ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


葛城ミサト

シンジ「行くぜ!エヴァン!ゲリオォーンッ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 20:27:40.60 ID:Exl52K0Q0

第四使途襲来、初号機格納庫

シンジ「……」

ミサト「さ、シンジ君……」

ゲンドウ「シンジ、それに乗れ」

シンジ「……」

ゲンドウ「どうした。乗るなら早くしろ、でなければ帰」

シンジ「コックピットは何処だ?」

ゲンドウ「は?」

シンジ「コックピットはどこだって聞いてんだよ糞親父!!」ダンッ

ミサト「し、シンジ君!?お父さんに向かって何て」

シンジ「化けモンが来てる時に悠長に親子対面してる場合かってんだよ!!とっとと俺をこいつに乗せやがれ!!」

ゲンドウ「…………」



続きを読む

シンジ「マヤさん…マヤさん…」シコシコ ミサト「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 22:45:51.09 ID:oeFqh7dt0

ミサト「……」

シンジ「ああマヤさん…マヤさん…ハァハァ」シコシコ

ミサト「……」

シンジ「いつまで見てるんですか?」シコシコ

ミサト「!?」



続きを読む

アスカ「ちょっとミサト!何なのよあの鈴原って子は!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 15:35:57.91 ID:aEpnT1pz0

サクラ「碇さん、お食事の時間ですよ」

シンジ「あ、はい…」

サクラ「じゃ、あーんして下さい」

シンジ「あ、いや、じ、自分で食べられますから…」

サクラ「そない遠慮せんでもええんですよ?これも医官の仕事なんですから」

シンジ「は、はい…」

サクラ「それと私の方が年下なんやから敬語も使わんといて下さいよ。なんやくすぐったいわ」

シンジ「いや、でも…確かに年下と言えば年下だけど…。…わかりました。あ、いや、わかったよ…」

サクラ「じゃ、お口開けてください。あーん」

シンジ「…」アーン

ーーーーーーーーーーーーー

アスカ「ぐぬぬぬぬ…」フーッフーッ



続きを読む

ミサト「アスカとシンちゃんを全力でくっつけてみた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 10:53:49.86 ID:Dbon30EU0

ゲンドウ「入れ」

ミサト「お呼びでしょうか碇司令」カツカツ

ゲンドウ「…」

冬月「葛城三佐」

ミサト「はっ」

冬月「…君にはチルドレンの監督保護を任せているが、様子はどうだね?」

ミサト「はい、現在のところ目立った問題は見られません。日常生活は順調。定期的なシンクロテスト、メディカルチェックにも異常は無く…」


ゲンドウ「くっつけろ」


ミサト「……………………は?」


冬月「あの二人を、恋仲にしたまえ」



続きを読む

ミサト「みんなに無視される?」マリ「はい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/31(水) 06:23:41 ID:89CT3Bsw



ミサト「ホントに?」

マリ「はい」

ミサト「シンジ君にも?」

マリ「はい、シンジ君にも」

ミサト「アスカはともかくシンジ君もとは……ちょっち意外ねぇ……」

マリ「シンジ君はアスカ程ではないけど、私の事を避けてる」

ミサト「そう……分かった、こっちで確認してから対処させてもらうわ」

マリ「どうも、私はエヴァにさえ乗れればみんなと仲良くできなくてもいいんだけどね」

ミサト「駄目よそんなの、パイロット同士の交流も作戦のひとつよ?」

マリ「ま、お任せしますわ、中間管理職サマ」

ミサト「あいよ」

ミサト(ふぅ……面倒ね……)



続きを読む

アスカ「ほらっ、歩きなさいよ!」

1: 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 2012/11/24(土) 23:16:10.19 ID:X1UQRZtpP

えヴぁQネタ
わりとてきとー



続きを読む

シンジ「なんですかこれ!」 ミサト「ファービーよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/25(日) 01:26:11.08 ID:2aykp0Zr0

シンジ「ミサトさん!お風呂に変な生き物が……」

ミサト「ああ……ファービーランドからやってきた、ファービーよ」

ファービー「ファ↑ーーーーーーーーァ↓ーーーーーー……」

シンジ「ふぁ、ふぁーびー?」

ミサト「もう一人の同居人よ。よろしくね♪」

シンジ「これが……同居人……」

ファービー「オナーカヘッター。ウァアーーウァアーー」



続きを読む

シンジ「分かりました、何もしません。ヒモとして生きていきます」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/25(日) 02:31:15.23 ID:oQOwdi/g0

