ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


鶴屋さん

【涼宮ハルヒの憂鬱】キョン「ガンダムファイトレディィィィィィィィィ?!」ハルヒ「ゴォォォォ!」

SS速報VIP:キョン「ガンダムファイトレディィィィィィィィィ?!」ハルヒ「ゴォォォォ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501256695/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 00:44:55.57 ID:w1Qh1/PJ0

ハルヒ「さーてっと、今日の活動は早めに終わりにするわ!帰って私はGガンの続きを見なきゃ行けないから!」

キョン「おう、お疲れさん。さて俺達も帰るか...]

キョン(この時、時既に遅しとはその場にいたハルヒ以外の誰も気づかなかった。まさかあんなことになるとは...]


キョン「行ってくる!」

キョン(朝、普段通りの登校。だが異変が起きたのは朝のホームルームだった。)

岡部「えー、涼宮がネオジャパン代表ととして第13回ガンダムファイトに出場する事となった。
暫く欠席するので皆でお祝いの言葉を考えとくように。以上。」

キョン「....(どういう事だ?まさかハルヒがガンダムファイトをしたいと願ったから...というか何で朝倉もいるんだ...]

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1501256695




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】古泉「なんでしょう、嘘つくのやめてもらっていいですか?」 ハルヒ「……」

SS速報VIP:古泉「なんでしょう、嘘つくのやめてもらっていいですか?」 ハルヒ「……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1653148315/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/05/22(日) 00:51:57.77 ID:QWBwkeEm0


ハルヒ「……」

古泉「ですから、宇宙人なんて存在しないんですよね」

古泉「世界中の人とか国がこれだけ長い間探しても誰も見つけていないんですよ?」

古泉「この世に存在しないものを探すって無駄じゃないですか?」

長門「……」

ハルヒ「いや、でも写真とか映像で記録に残っているし……」

古泉「うそはうそであると見抜ける人でないと(メディアを使うのは)難しい」

朝比奈「難しい……?」

古泉「ああいう写真や映像って既に大体偽物って証明されているですよね」

古泉「エイプリルフール用に作ったものとか、ただのイタズラで作ったものとか」

古泉「そういうものを本物だと信じてしまう人は情報弱者なんですよね」

ハルヒ「……」

古泉「涼宮さん実際に宇宙人見たことないですよね? 僕もありません」

長門「……」

古泉「逆に実際に見たことあるなんて言う人怪しくないですか?」

古泉「大体そういうのって勘違いなんですよね。幽霊の正体見たり枯れ尾花って言葉があるように」

古泉「昔からこういう言葉があるのに、技術や文明が発達した現代でまだ宇宙人だ何だって言うのってナンセンスじゃないですか?」

古泉「僕はそう思います」

ハルヒ「……」

朝比奈「……」

長門「……」

キョン「……」

キョン「なんだこれ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1653148315




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】キョン「この中に宇宙人(略」

SS速報VIP:キョン「この中に宇宙人(略」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410514782/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 18:39:52.05 ID:NTaRuB270

サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいいような話だが、
それでも俺がサンタを信じているかと言うとこれは確信をもって言えるが今でも信じている。

事実、幼稚園のクリスマスイベントにサンタが現れた。

そんなこんなでクリスマスにしか仕事をしないサンタにあこがれを持っている賢しい俺なのだが、
宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織やそれらと戦うヒーローたちの存在も信じている。

俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいる。

俺が朝目覚めて夜眠るまでのこのフツーな世界に比べて、あのような世界の、なんと魅力的なことだろう。

宇宙人にさらわれてでっかい透明なエンドウ豆のサヤに入れられている少女を救い出したり、
レーザー銃片手に歴史の改変を計る未来人を知恵と勇気で撃退したり、悪霊や妖怪を呪文一発で片づけたり、
秘密組織の超能力者とサイキックバトルを繰り広げたり、つまりそんなことをしたい!

