ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


青年

幼馴染「なんか、私はクラスの男子に人気があるらしい」

1: ◆wKJ4P6pC3k 2013/11/10(日) 15:17:18 ID:jygbAgG.

委員長「男ー、お昼一緒に食べよう」

男「ん? いいよ、委員長」

先輩「おい男、昼休みは部室で会議だといっただろう」

後輩「そうですよ。という訳で男さんは私と一緒に」ぐいぐい

男「あれ、そうだっけ。ごめん委員長、また今度」

生徒会長「男君、いるかな。ちょっとまたお手伝いを――」ガラガラ

幼馴染(……そして、それ以上に男は大人気)

幼馴染(クラスどころじゃなく、校内全体で人気なんじゃないだろうか)

幼馴染(……おもしろくない)



続きを読む

女店員「ミルクはお付け致しますか」青年「あなたのミルクが欲しい」女店員「まぁっ」

SS速報VIP:女店員「ミルクはお付け致しますか」青年「あなたのミルクが欲しい」女店員「まぁっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514545246/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 20:00:46.64 ID:/cL5rIlAo


―カフェ―

女店員「いらっしゃいませ。ご注文は?」

青年「ブレンドコーヒー」

女店員「砂糖とミルクはお付け致しますか」

青年「ミルク?」

女店員「うちの店ではコーヒーフレッシュではなく、牛乳をお出し致します」

青年「だったら……あなたのミルクが欲しい」

女店員「まぁっ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514545246




続きを読む

青年「風鈴屋敷の盲目金魚」


青年(しとしとと小雨が降っている。僕は傘を差さずに歩いている)

青年(これくらいの雨は好きだ。柔らかい雨粒の感覚が心地良い)

青年(こんな日の散歩は風情があって良い。僕は上機嫌で鼻歌を歌う)

青年(雨の日の景色は、いつもとは全然違う。だから好きなんだ)

青年「……そろそろ戻ろうかな」

青年(進んでいくうちに町を抜けていた。僕は裏山で、通常のコースを外れて歩いている)

青年(知らない場所を探索するのは楽しいけれど……)

青年(さすがにこれ以上は帰りが疲れるな。もう戻ろう)クル

……チリーン

青年「?」

青年(雨の音に紛れて、今変な音が……風鈴?)

青年(……?)

青年「気のせいか」

……チリーン

青年「!」

青年(いや、気のせいじゃない! こっちだ!)ザッ

青年「……!」

青年(壁と思ったら、四角い抜け穴が蔦に隠れている!)

青年(おお、こんな隠し通路があるのか! 散歩も悪くないな。探検している気分だ)ザッ

青年(奥が見えてきた……あれは)

青年「おお……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1499259512




続きを読む

老師「後継者が欲しいなぁ。どこかに弟子入りしてくれる可愛い女の子はおらんかの」

SS速報VIP:老師「後継者が欲しいなぁ。どこかに弟子入りしてくれる可愛い女の子はおらんかの」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483354868/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 20:01:08.94 ID:s0opsAUPo

―山頂 小屋―

老師「……」

老師「キェェェェイ!!!」バキィッ!!!

老師「ふぅ……。今日のマキ割り、終わり」

老師「……」

老師(世捨て人となり、幾星霜。武術を極めはしたものの、これといって益になることはなかった)

老師「ふんっ!!」

ドォォォン!!

老師(岩をも砕く拳を手に入れても、ワシを慕う者が現れることもなかった)

老師「虚しいの……。力など、渇望するべきではなかったのかもしれぬ」

老師「はぁ……」

老師(積年の成果をこのまま朽ちさせるのも惜しいな)

老師「後継者が欲しいなぁ。弟子が欲しい」

老師「それもただの弟子ではない」

老師「可愛い女の子がええのぉ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483354868




続きを読む

男「人を殺しちまった……」 警官「待てーっ!!!」

SS速報VIP:男「人を殺しちまった……」 警官「待てーっ!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483869627/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/08(日) 19:00:27.49 ID:RVzhTg5lo


暗い夜道を歩く、バイト帰りの青年。

その目の前に、突如男が現れた。
しわくちゃの上着を着ており、普通でない、というのは明らかだ。


「待ってたぜ……」

「お前は……!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483869627




続きを読む

男「クックック…さぁて、今日はどの娘にするかな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/12(水) 01:16:07.18 ID:wrIHlRJ50

