ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


長門有希

【涼宮ハルヒの憂鬱】朝倉「ふふっ、やっと退屈な日々から解放されそう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/15(木) 05:44:31.85 ID:VuUn/e+J0

四月某日 県立北高校 屋上

男「余り、目立った行動は控えて貰いたいな」

男「涼宮ハルヒとの接触は長門有希が行うはずだろう」

朝倉「仕方ないじゃない、彼女が私のクラスメイトになったんだから」

朝倉「私は一人のクラスメイトとして声をかけただけよ」

男「その割には親しくなろうという行動が見られたが?」

朝倉「そんなつもりはないわ、仮にそうだとしても先を越されたしね」

男「あの男子生徒か、涼宮ハルヒが一人物に興味を持つとはな」



続きを読む

キョン「長門、何読んでるんだ?」  長門「シグルイ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:02:12.88 ID:14ADU4Z+0

キョン「なあ長門、その本面白いのか?」

長門「……ユニーク」

キョン「そうか…(ちょっと読みたい気もするが…)」

長門「……読む?」

キョン「いいのか?」

長門「……」コクッ



続きを読む

ハルヒ「お泊まり会しましょう!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/20(土) 22:23:26.70 ID:H/CuO/4P0

キョン「いきなりなんだ」

ハルヒ「聞いた通りよ。この時期はイベント事もないしね。なければ作るしかないじゃない!」

キョン「どういう理屈だ。しかもこの歳でお泊まり会なんて」

古泉「おや、いいじゃないですか」

キョン「古泉、お前まで何言いやがる」

古泉「一つ屋根の下皆で夜を明かし親睦を深める。僕はそのような青春に憧れていたのですよ」

ハルヒ「さすが古泉君!話がわかるわ。有希もみくるちゃんもいいわよね?」

みくる「はぁー、お泊まり会ですか。みんながいいならやってみたいです~」

有希「構わない」

ハルヒ「ほら決まりよキョン。多数決、実に民主的な決定だわ」

キョン「その裏では少数派の意見は抹殺されていることを忘れるなよ。で、誰の家でやるつもりなんだ?」

ハルヒ「もちろん>>5の家よ!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/20(土) 22:31:42.65 ID:Z+p2m3Rh0

キョン



続きを読む

キョン「ハルヒが二人だと?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/31(日) 07:30:22.48 ID:RCHnwY6f0

高校を卒業して俺達はそれぞれの道を歩んでいた
ハルヒはその頭脳を生かして地元の有名な大学に進学して、キャンパスライフというやつを優雅に過ごしているようだ

朝比奈さんは俺達が高校を卒業すると同時に未来へ帰って行ってしまった
それもハルヒの力が無くなってしまったからだろうか
どういう訳か高校卒業と同時にハルヒは力を失ってしまった
古泉の見解では、高校生活で十分に満たされこれ以上望むことが無くなってしまったのだろうということだ
つまりハルヒは俺達と出会えてとんでもない力を失っちまうほど幸せだったってことか
嬉しい限りだな

それの影響というべきか、長門も普通の女の子になっていた
情報統合思念体は全ての人類を監視できる
情報統合思念体は長門が俺達と関わったことにより手に入れることができた感情に自律進化の可能性を見出し、長門を地球に残すことを選んだようだ
そんな長門は超有名大学へ入学していた
宇宙人的能力がなくなったとしてもあいつの頭脳は計り知れんものだったらしい
それと同時にアルバイトもしているようだ
あの容姿だ、さぞかしチヤホヤされているんだろうな・・・・・・
今度朝比奈さんを除くSOS団メンバーで長門のバイト先のファミレスへ飯を食べに行ってみたいもんだ

古泉の野郎は超能力を失くし・・・・・・というか閉鎖空間が一切出現しなくなったのだからおそらく失ったのだろう、今現在地元の大学へ進学している
古泉とは今でも連絡を取り、たまに休日などを一緒に過ごしたりしている
そんな俺はというと、なんでもな~い普通の小さな会社へ就職した
なんでもないと言っても地元から離れた訳だが



続きを読む

キョン 「ん?…これ、長門のブログじゃねえか…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/02(水) 09:50:22.10 ID:oCfdWlPX0

