ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


長門有希

ハルヒ「みくるちゃん、お茶淹れて頂戴」南ことり「はぁ~い♪」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/16(日) 11:57:47.94 ID:H78VOCvh0

ことり「お待たせしましたっ」コトッ

ハルヒ「あれ?ことりちゃんちょっとお茶入れるの上手になった?」

ことり「えっ?いつもと同じだと思うけど…」

ハルヒ「全然同じじゃないわ!もしかしたら急に才能が開花したとか!」

ことり「えへへっ、バイトで頑張ってるからかな?」

ハルヒ「うーん…やっぱり他の男共にそのメイド服を見せるのは尺だわ!もう私だけの専属メイドになっちゃいましょうよ?」

ことり「えぇ~でもぉ、ことりあのお仕事好きだから…」

ハルヒ「言うこと聞いてくれるまで耳たぶハムハムするわよ」

ことり「やんやんっ♪」












キョン「…ん?」



続きを読む

キョン「ハルヒに秘密を暴露するハメになった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 18:00:07.18 ID:NBG2jZEa0

~放課後 部室 団活中~


キョン「なあハルヒ」

ハルヒ「何よ?」

キョン「俺、小3の時に教室でウンコ漏らして周囲をドン引きさせたことがあるんだ」

ハルヒ「はぁ? 何よそれ、みっともないしダサいわね」

キョン「……」

ハルヒ「でもまぁネタにはなるわね。ぷぷっ、ウンコ漏らしたって!」

キョン「くっ……」

長門「……」

みくる「……」

古泉「……」





キョン(よしセーフ!!)



続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】長門「ローキックが止まらない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/02(日) 20:08:10.60 ID:1VCSTrHs0


キョン「長門、朝倉。入るぞ?」

ガチャ

朝倉「ああっキョン君、助けて!」

キョン「・・・すぐ来てくれって言うからには何かあったとは思ったが」

ズビシッ ズバシッ

キョン「・・・説明を頼む」

朝倉「な、長門さんが・・・」


長門「ローキックが止まらない」




続きを読む

ハルヒ「有希印のミルクはいらんかねー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:16:39.68 ID:eD0IIdFF0

ハルヒ「いらんかねー」ガラガラ

キョン「おい何だこれは」

ハルヒ「有希のミルクよ、一本300円」

キョン「えっ、長門の・・・?」チャリン

ハルヒ「まいどありー」

キョン「んく・・・んくっ・・・ぷはーまろやか!」

キョン「って違う!まず長門のミルクって何だよ!」

ハルヒ「それは昨日の夜、私が雪印のメグミルクを飲んでいるときだった」

ホワホワホワー



続きを読む

キョン「最近ハルヒが戦国武将にはまってるらしい」朝倉「へえ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 20:23:29.96 ID:wil44zV10

朝倉「どういう風の吹き回しかしら」

キョン「どうやら日本史の勉強のついででこれを買ったところ、やけにはまったらしい」

朝倉「信長の野望…………………?」

キョン「歴史好きなら誰もが知ってる有名ゲームだぞ」

朝倉「へえそうなんだ、私歴史とか興味ないのよね」



続きを読む

キョン「すまない、長門。これは返すよ」  長門「そう……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 00:10:57.55 ID:iyYTjYdD0

声まで震わせて、長門は睫毛で目の表情を隠す。

「だがな」俺は大急ぎで言った。

「実を言うと俺は最初からこの部屋の住人だったんだ。わざわざ文芸部に入部するまでもないんだ。なぜなら----、」



続きを読む

キョン「お前広島ファンだったのか!?」ハルヒ「フフン」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 17:02:14.57 ID:sNmAok2i0