メイド「旦那様、馬車の用意が出来ました」

男「それじゃあ行くか」

メイド「はい」



続きを読む

狐娘「家に居候してやったわ」

関連
狐娘「家に転がり込んでやったわ」



SS速報VIP:狐娘「家に居候してやったわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481541745/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 20:22:25.61 ID:PyX0mnhB0

狐娘「うむ」

青年「そうだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481541745




続きを読む

側近「では、結婚しますか?」

SS速報VIP:側近「では、結婚しますか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481450562/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 19:02:43.22 ID:glNesy3z0

青年「はい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481450562




続きを読む

狐娘「家に転がり込んでやったわ」

SS速報VIP:狐娘「家に転がり込んでやったわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475752304/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:11:45.17 ID:zdqez+tN0

狐娘「うむ」

青年「うむ。じゃねぇよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475752304




続きを読む

男「リビングデッド・ジェントルマン」


管理人「はい、これがスペアの鍵ね」チャリン

青年「ありがとうございます」

青年(ひっそりとした、町から隔離されたと言っていいこの場所。此処が例のアパートか)

青年(噂では、幽霊が出るらしいけど……格安だし仕方ないな)

青年(僕の部屋は、201号室……)

青年「ふうん、思ってたより嫌な感じはしないなぁ、明るいからかな」

青年(……うん。荷物も大丈夫だし、その辺を歩いてみよう)



青年(なるほどね、ざっくりと道を覚えたぞ)

青年(……ん? アパートの裏のこの小道……続いてる? 行ってみよう)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467292922




続きを読む

娘「あの……わたし、生け贄です……」ドラゴン「今年もかよ」娘「えっ」

SS速報VIP:娘「あの……わたし、生け贄です……」ドラゴン「今年もかよ」娘「えっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466059856/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 15:50:56.39 ID:TXKgj+KIO

ドラゴン「俺はここで静かに過ごしていたいだけなのにあの町の奴らは勝手に恐れやがって、毎年毎年生け贄を寄越しやがる」

娘「じゃあ今までの生け贄さんは……」

ドラゴン「最初の頃は追い返してたんだが、町の奴らは追い返しても追い返しても逃げてきたと決めつけてこっちに何度も連れてくる始末でな。最近は隣町に連れていってやってる」

娘「えっ」

ドラゴン「とはいえ、強制はせんがな……。どうする?町に戻ってありのまま伝えてみるか?それとも、隣町に逃げてくか?」

娘「えっ、えー……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466059856




続きを読む

老人「おやすみ……ワシの古時計よ……」

SS速報VIP:老人「おやすみ……ワシの古時計よ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465559862/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 20:57:43.08 ID:C8kHlZ71o


ある日の真夜中――

一人の老人がベッドの上で静かに息を引き取ろうとしていた。



老人「おやすみ……ワシの古時計よ……」



彼が目をつぶると同時に、彼を百年間見守ってきた古時計も動かなくなった。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465559862




続きを読む

男「公衆トイレで手洗いする時、指に水をチョイッとつけるだけの奴よくいるけど」

SS速報VIP:男「公衆トイレで手洗いする時、指に水をチョイッとつけるだけの奴よくいるけど」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461342876/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 01:34:37.02 ID:5Vq3aeQmo

男「あのさぁ」

友「なんだよ」

男「公衆トイレで手洗いする時、指に水をチョイッとつけるだけの奴よくいるけど」

男「あれって意味あるの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461342876




続きを読む

救急隊員「急患だと!? 救急車出撃ィィィィィ!!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 20:11:06 ID:hHk8pSzo

<救急病院>

同僚「おーい、近くの町で急患が出たらしい! 男性がブッ倒れてるんだとよ!」

救急隊員「急患だと!? 救急車出撃ィィィィィ!!!」

同僚「おいおい、そう焦んな。最近はイタズラ通報も多いんだからよ」

同僚「ま、リラックスしてのんびり安全運転で行こうや」

救急隊員「バカヤロウ! いかなる時も全速で出撃すんのが救急車の心意気ってもんだ!」



続きを読む

男「とある街の小さな店」

前作
男「夏の通り雨、神社にて」

少年「鯨の歌が響く夜」

男「慚愧の雨と山椒魚」

少年「アメジストの世界、鯨と踊る」

男「とある休日、昼下がり」



SS速報VIP:男「とある街の小さな店」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457533059/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 23:17:40.30 ID:37z1Sb6x0

