ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


萩原雪歩

【アイマス】雪歩「これ手作りチョコです」P「ありがとう」雪歩(くふふっ)

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 10:49:27.25 ID:SKtPByUd0

P「家で大切にだべさせてもらうよ」

雪歩「!?」

雪歩「い、今食べないんですか?」

P「あぁ、さっき昼食くったばっかりだからな」

雪歩「でも……」

P「それに雪歩の手作りなら、大切に食べたいからな」

雪歩「……」

雪歩(これじゃあ、媚薬が効かないよぉ……)



続きを読む

【アイマス・モバマス】愛「雪歩先輩!!」茜「愛先輩!!」雪歩「ひぅぅ……」

1: ※765×876×モバ 2013/02/14(木) 19:10:26.74 ID:taszBaRC0

愛「あっ!! 雪歩先輩!!!」

雪歩「あ……愛ちゃん。久しぶりだね」

愛「おひさしぶりですっ! 元気でしたか!?」

雪歩「う、うん。愛ちゃんも元気そうだね」

愛「はいっ! あたし今とーっても楽しいんですよ!!」

雪歩「そ、そうなんだ……?」

愛「実は、あたし達に後輩ができたんですっ!」



続きを読む

【アイマス】雪歩「プロデューサーへ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:54:38.19 ID:pwR1Ja4n0

First Stepを聞いてたら色々と頭に浮かんだので書いていきます。
歌詞に沿った話ですので、そういうのが苦手な方は見ないことをオススメします。

あと、文章力もないのでそこの所もよろしくお願いします。



続きを読む

【アイマス ×鬼滅】雪歩「私のPは顔が怖い」




1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/29(日) 16:17:50.18 ID:o1LMWD7wO

 男の人が苦手だった。男の人が相手になるとうまく喋れないし、緊張して目も合わせられない。そんな自分を変えたくてアイドルになろうと思った。だけど…

「おおォい!?さっさと降りて来やがれェ!」
「犬は無理ですぅ!?」

 それでも、このプロデューサー、不死川実弥さんは怖すぎる。目が血走っているし、顔にはたくさんの傷がある。うちのお弟子さんでももう少し少ない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1585466270




続きを読む

【アイマス】真美「安価で『ようこそ双海医院』!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 01:08:16.54 ID:RJIcyy0k0

亜美「えっ?」

真美「あー、君が最初のクランケかね」

亜美「何それっぽい用語使ってるの……」

亜美「っていうか事務所で何やってるの? その白衣どっから持ってきたの?」

真美「で、今日はどういった症状で?」

亜美「……別にどこも悪くない……」

真美「どういった症状で!?」

亜美「え、えーと……>>5



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 01:09:12.05 ID:RJSQL2pL0

真美のことが好きすぎる



続きを読む

P「おんぶしたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 23:21:38.42 ID:6Bo2NOuj0

亜美「うぎゃ!?」

真美「どったの!?」

亜美「あたたた…ちょっとくじいちゃった」

P「おいおい大丈夫かよ…」

亜美「多分痛いのは今だけで大丈夫だと思うけど…いちち…」

真美「ありゃーこりゃだめだ」

P「しょうがないな…ほれ」

真美「しゃがみ込んでどったの兄ちゃん?」

P「とりあえず事務所までもうちょいだからおんぶしてやる」

亜美「えぇーこんなとこで?」

P「ほらっ文句はいいから早く」

亜美「うっうん…よいしょっと…」

P「それじゃ悪いが真美荷物持ってやってくれ」

真美「あいあいさー」



続きを読む

【アイマス】春香「手を繋いで」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:57:02.74 ID:lrS73omI0

真「ねえ、千早」

千早「どうしたの?」

雪歩「これから一緒にカラオケに行かない?」

千早「私は……遠慮しておくわ」



続きを読む

P「おーい千早。いや、セ○クスピストルズ」千早「セッ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/27(木) 17:14:28.18 ID:kLz7x+3u0

P「ん? どうした千早」

千早(プロデューサー。今、確かにせっく……)

P「なにか気になることでもあるのか?」

千早(い、いや、あの誠実なプロデューサーが、昼間からしかも大声でそんなことを言うはずは……)

P「どうしたんだ? 調子悪いのか?」

千早(た、確かめてみましょう)

千早「あの、プロデューサー」

P「ん?」

千早「私の名前って、なんでしたっけ」

P「それはもちろん……」

千早(お願い、聞き間違いであって……!)

