ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


言峰綺礼

時臣「娘が帰ってこない。」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:47:12.60 ID:yY87xBL/0

雁夜「ウチもだ。」

切嗣「同じく。」



続きを読む

セイバー『問おう。貴方が私のマスターか?』士郎「もっと低音だな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 09:49:16.40 ID:35iroiR20

セイバー『問おう。貴方が私のマスターか?」

士郎「むずかしいなぁ。このボーカロイド。マジ、調整糞すぎ」

セイバー『問おう。貴方が私のマスターか?』

士郎「間に合うか……声配戦争に……」


大河「最近、士郎が部屋から出てこないの。どうにかできないかしら?」

桜「先輩……」



続きを読む

セイバー「性杯戦争だと!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:19:21.12 ID:QnJsbFDE0

アイリ「7体の英霊の精液を器に注ぐ事であらゆる願いを叶える性杯が完成するのね」

切嗣「ああ」

セイバー「ふざけるな!私はそんなくだらない事のために召喚されたのか!?」

切嗣「……」チョイチョイ

アイリ「?」

ゴニョゴニョ

アイリ「私がそれを言うの?」

切嗣「ああ」

アイリ「自分で言えば良いじゃないの」

切嗣「……」プイッ

アイリ「んもう……その通りだって、セイバー」

セイバー「なん……だと……」



続きを読む

士郎「俺…実は言峰が好きなんだ」セイバー「えっ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:43:05.03 ID:1w6LFbtl0

セイバー「ど、どういうことですかシロウ!」

士郎「どうもなにも、俺は桜ルートで言峰のことが好きって気づいただろ?」

セイバー「いや…あれは違う意味でかと…」

士郎「あの時は色々あって言えなかったからいつ告白しようかと考えていたんだ…」

セイバー「そ、そんな……」

士郎「でもありがとうセイバー!聞いてくれたおかげで踏ん切りがついた!告白してくるよ!」

セイバー「な、何を言っているのですかシロウ!!考え直してください!」




続きを読む

切嗣「宝具が冷凍マグロ限定だと!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 21:55:32.03 ID:RIxrFH3E0

切嗣「…なんだこれは…」

アイリ「見ての通りマグロだけど」

切嗣「そんな事を訊いているんじゃあない」

切嗣「どうして置いてあった筈のアヴァロンが」

切嗣「一本釣りした冷凍マグロに変わっているのかと訊いているんだ」

アイリ「今回の聖杯戦争で使用してよい宝具は冷凍マグロだけなのよ」

切嗣「なんという事だ…」

アイリ「そろそろ時間よ、サーヴァントを呼ばないと」

切嗣「もうやる気無いよ」ブツブツブツブツブツブツ

デチューン

セイバー「問おう、あなたが私のマスターか」



続きを読む

ギルガメッシュ「なに!?聖杯戦争だとぉ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:15:28.21 ID:BH2IG+Wl0

時臣「抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ―――!」

ギルガメッシュ「いでっ!な、なんだ!?」

時臣「お初にお目にかかります英雄王、私がこの度の聖杯戦争における王のマスターです」

ギルガメッシュ「あ?な、なんだ?どこだここは!?確か俺は次元の狭間に……」 キョロキョロ

綺礼「……我が師よ、これが本当にギルガメッシュなのですか?」

ギルガメッシュ「ん!?なんだそこの!俺を呼んだか!?」 バッ

時臣「ふふ、どうやらそうらしい……勝ったぞ綺礼!この戦い我々の勝利だ!」

ギルガメッシュ「ええいやかましい!それよりバッツはどこだ!」



続きを読む

綺礼「なぜ私にも令呪が?」時臣「聖杯が安価を採った結果なのだよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 21:18:34.33 ID:/0IJ2jec0

