ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


衛宮士郎

士郎「Fate/Zeroでセイバーの活躍でも見ようかな」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 09:27:59.21 ID:PF2l7DiS0


セイバー「騎士の誇り~」キリッ

セイバー「左手~」キリッ




士郎「…………」

セイバー「ち、ちがうのです士郎!」



続きを読む

ギルガメッシュ「セイバー!好きだぁぁ!!」セイバー「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 19:12:30.64 ID:akhyFrVZ0

ギル「はぁ…」

言峰「どうした?今日は随分と沈んでいるようだが」

ギル「あぁ、言峰か…。今日どころの騒ぎではない。最近はずっとこの調子なのだ…」

言峰「一体、お前の身に何があったと言うのだ?体調でも崩したというのか?」

ギル「ふん、笑わせるな言峰。この我が体調を?そんなこと言うまでもなかろう」

言峰「では、何がお前をそのようにしているのだ?」

ギル「…」

言峰「身体に異常がないのであれば…お前の心の内に原因があるのではないだろうか」

ギル「原因などわかっておる。だか、それをどう取り除けばよいのか…我にはわからない」

言峰「ようは悩みがあると言うのだな?」

ギル「…」



続きを読む

士郎「Fate/Zero? これが十年前のセイバーか」セイバー「違います」

SS速報VIP:士郎「Fate/Zero? これが十年前のセイバーか」セイバー「違います」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1352126403/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/11/05(月) 23:40:03.32 ID:wZQlR38t0

士郎「Fate/Zero……そうか十年前の第四次聖杯戦争ってのはこんなものだったんだな。BD-BOXは高かったけど作画は最高だったし払った価値はあった」

セイバー「士郎、なにを見ているのですか?」

士郎「いい所にきた。丁度今Fate/Zeroを見てたんだよ。ほら十年前の爺さんとセイバーが戦ったっていう。十年前のセイバーが見れて新鮮だったよ」

セイバー「違います」

士郎「は?」

セイバー「Fate/Zeroの私は私ではありません」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1352126403




続きを読む

セイバー「最近、シロウが教会に行くことが多いです」凛「なんで?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 17:00:57.55 ID:cvozq4/70

セイバー「分かりません」

凛「教会って……今はカレンがいるわよね」

セイバー「はい」

凛「……」

セイバー「あと……これは気のせいかもしれませんが」

凛「なに?」

セイバー「シロウの言葉が少し……乱暴になったというか」

凛「例えば?」

セイバー「この前は私に向かって『大飯食らいのニート、今日はどんな餌を望む?』とか言ってきました」

凛「え?それ、ちゃんと怒った?」

セイバー「すいません……突然のことで激昂するよりも茫然としてしまいました」



続きを読む

遠坂凛「サーヴァントとの、契約……?」

SS速報VIP:遠坂凛「サーヴァントとの、契約……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407933084/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 21:31:34.83 ID:2Sqj6/3o0

セイバー「……」

遠坂「ちょっと待って。 つまり……どういうことよ?」

士郎「サーヴァントとの契約というのは、召喚者とサーヴァントが令呪によって繋がること……だったな?」

士郎「でも俺は、気付いてしまったんだ……もしかしたら本当の契約には『別な儀式が必要である』ということに」

桜「別な、儀式……ですか?」

士郎「たとえば、俺とセイバー。 あるいは遠坂とアーチャー、葛木先生とキャスター」

士郎「あとはイリヤとバーサーカーもそうだな。 この組み合わせにおける『共通点』は何だと思う?」

遠坂「私とアーチャー? ……なんだろ、全く思いつかないんだけど」

士郎「遠坂とアーチャーがどうなのかは知らないけど、少なくとも俺と葛木先生はこの『本来の契約』をしてる……はずだ」

遠坂「葛木と、キャスターも?」

桜「せ、先輩……それって、もしかして……」

士郎「お、流石に桜は気付くのが早かったな。 さすがは間桐の魔術師」

遠坂「間桐の魔術って……! ねぇ衛宮くん……まさか、それって」

士郎「御明察。 要するに『セ○クス』のことだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407933084




続きを読む

切嗣「…僕はね、正義の味方切嗣マンなんだ」 士郎「ほ、ほんとかよ!」

SS速報VIP:切嗣「…僕はね、正義の味方切嗣マンなんだ」 士郎「ほ、ほんとかよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400489054/



1: ◆.o0NofLgs2 2014/05/19(月) 17:44:24.29 ID:M/Uu/AF+0

切嗣「本当さ、みてろよ? このベルトで…変身!」

士郎(仮○ライダー?)