P「セックスピストルズだよな!」

千早「」



続きを読む

【アイマス】まこちー「やーりぃ」キャッキャッ真「ああボクのクッキーが!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/26(水) 00:59:35.91 ID:Y9+6Swc/0

まこちー「ぱくっ――」

真「あー……雪歩から貰ったクリスマスプレゼントなのにー!!」

まこちー「ヤ~♪」

真「にいいいいもう怒ったよまこちー!」

まこちー「ヤー?」

真「とぼけないでよ! それボクの今日の一番の楽しみだったんだよ!?」

まこちー「……」

真「もうまこちーとは遊んであげない!」

まこちー「まきょ!?」ガーン



続きを読む

【アイマス】雪歩「君のままで」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 20:31:20.13 ID:wZ/Q9GI30

「誕生日おめでとう、雪歩」

ベッドの上で仰向けのまま、呟くように言った。無機質な声だった。

部屋に自分以外の人間は居らず、その声は目覚ましの音に掻き消される。

その日じゃないから。本人の前じゃないから。

寝起きの頭で適当な理由を付け、目覚ましを止めて洗面所に向かう。



続きを読む

【アイマス】雪歩「大きくなるということ」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 21:26:43.47 ID:PnVXdTzj0

「TOP×TOP……ですか?」

12月になり、だんだん外を出歩くのが辛くなってくる頃。
私は、プロデューサーの唐突の言葉に、目をしばたたかせていた。

「ああ。日程はクリスマスイブで、生放送だ。三人とも、久しぶりのゴールデンタイムだぞ!」

思わず真ちゃんや美希ちゃんと顔を見合わせる。

私たち三人がデビューしてからもう一年以上経つ。
今まで精一杯頑張ってきたつもりだし、小さくてもいろいろな仕事に出向いてきた。
だというのに、なかなかファンの人は増えてくれなくて、どうにもくすぶっている期間が続いていた。
そんな私たちが、ゴールデンタイムの番組に出られるなんて、にわかには信じがたい話だった。

「ゴールデンタイムだって! これでボクたちの実力が知れ渡れば……」

「ミキ達も人気アイドルの仲間入りなの!」

「うぅっ……私、今から緊張してきちゃったよ……」

小さく取り上げられるだけなのか。
はたまた、これからの命運を賭けて、大々的に出ることになるのか。



続きを読む

【アイマス】雪歩「冬の星座に伸ばした手」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 22:43:01.05 ID:0FcTxcF10

P「うわ、さむっ」

雪歩「もうすっかり夜になっちゃいましたね」

P「あーあ。こんなことならタクシーじゃなくて自分の車使えばよかったなぁ」

雪歩「ごめんなさいです……私の失敗のせいで、収録の時間が長くなってしまって」

P「とは言っても、精々十分程度のものだろう。明らかに1コーナーむりやりねじ込んで収録延長させた向こうが悪い」

雪歩「確かに、ちょっとびっくりしちゃいましたぁ。いきなり予定が増えるなんて聞いてませんでしたから」



続きを読む

【アイマス】雪歩「私もX'masを楽しんでみたいんですぅ!」

SS速報VIP:雪歩「私もX'masを楽しんでみたいんですぅ!」



1: Swing ◆VHvaOH2b6w 2012/12/21(金) 20:55:02.04 ID:sCOeAgjA0

春香「プロデューサーさん、24日なんですけど」

P「ん? なんだ?」

春香「ちゃんと夕方以降はみんなのスケジュール、空けておいてくださいね」

P「ああ、雪歩の誕生日パーティーだったな」

真「まだ内緒にしてますけど、きっと雪歩も喜びますよ」

やよい「お料理、いーっぱい作っちゃいますねー」

春香「ケーキは、私が作るからね」

響「春香、間違えてクリスマスケーキのデコレーションにしちゃダメだぞ。ちゃんと誕生日のケーキにするんだぞ」

春香「わかってるよ。いくら私でも、そこはうっかりしないから大丈夫」

伊織「そこが、一番のポイントなんだから」

P「? なんの事だ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1356090901




続きを読む

【アイマス】春香「仮面ライダーって寂しいね」

関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:14:45.67 ID:SID0xi3v0

あれの続き



続きを読む

【アイマス】雪歩「私が一番だよ!」美希「美希こそ一番なの!」真「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 01:54:14.52 ID:0RBpuSfOO