綺礼「師よ安価・・・とは一体何なのですか」

時臣「お前にはまだ教えていなかったな、絶対の神託の通称だ」



綺礼「絶対の神託「安価」・・・これならば私を満たしてくれるやも知れぬ」

綺礼「まずはサーヴァントの召喚について安価に伺いを立てて見るとしよう」


安価の告げた召喚方法は?>>5



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 21:19:37.48 ID:vp6N87VX0

裸踊り



続きを読む

切嗣「僕の戦いも終わったし…安価で行動しよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 19:37:25.29 ID:JdWIJh/e0

切嗣「聖杯が思っていたのと違っていた。とりあえず>>5をして一休みするか」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 19:42:40.43 ID:m5H9dJ250

編み物



続きを読む

セイバー「私が田舎の高校生!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 18:22:11.71 ID:owxvALJS0

セイバー「切嗣…。やはりあなたのやり方には納得できない」

切嗣「」

セイバー「同じ戦士であるなら!正々堂々と戦うべきです!」

切嗣「アイリ、僕はもう行くよ」

アイリ「切嗣…」

セイバー「私はもうあなたの指示には従えない!」



続きを読む

キャスター「焼肉というものには鮮度があります」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:27:24.18 ID:ce47k0GG0

キャスター「あせればあせるほどに旨みというものは死んでいくものなのです」ジュー

キャスター「真に美味しいタイミングとはお肉の表面から肉汁がでる、その瞬間のことをいいます」ヒックリカエス

キャスター「あっリュウノスケ、それ丁度いい具合ですよ」

龍之介「わかったよ旦那!」パクッ


キャスター「…いかがでしたか?瑞々しく新鮮なお肉の味は」

龍之介「最高だ!超COOLだよ旦那ッ!」




続きを読む

切嗣「あ、アイリ・・・」アイリ「ふふ、もうイっちゃうんだ?」シコシコ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/12(火) 04:40:45.18 ID:Hox/TNlK0

アインツベルン城

アイリ「まったく・・・だらしないわね、切嗣」シコシコ

切嗣「ううっ・・・」

アイリ「イっていいわよ・・・見ててあげるから」シコシコ

切嗣「・・・っ!!」ドピュドピュ

アイリ「まぁ・・・すごい量ね」ネバネバ

アイリ「・・・どう? 気持ちよかったかしら?」

切嗣「あぁ・・・」

アイリ「ふふっ・・・顔に似合わず正直なのね」クスクス



続きを読む

言峰「では次の人、悩みをどうぞ」士郎「みんなを幸せにしたいです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/08(水) 13:19:46.04 ID:Mb4DTl6p0

教会

言峰「衛宮士郎。珍しいな」

士郎「ちょっとな」

言峰「ふふふ。いい目だ。迷いを孕んだその双眸は私にとって甘美なるもの」

士郎「悩み、聞いてくれるんだろ?」

言峰「ああ、いいとも。どんなことでも告解したまえ」

士郎「……みんなを幸せにしたいんだ」

言峰「みんな、とは?」

士郎「セイバー、遠坂、桜、イリヤ、ライダー」

言峰「ほぅ」



続きを読む

ギルガメッシュ「許さんぞぉ時臣…」時臣「どうか慈悲を…英雄王…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:54:04.85 ID:376pr7PG0

ギル「ゆる……ゆる……」

時臣「どうか慈悲を……寛大な……お心で……どうか」

ギル「ゆる……ゆる……」

 ドゥルルルルルルルルルル

時臣「ど、どこからともなくドラムロールが……」

ギル「ゆる……ゆる……」

時臣(神よ……っ)

 ジャン!

ギル「許ーーーーーす!!!!!」テッテレー

時臣「ぃやったぁああああああ」ヒョーイ



続きを読む

セイバー「き~み~と~一緒がぁ一番♪」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:10:15.99 ID:fgntxQJg0

セイバー「き~み~と~一緒がぁ一番!好きよってもっと~ギュゥっとね♪」

士郎「」チラッ

セイバー「あぁあっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁ!!!!!!!!」



続きを読む

ギルガメッシュ「苦しめ!セイバー!!」セイバー「う、うぅ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 18:35:50.45 ID:vrtpwUwK0

