ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


P

P「結婚したいなぁ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:22:26.64 ID:Wbe1geZ20

小鳥「プロデューサーさん結婚したいんですか?」

P「そりゃあしたいですよ。でも、相手がいなくて…」

小鳥「どんな子がタイプなんですかー?」

P「うーん…そういうのもなくて、ただ癒されたいというか」

小鳥「そうですかー…じゃあ、アイドルの中で誰が1番しっくりくるか、想像してみましょうよ!」



続きを読む

P「そうだ!マジシャンになろう!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 00:27:55.33 ID:hKDsZ9jB0

P「手元に一つ、とんこつラーメンがあります。タネもしかけもありません」

P「これを一瞬でぇ?……ハァッ!!」

小鳥「わ!中身だけ無くなってますよ!跡形もなく!」

P「どうもありがとうございましたー」




貴音「たいへんおいしゅうございました」モッキュモキュ

P「俺もタネが分からない」



続きを読む

P「みんなが俺と同じアパートに住んでた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 10:48:35.38 ID:wBVn37Z70

P「毎日誰かが遊びに来るから辛いわー、休めなくて辛いわー」

P「手作り料理毎日食べなきゃいけないから料理の腕が落ちて辛いわー」

P「時々俺の部屋に入りきらないぐらいの人数が来る事もあるから辛いわー」



続きを読む

P「やよいは本当にかわいいなぁ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:17:32.92 ID:OIyh5DuK0

千早「全くもって同感です」

P「ほら、見ろよこの写真」

千早「なんですかこれ、天使ですか」

P「やよいマジ天使」

千早「焼き増しよろしくお願いします」



続きを読む

P「夜の事務所にアイドルを閉じ込めてみよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 18:45:00.91 ID:CCsHCSRF0

P「理由は適当につけて電気も使えなくして」

小鳥「ついでに変な声を流すとかして心霊現象っぽく驚かしちゃいましょう!1人なら相当怖いですよ」

P「なるほど、流石です」



続きを読む

P「意味はないけど」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 19:26:41.01 ID:e4LpL93p0

P「音無さんにひたすら優しくしようと思う」



続きを読む

【アイマス】春香「メイド?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 01:01:19.53 ID:lrqP0c4t0

P「ぜひ春香にやってもらいたい」

春香「あの、どう言ったお仕事なんですか?」

P「何でもメイドにしたいアイドルのトップになったらしくてな」

春香「はあ、そういうのもあるんですねぇ」

P「それで春香がメイドをしてるのを見たくなったというわけだ」

春香「え?」

P「え?」

春香「あの、お仕事ですよね?」

P「違うぞ」

春香「え?」

P「え?」



続きを読む

雪歩「低俗霊iDOLATRY」

2: 代行thx 2013/01/30(水) 16:36:37.01 ID:vDL0AxSL0

最初に聞いたのは、学校だった。

「ねぇ春香、首吊りマンションって知ってる?」

随分と久しぶりに会った気がする友人は唐突にそう切り出した。
思わずきょとんとしてしまった私に友人は畳み掛ける。

「学校に来る途中にさ、廃ビルがあるでしょ?あれ、元々はマンションだったらしいんだけど……」

「ちょ、ちょっと待って?あの、なんで今そんな話するの?」

時刻は朝八時半。
これから授業が始まろうという今、何故私は良くわからない怪談を聞かされているのだろうか。
だが質問を受けた当の彼女は事も無げに言う。

「え、なんでって……今日行ってみない?って言おうと思って」

私の笑顔が音を立てて凍ったが、その音は私の中に響いただけで相手には伝わっていないらしかった。

hanging mansion-首吊りマンション



続きを読む

P「765プロの中で結婚するならだって?」 亜美「うん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 23:07:40.03 ID:X/vBtYHI0

亜美「まぁまだみんな若いし将来どうなるかわかnP「小鳥さん」

亜美「・・・ん?」

P「小鳥さんかな」

小鳥「ビヨッ」

亜美「・・・ん?んん?」



続きを読む

響「プロデューサー、勝手に消しゴムの角使ったな!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 14:09:03.41 ID:q5SByBM60

P「!!」

響「弁償してよ!ねえ、弁償してよ!」

P「す、すまん悪気は無かったんだ……」

響「謝ったって消しゴムの角は帰ってこないぞ!どうしてくれるんだ!」

P「うう……」

響「弁償してよ!弁償してよ!」

P「ゆ、許してくれ!なんでもするから!」

響「じゃあ自分の消しゴムの角を元に戻して!」

P「む、無理だよ……」



続きを読む

春香「プロデューサーさんが幼児化してる!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 14:08:40.64 ID:j58vbGBkP

p「ふえぇ……」

春香「だ、大丈夫だから! プロデューサーさん!」

p「ぷろじゅーさー?」

春香「あー……それじゃ、ぼ、ぼく?」

p「うん、なぁにお姉ちゃん?」

春香「!!」キュン

春香(や、やっぱりこれヤバい!)

p「ぼく、よくわかんないの……どうしてここにいるのか……」

春香「そ、そのお姉ちゃんに任せて! お菓子とかもあるから!」

p「お菓子?」

春香(お、お菓子で釣るのはちょっと汚かったかな……で、でも!)

春香「そう! それにいつもお世話になってるから!」

p「おせわ?」

春香「と、とにかくお腹とか空いたでしょ? いこ!」



続きを読む

P「おさわりま○こ」 律子「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 10:35:28.57 ID:LHmBruG10

P「おさわりまんこ」サワサワ

律子「ちょっ、どこ触ってんですか!」

P「まんこ」サワサワ

律子「はっなっせ!変態!」

P「ぷっくらしてる」サワサワ

律子「ちょ、ほんとにやめなさい!」バシ!

