ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


魔王

女騎士「魔王、貴様を倒す!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/01(土) 23:31:17.57 ID:55r0hKBa0

魔王「フハハハハ、よく来……えっ」

女騎士「ん?」

魔王「いや無理無理無理」

女騎士「えっ」

魔王「俺、魔王じゃん?」

女騎士「うん」

魔王「君、女騎士じゃん?」

女騎士「うん」

魔王「勇者じゃないじゃん」

女騎士「うん? ……まあ、確かに」



続きを読む

勇者(62歳)「魔王よ。私が貴様と戦うのもこれが最後だ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 02:30:11.58 ID:UDUAFp9N0

僧侶の家

勇者「おい、おい、僧侶」

僧侶(67歳)「……」

勇者「僧侶ーーー!!!」

僧侶「あっ……なんでしょう、勇者様」

勇者「魔物が出たそうだ」

僧侶「はい……今準備します」

勇者「先にいって待っているぞ」

僧侶「ええ。ではあの丘で」



続きを読む

勇者「こたつは世界を救う」魔王「マジヤバい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/30(月) 12:53:13 ID:CiwHQyl.

魔王「こたつに緑茶に羊羹」

勇者「そしてみかん」

魔王「落ち着くわー」

勇者「なー」



続きを読む

オーク「女騎士!中に出すぞ!」空気嫁「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 19:35:43.13 ID:yv7e3f0zP

オーク「うっ……」どぴゅっ

空気嫁「」

オーク「どうだ女騎士?」

空気嫁「」

空気嫁「……」プルプル

空気嫁「ッ!!」ぽんっ

女騎士「ふう……やっと元に戻れたか」

エルフ「ごめんね女騎士ちゃん、私が不用意に触れちゃったから……」

女騎士「エルフよ、お前が謝ることではない」

女騎士「理不尽なのはこの呪いなのだからな」



続きを読む

魔王「最近四天王がたるんどるので、ドッキリを仕掛けることにした」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/08(土) 01:19:53.84 ID:+yVS1Ztb0

~魔王城~

魔王「最近、勇者どもとちっとも戦闘が行われておらんな」

側近「はっ、四天王率いる我が魔王軍と、勇者らを中心とする人間たちの軍……」

側近「戦力はほぼ五分五分で、膠着状態になっているようです」

魔王「ふぅ~む。しかし、いくらなんでも慎重すぎやせんか?」

側近「たしかに……」

魔王「どれ……あまりこういうことはしたくなかったのだが」

魔王「水晶玉で四天王の様子を覗いてみるとしよう」ボワァァ…



続きを読む

勇者「だいたいな、魔王って誘いMすぎんねん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 02:38:48.59 ID:xwHE4lySO

勇者「な?ずっと待ってるやんアイツ。人くんのずっっと待ってるやん。な?」

勇者「倒されたいんちゃう?」

戦士「わかるわ」

魔法使い「いやいやいや勇者さん、それは違いますよ」

勇者「なんやねん。言うてみぃ」

魔法使い「魔王が城から動かへん理由は待ってるからとかちゃうんすよ」

魔法使い「自分から動いたら魔王感でませんやん。エライんやぞってのを示さなまず魔王って認知すら我々にされないんですから」

勇者「はー。いやぁー?俺は誘いMやと思うでぇー。崩してほしいねん結局、自分の積み上げたもんを」

勇者「ほいで止めてほしいねん自分の暴走を」

勇者「自分の世界に対する絶望を否定してほしいだけやねんどうせ。ちっちゃい奴やで」

魔法使い「そこまで言いますかぁ?」




続きを読む

魔王「姫様さらってきたけど二人っきりで気まずい」

SS速報VIP:魔王「姫様さらってきたけど二人っきりで気まずい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1381238795/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 22:26:35.49 ID:DmcXDNXFO


魔王「なかなかこれは気まずいな……」

姫「なにをブツブツ言ってるのかしら?」

魔王「ぬおあっ!? き、キサマ、我々の言葉がわかるのか!?」

姫「私の側近に魔物に無駄に詳しいのがいるのよ。いつもその人の魔物話を聞くついでにあなたたちの言葉も教えられて。
  それでしゃべれるのよ、書くのは流石に無理だけどね。それより今気まずいって言ったわよね?」

