ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


音無小鳥

【アイマス】亜美「真美が小○製薬みたいになった」

SS速報VIP:亜美「真美が小○製薬みたいになった」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:17:16.95 ID:rdE+x6jH0

亜美「おはよーりっちゃん…」

律子「おはよう亜美。どうしたの?元気ないわね?何かあったの?」

亜美「うん…それがね…」

亜美「真美が小○製薬みたいになっちゃたんだ…」

律子「何わけわかんないこと言ってんのよ…」

亜美「真美、入ってきていいよー」

真美「あっ、おはよう挨拶!」

亜美「こんな具合に…」

律子「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375190236




続きを読む

P「ゆうだち」

SS速報VIP:P「ゆうだち」



1: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 20:31:53.80 ID:T4zEPUC30


 「多分こいつ響好き」
なぜバレたし。は、春香の方が好きだし! でもみんな好きだし!

P「夕立」の続きというか、なんというかです。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374665513




続きを読む

【アイマス】春香「千早ちゃんのテンションが朝から異常」

SS速報VIP:春香「千早ちゃんのテンションが朝から異常」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:16:06.94 ID:bMR2MyFQ0


千早「春香!!」

春香「あ、千早ちゃん、おはよー」

千早「おはよう!!春香!!春香おはよう!!!!」バンバンバン

春香「う、うん、おはよう?」

千早「グッモーニン?」

春香「ぐ、グッモーニーン…」

千早「HAHAHAHAHA!!!YESYESYES!!!」

春香「…」

千早「………良い朝ねっ!!?」

春香「え?曇りだけど…」

千早「アッハッハッハッハッハッハ春香は、アレね!存外にアレだわ!!ほんとアッハッハッハ」

春香(何だろ…)

千早「曇りの日でもね、春香!」

春香(とてつもなく…)

千早「私達が太陽になれば良い!!………そう、思わない!?」ドヤーン!!!

春香(今日の千早ちゃんうざったい…)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374567366




続きを読む

P「音無さんですね。よろしく」小鳥「は、はい…」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 01:16:08.79 ID:P6yA/80B0

小鳥「うう……お仕事ないピヨ……ひもじいピヨ……もやしパスタ麺抜きはもういやピヨ……」

小鳥「こんなことならセクハラされたからって前のお仕事止めるんじゃなかった……、この年でニートはいろんな意味で苦しいし……」

高木「君っ!ねえっ!そこの君!」

小鳥「…へ?私ですか?」

高木「うむ!ティンと来た!君こそ我がプロダクションが求めていた人材!ぜひとも私の会社で働いてほしい!」

小鳥「……それって」

高木「うむ、つまりはスカウトだな」

小鳥「……えっちなお誘いはお断りさせていただきます」

高木「そうじゃねーよ」



続きを読む

P「音無さんからエロい匂いがして仕事にならない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 19:13:22.96 ID:nFrY2j210

P「汗と香水の混ざったエロい匂いがしてもう仕事に集中できないんですよ!!」

小鳥「そ、そんなこと言われてもぉ」

P「責任を取ってなんとかしてください!」

小鳥「ぴよっ!?」

P「早くシャワー浴びてこいオラァ!」

小鳥「ははははいすぐに!!」


小鳥「あ、あの。シャワー浴びてきました」ドキドキ

P「・・・」クンクン

小鳥「わたし実ははじめてでして・・・優しくしてくれると」

P「よし、エロい匂いはしなくなりましたね。これで仕事に集中できる」

小鳥「えっ・・・」

P「そんなとこに突っ立ってないで早く仕事して下さい」カタカタ

小鳥「そんなぁ!!」



続きを読む

P「紺色の爪痕」

SS速報VIP:P「紺色の爪痕」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 16:27:55.25 ID:+pVdKojyo