P「いって……」

律子「はぁ…はぁ…」

P「再開」サワサワ

律子「おいっ!」



続きを読む

P「アイドルの口に恵方巻を突っ込む任務を開始する」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 22:09:23.47 ID:4CdnviLu0

P「本日、二月三日は皆大好き節分の日です」

P「節分には豆撒きだけでなく、恵方巻という縁起ものの習慣も存在しています」

P「起源は諸説あるものの、二百年前に遡る説もあるそうです」

P「まあ、前フリはその辺りにしておいて、今日の俺の任務は他でもありません」

P「隙を見て、アイドルの口に無理矢理、この極太の○○○を突っ込む、簡単なお仕事です」

小鳥「ぼかしましたね、プロデューサーさん。今、意図的にぼかしましたね」

P「悪意なき自主規制です、悪しからず」

小鳥「そうですか。あ、得物はこちらに」

P「物凄い量の恵方巻ですね・・どこから仕入れてきたんですか?」」

小鳥「企業秘密です。あ、領収書もこちらに」

P「はい。それは社長の机にでも置いておきましょう。詫びの恵方巻一つでも置いて」

小鳥「そうですね」

P「あ、録画の方、宜しくお願いします」

小鳥「合点承知之助」



続きを読む

春香「小鳥さんって年上なのに可愛いですよね」小鳥「もう!///」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 21:26:44.49 ID:BtdcQwwS0

春香「何かしてるんですか?エステとか」

小鳥「え?何もしてないけど」

春香「え~!?それじゃあ、なんで」

小鳥「う~ん。そうねぇ。ストレスをためない事くらいしかしてないわよ」

春香「ストレスって美容の大敵ですもんね!」

小鳥「春香ちゃんも気をつけるのよ」

春香「は~い…それで、小鳥さんのストレス発散方法って何ですか?」

小鳥「え?え~っと」

春香「お酒とか?」

小鳥「そ、それもあるかな」

春香「それも?他にも何か?」

小鳥(しまった~!?)



続きを読む

P「ジュークボックス」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:01:43.50 ID:z0wSOfAE0

ワイワイ

P「ん?何やら盛り上がってるな」

春香「あ、プロデューサーさん、今私達の間で懐メロブームなんですよ」

P「懐メロか」

雪歩「千早ちゃんが昔のCDを持って来たのがきっかけなんですけど」

P「ほう、…懐メロっていうとお前たちが小学生の頃とかか?」

春香「いえ、70年代が中心ですね。生まれる前ですけど、聴き惚れた曲もあって」テヘヘ

雪歩「それで今日は、各自一番気にいった曲を持ち寄ろうってことになったんです」

P「なるほどな」



続きを読む

貴音「ほう、くじ引きですか」

1: 以下、名無しにかわりまして美希がお送りしますなの 2012/12/04(火) 14:24:27.73 ID:89GqSeKg0

事務所

亜美「――おおっ!? これは伝説のレアカード、『聖騎士ガールード』だYO!」

真美「うおう、さすがは亜美隊員! ――やや!? こっちは幻のレアカード『瘴気の魔界竜デスガルド』!」

P「なんだなんだ、二人とも盛り上がって何やってんだ?」

貴音「はて。なにやら、歌留多のようなものがたくさんありますね」

亜美「んっふっふ、お二人は時代遅れですのぅ」

真美「真美たちがやってるのは、今ハヤリの遊☆戯☆嬢カードだよん!」

P「あぁカードゲームか。懐かしいな……でもあれって、なかなかレアカード当たらないんだろ? 金がかかるんじゃないのか?」

亜美「ところがどっこいしょ! 亜美たちの強運をなめちゃいかんぜぃ」

真美「真美たちほとんど自力でレアカード当ててるもんね! 今だってほら、こんなに!」

貴音「なんと……光り輝くお札がたくさん」

P「こりゃすごい。くじ運あるんだなお前ら」

亜美真美「んっふっふ~」



続きを読む

P「リボンが取れてるぞ春香」 小鳥「ほあ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 16:34:35.46 ID:8H7mgjG70

P「おっちょこちょいだな」

小鳥「お、おう」



続きを読む

P「まず亜美を事務所に呼び出す」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 21:30:30.09 ID:SXmyITVy0

ガチャ


亜美「やっほ!」

P「おお、悪いな折角のオフなのに」

亜美「んふふ~、そんなに亜美に会いたかったのかなぁ?」

P「まぁ、そんなところだ」

亜美「!?」



続きを読む

P「美希が覚醒した?」覚醒美希「ふんす!」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/10(水)21:44:46 ID:LUw


春香「はい、美希が覚醒しちゃったんですよ……」

P「いいことじゃないか、金髪長髪の美希もいいが茶髪短髪の美希もあれはあれで……」

春香「いえ、そういうのではなくてですね……」

P「そうじゃない?どういうことだ」

春香「え~っと……ああいうことです」ユビサシ


覚醒美希「ふんす!!!!!」シャキーーン!!


P「うお!?……え?」

覚醒美希「ふんす、ふんす!」

P「あ~………み、美希?」

覚醒美希「ふんす!!」



※注意

このssはランスシリーズとアイマスのコラボです。ランスシリーズのキャラは出てきません

ランス10のネタバレあります。ご注意ください



続きを読む

P「千早、罰ゲーム!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/25(月) 08:19:10.14 ID:HuZiQr1qi

千早「ちょ、納得できません!」

P「だって負けただろう」

貴音「千早、諦めるのです」

律子「圧倒的な差でしたし」

あずさ「あらあら♪」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)