切嗣「ジュワッ」

士郎(ウル○ラマン?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400489054




続きを読む

武藤カズキ「聖杯戦争?」士郎「武装錬金?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 15:43:44.77 ID:yig4StOn0

カズキ「ゴメン士郎。巻き込んで」

士郎「(――ー―)」

カズキ「斗貴子さん。もらった核鉄、今使わせてもらう!」

士郎「(カズ、キ――――――?)」




―――――――――――――
カズキ「冬木市で怪奇事件?」

坂口「はい。そこで君には穂群原学園に交換学生として潜入してもらいたいと思っています」

斗貴子「まさかとは思うが事が事だからな……」

坂口「錬金戦団としても活動停止を推進している以上あまり大きく動くことはできません。核鉄の運用もその一つです」

斗貴子「そこでキミに白羽の矢が立ったという訳だ」



続きを読む

志貴「君が一番マシだよ」士郎「なんでさ」

SS速報VIP:志貴「君が一番マシだよ」士郎「なんでさ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391954535/



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 23:02:15.86 ID:lniweNSb0

~アーネンエルベ~

志貴「俺なんてヤンデレで貧乳な妹にクッソ重い過去を持ってる使用人一号にその使用人一号に自分のルートを食われる二号、さらには人外カレー、極めつけは真祖ときたもんだ!」

志貴「英霊や魔術師と言っても元は人間だろ? それに士郎君はルート次第じゃアホみたいに強くなるじゃないか、俺なんてどのルートでも寿命短いんだぞ」

士郎「それは違いますよ志貴さん。 俺が生き残るルートなんて全体から見たらめちゃくちゃ少ないんですよ」

士郎「しかも死に方も魂を人形に移し替えられるだとか、魔女の杖にされるだとか、信じてきたサーヴァントに裏切られるだとか、酷いもんばっかですよ」

士郎「だいたい俺が強くなるといっても全体から見ればまだまだなんですよ? それにヤンデレで言ったらウチの桜の方がヤバイと思いますけどね」

志貴「桜君か…皆とデート大作戦でチラホラ映ってるのは怖かったよ…… って、セイバーに裏切られるのは君が好感度を最低のままにしとくのが悪いんじゃないか」

士郎「まぁ、そうなんですけど」

幹也「やぁ、何話してるんだい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391954535




続きを読む

士郎「受験戦争」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/25(土) 11:03:52.85 ID:7h1bU4290

士郎「爺さん、爺さん」

切嗣「ん、ああ何だい士郎?」

士郎「ボッーとしてるからさ、寝るならちゃんと布団で寝ろよ」

切嗣「ごめんごめん……士郎、僕は若い頃、目指していた夢があるんだ」

士郎「夢?」

切嗣「ああ。それはね、大学に入って充実したキャンパスライフを送る事だったんだ」

士郎「へえ」

切嗣「けど、それは叶わなかった。大学というのは、大学生というのは、何も勉強するだけの場所じゃない。キャンパスライフという名の青春を謳歌する場所でもあるんだ」

切嗣「でも、それは期間限定なんだ。キャンパスライフを謳歌出来るのは期間限定なんだ」

切嗣「キャンパスライフは年齢制限があるんだ。それは暗黙のルールにも似てるんだよ」



続きを読む

セイバー「聖杯なんてくだらない!私の歌を聴きなさい!」士郎「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:14:51.23 ID:z4kHqiwp0

セイバー「ならんで歩いた このみ~ち」

セイバー「いつか いつか ここに帰ってく~るよ」

セイバー「なにげなくふ~り~む~い~たら」

セイバー「ほら君の~え~がお~」

士郎「……」

セイバー「どうも。ご清聴ありがとうがざいました」

セイバー「……」

士郎「……」

セイバー「問おう。貴方が私のマスターか?」



続きを読む

言峰「ドキッ!! サーヴァントだらけのドッジボール大会!!」

SS速報VIP:言峰「ドキッ!! サーヴァントだらけのドッジボール大会!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379679435/



1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 21:17:15.83 ID:/4nzl2mb0


※注意
書き溜め無しなのでまったり更新していきます
>>1はss書きなれてないので色々お許しください
展開も思いつきでgdgd進行していきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379679435




続きを読む

士郎「セイバー……好きだ」ギュッ セイバー「!?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:07:21.00 ID:FrV6avOW0

衛宮家、居間にて

TV<ヘヴィマシンガン!!

セイバー「あっ、凛! それは私のヘビーマシンガンです!!」

凛「いいじゃない協力プレイなんでしょ? 堅いこと言わないでよ
  あっ、ほらアレとりなさいよ」

TV<ドゥロップショッ!!

セイバー「あっ!! クソ武器ではないですか!! いりませんよこんなもの!!」

ガラッ

士郎「セイバー」

セイバー「あ、士郎。すみません、うるさかったですか」

凛「ほっときなさいよ、ほらほらよそ見してると落とされ……」

士郎「セイバー……好きだ」ギュットダキシメル

セイバー「!?」

凛「えええええええ!!!!!」

TV<ア゙ッ-!!