律子「プロデューサー、気合い入ってますね」

P「ああ、でかい仕事だからな」

律子「下手すればゴールデンよりも影響力ありますよね、マカシンの巻頭って」

P「まあな。だからこそ失敗は許されないだろ?」

律子「でも力の入りすぎはよくないですよ。あの子たち人の不安とかには敏感ですから」

律子「コーヒーでも飲んで落ち着きましょう。プロデューサーはブラックでいいですよね?」

P「おう、ありがとさん」

小鳥「あ、私入れてきますよ」

律子「そうですか? ありがとうございます」

小鳥「亜美ちゃんと真美ちゃんの健康な肢体が白日のもとに晒されるの、楽しみですね」デュフフ

P「おい、そこの鳥」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373959675




続きを読む

【アイマス】小鳥「音無さん、俺、音無さんの事好きです、本気です」小鳥「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 23:29:37.17 ID:rJ4CQrVi0

小鳥「なっななななにいってるんですかプロデューサー!?」


小鳥「俺は本気で音無さんのこと...!」


小鳥「あうあう...」


小鳥「付き合ってください音無さん」


小鳥「....はい」


P「」



続きを読む

P「貴音ってくっそでかいですよね」小鳥「バカでかいですね」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:43:16.76 ID:45egUXkr0

貴音「ふぅ、今日も大変な日照り……事務所までの道のりが随分と長く感じられます」

貴音「汗を拭う端からまた新たに汗が吹き出て、これでは干からびてしまいます」

貴音「このような酷暑続きにおいてこそ、常日頃、プロデューサーの仰る通りに水分補給が肝要となるのでしょうね」

貴音「水分補給には水分だけでなく塩分その他の栄養も同時に摂取しなければならあない、でしたか」

貴音「ふふ、らぁめんを食べる口実としては上々ですね。今日も笑って許して下さるでしょうか?」

貴音「気付いていますか? 私がらぁめんを選ぶ訳は、貴方様と気取らず、飾らずに食事を摂りたいからなのですよ?」

貴音「……なんて、独りごちてみても聞こえている訳もありませんね、ふふふ」

貴音「ようやく事務所が見えて来ました……髮、よし。汗、よし。香り……よ、よしとしましょう。大丈夫です、多分」

貴音「すぅー、はぁー……すぅー、はぁー……お、おはようござ」

P「貴音ってくっそでかいですよね」

小鳥「バカでかいですね」

貴音「!?」



続きを読む

P「例えばアイドルに調味料をかけたとして」

SS速報VIP:P「例えばアイドルに調味料をかけたとして」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 18:28:38.44 ID:Rnhu7IEE0


P「それぞれに一番合う調味料は何だと思います?」

小鳥「それは……大変興味深い話ですね」

律子「…」

P「この時期、醤油やら塩やらさっぱりした物に逃げがちなんですが、忌憚のない意見を聞かせて頂きたい」

小鳥「そうですね、そういう逃げは好ましくありません、ね、律子さん」

律子「………え?いや、何言っているんですか?二人とも」

P「………ん?」

小鳥「………は?」

律子「いや、アイドルに調味料かけるとか、え?意味がよく…」

P「いや、俺は律子が言っている事の意味が良く解らん、ね、音無さん」

小鳥「律子さん、今回ばかりは律子さん庇いきれませんよ」

律子「えー…」

P「良いか?律子、例えばだな、一番解り易い所から言うと、千早は…」


P・小鳥「酢醤油!!」


P「と言う具合にだな?」

律子「…さっぱり解らないです」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373621318




続きを読む

【アイマス】春香「ルンバ買ったんですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:09:58.44 ID:FooB8AJi0