いや待て冷静になれ、仮に宇宙人や(以下略)が襲撃してきたとしても俺自身には何の特殊能力もなく太刀打ちできるはずがない。
ってことで俺は考えたね。

ある日突然謎の転校生が俺のクラスにやって来て、
そいつが実は宇宙人とか未来人とかまあそんな感じで得体の知れない力なんかを持っていたりして、
でもって悪い奴らなんかと戦っていたりして、俺もその闘いに巻き込まれたりすることになればいいじゃん。
メインで戦うのはそいつ。俺はフォロー役。おお素晴らしい、頭いーな俺。

しかし現実ってのは意外と厳しい。

実際のところ、俺のいたクラスに転校生が来たことなんて皆無だし、UFOだって見たこともないし、
幽霊や妖怪を探しに地元の心霊スポットに行ってもなんも出ないし、
机の上の鉛筆を二時間も必死こいて凝視していても一ミクロンも動かないし、
前の席の同級生の頭を授業中いっぱい睨んでいても思考を読めるはずもない。

中学校に入学したのを機に俺は俺なりに、積極的にそういう不思議なものを求めた。
ところが、やっぱり不思議なものに出会うことが出来ず、半ば失望していた。

そんなことを頭の片隅でぼんやり考えながら俺はたいした感慨もなく高校生になり----、涼宮ハルヒと出会った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410514782




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】キョン「なぁ、古泉。お前、サイコパスっぽいよな」 古泉「・・・突然ですね?」

SS速報VIP:キョン「なぁ、古泉。お前、サイコパスっぽいよな」 古泉「・・・突然ですね?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1351265788/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) 2012/10/27(土) 00:36:28.15 ID:6xL23ZzT0

12月17日

SOS団・部室

みくる「サイコ、パス?」

キョン「殺人鬼とかに多い精神異常者、イカレ野郎の事ですよ」

みくる「ふぇぇ・・・」プルプル

有希「・・・・」

古泉「んふ、何故・・・僕がサイコパスっぽいのか、お聞かせ願いますでしょうか」

キョン「息を吐くように嘘をつくし、第一芝居くさいのがな・・・」

古泉「確かに、サイコパスの特徴と合致していますが」

古泉「それだけで、僕をサイコパスと?」

キョン「だから、っぽいんだよ」

古泉「はぁ、そうですか」

キョン「いや、すまん。今のは忘れてくれ」

古泉「あなたがそう仰るのなら、忘れましょう」

古泉「さて、そろそろ帰りますか」ガタッ

キョン「そうだな、飾りの補充を頼まれてるし」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1351265788




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】キョン「最近安価ってのがはやってるらしい」

SS速報VIP:キョン「最近安価ってのがはやってるらしい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1331202599/



1: ◆s1lxaZbV96 2012/03/08(木) 19:29:59.39 ID:ATsj7VtE0

キョン「さて、めずらしく不思議探索もなく家に一人なわけだが」

キョン「なんでもそんなときに安価で行動するのが流行ってるらしいな」

キョン「手始めに>>3でもするか」

よろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1331202599(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/08(木) 19:35:52.06 ID:1A0hzcZIo

みくるを拷問する



続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】ハルヒ「目標を!」キョン「駆逐する!!」

SS速報VIP:ハルヒ「目標を!」キョン「駆逐する!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1306155538/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/23(月) 21:58:58.45 ID:Myb46+dy0

VIPが規制されてるのでこっちに投下します

注意
・別にクロス物ではないのであしからず
・50レスくらいなので一気に投下して終わります
・ハルヒでやる必要なくね?っていうツッコミはご勘弁を
・ただただグダグダ喋って終わりです

以下投下




続きを読む

【ハルヒ】キョン「その旅行は抱きまくらを持っていってもいいのか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/25(月) 22:42:03.80 ID:hHk1j1RwO

ハルヒ「今度の休みは3泊4日の旅行にいきます!いいわね?」

キョン「また唐突だな」

古泉「どちらにいかれる予定ですか?」

ハルヒ「みくるちゃんどっか行きたいところある?」

みくる「わ、わたしですかぁ?えぇ~と、みんなで行けるならどこでも」

ハルヒ「有希は?」

長門「・・・・・・どこでも」

ハルヒ「古泉くんは?」

古泉「僕もみなさんと旅行出来るならどちらでも」

ハルヒ「一応聞いてあげるけど、キョンは?」

キョン「なんで一応なのかと文句の一つでも言ってやりたいところだが、温泉なんてどうだ?」

ハルヒ「ジジくさいわね・・・なんか他にないわけ?」



続きを読む

ハルヒ「あんた、まだニートなんてやってるわけ?」 キョン「ああそうだが」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 13:36:04.300 ID:DQZX8QwR0.net

