ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


阿万音鈴羽

岡部「犠牲となった全てのラボメンに……『顔射』を」紅莉栖「は?」

SS速報VIP:岡部「犠牲となった全てのラボメンに……『顔射』を」紅莉栖「は?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484223736/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 21:22:17.03 ID:fds4RWMz0

VIPに投稿していたらスレが落ちてしまったので、こちらに投稿させて頂きます。

岡部「世界は再構成される!!……うっ」ドピュッ

紅莉栖「きゃああああああ!?」

岡部「フハッ!」ドピュッドピュッ

紅莉栖「きゃあ!?きゃああああ!?!??」

岡部「フゥーハハハハハハハハッ!!!!」
ドピュピュピピュッ

紅莉栖「やめっ……もうやめっ……きゃああ!?」

岡部「ふぅ……次に行くか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484223736




続きを読む

岡部「綯……綯……」シコシコシコシコ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 10:06:01.44 ID:brHQuE280

岡部「……うっ」ドビュ

岡部「……ふぅ」

岡部「………」

岡部「いかんな……」

岡部(最近、性欲が止まらなくなっている……)

岡部(紅莉ニー、まゆニーは普段からしてたが、留未ニー、萌ニー、鈴ニーときて、遂に綯ニーまでしてしまうとは)

岡部「……」ムクムク

岡部「もう、回復したか」



続きを読む

岡部「ラボで自慰に耽ってたら、誰かに見られた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 15:16:10.31 ID:bT7faxSm0

~ラボ~



岡部「ぬうう……」

岡部(今宵は俺のミストルティンが疼く……)

岡部(ここの所ご無沙汰だったからな、久々に溜まった邪を取り除くか)

岡部(いつも通り家に帰ってから……いや、しかし今は一刻も早く鎮めたくなったきた……)

岡部「……」

岡部(ラボメンは皆帰宅済、夜なので再訪もあるまい)

岡部「さらに鍵もかけておけば、問題は皆無」

 カチッ

岡部「よし……」



岡部「さあ! その身を高ぶらせろバベェェル!」

 ギィン



続きを読む

クリス「私とまゆりのどっちかが死ぬはずだった?」 岡部「そうだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 19:31:26.57 ID:cnWC87SD0


岡部「そうして俺は、最終的に自分自身を騙してお前を助けた」

クリス「信じられない……」

岡部「無理もない…………だが事実だ……」

クリス「……ちょ、ちょっと待って……整理させて……」

岡部「あぁ」

クリス「……つまり、岡部は過去にタイムリープマシンを完成させて、まゆりと私を助けたって……そういうこと?」

岡部「限りなく簡潔に言えばそういうことになる。」

クリス「うん…………。……で、そのアトラクターフィールド……?」

岡部「あぁ、世界線収束範囲だ。……その世界線で起きる事柄は、大小の差はあるが確実に起こる。」

クリス「……で、その世界線で起きる事は、未来から観測された事柄……」



続きを読む

紅莉栖「岡部から他の女の匂いがする」岡部「えっ」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 19:44:09.86 ID:TvkhnU/h0

紅莉栖「岡部から他の女の匂いがする」

岡部「えっ」

紅莉栖「ちょっと岡部」

岡部「へ、な、なんだ」

紅莉栖「…………これは」クンクン

岡部「ぅ、うわ、や、やめろぉ!においを嗅ぐな!お前は犬か!」

紅莉栖「んー?」クンクン

岡部「お願い、やめてっ!謝る!明日からファブリーズする!俺が汗くさいのはわかった!頼むから嗅がないでください!」

紅莉栖「…………白衣、ね」

岡部「え」



続きを読む

ダル「ラボメンガールズで結婚するなら誰がいい?」岡部「なに?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 14:30:42.91 ID:vgb22ylR0

岡部「はあ? なんだ、その下らん質問は」

ダル「いや、ただなんとなく聞いてみただけ。ほら、こういう会話って普段できないじゃん」

岡部「クリスティーナたちが居る前でそんな事を話たら間違いなく海馬に電極を刺されるだろうな」

ダル「それにさあ、オカリンの好みってどんなタイプかなって、いう好奇心もある。一人くらいは好みのタイプいるっしょ?」

岡部「下らん。俺がそんな事に現を抜かすなどありえん」



続きを読む

岡部「しっかりまゆしぃ……だと……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:17:28.98 ID:SCf4LcTl0