小鳥「そうなの。私も最近忙しくて、事務所の掃除ができてなかったから」

春香「へー、律子さんがよく許しましたね」

小鳥「実は私が自費で買ったものなの」

春香「そうだったんですか?」

小鳥「ええ、だから壊したりしないでね?」



続きを読む

P「チョベリバ」小鳥「」ピクッ

SS速報VIP:P「チョベリバ」小鳥「」ピクッ



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 00:04:20.04 ID:a5SxV5IH0

亜美「なに?兄ちゃん。ちょべりば?」

P「そう。チョベリバだ」

亜美「なんかの呪文?」

P「いいや、ちゃんと会話の中で使う言葉さ」

亜美「えーきいたことなーい」

小鳥「・・・。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373209459




続きを読む

【アイマス】春香「う~、たかまみわっほい!」小鳥「分かってきたわね!」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 01:30:25.58 ID:SHdQt9jL0

春香「じゃあ貴音さんと真美の取り合わせでたかまみなんてどうですか!?」

小鳥「良いわ春香ちゃん、その調子よ! その調子で妄想力を高めていくのよ!」

春香「はい!」

小鳥「私と見た目が似ているからもしやとは思っていたけれど、この子、すごい早さで成長している……!」

春香「たかまみ……たかまみ……!」

小鳥「最初は悪戯半分だった……暇を持て余す彼女を少し満たしてやろうと思い、ほんの入口を見せた、それだけだった……」

春香「四条貴音、双海真美……もう少し、もう少しで何かが見えそう……いいえ、見える……!」

小鳥「けれど春香ちゃん、貴女も選ばれし『淑女』の一人だった……いいえ、その頂点に君臨するべき存在かも知れないっ!」

春香「っ……き、来ましたー!」

小鳥「さあ見せて! 貴女のその妄想を!」



続きを読む

春香「プロデューサーさんと冬馬くんってなんか似てない?」

SS速報VIP:春香「プロデューサーさんと冬馬くんってなんか似てない?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371434605/



1: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 11:03:25.12 ID:q9X1DpPAO

千早「そうかしら?」

春香「なーんか似てる気がするんだよね」

千早「どこらへんが?」

春香「顔とか?プロデューサーさんいつもメガネだけど外したらけっこう似てる気がするんだけど」

千早「そうかしら?」

春香「ねぇ、なんか千早ちゃん不機嫌じゃない?」

千早「別にあまとうごときがプロデューサーに似てると言われてムッとしたなんて事はないわよ」

春香「ムッとしてるんだ……って言うか千早ちゃんあまとうって呼んでるんだ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371434605




続きを読む

P「事務所のソファーになる」

SS速報VIP:P「事務所のソファーになる」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/29(土) 23:00:56.68 ID:YUGCzov40

P「貴音のお尻ってやわらかい?亜美と真美のお尻は意外と発達してる?」

P「俺も直に触って確かめたいけどプロデューサーってのはアイドルとの信頼が大事じゃん?だからできない訳。そんでお前に聞いてるんだけど、ねぇ聞いてる?」


事務所のソファ「・・・・・・・」

P「答えてくれない・・と、なら仕方ないな、君は用なしだ」ゴキッ

P「しょうがない、あの計画を実行に移すか、今日は事務所に泊まろ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372514456




続きを読む

【アイマス】小鳥「小鳥のヒヨコ」



SS速報VIP:小鳥「小鳥のヒヨコ」



1: ◆PQxO3wwU7c 2013/06/27(木) 22:54:12.82 ID:JGBD4hA80

夢を見た……。

とても、とても幸せな夢……。


 小鳥「逆に考えるんだ」
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370784864/


 小鳥「音無小鳥、第二形態です!」
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371221188/



具体的に言うと、こんな夢。


私がプロデューサーさんとドラマみたいなロマンス?

私がプロデューサーさんと結婚する?

第二形態? 第三形態?