キョン 「なになに、今日はカレーを作りました。だって」  カチカチ

キョン 「顔出しもしてるのかよ。はは、勇気あるじゃねえか」

キョン 「あ、でも…コメント数は0か。可哀相だからコメントしてやるか」

キョン 「美味しそうなカレーですね、と」  カタカタ



長門 「! コメントが数が1。誰…」

長門 「美味しそうなカレーではなく、美味しいカレー。こいつは私の心を踏みにじった。アク禁する」

長門 「これでよし」  カタカタ



続きを読む

ハルヒ「有希が寝てる……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/11(水) 22:30:12.86 ID:oESmy1C00

ハルヒ「珍しい。というより初めて見るわね、有希の寝てるところ」

長門「……スー……スー……」

ハルヒ「いつもの場所にいつものように座ってるから、最初は気づかなかったじゃないの」

長門「スー……スー…………」

ハルヒ「よくその体勢で崩れないわね」

長門「…………スー……スー……」

ハルヒ「あら、本も持ったままじゃない。読んでる途中で寝ちゃったのかしら?」

長門「ん……スー……スー……」

ハルヒ「有希の寝顔……」

ハルヒ「他のみんなはまだ来なさそうだし」


ハルヒ「うん、イタズラしましょ」




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】長門「ここの支払いは私に任せてほしい…」バリバリ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/18(日) 20:45:39.00 ID:QXGbdw1w0

みくる「えっ」

ハルヒ「有希…?」

長門「なに?」バリバリ

ハルヒ「あ、あんたの財布ってもしかして…」

長門「そう。私の財布はマジックテープ式」

長門「それがなに?」

みくる「なにってwwマジックテープwww」

ハルヒ「マジックテープの財布wwwしかも女でwwww」

長門「笑われる理由が分からない…」



続きを読む

ハルヒ「キョンってファッキンアメリカン!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/24(木) 13:07:01.83 ID:GykV1tqE0


ハルヒ「東中出身、涼宮ハルヒ」

ハルヒ「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者、異世界人が居たら私のところまで来なさい!以上!」

シーン…

KYON「HAHAHA!コイツは最高にグレートなビッチだぜ!」




続きを読む

ハルヒ「もしこの中に宇宙人、未来人」キョン「おるわけ無いやろwwファーwwww」

SS速報VIP:ハルヒ「もしこの中に宇宙人、未来人」キョン「おるわけ無いやろwwファーwwww」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407037626/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 12:47:16.62 ID:UJ1+D8lw0

ハルヒ「なっ、なによあんた」

キョン「おまえがなんや。なんていうた今?」

ハルヒ「はぁ? 話聞いてたの? 難聴?病院行ったほうがいんじゃない?」

キョン「ファーwwwwwwあれボケちゃうんかいwwwwおもろいなおまえ」

ハルヒ「笑い事じゃないわよ!」バン

岡部「はいはい! 次の人!二人共静かにして」

キョン「すんません」

ハルヒ「…」ストン

ヒガシチュウシュッシン…タニグチデス…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407037626




続きを読む

古泉「ロマサガ2こそ至高です」 長門「ロマサガ3こそ理想」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/28(火) 23:24:35.64 ID:ZNDxeucL0

古泉「何をご冗談を、ロマサガと言ったらどう考えても2何です」

長門「その考えは否定する余地がある。ロマサガは3が最も完成されている」

古泉「どこがでしょうか? 雑魚敵に脅威を感じないロマサガ何てやる価値はありません」

長門「難易度ばかりを追求して一般ユーザーを疎かにするその姿勢は頂けない」

古泉「ヌルゲーをご所望ならFFやDQに行けばいいんです。ロマサガ2こそ玄人の嗜みですよ」

長門「それは貴方の様な一部のユーザーが優越感に浸りたいがために作り出した幻想。局地的思考と結論付ける」

古泉「おやおや、何とかはよく吠えると言いますが、いつもより口数が多いようですね」

長門「理解能力の欠如した相手により多くの情報を与え、意思疎通を図るのは当然」

キョン「今日も暑いですねー」

みくる「そうですねー、あ、お茶のお代わりどうですかぁ?」

キョン「ありがとうございます」

みくる「うふふ、今日も平和ですねー」



続きを読む

長門「涼宮ハルヒがすがり付き、泣きながら許しを請う姿が見たい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 16:04:58.51 ID:nkdi7yOd0