雪歩「美希ちゃんは黙ってて!」

美希「むー! 雪歩は穴掘って埋まっててよ!」

雪歩「そ、それは私の台詞だよ!」

美希「うるさいの! いつもうじうじしてすぐ泣くくせに!」

雪歩「な……もう怒ったから!」

美希「べーっだ!」

真「ちょっと! ちょっと待ってよ二人とも! どうしたのさ!!? なんで喧嘩なんかしてるの!?」

雪歩「こうなったら本人に直接」
美希「聞いたらすべて丸っとさくっと収まるの」



真「うん? で、どうしたのさ」

雪歩「真ちゃんはどっちがいいの!?」
美希「真くんはどっちが好きなの!?」

真「え? えぇえ!? なんのこと!? いきなりどっちって言われてもボクわかんないよ! ちゃんと説明してよ!?」



続きを読む

【アイマス】雪歩「彼女は毎夜、短剣を手に迎えに来ますぅ」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/12(水) 01:11:44.04 ID:SPZKkP5N0

コツ、コツン。
窓に小石のぶつかる音。

「……」

カーテンを端に寄せ、ガラス越しにその姿を見る。
コツ、コツン。
尚も飛んではぶつかる小石。

「……」

無言で小石を投げる彼女。
萩原雪歩のよく知る彼女。
黒々とした髪に引き締まった身体、菊地真。
時計は二時を指していた。



続きを読む

【アイマス】雪歩「私のお腹には、真ちゃんとの子供がいるんですぅ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 12:36:58.43 ID:qYNM7KCr0

真「……えっ」

春香「そ、それ本当なの!?」

亜美「うわーっ、おめでと→だねゆきぴょん!」

真美「うんうん、チョ→おめでたいって感じだね!」

貴音「少々驚きましたが、ともかく目出度きことです」

響「そうだ! 自分、赤ちゃんのために帽子を編んでプレゼントするぞ!」

美希「あっ、ミキも何かプレゼントしたいの!」

やよい「それなら、みんなでお金を出し合ってプレゼントを買うっていうのはどうですかー?」

千早「それってすごく素敵なアイデアだと思うわ、高槻さん」

あずさ「うふふっ、雪歩ちゃんお幸せにー」 ウフフ


真「…………」



真「……えっ、ちょっと待って」



続きを読む

【アイマス】雪歩「優しい四条さん」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 18:17:08.35 ID:l+2hMIS/0

雪歩「穴を掘っていると何も言わず隣で同じように穴を掘ってくれる四条さん」



続きを読む

【アイマス】千早「・・・なんでもいいわ」伊織「なによ、その言い方」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:35:34.78 ID:0NkHGiLF0

千早「なんでもいいからなんでもいい、と言ったまでよ」

伊織「それ、本当はなんでもいいと思ってないのが丸わかりよ?」

千早「そんなことはないわ。変な言いがかりはやめてもらえないかしら」

伊織「言いがかりですってー?!」ムキー


雪歩「ど、どうしちゃったんでしょう、あの2人・・・」ヒソヒソ

小鳥「さ、さあ?さっきまで普通に話してたわよね?」ピヨピヨ



続きを読む

【アイマス】亜美「真美のクラップ音ってさ」雪歩「へ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 11:13:23.00 ID:fuXbld4c0

亜美「なんかえっちくない?」

雪歩「?」

亜美「ちょっとゆきぴょん今PSPある?」

雪歩「え……? ちょっと待ってね」ゴソゴソ



雪歩「で、どうするの?」

亜美「オプチョンでね、この真美の二つ目のクラップ音を……」カチ


  「に♪」


雪歩「…………?」

亜美「連打すると……」カチカチッカチカチカチ


  「ぃんっぃぃんっ♪ ぃんぃんっ♪」


雪歩「うわぁ」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)