00:13.75 ID:klLXInNx0

真(はあ……一人暮らしを始めてそろそろ1ヶ月か……)

真(最初は母さんや父さんに何も言われないしすごく自由な生活が送れると思ってたのにな……)

真(洗濯も掃除も全部1人でやらないといけないって言うのがすごくめんどくさいんだよなあ……)

真(そういえば明日ってオフだっけ……何しようかな……何もする気起きないし、ずっと寝てようかな)

真(はあ……掃除も洗濯も全部やってくれて、ご飯も毎日作ってくれる人がボクの前に現れないかな……)

真(現れるわけないか……寝よ)



続きを読む

【アイマス】春香「プロデューサーさんとセ○クスしたくなってきた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:11:26.78 ID:9PFfSwRE0

ブーブーエス楽屋

ガチャリ

春香「ぬわああん疲れたもおおん」ドサッ

真「辞めたくなるよーはるかー」ドサッ

美希「今日はもうすっごい疲れたの」ドサッ

春香「はー、ソファーきもてぃー」グテー

P「みんなお疲れ」

美希「ハニー」グテー

P「ん?」

美希「動きたくないのー」グテー

真「同じくです、なんかこう精神的に疲れました」グテー

春香「冠番組ってやっぱしんどいね」グテー


書き終わってるから適当に投下してく



続きを読む

【アイマス】貴音「あなた様!しゃいにぃふぇすたでございます!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 21:35:27.82 ID:In7HdikS0

P「うん、やったな貴音!まさか招待されるとは!」

貴音「沖縄!二泊三日の沖縄なのですね!?」

P「おう!」

貴音「響の故郷の!!」

P「そうだ!」

貴音「あ、あぁ……あぁ!!響が、響が招待を受けていないのが残念でなりません!!」

P「あぁ、そうだなぁ…でもこればっかりはな」

貴音「ですがわたくし、響の分まで沖縄を堪能いたします!!」

P「フェスタがメインだからな?」

貴音「心得ております!ふぇすたがめいん!!」

P「はははテンションたかいなぁ貴音」

貴音「響のご実家にご挨拶に行かねば!!」

響「や、やめてぇ!」



続きを読む

P「真おかゆ作ったぞ。はい、あーん」真「あ、あーん……///」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/08(木) 11:11:31.89 ID:iiWnKCkdP

真「……」モグモグ

P「熱いか?」

真「大丈夫です……///」

P「ちゃんと食べないと風邪治らないからな」スッ

真「ふぁい……」モグモグ

────
──



続きを読む

【アイマス】真美「耳だけでイク?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 02:43:44.68 ID:NMrUKs5j0

真美「亜美ー ちょっとこれ見て」

亜美「なになにぃ? 『人妻洋子は欲求不満 耳だけでイっちゃう』??」

真美「これってHなことっしょー? ほら昨日あのー そのぉ」

亜美「オマンゴイグ?」

真美「ちょ はっきり言わないでよー」

亜美「すまんこ」テヘ

真美「もー  それでさ、これって耳でもアソコくらい気持ちよくなれるってことだよね」

亜美「ふむふむ」

真美「明日伊織ちゃんに試してみようよ→」

亜美「んっふっふー 名案だねー」





続きを読む

【アイマス】真「池袋西口公園で、ボクはその人と出逢った」

※池袋ウエストゲートパークとのクロス



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:37:38.52 ID:rWYReQxZ0

―――

夜・池袋西口公園


その日のボクは……西口公園で、ダンスの練習をしていた


真「(……もっと、たーかめて果てなく♪)」

真「(こーころーの、おーくまーで♪)」

真「(あーなーた、だけが使えるテークニックで……♪)」


CDは流してないけど、曲も構成も、頭の中に入っている

色々なことがあって、ここまでやってきて……
ここ、「池袋西口公園」でダンスをしている人たちを見つけた

その姿を見て……ボクは気が付くと、彼らのように公園の一角で踊っていた
踊っている最中は、何もかも忘れられる……だからなのかもしれない

……そしたら、あの人が話しかけて来たんだ




続きを読む

【アイマス】真「護身術ですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:25:55.13 ID:f8qHSlAR0

ただただ護身術を学んだりするSSです

前から書いてみたかったので書いてみました。



続きを読む

【アイマス】真美「事務所の皆にアドバイスを貰ってまこちんに告白する」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 18:00:19.76 ID:KRQIYR8H0

真美「はあ……」

春香「あれ、どうかしたの真美?」

真美「えっ!?ううん、どうもしないけど…」

春香「うーん…そっか、ちょっと元気ないみたいだから心配しちゃった」

真美「…あ、あのさ…はるるん」

春香「何?」

真美「は、はるるんってさ…好きな人とかいたりする?」

春香「えっ!?好きな人?」

真美「うん…」

春香「…いない…かな」

真美「そっか…」



続きを読む

【アイマス】美希「真クンが座っておしっこしてたの」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 19:21:01.43 ID:2Xuu/fNo0


真「ちょっと」

P「でも、ソッチのほうが撥ねないし掃除しやすいぞ」

美希「でも、ミキ的には、立ってした方がかっこいいと思うな」

真「いや、そうじゃなくて」

美希「ハニーも座ってするの?」

P「家なら割と」

真「ちょっと待ってってば!!」

P「?」

美希「?」

真「ボクは女ですから!っていうか、なんで美希がボクのトイレ覗いてるの!!」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)