ダル「おーっす、オカリン」

岡部「なんだダルか、今日はやけに早いな」

ダル「そりゃ昨日は来れなかったしさ、積んでるゲームを消化したい件」

岡部「まあ何にせよ、ラボに早く来るのは結構なことだ、ラボメンとしての自覚がでてきたようだな」

ダル「いや、そういうわけじゃないけど……」

岡部「フッ……流石はマイ・フェイバリット・ライトアーム、貴様をラボメンに選んだ俺の目に狂いはなかったようだな」

ダル「……あーもう、それでいいです」

岡部「さーて、今日もはりきって未来ガジェットの開発を始めるぞ、ダルよ」

ダル「相変わらずオカリンが人の話を聞かない件」

岡部「ん、何か言ったか?」

ダル「別にー」



続きを読む

岡部「やはり年下は恋愛対象として見れんな」紅莉栖「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 20:50:43.72 ID:2SY+n5uX0

岡部「そうは思わんか? ダル」

まゆり「」

ルカ子「」

フェイリス「」

鈴羽「……よしっ」

萌郁「……」グッ

岡部(なんだ? ラボ内の空気が変わったような……)

ダル「ラボメン全員集まってる中でそれを言えるとか、さすがオカリン……」



続きを読む

岡部「鈴羽って半分はダルの精子なんだよな……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 20:56:07.18 ID:bTPSA6QR0

岡部「ダルめ、また使用後ティッシュをラボのゴミ箱に捨てたな。臭うからやめろと言ってるのに……」

ティッシュ「」

岡部「ふむ……そういえば」

ティッシュ「」

岡部「鈴羽って半分はダルの精子なんだよな……」

ティッシュ「」

岡部「……」

岡部「おい、バイト戦士よ、返事しろ」

ティッシュ「」

岡部「……なにをやってるんだ俺は。疲れてるのか」

ティッシュ「……オカリンオジサン」

岡部「!?」



続きを読む

岡部「…」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 10:40:54.96 ID:+XNd/7W3i

テレビ「皆さんこんにちは!テレホーンショッピング!」


いつも通りのラボ。のんびりとした午後だった

まゆり「ねぇねぇオカリン、今日はなにするの?」

ナントキョウハサイシンノデンシレンジヲゴショウカイ!

岡部「ふむ…ガジェットの研究も一段落しているしな。どこか出掛けるのもいいかもしれんな」

まゆり「わー、いいねぇ。ニャンニャンに行こうよ。今日はイベントやってるんだぁ」

ナントネットカラジドウアタタメキノウツキ!ワースバラシイ

岡部「いいだろう!この鳳凰院凶真、そのイベントとやらを制圧してやろう!」


この時から、世界が変わっていた。



続きを読む

岡部「ラボメンガールズを抱きしめて愛してると囁いたらどうなるか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/12(火) 19:42:14.27 ID:89Z0Znm30

岡部「おい、助手」

紅莉栖「助手じゃねーし、なによ?」

岡部「ちょっとこっちに来い」

紅莉栖「はあ?なんでよ」

岡部「いいから、早く来い。クリスティーナ」

紅莉栖「ティーナって言うな。もう、何なのよ」テクテク

紅莉栖「ほら、これでいい?」

ぎゅっ

紅莉栖「ふえ?」

岡部「……紅莉栖、愛してる」



続きを読む

岡部「リア充になるぞ」 ダル「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 15:36:24.30 ID:U+C78jir0

ダル「いきなり何言ってるん?」

岡部「言葉通りの意味だ」

ダル「今日のお前にだけは言われたくないスレ立ててもよろし?」

岡部「貴様は後悔しないのか? 俺達はもう大学生……」

岡部「人生の夏休みとも言われる時期に研究やエロゲに精を出す……なんとも寂しい青春ではないか」

 ドン!

岡部「お、おい……」

ダル「わりオカリン、ついカっとなって殴っちまったよ……壁」

ダル「つかおまいはすでに爆ぜてもいい状況にある件について」

岡部「俺が? 冗談を言うな」

ダル「それこそ冗談じゃねーよマジで」



続きを読む

紅莉栖「岡部が阿万音さんといることが多い」ダル「鈴羽は僕の嫁」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 23:45:57.54 ID:b4ijGeE10


紅莉栖「橋田と阿万音さんが良い雰囲気になり始めたころから岡部と阿万音さんが二人でいるのをよく見る気がする」

紅莉栖「でも橋田が言うには阿万音さんは橋田が好きらしいし……」

紅莉栖「一体どうしてだろう?」

紅莉栖「あ、またブラウン管工房の前で二人で話してる」

紅莉栖「……随分仲良さそうだな」ズキン

紅莉栖「……」





続きを読む

岡部「ラボメンガールズに六股がばれた……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:00:22.03 ID:Jt3XfVGc0