古泉「いっ、いきなりどうしたんですか?」

長門「いつも溌剌としていて、天真爛漫を絵にかいたような彼女が、
    鼻水と涙と涎と汗を垂れ流しながら、私に許しを請う姿が見たいと言った」

古泉「…あの…」

長門「ツンデレキャラとして生まれてきたとはいえ、彼女が一番輝くのは…
    誰かにいじめられた時だと断言できる」

古泉「……」

長門「考えてみてほしい。あの傲慢な涼宮ハルヒが許してくださいとすがりつく様子を。
    それだけで私はご飯3杯はいける」

朝比奈「確かに何の前触れもなく思いっきりビンタしたら可愛い顔しそうですよね涼宮さん…」

古泉「なっ!? あ、朝比奈さん…?」

長門「よくわかっている。身近に理解者がいてくれると私も助かる」

キョン「俺も賛成だな。あいつは人を虐めるより、いじめられてこそ輝くタイプだ」

古泉「あなたまで何を言い出すんですか!? 涼宮さんを虐めて楽しむことを考えるなんて…そんなの間違っていますよ!」

キョン「ま、俺も最初はそうだったよ古泉。
    でもな…先週俺もそれに気づいちまってよ…もう戻れそうにないんだわ…」




続きを読む

古泉「キョンが大量発生してるらしいですよ」ハルヒ「キョンが!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/05(火) 20:19:41.90 ID:AUZ+8NX70.net

古泉「房総半島の生態系を破壊するほどの繁殖力を見せつけているとか」

古泉「去年の時点では17000頭でしたが、今年でついに20000頭を越したらしいです」

ハルヒ「キョンが2万!? そんなに!?」

古泉「噂の東京マガジンでやってました」

ハルヒ「待って、検索してみる……!」

カタカタ

ハルヒ「……なにこれ、ただの鹿じゃない」

古泉「ええ。もとは台湾に生息している鹿の一種です。輸入され、野生化したようですね」

ハルヒ「なーんだ。いや、まあそうよね。一瞬だけ、あのキョンだと思ったわよ」

古泉「それを狙って言いましたから」

ハルヒ「古泉くんにしては大胆な洒落ね。ちょっとだけ面白かったわ」

古泉「お褒め頂き光栄です」

ハルヒ「それにしても、こいつも難儀ね~。あんな無味乾燥なあだ名みたいな名前つけられちゃって」

ハルヒ「……キョン大量発生か……ふ~ん……ふふっ」



続きを読む

キョン「なぁ長門」 長門「どうしたの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/12(金) 20:54:48.97 ID:HyWt/idn0

 キョン「なぁ長門、その本って面白いか?」

 長門「……ユニーク」

 キョン「何やらお前に似合わないような表紙なんだが……」

 長門「そう?」

 キョン「あぁ、何というか……。[ツンデレとは!!]って……」

 長門「ユニーク」

 キョン「そうかい。でも何でそんな本読んでいるんだ?」

 



続きを読む

長門「今日から私もあなたの事をキョンくんって言う」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 12:20:14.50 ID:Jbowi7My0

キョン「イっちゃん、王手だ」

古泉「キョンくんは相変わらず容赦ないですねぇ」

キョン「イっちゃんじゃ弱すぎて勝負にならんな……」

ハルヒ「……」

長門「キョンくん、私とする?」

キョン「ながっちは逆に強すぎて、なあ」

ハルヒ「……」



続きを読む

キョン「すまん。明日は無理だ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:50:45.06 ID:CNWsM++D0

ハルヒ「なによ。明日は不思議探索があるって前に言ってたでしょ?」

キョン『ああ。俺も予定を空けてはいたんだが…急用が入ってな』

ハルヒ「団活を抜けるほどの用ってなんなのかしら…?」

キョン『…すまんが、聞かないでくれるか?埋め合わせは必ずするから…』

ハルヒ「…並みなやり方じゃ済まさないわよ」

キョン『それでもいい』

ハルヒ「はぁ。ほんとに困ってるみたいだし、分かったわ。でも、今度やる時は必ず参加しなさい」

キョン『了解だ。…じゃあ、もう準備はじめないといけないから、これで』

ハルヒ「うん。」pi

ハルヒ「はあ…キョンが来ないと、味気ないのよね、探索は」

ハルヒ「でも、もう集合かけちゃったし、こんな時間だし…明日は予定通りやらなきゃ」

ハルヒ「にしても…こんな時間から明日の準備って…いったい何の用事なのかしら?」



続きを読む

キョン「ハルヒって願望を実現出来るんだよな?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 21:14:17.77 ID:tdAD78yxO