続きを読む

衛宮士郎「セイバー、穴を掘ってくれ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 16:29:13.42 ID:XBLxmEqZ0

士郎「セイバー、穴を掘ってくれ」

セイバー「はいわかりました」

ザッザッザッ

セイバー「どれぐらい掘ればいいですか?」

士郎「いっぱい掘ってくれ」

セイバー「はい」

ザッザッザッ

士郎「もういいよ」

セイバー「はい」

士郎「ありがとう」ナデナデ

セイバー「えへへ、シロウ」

士郎「じゃあ穴を埋めてくれ」

セイバー「はいっ!!」



続きを読む

士郎「誰だよ!!和式便所で誤爆したのは!?」凛「」ビクッ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/18(水) 21:18:35.78 ID:dkrSR/LB0

衛宮邸

士郎「ふんふーん」ガチャ

士郎「……!?」

士郎(おいおい……。誰だよ……)

士郎「……掃除しなきゃ」

士郎「……」ゴシゴシ

士郎(ここのトイレを使うのは、ライダーかセイバーだよな……)

士郎「……誤爆しておいてそのままにするなんて、考えにくいけど」



続きを読む

イリヤ「ねぇ、『セ○クス』っていったいなんのこと?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:34:09.21 ID:joPN2u610

イリヤ「ねえセラ、セックスってなに?」

セラ「……………………はい?」

イリヤ「セックスってなに?」

セラ「……申し訳ありませんイリヤさん。どうやら疲れが溜まっているようなので、少しばかり休憩しても……」

イリヤ「本当? それじゃあ一緒にお茶でも飲もうよ」

セラ「はい、それではお茶菓子をお持ちしますね」

イリヤ「うん。それでセックスって――」

セラ「うわあああああああああああああっっ!!」



続きを読む

志貴「衛宮さーん。衛宮士郎さんどうぞー」士郎「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:24:24.14 ID:Od6sZS7F0

士郎「…………」

志貴「今日はどうなさいました」

士郎「俺……今度Fateの新作に、出る事になったんですけど…」

志貴「……EXTRAか何か?」

士郎「いや、プリズマ☆イリヤ……なんですけど……」


志貴「…………」

志貴「そう……」



続きを読む

士郎「最近、セイバーたちが居間でよく居眠りしてるんだよな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19(月) 01:07:36.41 ID:4A9RQjx30

リビング

セイバー「先日、不覚にも居間で睡魔に襲われまして、居眠りをしてしまいました」

ライダー「あなた、それでもサーヴァントですか?」

セイバー「そのとき衛宮邸に危険はありませんでしたから、問題ありません」

ライダー「そういうことではないのですが」

セイバー「ふと、体が浮き上がるような気がしたので目を開けて見ると、シロウが私を抱いていたのです」

ライダー「……!」

セイバー「寝室に運ぼうとしてくれたようなのですが、羞恥心からシロウには強い言葉を使ってしまって」

ライダー「……ああ、そうですか」

セイバー「すぐに謝罪はしたのですが、シロウは気を悪くしていないか心配で……」

ライダー「いいですね。小柄な人は。そういうことをしてもらえるのですから」

セイバー「騎士としては恥ずべきことです。負傷もしていないのに抱き上げられるというのは」

ライダー「それで、貴方はどのように眠っていたのですか?」



続きを読む

セイバー「士郎の居ぬ間に」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 16:51:01.78 ID:tWnur5l80

セイバー「士郎」

士郎「!」ササッ

セイバー「士郎、今何か隠しましたね?」

士郎「な、何でもないよ」

セイバー「確かに見ました。何か後ろに隠すのを」

セイバー「さては、お菓子ですね!私に隠れて美味しいお菓子を一人で食べようと」

士郎「ち、違うよ。ホラ、ビデオだよビデオ」チラッ

セイバー「何だ、ビデオですか」

士郎「そう。スターウォーズのビデオだ」

士郎「ほっ」



続きを読む

凛「ア、アーチャー…???じゃないわよね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/31(水) 20:06:44.25 ID:qItEQGYTi

悟空「オッスオラ悟空だ!」

凛「え?ご、悟空?」

悟空「おう!孫悟空だ!」

凛「西遊記の?」

悟空「西遊記?なんだそりゃ」

凛「天竺にお経を貰いに…」

悟空「天竺ってなんだ?うめぇのか?」

凛(どうしよう…)



続きを読む

士郎「セイバーの前におやつを置いて待てと言ってみる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29(金) 22:51:49.29 ID:W5XPcTObO

士郎「今日のおやつはこれ、駅前の店で売ってる午前中にいつも売り切れてしまうショートケーキ」

セイバー「ショートケーキ・・・」ゴクリ

士郎「じゃあセイバー」
セイバー「はい!いたd」

士郎「待て」

セイバー「き・・・?」

士郎「・・・」

セイバー「シロウ?」

士郎「・・・」

セイバー「・・・いただk」
士郎「待て」

セイバー「食べてはいけないのですか?」

士郎「・・・」

セイバー「シロウ!」

士郎「待て」

セイバー「・・・」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)