魔王「キサマら脆弱な人間にこの魔王がそのような感情を抱くわけあるまい。
   馬鹿なことを言うなら口を慎め、人間」

姫「そうね、下等な人間は黙っておくわ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381238795




続きを読む

勇者「旅に出る前に言っておきたいことがある」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 09:36:33.14 ID:jcWAUoCx0

―――ルイーダ

武道家(女)「お?」

僧侶(女)「なんでしょうか?」

遊び人(女)「はぇ?」

勇者(男)「これから長い間旅をするんだ。関係を悪くしたくないだろ?」

武道家「まあ、うん」

勇者「仲間内でルールを決めよう」

僧侶「ルールですか」

遊び人「えー?めんどーだなぁ」

勇者「規則は大事だからな」

僧侶「そうですね。集団生活をする以上、ある程度の線引きはあってもいいかと」

武道家「それでどんな規則をつくるわけ?」

勇者「―――まず一つ目だ。みんなは俺のことを義理の兄だと思うこと」

武道家&僧侶&遊び人(なにいってるんだ、この人?)



続きを読む

魔王「フハハ!封印から蘇ったら人間が滅亡しとったわ!!

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/12(木) 13:33:02.85 ID:HvLY+goP0

魔王「フハハ!我が名は魔王!世界を統べる魔物の王よ!」

魔王「さあ人間共!我が元に平伏し崇めよ!」

魔王「ファーハッハッハ!!」

魔王「ハッハ!誰ぞ!誰ぞおらんのか!!」

魔王「……ハッハッハ!どうやらわしの気迫に震えて出てこれぬと見た!フッハッハ!!」

魔王の声は虚しく響き渡った



続きを読む

神父「また死んだんですか勇者様」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17(木) 00:58:53.73 ID:j8v2M6Rxi

勇者「すみません……なぜかここに来て急に敵が強くなっちゃって」

神父「今回あの世に逝かれたのは、戦士様と僧侶様と魔法使い様ですね。お悔やみ申し上げます。
   しかし勇者様は今回も無事でしたね」

勇者「運がいいのもあったと思うんですけどなにより、パーティがボク思いで。今回は戦士が敵のメラゾーマから僕を庇ってくれたんですよ」

神父「その前は僧侶様が勇者様を庇ったとか言ってましたね……それでは死体の方を拝見させていただきますよ」



続きを読む

魔王「勇者のお父さんとお母さん!」

SS速報VIP:魔王「勇者のお父さんとお母さん!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371722235/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/20(木) 18:57:15.33 ID:GQJEZXTq0

勇者父
   「?」
勇者母

魔王「私はそろそろ旅立とうと思う!」

勇者父「そうか……ついにこの日が……」

勇者母「いずれ来るとはわかっていたわ……でも、こんなに急なんて……」

魔王「私もそれなりに力を取り戻してきた。今なら、魔境を越え城に帰れるはず!」

勇者母「目を閉じれば、あのときのことを思い出すわ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371722235




続きを読む

魔王「なんで私の部屋って城の一番奥にあるんだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16(金) 16:37:33.54 ID:vX/YFzHL0

魔王「・・・嫌がらせか?」

側近「いいえ?そんなことはありませんが」

魔王「こんなに奥だと外出するとき面倒だろ・・・」

魔王「人間の王城は入ってすぐ王の間だったぞ?」

側近「ワープとかできないんですか?」

魔王「いや、魔王ってそんなに万能じゃないから」



続きを読む

魔王「ふはは、小さいからといって甘く見ていたな!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/20(土) 19:25:39.62 ID:RY043p6g0

魔王「お前の負けだ勇者~!」

勇者「はいはい、とりあえずお家に帰ろうね」

魔王「私は魔王だぞー!」

勇者「お家どこなの?」

魔王「このお城だ!」



続きを読む

魔王「最近の勇者ゆとりすぎんだろ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 01:39:07.17 ID:wLWMmoBZ0