ハルヒ「なによ、ダメだとでもいうの?」

キョン「いやそういうわけじゃないが…ちなみに好きな選手は?」

ハルヒ「今日は機嫌がいいから教えてあげるわ!梵選手よ!」

ハルヒ「これでもファン歴は長いのよ私、あんた好きなチームとかあるの?」

キョン「(梵か…妥当だな)一応阪神を応援しているが…」

ハルヒ「阪神(笑)あんな補強だけの弱いチーム応援してるのアンタ



続きを読む

長門「涼宮ハルヒが男たちにさらわれた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 04:24:35.77 ID:JzQG+hMu0

キョン「ハルヒが?」

長門「そう」

キョン「どこにいったかわかるか?」

長門「わかる、こっちに来て欲しい」

キョン「よし」




長門「この倉庫の中」

キョン「誰もいないぞ…」

長門「…涼宮ハルヒがさらわれたというのは嘘」

キョン「何?」

長門「あなたと二人っきりになりたかった」

キョン「長門…お前どうして裸になってるんだよ!」



続きを読む

朝倉「キョン君はここが弱いのかな~?」キョン「う…あああ…」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:29:16.80 ID:1qtpAPl20

長門「…何してるの」

朝倉「あ、長門さん。ちょっとこのへんた…キョン君の耳かきを」

キョン「そ、そこだ…もっとやってくれ涼子…」ハアハア

朝倉「涼子って呼ぶな!あといちいちあえがないで!」



続きを読む

キョン「ハルヒになってる…?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 21:06:06.87 ID:feiKycjSO

キョン「朝比奈さんのせいで霞んじゃいるがおっぱい大きいな……」

キョン「全裸になってみたりしてだな」

キョン「ハッハッハ、あー、あー」

キョン「声が高くていまいち慣れん」

キョン「鏡、鏡と」

キョン「こ、これはすごい……んじゃないか?」

キョン「……いえーい」

キョン「……う、美しい体だ……!」



続きを読む

長門「やめて……」キョン「いいだろ、恋人同士なんだから」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 19:35:18.66 ID:xdejJ9G5O

長門「どう?」

古泉「といわれましても…」

長門「私が書いたSOS小説」

古泉「SOS小説ですか」

長門「そう。 登場人物は私たちSOS団団員」

古泉「ふむ」

長門「今回のジャンルは恋愛」

古泉「ほうほう………ん?」

長門「なかなかの売れ行き」

古泉「………ちょっと待ってください」

長門「?」



続きを読む

古泉「彼と長門さんは出かけた……では、早速涼宮さんの椅子を」

6: 774秒で支度しな! 2009/11/20(金) 22:11:23.29 ID:4hOqoAQ2O

古泉「むふー、たまりませんねえ」

古泉「普段は長門さんが一番乗りですし、彼も意外と団活には真面目に出てきますから、こんな事出来ませんからね」

古泉「そーれ、もういっちょ、くんかくんか」



続きを読む

キョン「下? いや、正面か!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/01(木) 04:27:17.89 ID:9RA3vqa60


俺は今、ロボットに乗っている。

もう一度言おう。俺は今、ロボットに乗っている。

俺は今、ザクと戦っている。

もう一度言おう。俺は今、ザクと戦っている。

どうしてこんな事になっているのかといえば、
『ハルヒがスパロボにでもハマってたんじゃないか?』
としか言えない。それぐらい唐突に俺は

スーパーロボット大戦の真っ只中にいた。



続きを読む

ハルヒ「ごきげんよう・・・・」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/28(日) 14:54:16.92 ID:q/rgvqVLO

ハルヒ「この中に宇宙人未来人異世界人超能力者はいらっしゃるかしら? いるのならわたくしの所にいらっしゃいなさいな」

振り向いておどろいた。
金髪、縦ロール、フリフリのレースが付いた特注と思われる制服。


物凄いお嬢様がそこにいた。



続きを読む

キョン「長門と朝倉が取っ組み合の喧嘩?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/22(日) 21:52:35.84 ID:5+k8MCg0O