紅莉栖「……」

まゆり「……」

フェイリス「……」

ルカ子「……」

萌郁「……」

鈴羽「……」

岡部「……」




続きを読む

岡部(45)「就職おめでとうバイト戦士よ」鈴羽(19)「サンキュ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:12:50.53 ID:NlcfDNpy0

岡部「今や数十人の社員を誇る我が(株)未来ガジェット研究所にようこそ」

鈴羽「お手柔らかにお願いするよ!」

岡部「そうはいかん、お前も社員になったからにはラボに力を尽くしてもらわねば─」

鈴羽「もー、分かってるってばー」

岡部「ウチは甘くないぞ?付いてこれるか、バイト─、いや、企業戦士よ」

鈴羽「もちろん!戦士だからね」

岡部「その意気だ」

鈴羽「任せてよオカリンおじさん!」



続きを読む

岡部「まゆりのお○ぱいは俺が育てた」紅莉栖「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:25:14.33 ID:SWzjnJPK0

ダル「えっマジで!?オカリンkwsk」

岡部「あいつ周りよりも幼い顔立ちをしてるだろ?中学生の時それを気にしててな。早く大人になりたいと言うものだから……」

ダル「……揉んだと」

岡部「その頃は毎日一緒に風呂に入ってたからな。体を洗うついでに軽く」

ダル「っで、ああなったと」

岡部「ああ、今でもたまに風呂に一緒に入った時に揉んでやってるが、まだ成長してるぞ、あれ」

ダル「うひょおおおおおおお流石オカリン!僕にできないことを平然とやってのける!リア充氏ね!」

紅莉栖「」



続きを読む

岡部 「お前のことは牧瀬と呼ぶことにした」紅莉栖「」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/08(金) 21:59:18.81 ID:NjRBjYDJ0

紅莉栖「ちょっと、どういうことよ岡部!」

岡部「どうもこうもない、俺の説明を聞けば分かる」

紅莉栖「聞けば分かるって……アンタねぇ……」

岡部「まあ落ち着け紅莉……牧瀬よ」

岡部「最近俺達が付き合ってるのではないか、という噂がラボメンの間で広がっているようなのだ」

紅莉栖「!?」


こういうことですか><分かりません



続きを読む

岡部「助手以外のラボメンガールズ全員とイチャイチャしたらどうなるか」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 19:21:04.01 ID:O+PMHjCS0

岡部「ふむ……まずは一番安定しそうなまゆり当たりにしとくか」

---ラボ---

岡部「まゆり。 いるか?」ガチャ

まゆり「あーっ、オカリン~。 とぅっとぅるー♪」

岡部「(まゆりはいつものコス作り中か……)」

岡部「いたか。 隣、座るぞ」スッ

まゆり「うんっ。 どうぞ~」


岡部「………」

まゆり「………」

岡部「(さて……と)」



続きを読む

岡部「ジョン・タイターが可愛さすぎてつらい……」鈴羽「!?」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/23(水) 22:44:29.93 ID:eTLIT42X0

岡部「ん? どうかしたのか鈴羽」

鈴羽「いやー、いきなり突拍子もないことを言うから驚いちゃってさ」

鈴羽「ジョン・タイターのことを可愛いなんていう人間なんて、きっと君ぐらいのものだよ」

岡部「そうか?」

鈴羽「そうそう。参考までに聞きたいんだけど、岡部倫太郎はジョン・タイターのどこが可愛いと思ってるんだい?」

岡部「ふむ、そうだな……例えば、世界がヤバいってことを@ちゃんねるで必死に説いてるのにまともに相手にされてない所とか」

鈴羽「は?」

岡部「この世界のために一生懸命頑張ってるのに誰にも相手されないジョン・タイターとか……最高ではないか!」

鈴羽「…………」



続きを読む

紅莉栖「岡部って、土下座して頼んだらヤらせてくれそうよね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 17:58:57.96 ID:d7dq2Vv/0

まゆり「う~ん、紅莉栖ちゃんもそう思う?」

紅莉栖「ええ」

フェイリス「凶真は押しに弱いのニャ」

ルカ子「土下座して岡部さんとできるなら、僕……」

萌郁「……ヤる」

鈴羽「でも、それなら無理やりヤッた方が早くない?」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 諸星きらり&双葉杏 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,760から
(2017/1/12 22:45時点)