勇者「遂に辿り着いたぞ、魔王!」

勇者「あっさり過ぎるぐらい簡単にここまで来れたけど、これが最後の戦いだ!」

勇者「まぁ、戦闘一回もなかったけどね……。魔王覚悟ぉー!」

がちゃり

側近「弓兵隊、撃てーッ!!」

弓兵隊「」ドドドドドド

勇者「ぎゃあ!!」



続きを読む

魔王「今日も平和だ飯がうまい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/24(日) 01:01:02.87 ID:0ReHhxnt0

側近「働かずに召し上がる食事は、そんなに美味なものですか?」

魔王「何を言う。我が城のシェフの腕は確かだぞ、不味いわけがないだろう」

側近「はあ…」

魔王「……何だ」

側近「いえいえ別にー」



続きを読む

魔王「今度の勇者は女の子か……可愛いな……ぐふふふ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:32:15.89 ID:vWd6TAgz0


魔王「ぐうふふふ……ふひひ」

側近(……まったく魔王様ときたら)

魔王「みよこの水晶玉を! 可愛い可愛い勇者ちゃんが映っておるぞ!」

側近(勇者が生まれてからというものの、ずっと水晶ばかり覗き込んで)

魔王「このあどけなさを残した少女がいずれワシを殺しにくるんじゃあ! わははは!」

側近「仕事してくださいよ」

魔王「……むぅ、仕方ないのぅ」



続きを読む

魔王「女勇者が来たら婚約指輪を渡す」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:10:06.07 ID:GKMeh8Ec0


側近「えっ、魔王様……今何と?」

魔王「だから婚約指輪を渡すのだ」

側近「えっ…………えっ?」

魔王「エンゲージリングを女勇者にプレゼントするのだが」

側近「いや格好つけてもダメですから」

魔王「engage ring」

側近「いや発音良くしてもダメですから。……ってか魔王様、宿敵と恋仲だったのですか!?」

魔王「恋仲?」

側近「お付き合いしているということです」

魔王「えっ?」

側近「えっ?」




続きを読む

介護ヘルパー「勇者と魔王の老後決戦」

SS速報VIP:介護ヘルパー「勇者と魔王の老後決戦」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535792179/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 17:56:19.60 ID:YpajKDCj0

それは遥か昔、世界の景色が今と違っていた頃――

勇者「魔王オォ! 今日こそ貴様の命を獲るッ!!」

魔王「ハーッハッハ、執念深い勇者よ! 貴様にやられる程、我は甘くないぞ!!」

勇者「貴様を倒すために上げたレベル、増やした傷の数々……全て無駄にはせん!」

魔王「ならば来い! 勇者よ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535792179




続きを読む

リザード兵「魔王の便所フン争記」

SS速報VIP:リザード兵「魔王の便所フン争記」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532872135/



1: ◆cZ/h8axXSU 2018/07/29(日) 22:48:56.28 ID:Kh/CYPFP0

魔王「……」

リザード兵「俺からは以上だ。何か質問があれば受け付ける」

魔王「……」

側近「問答は不要でしょう、十分に説明が行き渡っています。お疲れさまでした」

魔王「……」

リザード兵「そいつはどうも……ん?」

魔王「……」

エルフ「さーて、アタシはもう仕事ないし、兵の訓練にちょっと付き合おうかな。アンタは?」

リザード兵「あ、ああ……これから魔王と一緒に昼飯行くからパス」

エルフ「そっか。ホント仲いいね二人とも」

魔王「……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532872135




続きを読む

勇者「新状態異常・熱中症」

SS速報VIP:勇者「新状態異常・熱中症」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532256646/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 19:50:46.42 ID:mfEeZRU50

勇者「あ~……暑い……」

女戦士「はい、勇者! 100Gね!」

勇者「あ、しまったっ! ……くそっ!」チャリンッ

魔法使い「この箱の中にも、だいぶお金が貯まったね」ジャラジャラ

女僧侶「なにしろ“あの言葉”をいったら、100Gの罰金ってルールですからね!」

女戦士「だけどこう気温が高いと、みんなあの言葉をいっちゃうのも無理ないよ」

勇者「もう……やめにしようか、このゲーム」

三人「賛成!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532256646




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)