人が忙しなく動く街の一角に、ひっそりと立つ小さな店がある。

「あれ、今日もここ閉まってるよね」

「あ、この前開いてる所見たよ。良い匂いだったな」

「ふーん」

開店時間は不定期。ドアには【Closed】の文字。

「これって何て読むんだっけ? し、しえん……?」

「しおんだよ、紫苑」

「そうそう、それそれ。いつか行ってみたいなぁ」

「そうだな。……急ごう、バスに遅れる」

「あっ、うん!」


これは、人知れず営業する店、【紫苑】のお話。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457533059




続きを読む

盲目男「俺は盲目の仕事人」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 19:51:03 ID:aJW30QpA

― 場末の酒場 ―

青年「なんだとぉっ!」ガシッ

格闘家「おっ、つかみかかってきやがったな!」

格闘家「これで正当防衛成立だ……!」ニヤ…

バキッ! ドカッ! ガスッ!

青年「ぐはっ……!」ドサッ…

格闘家「まだ終わりじゃねえぞ! オラ、立てや!」

ドゴッ!



続きを読む

青年「ブラックジャックみたいな医者になりたいなぁ」男「夢を叶えてやろう」

SS速報VIP:青年「ブラックジャックみたいな医者になりたいなぁ」男「夢を叶えてやろう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452854996/



1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 19:49:56.68 ID:DzSkdPfgo


――

――

青年「あーあ、ブラックジャックってかっこいいなぁ」

青年「優しくて、だけど決して甘くはなく、抜群の医療技術を持ってて……」

青年「僕もブラックジャックみたいな医者になりたいなぁ」



男「ふふふ、その夢叶えてやろうか?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452854996




続きを読む

男「こんなところにいられるか! 俺は部屋に戻る!」

SS速報VIP:男「こんなところにいられるか! 俺は部屋に戻る!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452443396/



1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 01:29:56.87 ID:0e2UTidto


とある屋敷――

探偵「――これは殺人事件です」

青年「な、なんだって!?」

メイド「殺人……ですって!?」

探偵「そして、我々はこの屋敷から出られなくなってしまいました」

社長「そんな……!」

女「嘘でしょ……!?」

探偵「ともかく、警察が来るまでの間、全員でこのリビングに待機することにしましょう」

老人「それが一番でしょうなぁ」

男「…………」

男「ふざけるな! この中に殺人犯がいるかもしれないんだぞ!」

男「こんなところにいられるか! 俺は部屋に戻る!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452443396




続きを読む

青年「俺のオヤジは元勇者だけど全く尊敬できない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/02(金) 01:28:35 ID:nwm64.FQ

― 青年の自宅 ―

母「遅刻しちゃうわよ! ほら、着替えて!」

青年「うるっせえなぁ……分かってるよ」

母「んもう、なんなの! その口のきき方は!」

父「今日は魔法の授業はあるのか?」

青年「……あるよ」

父「そうか! 魔法使い――おっと、今は賢者だったか。
  あいつによろしくな!」

青年「…………」プイッ

妹「お兄ちゃん、いってらっしゃーい!」

青年は妹に軽く手を振ると、カバンを持って学校に出発した。



続きを読む

男「みんな笑ってるのに俺だけ笑えない」

SS速報VIP:男「みんな笑ってるのに俺だけ笑えない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447156505/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 20:55:05.67 ID:tlbhHuJOo

居酒屋にて――


友人「……でさ、オレだけ注文したのがなかなか来ないから、店員に聞いたらさ……」

友人「すみません、すっかり忘れてました、だってさ!」



メガネ「アハハハハハハッ!」

茶髪「ハッハッハッハッハッハ!」

さんま「ファーwwwwwwwwwww」

男「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447156505




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 [サマーマドモアゼル] 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

新品価格
¥11,000から
(2018/5/21 01:42時点)