ギル「待ち遠しい、待ち遠しいぞ!!フフフハハハハ!!」

言峰「どうした?いつに無く上機嫌だな。ギルガメッシュ。」

ギル「もうすぐ、聖杯が手に入るのだからな!いてもたってもいられまい!」ハハハハ

言峰「まだ、手に入れたわけではない。そう気を早めるな。」

ギル「残るはセイバーとそのマスターだけであろう。
   後は貴様が聖杯を召還し、そしてその泥をセイバーに飲ませれば…フフッ
   アイツが苦しみ悶え、我に縋る姿が目に浮かぶ…ハッハッハッハ」

言峰「個人への執着は破滅を招くぞ?…。ギルガメッシュよ。」

ギル「愚問だな。我が負けるなどありえん。」

言峰「これは忠告ではなく、僅かながらもお前を心配してやっているのだ。」

ギル「くだらん。お前らしくないぞ言峰。」

言峰「まぁ、そう言わず付いてきたまえ。」



続きを読む

ケイネス「どうぶつの森だと……!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 14:13:51.10 ID:eVFwcH4H0

ケイネス「街中でキャスターを捉え追跡したまではいいのだが……」

ケイネス「まさかアインツベルンの森に入って行くとはな」

ケイネス「仕方がない。ランサー」

ディル「はっ」

ケイネス「キャスターを追跡し駆逐しろ。セイバーと鉢合わせることがあれば、共闘に持ち込むのだ」

ディル「御意」

ケイネス「よし。私は単身でアインツベルンの城に乗り込む」

ケイネス「ふふふ……キャスター討伐の報酬は私が独占してやる」



続きを読む

セイバー「士郎、なにがそんなに可笑しいのですか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/07/13(木) 10:05:03 ID:MTx./ko6

士郎「ふっ……はは」

セイバー「ただいま帰りま――シロウ?」ガラガラ

士郎「あっはっは! はっははは!」バタバタ

セイバー「シロウ、なにがそんなに可笑しいのですか?」キョロキョロ

士郎「ヒ、ヒー! ぶっはははは!」

セイバー「シ、シロウ。だから、なにをそんな。フッ」

シロウ「ぶぅぅ! はははは! あっははは!」バタバタ

セイバー「プっ。フフ……シロウ、その笑いを、フッ、やめて下さい!」

シロウ「――!――!」バンバン

セイバー「ははは! シ、シロウ! やめて下さいと、フフフ、何度!」



続きを読む

凛「これが・・・・・・令、呪?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 18:19:17 ID:YYIhhEo2

※Fate zeroのIFSSです。


1991年某日 冬木市・雨の降る墓所

璃正「――How my heart yearns within me」

璃正「Amen」

――――
―――
――


葵「お忙しい中、ありがとうございました」



続きを読む

【Fate】 Fateメンバーで笑点

SS速報VIP:【Fate】 Fateメンバーで笑点
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466542226/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/22(水) 05:50:26.59 ID:XWuyvWGF0

青クー、ピンク士郎、黄アルトリア、白バゼット、紫言峰、オレンジエミヤ、赤リン、司会虫爺

で笑点をやります、台詞は動画を見ながらホントのメンバーが喋ったのを少しいじったりしてやります。
すこし変になるかもしれないですけどとりあえずがんばります

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466542226




続きを読む

士郎「ん……あれは、遠坂?」

SS速報VIP:士郎「ん……あれは、遠坂?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449283408/



1: ◆X4BsWwLd5Zff 2015/12/05(土) 11:43:28.36 ID:V76IwtXgO

~~~弓道場~~~

士郎「ふぅ、このくらいでいいか」キュッキュッ

士郎「さて、すっかり遅くなったし早く……ん?」

カキィン……キィン……

士郎「……何の音だ?」



ランサー「はっ、弓兵風情がやるじゃねぇか!」

アーチャー「そちらこそ、野良犬にしてはなかなか……!」

ガキィン!

凛「…………」

士郎「……あれは、遠坂?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449283408




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS MASTER SEASONS WINTER

新品価格
¥1,590から
(2017/12/1 00:15時点)