≪ヴンダー艦内・碇シンジの隔離部屋≫

サクラ「碇さん、お食事済みました? トレー、下げますよ?」

シンジ「………………」

サクラ「……って、また一口も食べてないんですか」

シンジ「………………」

サクラ「もう…、ちゃんと食べてくださいよ。せっかく炊事班が作ったんですから」

シンジ「………………」

サクラ「……今日も、いつものようにダンマリですか?」

シンジ「………………だ」ボソッ

サクラ「え?」

シンジ「……僕はちゃんと、綾波を助けたんだ」ボソッ



続きを読む

シンジ「アスカ……アスカ……うっ……!」アスカ「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 00:22:00.94 ID:ZAnpQhhc0

シンジ「最低だ……俺っ―――」

アスカ「……」ジーッ

シンジ「……」

アスカ「……たのしい?」

シンジ「……これ、カルピスだから」

アスカ「手、洗ってきなさいよ」

シンジ「はい」



続きを読む

アスカ「臭い」シンジ「ごめん……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 20:51:34.73 ID:NNf2PAky0

アスカ「臭い」

シンジ「え?そ、そうかな?」

アスカ「ちゃんと訓練の後とかシャワー浴びてるんでしょうね?」

シンジ「浴びてるよ」

アスカ「でも、こことか臭うわよ?」クンクン

アスカ「おぇー、臭すぎ」

シンジ「そ、そうかな?自分ではよくわからないけど……」

アスカ「アンタ、バカぁ?自分の臭いは気づきにくいものなのよ」

シンジ「ごめん……」

アスカ「全く、ホントにウルトラバカね」クンクン

アスカ「おぇー、くっさいわね、あんたの股間」

ミサト「ちょっと!!アスカ!!シンジくん!!なにしてるの!!」



続きを読む

ゲンドウ「エヴァに乗れ、でなければガンダムに乗れ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 21:24:30.65 ID:v2upLgey0

シンジ「が、ガンダムって、そんな…そんなもんあるわけ…」

ゲンドウ「ある」

シンジ「!?」

ゲンドウ「見てみろ、お前が選択した。エヴァに乗らないことをな」

ミサト「シンジくんがエバーに乗らないって言ったからガンダームが出てきたわ」

シンジ「ほ、本当にガンダムなの!?」

ゲンドウ「ああ…」

シンジ「何かやたらスリムだしところどころ紫色の塗装が見え隠れしているのに!?」

リツコ「使徒が出たわよ!」

レイ「エヴ…ガンダム零号機、出ます」

シンジ「いまエヴァって言いかけた!エヴァって言いかけたよね!?」



続きを読む

アスカ「なんで歌ってんのよ?」マリ「戦闘中のBGMって大事じゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21(水) 14:04:54.82 ID:DDXeSNyb0

アスカ「そのためだけ?鬱陶しいだけじゃない」

マリ「えー?マジー?」

カヲル「そんなことはないと思うけど、ね?シンジくん?」

シンジ「え、う、うん、そうだね」

マリ「でしょー?いやー、わかってるぅ」ギュッ

シンジ「うわ!!」

アスカ「なにやってんのよ?」

レイ「でも、通信回線をジャックしてまで歌うのは止めて欲しい。それに戦闘中の曲にしては盛り上がりに欠けると思うわ」

マリ「んだと~?なら、どんな曲がいいわけ?歌ってみせてよ」

レイ「え……」

シンジ「綾波、無理はしなくていいよ?」

レイ「……次の模擬訓練のときに用意するわ」

マリ「おっ。たっのしみぃ」



続きを読む

アスカ「シンデレラガールズ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 23:34:16.44 ID:3/CxCE1g0

<ミサト宅>
アスカ「ふー、今日も疲れたわ。通常訓練の後の呼び出すなんて、ミサトも人使いが荒いわねぇ」

アスカ「まぁ、シンジとファーストの戦闘データを2号機に置き換えての仮想シミュレーションなんてのも
私と二号機への期待の現われ、って事だししょうがないわね」

アスカ「ただいまー」ガチャ

シーン

アスカ「……あれ?」




続きを読む

アスカ「アンタ、お払い箱よ」シンジ「あ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 03:08:17.51 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「ちょっと聞き取れなかった」

アスカ「お払い箱って言ってんの!出て行きなさいよ!」

シンジ「えと、ちょっと確認してみますね」

アスカ「はぁ?何処によ?」

シンジ「えっと・・・ネルフかな?」

アスカ「はぁ!アンタバカぁ?」

シンジ「事実確認は大事だよ・・・あ、もしもし?」

シンジ「はい・・・はい、ありがとうございます・・・失礼します」ピッ!

