1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/24(水) 22:22:08 ID:LY5SHGi2


「キサマラガウミダサレタリユウハタダヒトツ……オロカナカンムスヲ、ミナゾコニシズメルコトダ!」

今、目の前にいる深海の姫様――空母棲姫は生まれてすぐの私達に説明する

「ヤツラハナンドモリクニアルワレワレノスミカヲオソイ、シンリャクシテキタ。ソノタビニアタラシイセンリョクヲフヤシタガ、イマモナオヤツラノゲキタイハオロカ、アシドメスラシッパイシテイル」

どうやら、艦娘とは私達の平和を脅かす存在らしい。姫様はそんな敵に対してご立腹のようだ

「ヤツラカラコレイジョウ、ワレラノスミカヲウバワレテハナラナイ。キサマラノカツヤク、キタイシテイル。サア、スグサマハイチニツケ!」

『イエッサー!』

部屋に居た者達は一斉に返事をする。ただし誰も声を発したわけじゃないから、部屋に響き渡ることはない

「……オマエノシキスルクチクカンタチヲツレテコイ。キライノハイチヲサセルンダ」

「ショウチシマシタ」

空母棲姫の側にいた彼女――軽巡棲姫は頷いて部屋を後にした

―・―・―・―・―



続きを読む