ふふ……我ながら呆れた妄想だわ。

夢みたいな夢を見るなんて、悪い冗談よね。


AM5:00。いつもと同じ朝。

体を起こした私は、誰の温もりも感じない左手から、そっと目をそらした。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372341252




続きを読む

【アイマス】美希「接続された女」

SS速報VIP:美希「接続された女」



1: ◆40t.IUZ/Q2 2013/06/16(日) 21:14:59.04 ID:fhP8gGBOo

765プロ事務所



美希「ハニー、ミキでも読めるオハナシの本を見つけて欲しいの」

P「ん、あぁ、あのバラエティ番組の企画か? もうすぐ収録だったな」

美希「まったく失礼なの! 『読書なんかしたことないようなタレントを集めて感想文を発表させる』って」

美希「美希だって『ジョジョ』とか『進撃の巨人』読んでるの!」

P「それはコミックだろ! で、どんな小説がいいんだ?」

美希「すぐ読み終わって、恋愛要素があって、ミキでも簡単に感想文が書けるのがいいの!」

P「恋愛小説の短編か……。俺はあまり読んだことないからなぁ」マコトアタリニキイテミルカ?

美希「そういえばハニーって、どんな小説読んでるの?」

P「最近はあまり読んでないけど、学生の頃はSFとか怪奇小説とかが好きだったな」

美希「あふぅ……。ミキには無理そうなジャンルなの」

P「結構面白いぞ、ラヴクラフトとかキングとか」

美希「ラブラブキング?」

P「いや、やっぱり美希には無理か……。いやまてよ……、アイドルが出てくるSFなんてどうだ?」

美希「SFでアイドル?」

P「そうだ。『接続された女』ってSF短編だ。恋愛要素もあるしどうだ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371384898




続きを読む

【アイマス】響「枕営業、って……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(木) 18:17:31.72 ID:B9+e9uiE0

 
響「あ、あははっ! もうプロデューサーったら、そういう冗談は笑えないぞ!」

P「…………」

響「それにそういうの、セクハラだからね! やっぱりプロデューサーは変態だな!」

P「…………」

響「あははっ、はは……ははっ……」

P「……ごめん」

響「ね、ねえプロデューサー……早く、嘘って言ってよ」

P「ごめん……ごめんな、響……」



続きを読む

【アイマス】小鳥「今日という日のはなむけに」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18(火) 19:04:54.06 ID:ceXEoYpH0

P「ふぅ、やっと今日の業務終了」

小鳥「疲れましたねー」

P「ええ、でもいつもよりは早めですね、まだ日も沈みきってないですし」

律子「いつもこれくらいで済めばいいんですけどね」

P「ははは、そうだな、でも、仕事が忙しいのはありがたいことだ」

小鳥「あ、プロデューサーさん!もしよかったら今日も飲みに行きませんか?」

P「えぇ!?またですか!?」



続きを読む

P「アイドルが俺に近づく程濡れる?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 23:51:07.27 ID:vSiQFbax0

春香「プロデューサーさん、おはようござ…い、ますっ……!///」ジュワ

春香(え?な、なんで私……そりゃプロデューサーさんは好きだけど、こんなエッチになっちゃうなんて…///)

P「ん?どうかしたか?」

春香「な、何でもないです!」ダッ

P「おいっ………俺、春香に嫌われてる?」

やよい「あ、プロデューサー!おはようご……ひゃっ…!?///」ジュワ

P「や、やよい!?」

やよい「へ?…こ、こっち来ちゃだめです~!///」ダッ

P「」



続きを読む

P「ああ心配だ…」小鳥「心配ですね…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18(火) 21:37:08.57 ID:dB6DEite0

律子(プロデューサー殿は、仕事はそれなりにできるんですがかなりの心配性です)

律子(小鳥さんもそれにつられて心配がるので、その都度こちらから声をかけて安心させてあげています)

律子「どうしたんですか?二人とも」

P「ああ、律子。実は明日の予定なんだが、どうしても俺の都合が合わせられなくってな」

小鳥「真美ちゃんが一人で現場入りしなきゃいけないんです」

律子「そりゃあプロデューサー殿は担当アイドルが多いですから、全員の予定に合わせてあげるのは難しいでしょうね」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Fate/Grand Order セイバー/アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]&キュイラッシェ・ノワール 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥16,757から
(2019/3/10 15:15時点)