長門「っ!っ!」ガッガッ

朝倉「ひ、ぎぃっ!!」

キョン「お、おい長門やめろ!パウンドなんて女の子がするもんじゃない!」

長門「離……せ…っ!」グィグィ

キョン「朝倉大丈夫か!?長門は抑えてるから早く離れ」

朝倉「こ……の……ドチビビチ糞ビッチィ!」

長門「ころす……完璧にころす……」

キョン「ひ、ひぃ……!」





続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】佐々木「僕は僕さ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/11(水) 22:12:41.04 ID:RZ103HqCP

「面白くない」

病室のベッドでぼそりとつぶやくが、
返ってくるのは窓外でさえずる小鳥の声だけだ。

その言葉が一人でいる時の僕の口癖になってしまったのはおよそ二年前、
光陽園女子に入学してからのことだ。

元々男性と会話するほうが気楽さを感じる僕にとって女子校は
内心的敵地といっても過言ではなかった。

もちろん、表には出さないんだけれどね。

けれどもまじっか感情をごまかすのが得意なのが災いしてしまい、
ストレスを溜め続け、ついに先日倒れてしまった。

それは立派な胃潰瘍だと担当医に言われた。
普通ならばここまで悪化する前に倒れるそうだが、僕の痛覚は鈍感らしい。




続きを読む

朝倉「キョン君!キョン君!キョン君!キョン君!」キョン「・・・」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 13:28:45.15 ID:O15vRk7DO

朝倉「キョン君ってば!」
キョン「……お? 朝倉か、おはよう」

朝倉「あ……。お、おはよう」

キョン「何か、朝倉がこんな時間に登校なんて、イメージに合わないな」

朝倉「そ、そうなのよ。ちょっと、遅めに家を出てね」

キョン「そうか」



続きを読む

キョン「ハルヒが嘘松に興味を持ったらしい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/05/13(日) 05:58:35 ID:K2uTSIYU

古泉「それはマズいですね……」

キョン「やっぱりそうだよな?」

古泉「ええ。しかし涼宮さんは……あなたもご存知の通り、常識のあるお方ですから」

キョン「嘘松を真に受けることはない。……俺もそう願ってるよ」

古泉「ただひとつ懸念があるとすれば、彼女が嘘松を創作だと認識した上で、『それでもやっぱり面白い』と思い込んでしまうことでしょう」

キョン「なるほどね。たとえネタであっても、自分から進んでそういう類いのつぶやきをしないことを祈るばかりだぜ」

古泉「そういった意味では、涼宮さんがSNSを利用していないのは好都合でしたね。めっきり更新頻度が下がった公式HPへの書き込みにだけ注意しておきましょう」

キョン「…………あー」

古泉「?」

キョン「実はだな、古泉。お前には言ってなかったかもしれんが、ハルヒはツイッターを始めたんだよ」

古泉「ええっ! では嘘松も まとめサイト等を通してではなく、ツイッター上で直接 影響を受けているということですか?」

キョン「ああそうだ。純度100%のやつをな」



続きを読む

キョン「ハルヒの能力がメチャクチャ強力になってる?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/19(土) 21:15:17.68 ID:MIXbCzJT0

古泉「ええ、そうです」

キョン「メチャクチャ?」

古泉「メチャクチャです」

キョン「メチャクチャと言われてもいまいちよく分からんな」

キョン「そもそもあいつの能力は、それこそ世界を作り変えちまうほどのものだろ?」

キョン「それよりもさらに強力って、どういうことだよ?」

古泉「そういう強力とはちょっと違うんですよ……おっと、続きはまた後で」

ハルヒ「やっほー! みんな揃ってる?」バァン

キョン「でかい声を出すな。相変わらず騒々しい奴だな」

長門「……」




続きを読む

キョン妹「ただの人間には興味ありません」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/24(土) 23:45:05.42 ID:2abc4u6c0



キョン妹「この中にキョン君以外の人がいたら今すぐあたしの前から消えて。以上」





続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 [サマーマドモアゼル] 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

新品価格
¥11,000から
(2018/5/21 01:42時点)