古泉「はい。神にも匹敵、いや神そのも」

キョン「じゃあ今日はハルヒが部室入ってきた瞬間にビンタする」

古泉「・・・はい?」

キョン「早くこねーかなハルヒ」

古泉「あの、今なんておっしゃいました?」

キョン「ハルヒ早くこねーかなって」

古泉「その前です」

キョン「ハルヒにビンタする」

古泉「その前は?」

キョン「ハルヒって願望を実現出来るんだよな」

古泉「文章としておかしいと思いませんか?なぜ涼宮さんがそういった力を持っt」

ガチャッ

ハルヒ「おーはー!れいもんd」

キョン「おらぁっ!」ビシュッ
古泉「ふもっふ!!」ガシッ
キョン「なにしやがる古泉!放せ!」
古泉「涼宮さん逃げてーーーーー!!」



続きを読む

キョン「……どうした長門?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/10(火) 20:29:59.88 ID:FbXuObRl0

朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る」

キョン「冗談はやめろ」

朝倉「冗談だと思う?」

   「死ぬのっていや?殺されたくない?
    私には有機生命体の死の概念がよく理解出来ないけど」

キョン「意味が解らないし、笑えない。
    いいからその危ないのをどこかに置いてくれ」

朝倉「うん、それ無理」

   「あなたが死ねば、必ず涼宮ハルヒは何らかのアクションを起こす。
    多分、大きな情報爆発が観測出来るはず、またとない機会だわ」

キョン「…………」

朝倉「じゃあ死んで」



続きを読む

「東中学出身、涼宮ハルヒ。前の席の男子生徒に興味があります」

SS速報VIP:「東中学出身、涼宮ハルヒ。前の席の男子生徒に興味があります」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406042122/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/23(水) 00:15:32.85 ID:Epn9QytN0

「自己紹介が終わったら、あたしのところに来なさい。以上」

これは俺の高校生活の初日、入学式の後の教室での自己紹介の場で後ろの席の奴が発した言葉だった。

さすがに振り向いたね。

長くて真っ直ぐな黒い髪にカチューシャつけて、
クラス全員の視線を傲然と受け止める顔はこの上なく整った目鼻立ち、
意志の強そうな大きくて黒い目を異常に長いまつげが縁取り、薄桃色の唇を固く引き結んだ女。

ハルヒの白い喉がやけにまばゆかったのを覚えている。えらい美人がそこにいた。

ハルヒは自分の物よ威嚇するような目つきでゆっくりと教室中を見渡し、
最後に大口開けて見上げている俺をじーっと見つめると、にこりとして着席した。

これってギャグなの?

どういうリアクションをとればいいのか、疑問符が浮かんでいた。

結果から言うと、それはギャグでも笑いどころでもなかった。
涼宮ハルヒは、いつだろうがどこだろうが冗談などは言わない。

常に大マジなのだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406042122




続きを読む

キョン「この中にポニーテールがいたら、俺のところに来なさい。」

SS速報VIP:キョン「この中にポニーテールがいたら、俺のところに来なさい。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404283496/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 15:44:56.24 ID:k8rsyjuQ0

サンタクロースを信じているかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいいような話だが、
それでも俺がいつまでサンタを信じていたかと言うとこれは確信をもって言えるが今でも信じている。

実際幼稚園のクリスマスイベントにサンタは現れた。

宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織や
それらと戦うヒーローたちがこの世に存在していることも知っている。

俺は宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいるのだ。

宇宙人にさらわれてでっかい透明なエンドウ豆のサヤに入れられているポニーテールの少女を救い出したり、
電子銃を片手にポニーテールの改変を計るポニーテールの未来人を
ポニーテールに関する知恵とポニーテールの為の勇気で撃退したり、
悪霊や妖怪をポニーテールで片づけたり、
秘密組織のポニーテールとポニーテールバトルを繰り広げたり、つまりそんなことをしたい!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404283496




続きを読む

ハルヒ「目標を!」キョン「駆逐する!!」

SS速報VIP:ハルヒ「目標を!」キョン「駆逐する!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1306155538/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/23(月) 21:58:58.45 ID:Myb46+dy0

VIPが規制されてるのでこっちに投下します

注意
・別にクロス物ではないのであしからず
・50レスくらいなので一気に投下して終わります
・ハルヒでやる必要なくね?っていうツッコミはご勘弁を
・ただただグダグダ喋って終わりです

以下投下




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)