ハルヒ「いい歳なんだからいいかげん働きなさいよ」

キョン「分かっちゃいるが、一度働かなくなると抜け出せなくてな」

ハルヒ「あんたがバカで無能なのは学生時代から知ってるけど、そんなあんたでもできる仕事はあるはずよ」

キョン「励ましてるのかドン底につきおとそうとしてるのか、どっちなんだ」

ハルヒ「どっちでもいいよのそんなこと」

キョン「もういいから俺のことは放っといてくれ」

ハルヒ「そうはいかないわよ」



続きを読む

キョン「ハルヒを抱くしかねえ!」ハルヒ「……」

1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 18:09:20.26 ID:CWKodcj10

部室

キョン「最近、もう欲求不満なんだ」

ハルヒ「……」

キョン「考えてもみろ。ここには美少女ロリの朝比奈さん」

キョン「無口系美少女の長門」

キョン「そしてなにより、お前がいる。完全無欠傍若無人の美少女、ハルヒ」

ハルヒ「……」

キョン「だから、もうハルヒを抱くしかないわけだ」

ハルヒ「……」

キョン「聞いてる?」

ハルヒ「聞いてるわ。続けて」



続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】鶴屋さん「あたしがいじめてあげよっか?」

SS速報VIP:鶴屋さん「あたしがいじめてあげよっか?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 00:01:02.83 ID:48Kq2mCE0

その日、突然呼び出しを受けた俺は書道部室で鶴屋さんと対峙していた。

昼休み時間に教室にふらっと現れた鶴屋氏に、おいでおいでと手招きをされたので、特に身構えることなくノコノコついて来たのだ。
その時の彼女はいつも通り快活な笑みを浮かべており、そもそも俺はこの見目麗しい先輩に対して何ら警戒心を持ち合わせていなかった。

だが、人気のない書道部室に入った途端、鶴屋さんは後ろ手にかちゃりと部屋の鍵を締めた。
その瞬間、俺は何か不穏な気配を感じた。
言い知れない不安を抱き、恐る恐る訪ねる。

キョン「ど、どうして鍵を締めるんですか?」

鶴屋さん「んー?どうしてだと思う?」

そんなことを言われても思い当たる節はない。
強いて言えば、秘蔵の『MIKURU』フォルダが彼女の目に触れてしまった可能性があるが、それにしては鶴屋さんは満面の笑みを浮かべて大変機嫌が良さそうで、怒っている様子はない。
下手なことを口走って薮蛇を突いてしまっては大変なので、返答出来ずに口ごもっていると、鶴屋さんは耳を疑うようなことを口にした。

鶴屋さん「キョンくんってさ、実はいじめられるのがめがっさ好きでしょ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495033262




続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】みくる「ふぇぇんキョンくぅん、どこ触ってんですかぁ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/11(土) 11:52:45.419 ID:b0AOgWjP0.net

みくる「ちょっとダメそこだけはやめ..きゃああんん!!」

ガチャ

ハルヒ「なにしてんのよあんたたち!」

キョン「..なにって」

子猫「ニャーン」

みくる「あ、涼宮さん。校門に子猫が捨ててあったんです」

ハルヒ「それで?」

キョン「俺が首根っこつかんで持ち上げようとしたら、朝比奈さんが可哀想だってうるさくてな」

みくる「ごめんなさい、首の皮だるーんってなってたのであんまり痛そうで」

ハルヒ「...ふんっ、ならいいけど」



続きを読む

キョン「人労ゲーム……?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:25:40.798 ID:I8eq8blQ0.net

キョン「なんだそれ? やっと俺を労ってくれる気にでもなったのか」


ハルヒ「全っ然違うわよ! 人労じゃなくて人狼! あんた流行り物に疎すぎるのも考え物よ」


キョン「ん? 流行っているのか? その人狼ゲームってやつは」


ハルヒ「そうよ! 言わばテーブルトークRPGってやつね! 心理戦が物を言う、頭脳派ゲーム。あたしたちにうってつけのゲームよ!」


古泉「んふ、確かに一時期流行っていましたね。村に狼が紛れ込んでいて、村人陣営と狼陣営で戦って生き残る、そんなルールでしたっけ」


キョン「ほー。なんだかよくわからんな」


古泉「僕も実際にやったことがあるわけではないのでそこまで詳しくはないのですが」


キョン「なんだ知ったかぶりか」


古泉「ふふ、すみません」



続きを読む

ハルヒ「キョンが女の子だったら良かったのに……」キョン「……は?」

SS速報VIP:ハルヒ「キョンが女の子だったら良かったのに……」キョン「……は?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 22:43:50.94 ID:Erqo33dK0