シンジ「そんな報告はないみたいだよ?」

アスカ「~~~~!!!!」イラっ



続きを読む

シンジ「どうして本、読んでくれないの?」レイ「命令にないから」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 16:47:01.22 ID:6dIZ8hm80

シンジ「僕が持ってきた本、読んでないよね?」

レイ「……」

シンジ「どうして、読んでくれないの?」

レイ「命令にないから」

シンジ「命令か……。じゃあ、もういいよ!!!」

レイ「……」

シンジ「僕が音読するから聞いててよ!!!」

レイ「……」

シンジ「山の中に、一人の赤鬼が住んでいました」

シンジ「赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家の前に、『心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。』と書いた、立て札を立てました」

レイ「……」



続きを読む

シンジ「アスカと綾波が食事会を開く?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 19:51:07.96 ID:/iq95OEY0

ミサト「えぇ、そうよ。はいこれ。招待状」

シンジ「なんでまた……」

ミサト「まぁ、お食事会と言うより料理で競い合いたいみたい」

ミサト「それじゃぁ、また後で会いましょ♪」

シンジ「食事会かぁ」



続きを読む

シンジ「アスカ、プリキュアなんてみてるの?」アスカ「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/12(月) 21:00:49.08 ID:O5hAJtda0

日曜日

アスカ「……」ガバッ

アスカ「……」トテトテ

アスカ「……」ピッ

テレビ『―――プリキュア!!このあとすぐ!!』

アスカ「……」

アスカ「……トイレ」トテトテ

シンジ「……ふわぁ」

シンジ「あれ?テレビがついてる」



続きを読む

綾波「わたしは綾波レイ。ごく普通の中学生です」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 17:41:57.60 ID:u+cRwWLVO

シンジ「おはよう綾波」

綾波「おはよう」

シンジ「はいお弁当」

綾波「ありがとう」

シンジ「急に寒くなったね。風邪に気を付けてね」

綾波「うん」

アスカ「なに朝からイチャついんてのよ!! バカじゃないの?」

シンジ「うるさいなアスカには関係ないだろ!!」

アスカ「うるさいとは何よ!!」

シンジ「もういいよ、ゴメンね綾波」

綾波「ううん」





ミサト「ちょっと、いいかしら? 大事な話があるの」

綾波「はい」



続きを読む

シンジ「僕は碇シンジ。ごく普通の中学生です」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:11:27.46 ID:u+cRwWLVO

シンジ「趣味はフライパンで頭を叩くこと」

シンジ「自分のね」ガンガン

シンジ「良い音が鳴るんだ」カンッ

シンジ「鉄だからね」

シンジ「ステンレス? ないね、ない」

シンジ「それはそうと、さっきからスポブラが似合いそうなオナゴが僕をチラ見してるんだ」

シンジ「ひょっとして僕に気が」

シンジ「そんな馬鹿な話があるか!! そんな馬鹿な話があるか!!」ガンガン

ミサト(あの子が……シンジ君?)



続きを読む

シンジ「へえ、ミサトさんってそういう事言うんですか……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 10:47:23.27 ID:yJph+6/K0

ミサト「何が言いたいのかしら?」

シンジ「貴方は随分と上から目線で僕に語りかけているようですが」

シンジ「本来僕と貴方では僕のが立場は上なんですよ」

ミサト「どういうこと?」

シンジ「作戦部長なんて言えば大層立派なご身分に聞こえますが」

シンジ「あなたは所詮雇われの身分、代わりなんていくらでもいるんです」

シンジ「それに対して僕はどうでしょう?替えのきかない初号機パイロット」

シンジ「そしてネルフ司令の息子だ………そうです、あの男の息子なんですよ」

シンジ「組織トップの息子と雇われの貴方……どっちが上かはもうお分かりですよね?」

ミサト「くっ………」

シンジ「本当なら貴方は僕にタメ口をきくことも許されない立場なんです」

シンジ「それをしっかり自覚してください」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 鷺沢文香 紺碧の境界Ver. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥10,620から
(2017/2/17 00:05時点)