タイトル通り、性転換モノです。
苦手な方は、ご注意下さい。

以下、本編です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488116630




続きを読む

ハルヒ「え?あんたクリスマス予定あるの?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/25(日) 02:54:25.668 ID:IMRXlS/M0XMAS.net

キョン「ああ。だからパーティーは参加できないんだスマン」

ハルヒ「ふ、ふーん、まぁいいけどね」

キョン「すまんな」

ハルヒ「だれかとどっか遊びに行くの?」

キョン「まぁそんなとこだ」

ハルヒ「あっそ。ま、それなら仕方ないわね!でもSOS団の行事を蹴ってまで行くんだから、ちゃんと楽しんできなさいよ!」

キョン「ああ、わかってる。ありがとよ」

ハルヒ「はい、じゃあこの話おわり!みくるちゃん!古泉くん!パーティーの段取り決めるわよっ」

古泉「はい」prrrr prrrr prrrr prrrrr prrrrr

みくる「でしゅ」



続きを読む

キョン「おい、ハルヒ。金はまだか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:49:43.30 ID:G0BGycVq0

ハルヒ「……」

キョン「どうした?今月分の友達料、まだ貰って無いんだが……」

ハルヒ「はい……これ」

キョン「毎度。会話しホーダイ、メール送りホーダイ、呼び出ししホーダイのプランで変更はないか?」

ハルヒ「いいわ、それで」

キョン「了解。じゃあ今月も友達よろしくな」



続きを読む

ハルヒ「有希ってばまだ下の毛生えてないみたいなのよ」キョン「なんだって!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/19(月) 22:07:36.010 ID:A/TBy/Co0.net

夏も終わり、秋口に差し掛かったある日。

暑くもなく、寒くもない秋の素晴らしさを噛み締めつつ、いつものようにグダグダと部室で怠惰な時間を過ごしていた俺たちの平穏は、例によってハルヒの突拍子のない一言で崩壊した。

ハルヒ「だから、有希ってばまだ下の毛が生えてないのよ」

何度繰り返されても飲み込めない。

長門が?
生えて……ない?

これは由々しき事態だった。



続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】長門「……はむっ」パクッ キョン「ファッ!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 21:03:05.219 ID:oyIzHOxR0.net

耳に違和感を覚えた俺は飛び起きた。

目の前には長門居て、いつもの様に読書している。

どうやらいつの間にか寝てしまっていたらしい。


長門「……どうかした?」

キョン「な、長門?今…俺の耳に何かしたか?」

長門「……別に」

キョン「そ、そうか…」



続きを読む

キョン「長門だらけ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:33:12.83 ID:XO6ZjWR80

~キョンの部屋 朝~


キョン「ふああああ…………朝か……」

キョン「あー……起きるの面倒くさい……もう1回寝よ……」モゾモゾ

???「キョーンくーん!」ボスッ!

キョン「ぐへっ!?」

???「朝だよー。起きてー」ボフッ ボフッ

キョン「わ、分かった、分かったから上に乗るな! 下りろ!」

???「はーい」

キョン「まったく、起こすにしてももっと方法をだな…………ん?」


長門「だってキョンくんが起きないのが悪いんだもーん」


キョン「……」

長門「あれ? どうしたの?」

キョン「なぜお前がここにいる?」




続きを読む

ハルヒ「あれ?あたしのプリンがない!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:19:36.72 ID:2fAEaCMu0

ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!?」

キョン「あれお前のプリンだったのか。冷蔵庫にあったし食べたんだがそんぐらいいいじゃないか」

ハルヒ「何がそれくらいよ!あのプリンは1日30個限定で朝から並んで買ってきたのよ」

キョン「通りで今日は遅刻してきたのか。プリンのために学業をおろそかにするなんて空前絶後だぜ」




続きを読む

ガラッ ハルヒ「キョン~今日はものすごく大変な一日になるわよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 02:05:12.80 ID:eVZK/XOh0

キョン「は?」

ハルヒ「は?、とは何よっ!この神聖に不可侵の象徴たる存在に向かって!」

キョン「お前誰だよ」

ハルヒ「キョ、キョン……?」

キョン「俺はお前なんか知らないぞ」



続きを読む
スポンサードリンク
お知らせ
ライブドアブログ様の仕様変更で最大1000記事までしか表示できないようになっております。
ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。


コメントでのご指摘本当にありがとうございます。
またなにかありましたらご指摘いただけると助かります。
何卒よろしくお願い致します。
メールフォーム
カテゴリー
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)